MNPでLINEモバイルにお得に乗り換えるタイミングと転入・転出方法の手順と注意点全まとめ

おすすめ記事5選
 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『MNPでLINEモバイルにお得に乗り換えるタイミングと転入・転出方法の手順と注意点全まとめ』

電話番号はそのままでスマホを他社に乗り換えられる
『MNP乗り換え』はとても便利ですよね。

格安SIMへのMNP乗り換えといえば、
自分で手続をしなければいけないという重要なポイントがあります。

当たり前と言えば当たり前なんですが、
それでもやっぱり自分でやるとなると

いつどのタイミングで切り替えればいいの?

タイミング次第で損することもあるの?

など、
さまざまな疑問が沸いて
少しおよび腰になってしまうこともありますよね。

特に『損するかも』とか『不便な思いをするかも』といった
マイナス面への影響は気になる所です。

ということで今回は、
MNPでLINEモバイルに乗り換える方法と
見極めるべき『お得な乗り換えタイミング』について
徹底的に調査してみました!

MNPでLINEモバイルにお得に乗り換えるタイミングと転入・転出方法の手順と注意点全まとめ

MNPでLINEモバイルに乗り換えるということは、
現在契約中の大手キャリアを解約するということになります。

簡単にMNP乗り換え手順を説明すると、
以下のようになります。

大まかに分けると4つのステップになります

実際にやってみるとどの手順もとても簡単!

しかし、簡単とは言え注意しておきたい点もいくつかあります。

もちろん何も考えずにサササーっとやってしまっても特別大きな問題はないのですが、

注意点を押さえておけばムダな出費を抑えて節約できたりスムーズな乗り換えで不便な時間を最小限に抑えたりできます。

今回はこのMNPを使ったLINEモバイルへの乗り換えにおける注意したいポイントについて詳しく掘り下げていきますよ~!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

どの時期や期間、曜日にLINEモバイルに一番お得に乗り換えれる?

まず気になるLINEモバイルに乗り換えるタイミングについて。

LINEモバイルへの乗り換えで一番のポイントになるのがLINEモバイルは契約月が無料になるということです!

つまり月のはじめに契約するほどお得になるということですね。

しかしここで問題になるのは
LINEモバイルではMNPの開通日を指定できないこと。

いくら最大限お得にしたいから○月1日から契約したい!
と思っていても、
その通りにいくとは限りません。

もともと契約している大手キャリアについても
キリがいいから月末いっぱいで解約したいな~
というのはわかるのですが、うまいタイミングで解約することができずに、ずれる可能性は十分にあります。

LINEモバイルへの切り替えが遅れる分にはまだいいのですが、
早すぎた場合は無料期間が1日のみになってしまうため、すごく損します。

LINEモバイルへの乗り換えのタイミングは『月初』がおすすめ!

以上のことを踏まえると、
個人的におすすめしたいのが『月初の乗り換え』です。

先述の通りLINEモバイルでは開通日が指定できません。

大手キャリアの解約月のプラン料金が日割りで発生してしまうことは承知の上で乗り換えましょう。

LINEモバイルの契約月無料というサービスを
数日分活かせないのは残念ですが、

乗り換えタイミングがずれて月末になってしまう
リスクを負うよりはお得です。

どのプランがLINEモバイルのお得に乗り換えられる?

MNPで乗り換えを考えている方は、当然音声通話つきSIMで契約を考えていると思います。

音声通話つきSIMが選べるのは
LINEフリープラン・コミュニケーションフリープラン・MUSIC+プラン
の3種類ですが、
どのプランにするかはもうお決まりですか?

『絶対にこれ!』という候補がないのであれば、
コミュニケーションフリープランもしくはMUSIC+プランのデータ容量10GBで契約するのが絶対的にオススメです。

えええ、高いし10GBもいらないし…

と思うかもしれませんが、
先述の通りLINEモバイルは契約月(初月)はプラン料金が無料

LINEモバイルは自分で簡単にプラン変更できるので、
次のようなステップで操作すれば
一番お得にLINEモバイルに契約することができます。

一番お得に乗り換える方法
  1. LINEモバイル契約時に10GBプランに加入する
  2. 大体どれくらいのデータ容量を使うか見極める
  3. 当月中(契約した月)に適切なプランに変更する←忘れずに!!
  4. 翌月からは適正プランで契約!

なんでこんなにややこしいことを?

と思うかもしれませんが、
実はこの方法にはうれしいメリットが2つあります。

そのメリットはこちら!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

メリット① 無料で10GBの契約ができる

この方法のメリットのひとつは
無料で10GBの契約ができるということ。

LINEモバイルは使わなかったデータ容量を
翌月まで繰越ができるので、
10GBのうち使わなかった分は翌月の保険として
残しておくことが可能なのも評価ポイント!

この翌月繰越分だけでもなかなかお得だと思うので、
強いこだわりがなければ
今回ご紹介した方法をオススメします。

メリット② 適切なデータ容量の見極め期間ができる

そしてもうひとつのメリットは
適切なデータ容量を損せずに見極められるということ。

LINEモバイルの特徴である
LINEやSNSのカウントフリーについては
慣れないとどれくらいのデータ容量で契約すればいいのか
わからないことも多いと思います。

LINEモバイルでは自分が今どれくらい通信量を消費したか?
というのをマイページからチェックできるので、
契約月の無料期間にしっかり見極めましょう。

こちらは実際のマイページの画面ですが、
1日ごとにどれくらい利用したかがわかるので、
こんな通信をするとこれくらい消費するんだな~
という目安がつきやすいです。

最初から最大の10GBで契約しておけば
追加データを購入することなく
適切なデータ容量はどれくらいかチェックできますよ。

以上メリットを2つご紹介しましたが、
当月中に適切なプランに変更しないと
10GBの契約が継続してしまうので注意しましょう!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

確実にお得にLINEモバイルへ乗り換える際の注意点『全まとめ』

続いてはMNP(電話番号そのまま乗り換え)をするにあたって気をつけたい注意点についてもまとめてみました。

今回はMNP乗り換えの注意を中心にまとめています。

大手キャリアから格安SIMに乗り換える際の注意は
こちらの記事を参考にしてくださいね。

それではMNPで乗り換える際の注意ですが、
MNPで乗り換える注意はこちらの通りです。

LINEモバイルにMNPで乗り換える時の注意
  • タイミングによっては大手キャリアの解約金が必要
  • MNP予約番号取得のために待ち時間がかかることもある
  • MNP予約番号は10日以上の有効期限が必要
  • 通話と通信は開通のタイミングがずれる

主な注意点は以上の4点です。
それでは詳しく見ていきましょう。

タイミングによっては大手キャリアの解約金が必要

LINEモバイルへの乗り換えは
大手キャリアを解約するということになります。

ここで問題になるのが大手キャリアの2年縛りです。

契約更新月以外の解約には
解約金や違約金として1万円前後の費用が発生する可能性があります。

2年契約でプラン料金を割引!

2年契約で本体料金実質0円!

などという言葉にピンとくる方はおそらく2年縛りの契約になっているはず。

契約しているプランによって料金や契約期間が異なることもあるので、
まずは契約中のプランについて確認してみましょう。

一方、
LINEモバイルでは音声通話付きSIMのみ1年縛り
となっています。

大手キャリアの2年縛りと違うのは、
1年縛りが『最低利用期間』ということです。

つまり、
1年経過してしまえばその後は解約料金はかかりません

LINEモバイルの最低利用期間については
以下の記事でも詳しく解説しているので
参考にしてみてください。

MNP予約番号取得のために待ち時間がかかることもある

MNP転出の際には
契約中の大手キャリアのショップに行くか指定電話番号より通話での手続きとなります。

MNP転出の手続きを行ってからLINEモバイルの申し込みに必要なMNP予約番号の取得までは待ち時間がかかることがあります。

曜日や時間帯による所が大きいのが特徴です。

たとえば、月末や土日祝日などは混み合うのでそれなりの時間(数十分以上)がかかることを覚悟しておきましょう。

経験上、月初~月中頃の平日が一番空いているタイミングです。

スケジュールが空いている方はこのタイミングを狙うことそオススメします。

MNP予約番号は10日以上の有効期限が必要

MNP予約番号には有効期限が設けられています。

LINEモバイルに申し込む際はMNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があります。

有効期限が10日以上というと
大体MNP転出手続きをしてから5日以内にはLINEモバイルに申し込まなければいけないことになります。

最低限『MNP転出』と『LINEモバイルへの申込み』は同じタイミング(同じ日)で手続きを始められると理想的ですね。

通話と通信は開通のタイミングがずれる

自分でMNP開通処理を行った場合、通話と通信ができるタイミングにはずれが生じます

基本的にはMNP開通処理を行ってから
1時間~数時間程度で通話が可能になり、

それから更に1時間~数時間程度遅れて
データ通信ができるようになります。

スマホを利用しなければいけないタイミングで乗り換えると
不便な思いをする可能性があるので、

できれば乗り換える時は
スマホを使わないタイミングを狙いましょう。

ベストなタイミングを確認したら、LINEモバイルへ乗り換える準備を!大手キャリアからのMNP(乗り換え)方法をわかりやすく解説

LINEモバイルにお得に乗り換えるためのタイミングについて
おわかりいただけたでしょうか。

自分にピッタリのタイミングが見つかったら
いよいよMNP乗り換えをしてみましょう。

最後に大手キャリアからLINEモバイルにMNP乗り換える方法を
わかりやすく解説したいと思います。

最初の項目でご紹介した
こちらの4つのステップに沿って進めていきましょう!

大手キャリアからLINEモバイルにMNPで乗り換える4ステップ
  1. 大手キャリアでMNP転出
  2. LINEモバイルに新規申し込み
  3. SIMカードが届いたらAPN設定
  4. LINEモバイルでMNP転入

それでは以上の4つのステップについて
もう少し詳しく解説していきますね。

大手キャリアでMNP転出

まずは最初のステップ、

契約中のキャリアで『MNP転出』を行います。

ショップに直接行くか、電話での申し込みが基本です。

スタッフと対面しながら手続きしたい方は
ショップに行く方が安心できるかも知れませんね。

解約の手続きを面と向かって言うのはツライ…
という方は電話がオススメです。笑

MNP転出手続きが完了すると

LINEモバイルへの申込みに必要なMNP予約番号をGETできます。

申し込みの際に入力しなければいけないので、

必ずメモを取っておきましょう!

MNP予約番号は有効期限が15日間と決められているので、
MNP転出手続きを行ったら速やかにLINEモバイルに申し込みましょう。

ちなみに有効期限が切れた場合は
MNP転出手続きそのものが無効になり、
大手キャリアとの契約が継続されます。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルに新規申し込み

続いては
MNP予約番号を使ってLINEモバイルに申し込みます。

注意のポイントにも書いたとおり、
申し込みにはMNP予約番号の有効期限が10日以上
残っていなければいけないので、

できればMNP転出手続きをした流れで行えると
スムーズだと思います。

ネットからの申し込みは
自宅で簡単に始められるのでおすすめですよ。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

SIMカードが届いたらAPN設定

申込みから数日~1週間程度でSIMカードが届きます。

関東在住の私は、LINEモバイル申し込みから2日で自宅に届きました

SIMカードが手元に届いたら、
いよいよAPNの設定を行っていきます。

APN設定というのは
スマホでLINEモバイルの電波を受信できるようにする設定なので
必ず必要な設定です。

APN設定はネット環境下に必須になりますので、
自宅のWi-Fiあるいは、コンビニなどの近所のフリーWi-Fiを利用しましょう。

SIMカードと一緒に簡単な説明書が届くので
説明書の通りに操作すれば誰でも手軽に設定できます。

なお、SIMカードを端末とセットで購入した場合は
こちらの設定は不要です。

LINEモバイルでMNP転入

最後にLINEモバイルでMNP開通手続きをすれば
LINEモバイルへの乗り換えが完了です。

開通の手続きは電話かLINEモバイル内のマイページから手軽に行えます。

ちなみにLINEモバイルのMNP転入処理は
自動で行うシステムになっているので、
即日乗り換えにこだわらない方なら放置しておけばOKですよ。

自動MNP転入処理は大体2日程度で完了します。

まとめ

MNPを利用してLINEモバイルに乗り換えるなら、
お得になるタイミングに注目です!

10GBが無料&見極め期間があるというのは
すごく大きなメリットになるはず。

契約月中にプラン変更することを忘れなければ
誰にとってもお得になるので、
乗り換えの際には参考にしてみてくださいね。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら