iPhone6sを本当に格安で購入する方法は格安SIMのLINEモバイルが最高におすすめ

おすすめ記事5選
 

 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『iPhone6sを本当に格安で購入する方法は格安SIMのLINEモバイルが最高におすすめ』

先日、ついにiPhone8が発売になりました!

そんなiPhone8の影に隠れ、
2世代前の端末になったiPhone6sの姿が
ひっそりと姿を消したのにお気づきでしょうか?

なんとドコモなどの大手キャリアからでは
購入できなくなっているのです。

でも安心してください、
まだ購入する方法はありますよ!

しかもLINEモバイルと組み合わせれば
月々の支払いも安く済むので、
とてもおすすめです。

ということで今回は
iPhone6sを本当に格安で購入する方法と
LINEモバイルをおすすめする理由について
詳しくご紹介していきたいと思います。

iPhone6sを購入するにはどんな方法がある?LINEモバイルで買える?

先日のiPhone8発表にあたり、
大手キャリア各社ではiPhone8の売り出しが
始まりましたね!

そこで気になるのは型落ち機種になってしまった
iPhone6sの存在です。

2世代前の端末になって、
更に値下げされたお買い得なiPhoneになりました。

また、iPhone6のイヤホンジャック
魅力を感じている方はまだまだ多い気がします。

iPhone8ではiPhone7に引き続き
イヤホンジャック廃止のため
イヤホンをつけるなら

Bluetoothイヤホンあるいは
ライトニング端末接続のイヤホンを
使わなければなりません…

これは結構重大なデメリットです。

この点ではiPhone8にも劣らない魅力がある
iPhone6sを購入する方法は、
一体どのような方法があるのでしょうか?

  • Appleストアから購入する
  • 中古ショップやオークションで中古品を購入する

最初に書いた通り、
ドコモ・au・ソフトバンクなどの
大手キャリアでは既に購入することができません。

以上の2つの購入方法について
もう少し詳しくご紹介しましょう。

Appleストアから購入する

2世代前の機種になったiPhone6sを
正規ルートで確実に手に入れるなら
Appleストアから購入するのがおすすめです。

というのも
大手キャリアでは販売も終了していますし、

2世代前の機種になると
家電量販店などでも取り扱いがあるかどうか
確実性に欠けてしまいます。

その点Appleストアなら
公式でラインナップに揃えているので
思い立ったらすぐに購入できます。

今回おすすめしたいのは
SIMフリー版 iPhone6sなので、
Appleストアの実店舗に行かなくても
オンラインストアでお買い物できます。

問題がなければ数日以内に手に入るので
長期間待たされることもありませんよ。

中古ショップやオークションで中古品を購入する

大手キャリアでiPhone6sの取り扱いがないとなると、
もしかしたら一番身近に感じるのが
中古ショップやオークションで
中古品を購入する方法
という方もいるはずです。

しかし正直こちらはあまりオススメできません。

特にiPhoneについてよく知らない…
というiPhone初心者さんは、
失敗するリスクも高いため
できるだけ避けた方が良いと思います。

iPhone6sは既に2世代前の機種なので、
ジャンク品(そのままでは使えない商品)も
多く出回っているはず。

選び方や注意点が把握できないのであれば、
素直にAppleストアで購入するのがおすすめです。

LINEモバイルでiPhone6sを購入し使用した際の月額料金はこちら!

さて、
iPhone6sを手に入れても
通信会社と契約しなければ使うことは
できませんよね。

大手キャリアで取り扱いがなくなったiPhone6sですが、
実はAppleストアでSIMフリー版を購入して
持ち込めば大手キャリアでも契約することができます。

しかし、
せっかくSIMフリー版 iPhone6sを購入するなら
格安SIMのLINEモバイルがおすすめです!

格安SIMってよく聞くけど、
実際どれくらいお得なのかよくわからない…

という方も多いと思うので、

大手キャリアと比べて
どれくらい安くなるのか比較してみました!

各大手キャリアのプランとLINEモバイルの
似たようなプランで組んで料金を比較した図
ご紹介していきますね。

ドコモとLINEモバイルの月額料金の差は?

まずはドコモとLINEモバイルの
月額料金の差を見ていきましょう。

月々約3,000円もお得になるなんて、
結構衝撃的な料金差ですよね。

10分の短時間通話とはいえ、
かけ放題をつけて3,000円以下という
LINEモバイルの料金に素直に驚いてしまいます。

auとLINEモバイルの月額料金の差は?

次はauとLINEモバイルの月額料金の差です。

既にこれだけ差が出ているのに、
LINEモバイルはカウントフリープランで
LINEやSNSの通信量は無制限という太っ腹。

料金が安いだけでなく
通信量についてもお得な感じがします。

ソフトバンクとLINEモバイルの月額料金の差は?

最後はソフトバンクとLINEモバイルの
月額料金の差を見ていきましょう。

こちらはどちらもWi-Fi前提の低通信量プランの
ある意味最低限のプランですが、

内容を比較してみると
LINEモバイルの方が通信量の点で
既に優れていますね。

それでいて料金がこれだけ安いなら
とてもお得なのではないでしょうか。

また、
プラン料金の比較については
以下の記事でも詳しくご紹介しているので
ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事:LINEモバイルでiPhoneを使う前に確認しておくべき注意点と使用方法を詳しく解説

星の数だけある格安SIM会社の中でもなぜLINEモバイルがおすすめなのか!

以上のプランの比較を見て
料金の安さについてはおわかりいただけたと思います。

でも格安SIMって
みんな同じくらい安くなるんじゃないの?

と思っている方も多いはず。

確かに格安SIMはどの会社も安いので
料金だけで見ればあまり差を感じませんよね。

ですが、
そんなたくさんある格安SIMの中でも
あえてLINEモバイルをおすすめしたい理由
あるんです。

その理由がこちら!

  • 全プランにカウントフリーが採用されている
  • LINEの年齢確認がパスできるから、ID検索が使える
  • クレジットカードがなくても契約できる
  • LINEポイントがザクザク貯まる

全プランにカウントフリーが採用されている

絶対に外せないのが
様々なSNSのカウントフリーを採用した
プラン展開をしているという点。

LINEモバイルというだけあって、
『LINE』は全プランでカウントフリーの対象です。

LINEアプリで行うすべてのやりとりは
データ通信量のカウントをせず、
いつでも高速回線で利用することができます。

データ通信量がかさみやすい
画像や動画の送受信はもちろんのこと、
無料通話やビデオ通話もその対象です。

格安SIMは通話料が高いので
LINEの無料通話を使う人が増えていますよね。

しかしその分通信量がかさむという
デメリットがあったのですが、
そんなデメリットを解消してくれるのが
『LINEがカウントフリー』というプランなのです。

LINE以外には

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • LINEミュージック

以上の4種類のサービスが
カウントフリーの対象に指定されています。

人気の定番SNSが対象になっているので、
SNS好きの方なら確実にお得なはずです。

LINEの年齢確認がパスできるから、ID検索が使える

格安SIMへの乗り換えでネックになるのが
LINEの年齢確認がクリアできなくなる
ということです。

LINEの年齢確認は
大手キャリアの契約情報を参照しているため
格安SIMではそこをクリアできません。

しかしLINEモバイルなら
LINEモバイルの契約情報を参照できるので
年齢確認をパスすることができるのです。

こちらは現時点では
他の格安SIMでは提供できないサービスです。

格安SIMを使いながらにして
年齢確認をパスしたいのであれば
絶対にLINEモバイルを使う必要があるのです。

クレジットカードがなくても契約できる

LINEモバイルはLINEが提供するサービスなので、
支払い方法にLINE Payが指定できる
ようになっています。

LINE Payとは
年齢制限や審査のないオンライン決済サービスで、
誰でも簡単にアカウントを取得できます。

銀行口座感覚で管理も簡単!

クレジットカード決済のみという
格安SIMも多いのですが、
LINE Payで支払えるなら
クレジットカード不要で契約できますね。

関連記事:LINE Payの登録の際に必要な本人確認資料は?認証までの期間や時間はどれくらいかかる?

LINEポイントがザクザク貯まる

LINEモバイルでは支払方法にかかわらず
支払額の1%のLINEポイントが貯まる
ようになっています。

LINE Payで支払いをしているなら
LINE Pay残高にチャージしていけば
ポイントでLINEモバイル利用料を支払えます!

