LINEモバイルは大手キャリアと同様に2年縛りがある?最低利用期間をプラン別に確認する

おすすめ記事5選
 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『LINEモバイルは大手キャリアと同様に2年縛りがある?最低利用期間をプラン別に確認する』

今こちらのページをご覧になっている方の多くは
LINEモバイルへの乗り換えを
検討中の方なのではないでしょうか。

中にはLINEモバイルへの乗り換えにあたり
現在利用中の大手キャリアに対して
1万円近い解約金を払う予定になってしまい、
ちょっと落ち込み気味…

なんて方もいるのでは。

そうでなくても
過去の乗り換えでこのような解約金を支払った
苦い思い出がある…
という方は少なくないはずです。

LINEモバイルでは絶対に失敗したくない!!
と思うのも無理はありません。

そこで今回は
LINEモバイルにおける最低利用期間や
解約金の詳細について調査してみました。

LINEモバイル

LINEモバイルの最低利用期間はどれくらい?プランと通話SIMとデータSIMで利用期間が違う?

それではさっそくですが
LINEモバイルの最低利用期間はどれくらいなのか
調べてみましたよ!

その結果、
最低利用期間があるプランと
最低利用期間がないプランが
あることがわかりました。

それではそれぞれがどんなプランなのか、
詳しくご紹介していきたいと思います。

LINEモバイルの最低利用期間があるプラン

ずばり
最低利用期間があるのは
データ+SMS+音声通話のSIM
希望した場合です。

LINEモバイルには

  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSIC+プラン

の3種類のプランがありますが、
こちらの3種類に加えて
更に3つの『サービスタイプ』というものがあります。

サービスタイプというのは

  • データ通信のみができるSIMカード
  • データ通信 + SMSができるSIMカード
  • データ通信 + SMS + 音声通話ができるSIMカード

以上のように、
簡単に説明すると
SIMカードの種類(通信タイプの種類)だと
思っていただければOKです。

そしてこれら3種類のサービスタイプのうち、
『データ通信 + SMS + 音声通話ができるSIMカード』には
最低利用期間が設けられている
ということですね。

契約の翌月を1ヶ月目として
そこから数えて12ヶ月の末日までの1年間
最低利用期間に指定されています。

契約した月は1ヶ月目としてカウントしない点に
注意が必要ですね。

例え10月1日に契約したとしても
10月30日に契約したとしても、
どちらもカウントは11月分からということです。

この辺は少し(といっても数日ですけどね!)
ややこしく感じますが、

それでも大手キャリアに比べると、
かなり良心的な設定だと思いませんか?

LINEモバイルの最低利用期間がないプラン

それでは最低利用期間がないものはというと…

音声通話つき以外のサービスタイプは
すべて最低利用期間がありません。

データ通信のみのSIMや
SMSつきのSIMであれば
どんなプランを選んでも
解約金なしでいつでも解約できます。

しかし!

お試しでデータのみで契約して
途中から音声通話に変更してみよう~♪

ということはできません。

サービスタイプは
途中から変更することはできないので、
ご注意くださいね!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルの最低利用期間内に解約すると解約料金はいくらかかる?

LINEモバイルの音声通話つきSIMには
最低利用期間が設けられていることが
わかりましたね!

それではこの最低利用期間内に解約すると
解約料金はいくら発生するのでしょうか?

その答えはずばり9,800円です!

大手キャリアの2年契約の
期間外解約とほとんど変わらないですね。

大手キャリアと違うのは、
解約日に関わらず解約月のプラン料金が
発生してしまう点です。

大手キャリアのように
解約月の料金を日割り計算して…
というようなことはありません。

また、
MNP転出は別途の手数料3,000円が発生します。

例えば最低利用期間内に解約して
MNPで他社に乗り換える場合は、
9,800円+3,000円=12,800円がかかる
ということになりますね。

以上をまとめるとこのような形になります。

  • 音声通話つきSIMは1年縛り
  • 期間内の解約金は9,800円
  • 1年後以降の解約金は一切発生しない
  • MNP転出は別途手数料3,000円

全体をまとめてみても、
やはり大手キャリアと比べると
かなり良心的に思えますね!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

ほかの大手格安SIMの最低利用期間と解約料金をLINEモバイルと比較

大手キャリアと比べると良心的な
最低利用期間が設けられているLINEモバイルですが、

ほかの大手格安SIMの最低利用期間と解約料金比較すると
どのような感じになっているのでしょうか?

今回はLINEモバイルに加え、
当ブログでも今まで比較してきたことのある
大手の格安SIM 5社と比較してみました!

比較したのは

です!

調査した所、
各社ともに音声通話SIMにのみ最低契約期間などの
縛りを設けているようでした。

さっそくですがこちらの結果をご覧ください。

まず目につくのが
楽天モバイルやUQモバイルの
最低利用期間のゆらぎです。

この2社は
大手キャリアのような長期定期契約プランを導入していて
長期定期契約を結ぶことで月々のプラン料金を
優遇するシステムになっています。

その点LINEモバイルは
非常にシンプルでわかりやすいのが
おわかりいただけるはず。

そしてもうひとつ気になるのは
mineoとイオンモバイルの
解約金自体が存在しないという所。

しかし!

この2社はMNP転出手数料に注目して下さい。
短期間でのMNP転出を行った場合の費用が、
他社に比べて高いんですよね…

この点を加味してみると、
どの会社も殆ど変わらない程度の
解約金で運営している
というのがわかります。

このように大手の格安SIMと比較すると

『とにかく1年使えばMNP転出手数料しか
かかりませんよ』

というLINEモバイルのシンプルさは
ユーザーにわかりやすくしようという配慮が
伺えるのではないでしょうか。

まとめ

LINEモバイルの最低利用期間や
解約金について解説してきました。

プランや料金の仕組みが
とてもシンプルでわかりやすいLINEモバイルは
解約金などについてもとってもシンプルでしたね。

運営がユーザー側にとって
優しい仕組みを用意してくれていると、
安心感も高まるのではないでしょうか。

とにかくわかりやすさ第一のLINEモバイルなら
きっと満足して使い続けられるはずですよ!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら