iPhone8を本当に格安で購入する方法は格安SIMのLINEモバイルが最高におすすめ

おすすめ記事5選
 

 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『iPhone8を本当に格安で購入する方法は格安SIMのLINEモバイルが最高におすすめ』

ついにiPhone8が発売になりましたね!

大手のスマホキャリアでは
どの会社でも大々的に売り出し中ですね。

さっそく新しいiPhoneに買い替えたい~!
という方や

これを機にAndroidからiPhoneに
乗り換えてみようかな?
という方も

多いのではないでしょうか。

どうせiPhone8を購入するのなら
一番安く手に入れたいと思いませんか?

実は大手キャリアで購入して契約するよりも
安くiPhone8を手に入れる方法があるんです。

その方法とは、
iPhone8をAppleストアで購入して
LINEモバイルで使うことなんです。

一番割高に感じるAppleストアでの購入が
一番安いってどういうこと!?

と感じる方も多いはず。

そこで今回は
iPhone8を本当に格安で購入するには
LINEモバイルでの契約がおすすめの理由について
詳しく解説していきたいと思います。

目次

iPhone8を購入するにはどんな方法がある?LINEモバイルで買える?

ついにiPhone8が発売になりましたね!

無線充電で話題を集めるなど、
相変わらずのiPhone人気は健在です。

大手キャリアのWEBサイトでも
トップページで大々的に売り出し中で
その人気の高さが伺えますね。

さてこちらのiPhone8ですが
手に入れる方法は主に3種類存在しています。

  • 大手キャリアで回線契約と一緒に購入する
  • Appleストアで購入する
  • 中古ショップやオークションで中古品を購入する

この中でも実は一番安くて安全に購入できるのは
Appleストアでの購入なんです。

その理由を
それぞれの購入方法の特徴をご紹介しつつ
詳しく解説していきたいと思います。

大手キャリアで回線契約と一緒に購入する

一番ポピュラーな購入方法はこちらの
大手キャリアで回線契約と一緒に購入する方法です。

おそらく殆どの方は
こちらの方法でiPhoneやAndroidスマホを
手に入れる方が多いのではないでしょうか。

この方法は
購入したらすぐに使えるなど
事務手続きは店員さんに全部おまかせでOKで
とにかく楽ですよね。

継続契約前提に端末料金を分割&割引してくれる
サービスまであるため、
iPhone8本体の実質負担額が安い
という特徴があります。

しかしその反面、

契約期間内の解約は違約金が発生したり、
利用するためのプラン料金が高額になりがち
という大きなデメリットもあります。

Appleストアで購入する

本記事でおすすめしているのは
こちらのAppleストアで購入する方法です。

Appleストアは店舗数も限られていて
近くにお店がない…
という方も多いですよね。

でも安心して下さい!

Appleストアはオンラインストアでも
商品を購入することができます。

Appleストアで購入できるiPhone8は
実店舗だと
各大手キャリア版とSIMフリー版の2種類です。

オンラインストアだと
SIMフリー版のみとなっています。

今回おすすめしたいのは
SIMフリー版 iPhone8なので、
誰でも手軽に購入できますよ。

購入~手元に届くまでは
通常であれば数日以内に完了するはずです。

中古ショップやオークションで中古品を購入する

イメージ的には一番安く手に入りそうな
中古ショップやオークションで中古品を
購入する方法
ですが、

こちらは安心や安全という面を見ると
あまりおすすめできる方法ではありません。

特にiPhoneへの知識があまりない方や
中古取引・ネットオークションに不慣れな方は
出来る限り避けるべき方法だと感じます。

その理由は、
中古品はいくつかのポイントを押さえないと
希望通りの使い方ができなかったり
不便な思いをする可能性が高いからです。

大手の中古ショップなどで
スタッフに相談しながら保証も備えた
端末選びができるなら良いのですが、

ネットオークションやフリマアプリでは、
意に反した商品を購入してしまったり
運が悪いと詐欺被害に遭遇してしまったり

逆に損をすることも考えられるので
不慣れな方にはなかなか難しい方法
だと思います。

LINEモバイルと大手キャリアでiPhone8を購入し使用した際の月額料金と総金額を徹底比較!

どう考えてもキャリアプランのほうが
割引されてお得だと思うんだけど、
なんで正規価格で購入が一番安いの???

