LINEモバイルの即日開通はネット申し込みがベスト!スマホが使えない日ゼロで契約・乗り換えする方法

おすすめ記事5選
 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『LINEモバイルの即日開通はネット申し込みがベスト!スマホが使えない日ゼロで契約・乗り換えする方法』

LINEモバイルに申し込みには
実店舗からの申込みと
ネットからの申込みのどちらで考えていますか?

どちらにもメリットはありますが、
効率を考えるならネットからの申込みがオススメですよ。

LINEモバイルなら
ネットからの申込みでも即日開通が可能なので、
スマホが使えなくなってしまう日は0日でOK!

こんなに便利なネット申し込みをしない手はありませんよね。

ということで今回は

LINEモバイルにはネット申し込みがオススメの理由と即日開通で乗り換える方法について詳しくご紹介したいと思います。

LINEモバイル即日申し込みの方法がネットがベストな理由

LINEモバイルには実店舗で契約する方法もありますが
なぜネットから申し込むのがオススメなのか?

という疑問も湧いてくると思います。

まずは実際の店舗で申し込むよりもネットから申し込む方がおすすめな理由を説明したいと思います。

おおまかな理由はこちらの通りです。

LINEモバイルのネット申し込みがオススメの理由
  • 当日受取できる実店舗が少なすぎる
  • 実店舗の申し込みは待ち時間がある
  • 実店舗で申し込んでもLINEモバイルの申し込み以外はサポート外
  • ネット申し込みはとても簡単!

以上4つの理由について、
少し掘り下げて解説していきますね。

当日受取できる実店舗が少なすぎる

多くの人にとって実店舗申し込みのデメリットと感じるのは
当日受取できる実店舗が近くにないということではないでしょうか。

LINEモバイルへの申し込みから受取まで一気にできる店舗は東京や大阪など、大都市の一部の家電量販店に限られているため実数はかなり少ないのです。

2017年12月の時点では17店舗しかありません。

『LINEモバイル』の取扱店舗はもっとたくさんありますが、その多くがエントリーパッケージの販売のみとなっていて結局はネットからの申し込みになってしまいます。

実店舗の申し込みは待ち時間がある

LINEモバイルを実店舗で申し込むとなると、
ヨドバシカメラやビックカメラといった
家電量販店を利用することになります。

当然LINEモバイル目的以外のお客さんも
たくさんいますよね。

そのため自分の順番やスタッフの手が空くのを
待つ時間がたくさんかかってしまうんです。

そもそもが家電量販店ですから
携帯・スマホ担当のスタッフの人数が少ない
というのも難点です。

契約・開通・受取がひとつの場所ですべて完了する
実店舗での申し込みは一見スムーズなのですが、
自分以外の都合に振り回されてしまうために
本来必要な時間以上の時間がかかります。

その点ネット申し込みなら自分のタイミングで行えるので、
『自分の時間の損失』という意味では
ネット申し込みの方が遥かにメリットが大きくなります。

実店舗で申し込んでもLINEモバイルの申し込み以外はサポート外

実店舗から申し込みを考えている方の中には
スタッフに相談しながら申し込みができることに安心できる
というところにメリットを感じている方も多いですよね。

しかし基本的にスタッフがサポートしてくれるのはLINEモバイルの申し込みについてのことだけ

例えば、
新スマホにデータ移動したいけどどうすればいい?

スマホ本体の設定はどうすればいい?

というような疑問には
相談には乗ってくれるかもしれませんが
基本的に操作や解決するのは自分です。

実店舗で契約したからといって
なんでもかんでもスタッフがしてくれるわけではないので、
そのあたりに期待しているのであれば
あまりメリットはないかも知れません。

中には有料サービスで対応してくれるショップもありますが、
かなり割高な料金設定になっているようですね。

LINEモバイルのネット申し込みはとても簡単!

何よりもネットからの申込みがオススメの理由は、
サイトに表示された内容に沿って情報を入力していくだけなので
誰でもできるレベルで超簡単だからです。

簡単なことをスタッフにしてもらうためだけに
直接店舗まで行って長時間待って…
なんて、正直ちょっともったいないと思いませんか?