LINEポイントはLINE Payを通せば
現金化することもできるので
現金化してお小遣いにしてもOKです。

これだけでも嬉しいのに、
支払方法をクレジットカードに指定して
LINE Payカードでの支払いにすると

毎月のポイント還元1%+
LINE Payカード支払いのポイント還元約2%=
最大約3%のポイント還元が実現します。

普段からLINE Payカードを利用しているなら、
絶対にLINE Payカードでの支払いがオススメです!

ややこしいのですが
『LINE Pay』ではなく『LINE Payカード』なので
間違えないようにしてくださいね。

関連記事:LINE Payカードの作り方!スマホ・PC・コンビニから口座開設し登録する方法

iPhone6sでLINEモバイルを使用・乗り換えする際の注意点はなに?

こちらの記事を見ている方の多くが
AndroidからiPhone6sへの買い替え
考えているのではないでしょうか。

AndroidからiPhoneに買い換える時は
端末がまったく違うものに変わることを
理解しておかなければなりません。

その場合には以下のことに注意しましょう。

  • アプリが引き継げないことがある
  • 『おサイフケータイ』は使えない

また、
大手のキャリアからLINEモバイルに乗り換えるのも
注意が必要になります。

  • キャリア独自のプランと機能が使えなくなる
  • 乗り換え時期によっては解約金が発生する
  • LINEモバイルの音声通話つきSIMは1年縛り

以上、
全部合わせて5つの注意点について、
詳しく解説していきますね。

アプリが引き継げないことがある

最初に書いた通り、
AndroidとiPhone6はまったくの別物です。

そのため、
アプリのデータが引き継げないことがあります。

Googleアカウントの連携などによって
引き継げるようになったアプリも多いのですが、

まだまだデータ引き継ぎができないアプリも
多いのが現実です。

特に個人やマイナー企業が作っているアプリは
引き継げない可能性が高いです。

有名企業ですが、
LINEでもLINEコインは引き継ぐことができません。

ちょっとややこしいのですが…

ツムツムの場合ルビーは引き継げないけど
ハートやコインは引き継げる

など、同じアプリでも
引き継げるもの・引き継げないものがあるので
自分で『引き継げる・引き継げない』を
判断するのはかなり危険です。

『アプリ名 引き継ぎ AndroidからiPhone』

などで検索して
引き継げるもの・引き継げないものを
事前に調査しておきましょう。

『おサイフケータイ』は使えない

お馴染みの『おサイフケータイ』ですが、
iPhone6sにはそれに準ずる機能がないため
おサイフケータイは使えません

Androidアプリに慣れてしまうと
少し不便かもしれませんが

大抵の電子マネーは
カードで使用することができるはずなので
iPhone6sに乗り換えたら
カードで管理するようにしましょう。

キャリア独自のプランと機能が使えなくなる

LINEモバイルに乗り換えるというのは
キャリアのプランを解約するということなので

キャリア独自のプランや
キャリアならではの機能などが
すべて使えなくなります。

意識していないものの
キャリアの恩恵を受けていることは意外と多いです。

解約前に一度見直して、
LINEモバイルでのオプションをつけるべき部分を
検討しておくとスムーズに乗り換えられますよ。

乗り換え時期によっては解約金が発生する

ご存知の通り、
キャリアでは契約期間が決められている代わりに
端末料金を安くするプランがメジャーです。

そのようなプランを利用している場合、
契約更新月以外での解約は
解約金や違約金が発生する可能性があります。

キャリアや契約しているプランによって
様々な条件が異なるので、

乗り換え前にキャリアのWEBページや
窓口に相談するなどして
予め確認しておくことをおすすめします。

LINEモバイルの音声通話つきSIMは1年縛り

LINEモバイルの音声通話つきのプランは
1年間の契約期間が定められています。

契約期間内の解約やMNP転出は
解約手数料 9,800円(税抜)が発生します。

ただし1年経過すれば
その後は解約手数料がかからず
いつでも解約できますよ。

また、
データのみやSMSつきのSIMの場合は
解約手数料や契約期間の縛りはありません。

iPhone6sでLINEモバイルを使用する為の設定などの全部の流れをご紹介!

それでは最後に
LINEモバイルをiPhone6sで使用するための
設定方法などすべての流れを解説していきますね。

簡単な流れは以下の通りです。

  1. AppleストアでiPhone6sを購入する
  2. MNP転出手続き(MNP予約番号を取得)をする
  3. LINEモバイルに申し込む
  4. iPhone6sのAPN設定をする

さっそく以上の流れを詳しくご紹介しましょう。

AppleストアでiPhone6sを購入する

まずはAppleストアでiPhone6sを購入しましょう。

実店舗や家電量販店に行くのも良いですが、
店舗数が限られていたり
在庫状況が不安だったりするので、
オンラインストアが便利でおすすめです。

現在の端末価格は50,800円(税抜)です。

発売当初に比べれば随分安くなってきましたね。

カラーは
シルバー・ゴールド・スペースグレイ・ローズゴールド
以上の4色から選べます。

容量は
32GB・128GB
以上の2種類から自分に合う方を選びましょう。

通常であれば
2~3日以内には手元に届くはずです。

MNP転出手続き(MNP予約番号を取得)をする

電話番号をそのまま使い続けるには
現在契約中のキャリアでMNP転出手続きをする
必要があります。

データのみ・SMSつきのSIMカードを希望の場合は
MNP転出をする必要はありません。
※電話番号を捨てることになります

MNP転出手続きは
どのキャリアでも電話1本で済ませられるので、
時間を見つけてササッと終わらせましょう。

各キャリアの詳しいMNP予約番号の取得方法は
以下の記事でご紹介していますので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事:LINEモバイルにMNPで乗り換える方法!予約番号の取得から開通『全まとめ』

LINEモバイルに申し込む

いよいよLINEモバイルに申し込みましょう。

前の行程で取得したMNP予約番号は
10日以上の有効期限が残っている必要があるため、

MNP転出手続きをしたら
できるだけすみやかにLINEモバイルに
申し込みましょう。

LINEモバイルに申し込む方法は

  • 家電量販店などの実店舗から申し込む
  • LINEモバイルのWEBで直接申し込む
  • エントリーパッケージを購入して申し込む

以上の3種類の方法があります。

一番おすすめしたいのは
エントリーパッケージを購入する方法です。

実店舗やWEBでの直接申し込みは
事務手数料として3,000円かかるのですが、
エントリーパッケージなら990円で済みます。

LINEモバイルを取り扱っている実店舗か
Amazonなどのオンラインストアから購入できるので、
誰でも簡単に手に入れられます。

ただし、
この方法は郵送の時間がかかるというデメリットも。

それでも2,010円お得に済ませられるので、
時間にゆとりがある方は
エントリーパッケージでの申し込みが
おすすめですよ。

エントリーパッケージの購入方法や
申し込み方法は以下の記事を参考にしてくださいね!

関連記事:LINEモバイルのエントリーパッケージの購入方法!失敗しない使い方と登録・設定方法を解説

iPhone6sのAPN設定をする

LINEモバイルへの申し込みが完了して
SIMカードが手に入ったら、
iPhone6sのAPN設定をしましょう。

APN設を行うと
いよいよiPhone6sでLINEモバイルの電波を
拾えるようになりますよ!

しかしここで問題がひとつ。

iPhone6sでAPN設定をするためには
Wi-Fiを利用してインターネットに接続する
必要があります。

自宅にWi-Fi環境がない方は、
フリーWi-Fiスポットなどから
落ち着いて操作できそうな場所を
ピックアップしておきましょう。

以下の記事では
iPhone6sでのAPN設定の方法をご紹介しているので、
手順通りに進めて簡単に終わらせてしまいましょう!

フリーWi-Fiスポットの探し方のコツなども
ご紹介してるので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事:LINEモバイルのAPNをiPhoneで設定する方法を図を用いて詳しく解説!設定できない時の原因や対処方法もご紹介

まとめ

既に2世代前の機種になってしまいましたが、
どうしてもiPhone6sにしたい!!
という要望はまだまだあるはず。

やはりイヤホンジャックの存在は
8やXには実現できないですからね…

せっかくiPhone6sを購入するなら、
これを機にLINEモバイルへの
乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?