と、たくさんのハテナが浮かぶ方も
多いはずですよね。

ここでポイントになるのが、
iPhone8を使うためにかかる費用のことです。

大手キャリアで購入するなら
当然キャリアのプランを契約しなければいけません。

しかしSIMフリー版なら
契約する会社を自由に選べるという
超大きなメリットがあります。

LINEモバイルと大手キャリアでiPhone8を購入して
使用した時の月額料金と総支払額を比較
した結果を
見ればすぐにどちらがお得かはっきりするはず。

iPhone8には64GBと256GBがありますが、
今回は64GBをモデルに計算しています。

256GBについても金額は違っても
『お得』という結果は変わらないので
参考にしてみてくださいね。

ドコモでiPhone8を購入×最安プランの総額は?

まずはドコモでiPhone8を購入し、
最安プランで使用する場合の金額から
見ていきましょう。

この場合、
月々の支払いはこのような形になります。

毎月3,699円の支払いの所を
2,376円も値引きになるなんて
かなりお得に感じてしまいます。

ですが、
本体料金の支払いを終えた時の総額
どうでしょうか。

iPhone8の端末料金は3万円台
Appleストアで購入するよりも
安い結果になりましたね。

ですが注目すべきはそこではなく
分割払いを終えたあとの総額です。

なんと17万円を超える支払いになってしまいます。

iPhone8の利用料金を含んだ金額なので
当然といえば当然なのかもしれませんが、
それにしてもちょっと高いと感じませんか?

auでiPhone8を購入×最安プランの総額は?

次はauでiPhone8を購入し、
最安プランで使用する場合の金額
見ていきましょう。

auの場合はデータの使用量に応じて料金が
変化するピタットプラン(シンプル)が最安です。

ピタットプラン(シンプル)で
1GB利用した場合を想定した所、
月々の支払いはこのようになりました。

auの場合はアップグレードプログラムという
有料オプションをつけることで
端末の月額料金を抑える仕組みなので、

オプション料金がかかっていますが
オプションをつけないよりも安くなっています。

アップグレードプログラムを利用して
本体料金の支払いを終えた時の総額
どうなったでしょうか?

auの場合は
Appleストアで購入する場合の
半額程度の端末料金で済むようですね!

しかしやはりこちらもプラン料金がネックになり、
総額で見ると結構厳しい出費になります。

auのプランは全体的にバランスが良く
誰でも使いやすいプランだったのですが、
それでもこの金額になってしまうんですね…

ソフトバンクでiPhone8を購入×最安プランの総額は?

続いてはソフトバンクでiPhone8を購入し、
最安プランで使用する場合の金額
見ていきましょう。

ソフトバンクの場合は
新規契約&MNP乗り換えと機種変更で
料金が異なるので、

今回は新規契約&MNP乗り換えの場合で
料金を計算してみました。

3大キャリアで見てみると
実質負担額が一番少ないのはソフトバンクですね。

しかし最新機種であるためか
ドコモともそこまで差はありません。

それではソフトバンクで
本体料金の支払いを終えた時の総額
どうなるでしょうか。

端末の実質負担額にあまり差がないドコモと比べると
かなり安く感じる結果になりました!

しかしプランの方に注目してみると、
ソフトバンクのプランは
データ通信は殆どできないレベルの
プラン設定になっています。

5MBというと、
スマホで撮った写真を3枚前後
送信か受信してしまえば終了です。

いくら端末料金が安くても
さすがにこれでは少なすぎる…

と感じる方が多いはずです。

AppleストアでiPhone8を購入×LINEモバイル最安プランの総額は?

それでは最後に一番おすすめの
AppleストアでiPhoneを購入し、
LINEモバイルの最安プランで使用する場合の金額
見ていきましょう。

今回はキャリアからの乗り換えやすさを考えて
音声通話つきの最安プランである
『音声通話つき LINEフリープラン』を選択しました。

音声通話つきのプランは
1年間の契約期間が設けられているので、
1年間利用した場合の金額を見ていきましょう。

やっぱり端末料金が高い…
と感じるような気がしますね。

ですがプラン料金は
大手キャリアとは比べ物にならないレベルの
安さということがわかりますね。

その結果、
最終的な総額が大手キャリアと比較すると
最安値になるのです!

こちらの図を見るとわかりやすいですね。

iPhone8を手に入れても
通信会社と契約をしなければ使用できません。

この事を考慮すると、
本当に大切なのは端末料金だけではなく
月々のプラン料金も重要だということがわかります。

端末料金だけを比較するのではなく
上図のように端末料金とプラン料金の合計を
比較するべきということですね。

その結果、
とにかく安くiPhone8を購入&利用したい
と考えるのであれば

Appleストアで購入したiPhone8を
LINEモバイルで契約する方法が一番安い
ということになります。

星の数だけある格安SIM会社の中でもなぜLINEモバイルがおすすめなのか!

Appleストアで購入するなら
LINEモバイル以外の格安SIMでもいいんじゃない?
もっと安い格安SIMもあるはず!

と考える方も多いかも知れませんね。

最近では見ない日はないというほど
毎日のように様々な格安SIMのTVCMが流れ、
街中の広告でも目にする機会が増えました。

そんな格安SIMの中でも
LINEモバイルがおすすめの理由
このような素晴らしい特徴があるからです。

  • 全プランにカウントフリーを採用している
  • LINEの年齢認証がパスできる(ID検索が使える)
  • クレジットカードがなくても契約できる
  • LINE Payカードで決済すれば最大3%のポイント還元

LINEが提供する格安SIMなだけあって、
特にLINEヘビーユーザーにおすすめ
したい格安SIMになっています。

それぞれの特徴について詳しくご紹介しましょう。

全プランにカウントフリーを採用している

LINEモバイルの最大かつ注目すべき特徴は
様々なSNSのカウントフリーを採用した
プラン展開をしているということ。

中でも『LINE』は全プランで
カウントフリーの対象に設定されています。

LINEのトークでのメッセージはもちろん、
意外とデータ通信量がかさむ画像・動画のやりとりも
データ通信量として計上されません。

更に音声通話やビデオ通話のデータ通信量の
すべても一切カウントせず
いつでも高速回線で利用できるんです。

メインのコミュニケーションツールとして
LINEを使っている方なら絶対にお得なはず。

無料通話・ビデオ通話はデータ通信量がかさむので
メインの通話をLINEで済ませている方は
特におすすめしたい格安SIMです。

LINE以外には

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • LINEミュージック

以上の4種類のサービスが
カウントフリーの対象に指定されています。

どのSNSもメッセージ以外に
画像や動画を見る機会も多いはずなので、
これらがカウントフリーになると
安心してSNSを利用できそうです。

LINEの年齢認証がパスできる(ID検索が使える)

LINEモバイルならではの特徴といえば
LINEの年齢認証がパスできるということが
挙げられます。

LINEモバイルは
その名の通りLINEが提供している格安SIMなので、

様々な部分でLINEと連携して
便利なサービスの提供を受けられます。

LINEの年齢確認では
LINEモバイルの契約者・利用者情報と連携して
年齢認証をパスすることができるのです!

この点に関しては
現時点では他の格安SIMでは
絶対に提供できないサービスなので、

格安SIMを利用しながら
LINEの機能を完全な状態で使いたいのであれば
選ぶべきはLINEモバイルしかないということですね。

クレジットカードがなくても契約できる

LINEと連携を取った便利なサービスのひとつに
支払方法にLINE Payが選べる
というものがあります。

LINE Payは銀行口座に似た
オンライン決済サービスのひとつです。

年齢制限や審査がないので
高校生やクレジットカードの審査が難しい方でも
すぐにアカウントを作成できます。

格安SIMはクレジットカード決済のみ
という会社も多い中で
このような連携は嬉しいサービスですよね。

関連記事:LINE Payの登録の際に必要な本人確認資料は?認証までの期間や時間はどれくらいかかる?

LINE Payカードで決済すれば最大3%のポイント還元

LINEヘビーユーザーにおすすめしたい
理由のひとつに

LINEモバイルでは支払方法にかかわらず
支払額の1%のLINEポイントが貯まる
ということが挙げられます。

LINEポイントは
LINEで使うスタンプや着せかえを購入したり
ツムツムのルビーを購入したり
LINEユーザーには嬉しい使いみちがたくさん!

これだけでもLINEユーザーにとっては
結構嬉しいサービスですが、

実は支払方法をクレジットカードに指定して
LINE Payカードでの支払いにすると

毎月のポイント還元1%+
LINE Payカード支払いのポイント還元約2%=
最大約3%のポイント還元が実現します。

このポイント還元率の高さを
常時キープできるのは結構すごいことですよね。

LINEモバイルの支払いは
絶対にLINE Payカードがおすすめですよ!

関連記事:LINE Payカードの作り方!スマホ・PC・コンビニから口座開設し登録する方法

iPhone8でLINEモバイルを使用・乗り換えする際の注意点はなに?

こちらの記事をご覧になっている方の殆どが
現在利用中のスマホからiPhone8への買い替えを
考えているのではないでしょうか。

iPhone8でLINEモバイルに乗り換える時には
いくつかの注意点があります。

まずは現在Androidを使用中の方

AndroidからiPhoneに乗り換える時は
以下の重大な注意点があります。

  • アプリのデータは殆ど引き継げない
  • Apple Payに対応していない電子マネーが使えない

また、どんな端末からの買い替えにも関わらず
大手キャリアのプランから
LINEモバイルに乗り換える時にも
以下のような注意点があります。

  • キャリアで契約しているプランや機能が使えなくなる
  • 乗り換え時期によっては解約金が発生する
  • 音声通話つきプランは1年間の契約期間が決められている

全部合わせて5つの注意点は、
買い替え前にかならず確認しておきたい所です。

それぞれの注意点について詳しく解説しましょう。

アプリのデータは引き継げないことがある

AndroidとiPhone8では、
スマホを動かす仕組みである『OS』という部分が
まったく別のものでできています。

そのため、
今利用中のアプリのデータは引き継げないことがある
と思っていて下さい。

最近はGoogleアカウントとの連携によって
移行できるものも多いのですが、
当然移行できないデータも数多く存在しています。

例えばLINEで言えば、
LINEコインがこの引き継ぎ不可のデータに該当します。

LINEコインは課金でも無課金でも
手に入れる方法がありますが、
どんな方法で手に入れたとしても引き継げません。

ちなみにLINEの場合は
スタンプや着せかえのデータは
課金したアイテムですが引き継ぎができます。

このように、
課金・無課金に関わらず引き継げるデータと
引き継げないデータがあるため、

『アプリ名 引き継ぎ AndroidからiPhone』

などで検索して、
引き継ぎできるもの・できないものについて
必ず下調べをしておくことをおすすめします。

特に課金データに関しては
金額によっては大変な損失になりかねないので
絶対に調べておきましょう。

Apple Payに対応していない電子マネーが使えない

iPhone8でもApple Payは健在です!

搭載されない可能性が噂されていたので、
ひと安心ですね。

しかし残念ながら
対応している電子マネーの種類は
そこまで増えていません。

相変わらず
nanacoやWAONや楽天Edyなどの
メジャーな電子マネーでも
対応していません。

現在Androidアプリで管理しながら
利用している場合は
すべて使えなくなってしまうので
今後はカードで管理する必要があります。

キャリアで契約しているプランや機能が使えなくなる

LINEモバイルに乗り換える時には、
キャリアの契約を解約することになります。

当然、
キャリアで契約している便利な機能や
オプションなどはすべて使えなくなるので
注意しましょう。

特に利用者が多いのは

  • かけ放題プラン
  • 留守番電話や割込通話などのオプション
  • キャリアのメールアドレス

以上のサービスではないでしょうか。

LINEモバイルでも
対応している有料オプションがあるので、
必要な場合はプランに組み込むことを忘れずに!

乗り換え時期によっては解約金が発生する

おそらく殆どの方の
契約中のプランには契約期間が設けられているはず。

契約期間が設けられているプランを契約中の場合、
契約更新月以外での解約は
解約金や違約金が発生することがあります。

各キャリアや契約プランによって
期間・解約金が異なるので、
乗り換え前に調べておくことをおすすめします。

音声通話つきプランは1年間の契約期間が決められている

LINEモバイルの音声通話つきのプランは
1年間の契約期間が決められています。

契約期間内の解約やMNP転出には
解約手数料 9,800円(税抜)が発生します。

これはちょっと大きな出費です…

しかし契約期間の1年が経過してしまえば、
その後は更新月など関係なく
解約手数料0円でいつでも解約できます。

iPhone8でLINEモバイルを使用する為の設定などの全部の流れをご紹介!