写真を撮るにはどうしたらいいの?
撮った写真がどこにあるかわからない…
というレベルのスマホ初心者でなければ
本当に誰でも簡単に申し込めますよ!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルの即日開通のメリットは『スマホが使えない日が0日』

LINEモバイルでは、
実店舗からの申し込みと同じように
ネット申し込みでも即日開通が可能です。

この『即日開通』というのは、乗り換えによってスマホが使えなくなる日がないということ。

スマホが使用できない日がないので、仕事や家族との連絡手段を遮断されることはありませんよ。

ネット申し込みなら『ちょっぴりお得になる小技』がある!

個人的には家から1歩も出ずに申し込みが完了できる
ネット申し込みはめちゃくちゃ便利なのですが、

それだけではメリットが少ない、
自分で操作するならそれなりにお金の面でメリットが欲しい!
と思う方もいるかも知れません。

そこでご紹介したいのが
ネット申し込みならではの節約小技です。

自分で申し込むから手数料はかけたくない!
という方には手数料0円になる『エントリーパッケージ』
利用した申し込み方法があります。

この方法では本来の手数料である3,000円が0円になり
エントリーパッケージを900円で購入して申し込むので、
2,100円の節約になりますよ!

その時々で旬のサービスやポイント還元などの
お得なプレゼントをGETしたい方には
『キャンペーンコード』を利用した申し込みがおすすめ。

エントリーパッケージは郵送に少し時間がかかりますが
キャンペーンコードは申し込み時にコードを入力するだけなので
より手軽に利用することができます。

以上の2つのお得な申込方法は
ネット申し込みならではのメリットなので、
ネットからLINEモバイルに申し込む際は
ぜひ活用してみてくださいね。

LINEモバイルへ即日開通するために注意したいこと全まとめ

ネット申し込みに興味が湧いてきたでしょうか?

とはいえやっぱりまだ失敗したらどうしよう…
という不安を抱えている方もいるかも知れませんね。

それではネット申し込みから失敗しないで
即日開通するために注意したいことをまとめてみました。

LINEモバイルで即日開通するための注意まとめ
  • 思い立ったら即乗り換えは不可能
  • MNP予約番号の有効期限は10日以上必要
  • SIMカードを受け取ったらすぐ開通手続きをする!←超重要
  • MNP開通手続きの受け付けは19時まで

以上の4点の注意はどれもとても重要なことなので
もっと詳しくご紹介していきますね。

思い立ったら即乗り換えは不可能

ネットからの申し込みの場合は
どうしても申し込んでからSIMカードが届くまで
郵送の時間が必要になります。

そのため、
LINEモバイルに乗り換えたい!と思ったその日に即乗り換えることは不可能です。

LINEモバイルに乗り換えたい!と思った時にできるのは『申し込み』までです。

『即日開通』の手続きができるのは
SIMカードが届いてからになるので、
それまでは現在契約中のキャリアで利用することになります。

MNP予約番号の有効期限は10日以上必要

MNPで乗り換える場合、
LINEモバイルに申し込む時点でMNP予約番号の有効期限が
10日以上残っている必要
があります。

MNP予約番号の基本的な有効期限が15日ということを考えると
できるだけスムーズに申し込みたい所ですね。

ネット申し込みは自分のタイミングでできるのがメリットですが、
さすがに全部自由に好きなときにというわけにはいかないので
有効期限に関するスケジュールだけはきちんと管理しておきましょう!

SIMカードを受け取ったらすぐ開通手続きをする!←超重要

実は一番重要かもしれないポイントは
SIMカードを受け取ったらすぐ開通手続きをすることです。

完全に新規契約の場合は関係ないのですが、
MNP乗り換えの方はとっっっても重要!!!

なぜなら
LINEモバイルのMNP乗り換えは放置しておくと自動で完了する仕組みになっているからです。

面倒くさいなーなんて放置していると、
放置している間に自動的に利用中のキャリアから
LINEモバイルの契約に切り替わる可能性があるのです。

つまり
突然スマホが使えなくなる可能性があるということ!!

