LINEモバイルとイオンモバイルのMpbs速度や料金など徹底比較!どっちがあなたにいい?

おすすめ記事5選
 

 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『LINEモバイルとイオンモバイルのMpbs速度や料金などを徹底比較!どっちがあなたにいい?』

現在、格安SIMのサービスを提供
している会社は600社を超えている
と言われています。

大手キャリアから格安SIMに乗り換えたいけど
こんな格安SIM会社が多かったら

どこの会社に乗り換えたら良いかわからない~

とお悩みで、
なかなか踏ん切りがつかない方も
多いのではないでしょうか。

今回の記事では

格安SIM会社で有名どころとして

『LINEモバイル』

『イオンモバイル』

を徹底比較してみました。

日頃からコミュニケーションツールとして
使用しているLINEが提供する
LINEモバイル

いつもショッピングをするイオングループが
提供するイオンモバイル

日頃から使用しているだけに
これらの会社の提携しているカード持参している
方もいらっしゃるでしょうし、

なにかその他にメリットがあるのかな?

どうせ乗り換えるなら損はしたくない!
お得に乗り換えたいと思うのは普通ですよね。

ということで
今回は『LINEモバイル』と『イオンモバイル』について
あらゆる角度から徹底比較してみました!

ぜひ乗り換えの参考にしてみてくださいね。

LINEモバイル

目次

LINEモバイルの特徴まとめ

まずは『LINEモバイル』の特徴から
チェックしていきましょう。

大まかな特徴は以下の通りです。

  • 全プランにカウントフリーを採用(LINE・Twitter・Instagram・Facebook)
  • 余ったデータ容量の翌月繰越やプレゼントが可能
  • LINEの年齢認証をパスできる(LINEでID検索が使える)
  • クレジットカードがなくても契約できる
  • LINE Payカードで決済すれば最大3%のポイント還元

それぞれもう少し詳しくご紹介していきますね。

全プランにカウントフリーを採用

LINEモバイル最大の特徴はやっぱり
全プランがカウントフリープランだということ。

カウントフリーというのは、
特定のサービスを利用する時は
データ消費量としてカウントしない
という機能のことです。

通信制限がかかってしまっても
カウントフリーに指定されたサービスは
いつでも高速で使えます。

LINEモバイルの場合は
どのプランでもLINEはカウントフリー!

通信量が多くかかってしまいそうな
動画の送受信やビデオ通話なども
すべてカウントフリーで使えます。

LINE以外には

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • LINEミュージック

などがカウントフリーになるプランがあります。

コミュニケーションツールとして
LINEを使用している方はそれだけでお得ですよね。

SNSでデータ通信量を消費しがちな方なら
更にお得になります。

余ったデータ容量の翌月繰越やプレゼントが可能

余ったデータ容量は翌月まで繰り越すことができるので
契約した分を無駄なく使い終わることができます。

データ容量は繰越分から先に消費するので、
その月に余ったデータ容量は
更に翌月へ繰り越しができます。

余ったデータ容量は繰り越し以外にも
友達にプレゼントすることも可能です。

LINEモバイル契約者であり
友達登録している相手であれば
誰にでもプレゼントできますよ。

もちろん
友達からプレゼントを受け取ることもできるので、
ピンチの時はお友達にヘルプしてもOKです。

プレゼントしてもらった通信量は
翌月繰越ができないので注意しましょうね。

LINEの年齢認証をパスできる(LINEでID検索が使える)

実はLINEモバイルではLINEの年齢認証をパスできます。

LINEモバイルでは契約時に年齢確認しているので
契約者コードから登録情報を参照して
年齢確認をパスしてくれるのです。

これはLINEモバイルならでは!

年齢認証をパスすることで
ID検索ができるようになります。

遠く離れた人とも友だちになれるなど
地味に便利で意外と外せない機能です。

クレジットカードがなくても契約できる

LINEモバイルのWEBには
『クレジットカードのみ』となっていますが、
実はLINE Pay支払いが可能です。

LINE PayとはLINEが管理している
ネット送金・決済サービスのこと。

審査や年齢制限がないため、
高校生やクレジットカードが持てない方でも
アカウントを作ることができるんです。

格安SIMの支払いは
『完全クレジットカード支払いのみ』
というサービスも多いので、
これはありがたいですよね。

事前にLINE Payに申し込んで
定期的にお金をチャージする必要がありますが、
それでもクレジットカード不要というのは
人によっては大きなメリットのはず。

関連記事:LINE Payの登録の際に必要な本人確認資料は?認証までの期間や時間はどれくらいかかる?

LINE Payカードで決済すれば最大3%のポイント還元

LINEモバイルでは、
毎月の支払い額の1%のLINEポイントが還元されます。

しかし
支払いをクレジットカードにして
LINE Payカードを登録すると

毎月のポイント還元1% +
LINE Payカードのポイント還元約2% =
合計 約3%の超太っ腹ポイント還元が実現します。

ちょっとややこしいのですが
LINE Pay支払いではなく
クレジットカードのLINE Payカード払い
にすることがポイント。

普段LINE Payを利用しているなら
絶対にLINE Payカードを作って
登録しておくのがおすすめですよ!

イオンモバイルの格安SIM

続いては『イオンモバイル』の特徴をご紹介していきます。

大まかな特徴は以下の通りです。

  • IP電話掛け放題プランがある
  • 速度切替でカウントフリー化できる
  • 契約期間が決められていないので解約金がない
  • 全国のイオンで契約ができる
  • イオンカード支払いで端末料金を分割払いできる

それぞれもう少し詳しくご紹介しますね。

IP電話掛け放題プランがある

特に優れたイオンモバイルの特徴は
格安SIMには珍しい
通話し放題オプションがあること。

『050かけ放題』というこちらのオプションは、
050から始まるIP電話番号を使って
国内の固定電話・携帯電話&スマホ・PHSへ
電話掛け放題という素晴らしいオプションです。

月額1,500円というのも
ちょっと高く感じるかもしれませんが
キャリアのかけ放題が2,700円だと思うと
1,200円もお得です。

しかもデータのみのプランでも
契約できる
オプションというのも
嬉しいポイントではないでしょうか。

速度切替でカウントフリー化できる

イオンモバイルにはLINEモバイルのような
サービスを限定したカウントフリーはありませんが、

低速通信モードで利用中は
全通信がカウントフリー化させることができる
『イオンモバイル速度切り替え』というアプリが
存在しています。

主に利用するサービスが定まらない方や
WEBページをよく閲覧する方なら、

こまめに低速モードを利用すれば
通信量消費の節約が可能になります。

契約期間が決められていないので解約金がない

イオンモバイルには契約期間縛りが無いため
違約金や解約金が存在しません。

音声通話をつけると解約金が発生してしまう
格安SIMも多い中で
全プランで解約金なしというのは
かなりありがたいサービスです。

MNP転出手数料が高いんじゃ…?
と心配になりますが、

MNP転出手数料も
契約180日以内でも8,000円と
普通~若干安いくらいの料金設定になっています。

全国のイオンで契約ができる

イオンモバイルは全国のイオン店舗で
契約することができます。

WEBでの申し込みと違って
わからないことがあれば
すぐにスタッフに相談できるのが安心できます。

更に郵送期間がないため
契約したらすぐにSIMカードを受け取れますよ。

端末とセット購入を考えている場合は、
実機を見ながら選べるのは
かなり大きなメリットですよね。

イオンカード支払いで端末料金を分割払いできる

気になる『イオンカード』での支払いですが、
イオンカードを利用することで
端末の分割払いが可能になります。

一括で購入するとなると
なかなか手を出しづらいですが
分割払いができるなら助かりますよね。

しかも分割手数料は無料!

イオンカードをお持ちの方は
ぜひ活用してみてくださいね。

LINEモバイルとイオンモバイルの実際のMbpsの通信速度はどれくらい違う?

実際に利用するとなると
気になるのがその通信速度ではないでしょうか。

ということで
LINEモバイルとイオンモバイルの通信速度
比較してみました。

ちなみに
使用用途別に必要になる通信速度の目安
こんな感じです。

  • テキストメッセージのやりとり
    0.2Mbps(通信制限中レベル)
  • WEBページの閲覧
    0.5~1Mbps(画像が多いほど早い方が良い)
  • 動画の視聴・ライブ配信
    1~3Mbps(高画質なほど早い方が良い)

多くの方は1Mbps以上で『普通』、
3Mbps以上あれば『サクサク』と感じるような
認識で良いと思います。

実はお昼頃が最も通信速度が遅くなる時間帯
だというのはご存知でしたか?

ということで、
今回はあえて最低速度を記録しがちな
『お昼休み頃』に測定した結果を比較してみました。

結果はこちらです!

LINEモバイルの通信速度

まずはLINEモバイルの通信速度から
見ていきましょう。

こちらは筆者のスマホで計測した
お昼頃のLINEモバイルの通信速度結果です。

下り(ダウンロード)で5.15Mpbs
上り(アップロード)で25.44Mpbs

最低速度を記録しがちなお昼でも
動画がサクサク視聴できるレベルの
通信速度を記録しています!

これならインターネットを必要とする
大抵の操作がストレスなく行えそうですね。

イオンモバイルの通信速度

次にイオンバイルの通信速度です。

こちらはTwitterで速度テストをしている方の
実際の声を見ていきたいと思います。

下り(ダウンロード)で0.76Mpbs
上り(アップロード)で1.99Mpbs

うーん、
これはかなり遅めの結果ですね。

かろうじてWEBページの閲覧が可能
といった所でしょうか。

利用者さんの声もかなり辛辣ですね…

実はイオンモバイルの最大の弱点として
よく挙げられているのが
『通信回線の悪さ』なんです。

Twitterで口コミをチェックしていても
その遅さに対してのコメントが目立ちました。

正直な所、
通信速度については
LINEモバイルの方が優れている
といっても良さそうです。

LINEモバイルとイオンモバイルのプランやGB・通話機能の料金を比較!

通信速度の他に気になるものといえば
『月々の支払いはいくらになる?』という疑問。

ということで、
LINEモバイルとイオンモバイルの
通話料金や通信量などのプランを比較してみました!

通話料金

まずは気になる通話料金の比較をしていきましょう。

かけ放題があるイオンモバイルは
かなり有利に感じますが、
その結果はどうなのでしょうか?

これは完全にイオンモバイルがお得
と言えそうですね。

やはり050電話かけ放題オプションが心強いです。

キャリアのかけ放題プランに慣れた方は
かけ放題オプションのあるイオンモバイルに
安心感を覚える方が多いかも知れませんね。

通信量プラン

続いては通信量プランの料金の比較
していきたいと思います!

まずはデータのみのプランから
みていきましょう。

どちらも小刻みにプランが用意されていて
低量を希望する方でも
自分の使いたい容量を狙って契約できる
ようになっていますね。

イオンモバイルは基本料が安く
大容量に対応しているのが魅力ではないでしょうか。

一方
LINEモバイルはやはりなんといっても
カウントフリープランが魅力です。

次は音声通話つきのプランを見ていきましょう。

やはりデータのみプランと同じように
全体的に若干イオンモバイルの方が安い
という印象を受けますね。

とはいえLINEモバイルの
カウントフリーも見過ごせません!

こうして比較して見ると、
全体的に

  • SNSを多く利用するならLINEモバイルがお得
  • そうでないならイオンモバイルがお得

という結果になります。

LINEモバイルとイオンモバイルで購入できるセット端末のスペック比較!

LINEモバイルとイオンモバイルでは
SIMカードとセットで購入できる
お得な端末が用意されています。

端末も一緒に買い換えようかな?
と考えている方も多いと思うので、
セットで購入できる端末のスペックを比較
してみましたよ!

LINEモバイルで購入できる端末

LINEモバイルで購入できる端末
ラインナップはこちら!

1万円以下の端末があるのに
素直に驚いてしまいますよね(笑)

パッと見て数が少ない…
と感じるかもしれませんが、

実はこのラインナップは
どんな方の需要にも応えられるように
膨大な数の端末から厳選されたラインナップです。

初心者の方や最低限使えれば良いという方から
バリバリ使いこないしたい!という方、
自撮りを最強にしたいという方まで
幅広い需要に応えられます。

端末がたくさんありすぎて
どれにすれば良いかわからない…
と迷ってしまう方も多いですが、

厳選されたラインナップであれば
「こんな機種がいい!」という
目安があればすぐに決められる
というメリットがあります。

また、
全体的にイオンモバイルに比べて
同じ端末でもかなり安い価格になっています。

おそらくこの理由はセット販売のみだから
だと考えられます。

端末だけを購入することはできないので、
注意して下さいね。

全端末の詳細は以下のページでご紹介しているので
ぜひ参考にしてみてください!

関連記事:LINEモバイルをSIMとセットで購入できるオススメのセット端末をランキングでご紹介

イオンモバイルで購入できる端末

次はイオンモバイルで購入できる端末
ラインナップも見ていきましょう。

か、数が多い…!

細かいこだわりにも応えられる
とにかく豊富なラインナップが特徴的ですね。

なんとガラケーの取り扱いまであるので、
余計な機能はいらないから通話に特化したい
なんていう要望にも応えられるのが
単純にスゴイですよね。

たくさんあって迷ってしまいますが、
そこでイオンモバイルの強みである
全国200店舗展開している実店舗が大活躍。

困ったらお店でスタッフに相談できるので
アドバイスを聞きながら
選ぶのもおすすめですよ。

なお、こちらのラインナップは
WEB申し込み限定の商品です。

店頭で購入を考えている場合は
在庫が無かったり
商品そのものを取り扱っていない場合もあるので、
参考程度に見ておいてくださいね。

LINEモバイルおすすめ端末『HUAWEI nova lite 19,900円』

LINEモバイルとイオンモバイルの
端末ラインナップの違いは
おわかりいただけたでしょうか。

ここからは各格安SIMのおすすめ端末を
詳しくご紹介していきますよ!

LINEモバイルの中で特におすすめしたいのはこちら、

『HUAWEI nova lite 19,900円』です。

その理由にはこんなことが挙げられます。

  • 1万円台で買えるのに満足できるスペック
  • マニュアル撮影が可能なカメラ機能
  • シンプルなデザイン
  • 最初からクリアケースが同梱

気になる所はありましたか?
それぞれ詳しくご紹介していきますね。

魅力① 1万円台で買えるのに満足できるスペック

やはり最大の魅力は
その価格に対してのスペックの高さです。

こちらは1万円台で買える
いわゆる安価な端末になりますが、
動画もゲームもサクサク動くメモリに
3000mAhの大容量バッテリーを搭載。

LINEモバイルの端末ラインナップの中でも
特にコスパが高く手を出しやすい価格の端末
というわけなんです。

魅力② マニュアル撮影が可能なカメラ機能

コスパが高いもう一つの理由に、
マニュアル撮影が可能な高性能なカメラ機能
というのが挙げられます。

暗所でも明るく撮ることができるので、
夏は花火にナイトプール
冬はイルミネーションなど
インスタ映えする写真が手軽に撮れちゃいますよ。

ボリュームボタンの2度押しで即起動ができるなど
カメラ機能へのこだわりが感じられる端末です。

魅力③ シンプルなデザイン

そして何よりうれしいのが、
低価格端末なのにシンプルでスマートなデザイン
であるということ。

低価格端末というとプラスチック感が目立ったり
ゴテゴテが安っぽく見えたりするのですが、
こちらの端末は良い意味でシンプルで
飽きのこないスマートなデザインになっています。

年齢や性別を選ばないデザインは
誰にでもおすすめできる安定感がありますね。

魅力④ 最初からクリアケースが同梱

更に嬉しいのが
クリアケースが最初から同梱されていること。

純正品のクリアケースが
ピッタリと本体を覆ってくれるので、
届いた(購入した)その日から持ち歩きOK!

いかがでしたでしょうか。
HUAWEI nova liteの魅力は
おわかりいただけましたか?

ハイスペックモデルを探している方以外なら
一度はチェックしておくべき端末です。

大人気機種なので、
気になる方は早めにチェックしておきましょう!

イオンモバイルおすすめ端末『arrows M04 37,800円』

続いては
イオンモバイルのラインナップの中から
おすすめしたい端末
をご紹介します。

その端末とは、
『arrows M04 37,800円』です。

その理由は以下の通り。

  • 『おサイフケータイ』や『ワンセグ』が使える
  • 傷に強い設計だから落下しても大丈夫
  • 泡ハンドソープで丸洗いできる
  • 通話アラーム機能で長電話防止

国産ならではの特徴が目立ちますね!
それでは詳細をご紹介しますね。

魅力① 『おサイフケータイ』や『ワンセグ』が使える

国産スマホならではの
『おサイフケータイ』や『ワンセグ』が使えるので、
既にこれらの機能を利用中の方には
特におすすめできます。

安価が魅力の海外製品に機種変更したら
おサイフケータイが使えなくて後悔した…
という失敗は意外と多いのですが、
その点arrows M04なら安心ですね。

普段WAONなどの電子マネーを
スマホで利用している方なら
絶対におすすめできる端末です。

ワンセグを利用することが多い方も
こちらの端末は見逃せません。

魅力② 傷に強い設計だから落下しても大丈夫

 

持ち歩くことが多いスマホにとって
落下に強く傷がつきにくいという所は
かなり魅力的ではないでしょうか。

立ち上がった時に膝から落ちた!
走っている時にポケットから落ちた!

なんていう『ついうっかり』も
こちらの端末なら一安心できますね。

魅力③ 泡ハンドソープで丸洗いできる

こちらの端末は落下に強い以外にも
泡ハンドソープで丸洗いできる
という頑丈な特徴があります。

お風呂で動画や音楽を楽しんだり
キッチンでレシピをチェックしたり
水場でスマホを使う事が多い方にはピッタリです。

丸洗で本体を清潔に保てるので
子育て中のお父さんお母さんにも
おすすめですよ。

魅力④ 通話アラーム機能で長電話防止

地味にすごい機能といえば
通話中に設定した時間が経過すると
お知らせしてくれる
通話アラーム機能です。

050電話かけ放題オプション利用の方は
必要ない機能かもしれませんが、

イオンでんわ10分かけ放題オプションや
オプションをつけずにできるだけ短時間の
通話に抑えたい方にとっては重宝する機能ですね。

arrows M04には国産ならではの
魅力がたっぷりでした。

特におサイフケータイ・ワンセグ・丸洗いは
役に立つ機会も多いはずなので、
ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

LINEモバイルをおすすめする人

それでは実際に
LINEモバイルはどんな人におすすめなのか
という所を見ていきましょう。

LINEモバイルは

  • LINE Payカードを利用している人&クレジットカードを作りたくない(作れない)人
  • LINEやSNSをよく利用する人
  • LINEミュージックを利用している人
  • お子様のスマホに格安SIMを考えている人

こんな方におすすめです!

それぞれどういうことなのか、
詳しくご紹介していますね。

LINE Payカードを利用している人&クレジットカードを作りたくない(作れない)人

格安SIMというと
支払いがクレジットカードでしか
支払いができないというサービスも多く、
LINEモバイルもそのひとつです。

ですがLINEモバイルの支払いには
クレジットカードとしてLINE Payカードが
使えます。

普段からLINE Payカードを使っている方なら
間違いなくLINEモバイルがおすすめ!

また、LINE Payカードは
銀行口座カードやデビットカードに近いカードなので
審査なしで誰でも作れるという利点があります。

クレジットカードを作りたくない方や
年齢などの理由から作れない方でも
契約ができますよ!

LINEやSNSをよく利用する人

やっぱり一番おすすめしたいのは
LINEやSNSをよく利用する人です。

Twitterで動画を見たり、
Instagramでライブを見たり、
LINEでビデオ通話をしたり…

意外とかさみがちなデータ通信ですが
LINEモバイルのカウントフリープランなら
どんなときでも高速利用できます。

自分の利用頻度の高いSNSが
カウントフリーになるプランを選んで
賢く節約してしまいましょう!

LINEミュージックを利用している人

LINEミュージックを利用している人なら
断然LINEモバイルがおすすめ!

というのも、LINEモバイルには
LINEミュージックがカウントフリーになる
『MUSIC+プラン(月額1,810円~)』
あるからです。

そしてここに『LINE MUSICオプション』
つければLINEミュージックの利用料が
少しだけ安くなります!

既にLINEミュージックを利用しているなら
絶対にLINEモバイルがおすすめですよ。

お子様のスマホに格安SIMを考えている人

お子様へのスマホとして格安SIMを考えている方
にもおすすめです。

まずは端末代が安いというメリットがひとつ。

そしてもうひとつのメリットとして
『i-フィルター』というフィルタリングアプリが
毎月無料で利用できるという点があげられます。

検索ワードチェックや閲覧履歴の確認はもちろん、
時間制限をかけてインターネットを
使えなくしてしまうこともできるので
安心してお子様に持たせることができそうです。

イオンモバイルをおすすめする人

続いては
イオンモバイルはどんな人におすすめなのか
というと…

  • 頻繁に通話をする人
  • 端末を分割払いで購入したい人
  • 自分でデータ通信量をコントロールしたい人
  • お試しで格安SIMを利用してみたい人

こんな方におすすめです!
それぞれ詳しくご紹介していますね。

頻繁に通話をする人

やっぱり一番おすすめしたいのは
頻繁に通話したい人です。

かけ放題オプションをつければ
大手キャリアのかけ放題プランのように
どんなに電話をしても月額1,500円でOK。

格安SIMに乗り換えたいけど
通話機能も捨てきれない…
と悩んでいるなら断然イオンモバイルがおすすめ!

端末を分割払いで購入したい人

端末購入の際に分割払いしたいなら
イオンモバイルがおすすめ。

ただし
イオンカードと契約していることが条件になります。

『イオンカードに加入+分割払いしたい』
という方であれば
イオンモバイルがおすすめです。

自分でデータ通信量をコントロールしたい人

低速モードで使用すれば実質カウントフリーにできる
という点は、
自分でデータ通信量をコントロールしたい方に
ピッタリの機能です。

『イオンモバイル速度切替』というアプリを使って
モード切り替えで『低速』に設定すれば、
低速モード(最大0.2Mbps)利用中は
何をしても通信量としてカウントしません。

低速モード設定中でも、
テキストが中心になるメッセージのやりとりや
WEBサイト・Twitterの閲覧程度なら
問題なく利用できます。

お試しで格安SIMを利用してみたい人

イオンモバイルには解約料が存在しません。

このメリットを最大に活かせるのは、
やっぱり『お試しで利用したい方』ではないでしょうか。

例え1週間でも1ヶ月でも、
解約料が一切かからないというのは
とてもうれしいですよね。

ただし、
月の半ばで解約しても
月々の契約料は日割りにならないので
その点は要注意ですよ!

まとめ

似ているようで似ていない
LINEモバイルとイオンモバイルの違いは
おわかりいただけたでしょうか。

普段の使い方にピッタリ合うサービスを選び
プランを設定することで
大幅にスマホ料金を節約できます。

まずは自分がどんな風にスマホを使っているか
見直してみましょう!