それでは最後に
iPhone8でLINEモバイルを使用するための
設定方法などすべての流れをご紹介して
終わりたいと思います。

簡単な流れは以下の通りです。

  1. AppleストアでiPhone8を購入する
  2. MNP転出手続き(MNP予約番号を取得)をする
  3. LINEモバイルに申し込む
  4. iPhone8のAPN設定をする

それでは、
以上の流れを詳しくご紹介していきますね。

AppleストアでiPhone8を購入する

まずはAppleストアでiPhone8を購入しましょう。

実店舗ならすぐに受け取れるのですが、
店舗数も限られていて近くにない方も
多いのではないでしょうか。

そんな時は
オンラインストアが便利でおすすめですよ。

自分に合った容量と
お好みのカラーを選んで購入しましょう。

通常であれば2~3日以内には手元に届きますよ!

MNP転出手続き(MNP予約番号を取得)をする

電話番号をそのまま使い続けたい場合には
現在契約中のキャリアでMNP転出手続きをする
必要があります。

音声通話つきプラン以外を希望の場合や
新しい電話番号を取得したい場合は
MNP転出手続きをする必要はありません。

MNP転出手続きには

  • 実店舗の窓口で依頼する
  • 電話で依頼する
  • WEBから申し込む(一部キャリア・機種限定)

以上の3種類の申し込み方法があります。
申し込んだその日のうちに手続き完了できますよ!

簡単なので空いた時間に済ませてしまいましょう。

各キャリアの詳しいMNP予約番号の取得方法は
以下の記事でご紹介していますので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事:LINEモバイルにMNPで乗り換える方法!予約番号の取得から開通『全まとめ』

LINEモバイルに申し込む

いよいよLINEモバイルへの申し込みです。

MNP予約番号を使ってLINEモバイルに申し込む時は
10日以上の有効期限が残っている
という条件があります。

MNP予約番号を取得したら
できるだけすぐにLINEモバイルに申し込みましょう。

LINEモバイルに申し込む方法は

  • 家電量販店などの実店舗から申し込む
  • LINEモバイルのWEBで直接申し込む
  • エントリーパッケージを購入して申し込む

以上の3種類の方法があります。

特におすすめしたいのは
エントリーパッケージを購入する方法です。

通常かかる事務手数料3,000円が
エントリーパッケージ料金990円になるため、
約2,000円もお得ですよ!

エントリーパッケージは、
LINEモバイルを取り扱っている実店舗か
Amazonなどのオンラインストアから購入できます。

ここで気をつけたいのが、
エントリーパッケージでの申し込みは
郵送に時間がかかるということ。

急ぎの方にはおすすめできませんが、
時間にゆとりのある方は
エントリーパッケージの申し込みがおすすめです。

エントリーパッケージの購入方法や
申し込み方法は以下の記事を参考にしてくださいね!

関連記事:LINEモバイルのエントリーパッケージの購入方法!失敗しない使い方と登録・設定方法を解説

iPhone8のAPN設定をする

LINEモバイルへの申し込みが完了すると
SIMカードが手に入ります。

SIMカードをiPhoneにセットしたら、
iPhone8のAPN設定をしましょう。

APN設定が完了すると
iPhone8でLINEモバイルの電波を
拾えるようになります。

ここで注意!

iPhone8でAPN設定をするためには
Wi-Fiを利用してインターネットに接続する
必要があります。

自宅にWi-Fi環境がない場合、
フリーWi-Fiスポットなどを利用しなければ
LINEモバイルを利用開始できません。

iPhone8のAPN設定の方法や
フリーWi-Fiスポットの探し方について
ご紹介しているので、
以下の記事を参考にしてみてくださいね!

関連記事:LINEモバイルのAPNをiPhoneで設定する方法を図を用いて詳しく解説!設定できない時の原因や対処方法もご紹介

まとめ

ついにiPhone8が発売になりましたね!

最新機種というだけあって
やはり高価な端末ではありますが、
LINEモバイルを活用すれば
こんなに安く使い始めることができます。

iPhone8に買い換えるついでに
LINEモバイルへの乗り換えも検討してみては
いかがでしょうか。