これは大変なことですね…
即日開通どころか使えなくなってしまうなんて…

即日開通させたいのであれば
届いたSIMカードは放置せず速やかに手続を行いましょう。

逆に例えば冬休み中だからいつも家にいるし
いつ開通しても大丈夫!という状況なのであれば
放置していても勝手に処理されるので、
ある意味手間が省けてとっても楽ですね。笑

MNP開通手続きの受け付けは19時まで

MNP乗り換えは放置しておけば2日程度で自動完了しますが、
自分で手続を行うことで即日開通させる仕組みになっています。

ただし自分でMNP開通ができるのは19時まで
これは電話からもマイページからも同じなので注意しましょう。

マイページからの場合、
手続き自体はすぐにできるのですが
処理されるのは翌日以降ということになります。

また、混み具合によっては19時前であっても
処理が翌日になってしまうこともあるようなので、
電話で申し込む方がタイミングが掴みやすいかも知れませんね。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

スマホが使えない日がない!LINEモバイルを今日から即日開通の方法をわかりやすく解説

それでは最後に
LINEモバイルを即日開通する方法について詳しく解説
していきたいと思います。

LINEモバイルに即日乗り換える4ステップ

LINEモバイルにネットから申し込む手順
  • 契約中のキャリアでMNP転出手続きをする*
  • LINEモバイルにネットから申し込む
  • SIMカードが届いたらAPN設定をする
  • MNP開通手続きを行う*

電話番号を引き継がない場合は手続き不要

以上の4つの手順を行うことでLINEモバイルを即日開通することができます。

基本的には前半2つを1日で行い、SIMカードが届くまで数日待ってから後半2つを1日で行うというスケジュールを想定しておくとスムーズですよ。

ネット申し込みの手順について
もう少し詳しくご紹介していきますね。

契約中のキャリアでMNP転出手続きをする

まずは契約中のキャリアでMNP転出手続きをして、
MNP予約番号を取得します。

最終的なMNP開通手続きができる日から逆算して申し込みを始めるのがおすすめです。

スケジュールの目安
  • MNP転出手続き…即日に可能
  • LINEモバイルに申し込む…MNP転出手続きから5日以内に行う
  • SIMカードを受け取る…申し込みから2日~1週間程度
  • MNP開通手続き…配達完了から2日以内

SIMカード到着の時間に幅があるので
きっちりスケジュールを取るのは難しいかもしれませんが、
以上の日程を目安にして手続きを進めていくと良さそうですね。

LINEモバイルにネットから申し込む

MNP予約番号が手に入ったら
ネットからLINEモバイルに申し込みましょう。

ここは特に何も考えることはないので、
スマホやPCから申し込みページを表示して
指示どおりに入力を進めていきましょう。

できればMNP予約番号を取得した流れで一気に手続きできるといいですね。

もし同日に行うことができないのであれば、
MNP予約番号の有効期限が10日になる前までに行いましょう。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

SIMカードが届いたらAPN設定をする

SIMカードが届いたら
できるだけ速やかに次のステップに進みましょう。

SIMカードが届いたら端末にセッティングした後、
APN設定を行う必要があります。

LINEモバイルの電波を拾うための設定なので
かならず行いましょう。

SIMカードと同梱されている説明書を読めば
誰でも簡単に設定できますよ。

もしこの行程が不安なのであれば、
LINEモバイルに契約するときに
端末をセットで購入することをオススメします。

端末セット購入の場合はAPN設定済みの端末が送られてくるので
この行程は自分で行う必要がありません。

MNP開通手続きを行う

SIMカードが届いたらMNP開通手続きも行いましょう。

先程も少し触れたとおり、
LINEモバイルのマイページもしくは電話で手続きが行えます。

電話の場合は0120-889-279から、
受付時間は10時~19時となっています。
日中忙しい方は少し難しいかも知れませんね。

マイページからの開通手続きは何時でも申請できるので、
日中忙しい場合はマイページから申請しておきましょう。

対応されるのは翌日になってしまいますが、
それでも自動開通よりは早く開通されるはずです。

なお、こちらはAPN設定と同時進行できるので、
まずMNP開通手続きを行った待ち時間に
APN設定を行うのでもOKですよ。

まとめ

LINEモバイルに申し込むなら、
初期手数料がお得である程度自分のタイミングで動ける
ネット申し込みがとってもおすすめです!

わからないことがあれば問い合わせをすれば
スタッフが丁寧に対応してくれますよ。

LINEモバイルはサポートの評判もなかなか良いので、
そういった点でも安心できます。

ぜひネット申し込みに挑戦してみてくださいね。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら