ソフトバンクで契約したiPhone7をLINEモバイルへ乗り換えると月々スマホ料金はいくら格安になる?

おすすめ記事5選
 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『ソフトバンクで契約したiPhone7をLINEモバイルへ乗り換えると月々スマホ料金はいくら格安になる?』

日本で真っ先にiPhoneを普及したことで
一気にシェアを拡大したのがソフトバンクですよね。

当時の名残でそのままソフトバンクで
iPhone7に買い替えて利用を続けている方も
多いのではないでしょうか。

しかしやっぱり気になるのは
プラン料金の価格なんですよね…

今までは携帯・スマホといえば
大手キャリアに限られていたのですが、

最近は『格安SIM』という選択肢が増えて
月々の利用料金を最低限で抑える人が
急増しています。

きっとこの記事をご覧になっている方も
格安SIMへの乗り換えを
視野に入れているのではないでしょうか。

そんな『生活に欠かせないものだからこそ
良い環境・安い料金で済ませたい方』に
特におすすめしたい格安SIMが、
LINEモバイル』なんです!

しかもiPhone7を
そのまま使い続けることが可能なので、
乗り換えに伴う端末料金も0円でOK。

ということで今回は、
iPhone7でソフトバンクからLINEモバイルに
乗り換えた
利用料金の違い

について詳しくご紹介していきたいと思います。
LINEモバイル

ソフトバンクからLINEモバイルへ乗り換えると月額いくら安くなる?

いきなりですが、
ソフトバンクとLINEモバイルの
月額料金の差について比較したいと思います!

ソフトバンクが力を入れている
スマ放題(通話し放題)とデータ定額プランから
需要を考えた以下の3プランを選抜してみました。

  • スマ放題ライト+データ定額ミニ 1GB
  • スマ放題ライト+データ定額 5GB
  • スマ放題ライト+ギガモンスター データ定額 20GB

LINEモバイルには無制限かけ放題プランが無いため、今回は5分間の通話し放題プランである『スマ放題ライト』でプランを組んでいます。

それではそれぞれのプランと
似たようなLINEモバイルのプランでは
どれくらいの料金の違いがあるのでしょうか?

スマ放題ライト+データ定額ミニ 1GB

毎月のデータ通信の利用が少ない方に
一番人気で使いやすいプラン
スマ放題ライト+データ定額ミニ 1GBです。

データ通信自体することが少ない方や
主にWi-Fiを利用する方が
契約している場合が多いのではないでしょうか。

残念ながら1GBのプランは
月月割が適用外になってしまうので、
ソフトバンクの月額料金は4,900円
ちょっぴり割高。

そんなソフトバンクのプランに似ている
LINEモバイルのプランはこちら。

最小限の機能があればOKな方におすすめな、
LINEフリープランの中から
音声通話つきのSIMが該当します。

こちらに10分電話かけ放題を追加して、
LINEモバイルの月額料金は2,080円ですね。

ふたつのプランを比較すると、
料金差はこのような結果になりました。

かけ放題・データ料金共に
半額以下ということもあり、
毎月2,820円もお得になります!

しかもLINEモバイルの場合は
LINEがカウントフリーになるので、

LINEを通じた友達となら
データ容量をオーバーしていても
いつでも高速回線で連絡が取れます。

1GBという低容量プランだと
月末がピンチになりがちですが、
連絡ツールだけは確保しておけるのが
安心できますよね。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

スマ放題ライト+データ定額 5GB

電話も通信もほどほどに使いたい方
スマ放題ライト+データ定額 5GB
利用している方も多いのではないでしょうか。

ソフトバンクのプランは
全体的に偏りがある印象ですが、
その中でも特にバランスが取れているプランですね。

この場合
ソフトバンクの月額料金は7,000円になります。

それではソフトバンクのプランに似ている
LINEモバイルのプランはというと…

LINEに加えて3大SNSがカウントフリーになる
コミュニケーションフリープランの音声通話月SIMに
10分電話かけ放題のオプションを追加したパターンです。

ということで、
LINEモバイルの月額料金は3,100円ですね。

ふたつのプランを比較した所、
料金差はこのような結果に!

毎月3,900円もお得になりました。

同じ条件なら半額以下になるんですね!

『同じ条件』といってもLINEモバイルの方は

  • かけ放題が10分(ソフトバンクは5分)
  • LINE・3大SNSが使い放題

という条件もプラスになっているので、
圧倒的にLINEモバイルの方が好条件です。

もうちょっとかけ放題の時間が欲しかった、
LINEやSNSをよく使う、
という方なら

メリットを最大限受けられる
LINEモバイルがおすすめですよ!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

スマ放題ライト+ギガモンスター データ定額 20GB

大容量の通信量が欲しい方
ソフトバンクが売り出し中の
ギガモンスターやウルトラギガモンスターが
お得に利用できますよね。

ギガモンスターにプラス30GBしても
1,000円しか変わらない
ウルトラギガモンスターは超お得で、

家族でデータシェアをしている方にも
人気が高いプランですよね。

しかし今回は
LINEモバイルとの比較がしたいので、
LINEモバイルの最大データ容量(10GB)に合わせて
ギガモンスターの場合で比較したいと思います。

スマ放題と合わせて
ソフトバンクの月額料金は8,000円になります。

以上のプランに似た
LINEモバイルのプランこちら。

先ほど同様に
コミュニケーションフリープランの音声通話月SIM
一番近いプランになりますが、

LINEモバイルの場合は、
最大データ容量が10GBとなっています。

10GBを超えたプランは存在しないため、
追加の容量が欲しい場合は
割高な追加データ(1GB=1,000円)を
別途購入する必要があります。

残念ながらLINEモバイルのデータ追加は
0.5~3GB × 月3回となっているため
最大9GBしか購入できません。

そのためLINEモバイルでは
ギガモンスターやウルトラギガモンスターのような
超大容量プランには一切対応できないのです。

しかもLINEモバイルで19GB使うと月額13,100円という
大手キャリアもビックリの超高額料金に…

でもちょっと待った!

実はそれでもLINEモバイルの方が
お得になる人もいるんですよ。

それは、
ギガモンスターの上限一杯まで使っていない人です。

それでは具体的に
どれくらいのデータ通信量を使っている方が
お得になるのか、

10GB~19GBのどこから
得と損が入れ替わるのか比較してみました!

13GBまでならLINEモバイルがお得で
14GB以上はソフトバンクの方がお得
ということです。

なお、
既にウルトラギガモンスターじゃないと
データ容量が足りなくて困っている方は
絶対にソフトバンクがお得です。

LINEモバイルは基本料金が安いのですが、
大量データの通信には対応していないので、

普段の使い方を見極めて
お得な方を選択できると良いですね。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

大手キャリアから格安SIMへ乗り換えるメリットとデメリット

ソフトバンクのプランと
LINEモバイルのプランの料金の違いは
おわかりいただけたでしょうか。

いくらプランが安くなるとはいえ、
それだけで乗り換えを考えるのは
さすがに不安が残りますよね。

大手キャリアから格安SIMに乗り換える際の
メリットとデメリットを確認して
乗り換えの参考にしてみてくださいね。

まずは
格安SIMに乗り換えるメリットですが、

  • 基本的には月額利用料金が安くなる
  • 継続的な契約期間縛りがなくなる

大きなメリットは以上の2点です。

また、
格安SIMに乗り換えるデメリット
このようになっています。

  • 長時間通話は通話料金が高くなる
  • 通信速度が遅くなる

大きなデメリットは以上の2点です。

これだけでは
余計にわからなくなってしまいそうなので、
それぞれのメリット・デメリットについて
詳しく解説していきたいと思います。

メリット① 基本的には月額利用料金が安くなる

大手キャリアから格安SIMに乗り換える
最大のメリットと言えば、
月々の利用料金が安くなることです。

基本的には同じデータ容量のプランであれば
格安SIMの方が安くなります。

例えば今回ご紹介した
『ソフトバンク 1GB × LINEモバイル 1GB』や
『ソフトバンク 5GB × LINEモバイル 5GB』なども
そうですよね。

しかし例外もあって、
格安SIM側が対応していない範囲の
プランには注意
しましょう。

その場合は逆に
大手キャリアの方がお得になる場合があります。

『ソフトバンク 20GB × LINEモバイル 10GB~』が
こちらの例外に該当していますね。

賢く乗り換えるためには
普段利用しているor利用しやすいデータ容量のプランが
格安SIMに存在しているかどうかを
見極めるのが大切です。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

メリット② 継続的な契約期間縛りがなくなる

殆どの格安SIMでは継続的な契約期間縛りの
システムを導入していないので、

契約更新月を意識しながら
乗り換えたり解約したりする必要がありません。

ただし、
格安SIMの中にも契約期間縛りを設けて
他社より更にお得なプランを提供している会社もあります。

契約前には必ず確認しておきましょう!

ちなみにLINEモバイルには
音声通話つきSIMのみ1年間の契約縛りがあり、
契約期間内の解約には
解約手数料として9,800円かかります。

しかしその後はいつ解約しても
手数料はかかりません。

データSIMやSMSつきSIMは
いつでも解約手数料は発生しませんよ。

また、
MNP転出の際は解約手数料とは別に
MNP転出手数料3,000円が発生するので
注意してくださいね。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

デメリット① 長時間通話は料金が高くなる

ここからはデメリットを解説していきますね。

お得な通信量が魅力的な格安SIMですが、
長時間の通話料金に関しては
大手キャリアの方がお得な場合が多いです。

大手キャリアの魅力は
なんといっても時間無制限のかけ放題プラン。

格安SIMでこのような
かけ放題プランを導入している会社は
かなり限られてしまうため、

iPhoneを使う目的の
メインが長時間の通話の場合は
大手キャリアの方がお得です。

とは言え格安SIMでも
通話料金をできるだけ安くできるような
オプションを導入している所も多く、

例えばLINEモバイルの場合、
『いつでも電話アプリ』を使った通話は
通常30秒20円の通話料を半額にできます。

更に10分かけ放題オプションについても
大手キャリアよりも価格が安い上に
フリー通話時間が2倍になります。

ソフトバンクとLINEモバイル
通話料機の比較はこのようになっています。

かけ放題を使わなくても
これだけ通話できるならいいかなー
という方もいるのではないでしょうか。

LINEモバイルのように
部分的に大手キャリアよりも安い料金の
通話システムを導入している格安SIMもあり、

元々長時間の通話をしないユーザーにとっては
格安SIMの方がお得に使えることもあります。

デメリット② 通信速度が遅くなる

格安SIMは大手キャリアの回線を借りて
ユーザーに提供している通信会社です。

そのため、
大元になる大手キャリアに比べると
通信回線の安定性や速度は劣ります。

『劣る』のは確かですが、
実は『どれくらい劣るのか』は
格安SIMによって違うんです。

回線が混み合うお昼や夕方過ぎ頃になると、
いわゆる速度制限中並の速度しか出ない
格安SIMもあれば

大手キャリアには及ばなくても
ストレスを感じない速度で使える
格安SIMもあります。

『格安SIMはどこでも遅い』というのは
あくまでも大手キャリアと比べた時のお話です。

格安SIMの中にも速い・遅いがあるので、
そのあたりもきちんと検討しておきたいですね。

ちなみにLINEモバイルについての
時間帯ごとの詳しい通信速度は
こちらの記事でご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事:LINEモバイルを実際に使用して感じた評判が高い特徴や速度!メリットやデメリットも紹介

ソフトバンクからLINEモバイルへ乗り換える際の注意点は?SIMロックは解除すべき?

さて、
大手キャリアから格安SIMに乗り換える際の
メリットやデメリットが確認できた所で、

『ソフトバンク』から『LINEモバイル』に
乗り換える際の注意も確認しておきましょう。

  • SIMロック解除が必須!
  • プランやタイミングによっては契約解除料に注意
  • 通話用オプションは自分で追加しよう

以上の注意点について、
詳しくご紹介していきますね。

SIMロック解除が必須!

ソフトバンクで購入したiPhone7は
SIMロック解除が必須になっています。

iPhone7のSIMロックを解除する条件は、

  • 購入日から101日目以降
  • ネットワーク利用制限中ではない

以上の2つです。

iPhone8が発売になったから
安くなったiPhone7を購入した!

という方は残念ながらSIMロック解除できないので、
もう少し待ってくださいね。

また、
ネットワーク利用制限中というのは
端末を不正入手・利用したことが発覚し、
通信ができなくなっている状態のことです。

契約中のデータ容量をオーバーして
速度制限がかかっていることではないので
安心してくださいね。

SIMロック解除は
店頭でスタッフに依頼(手数料3,000円)するか
ソフトバンクのマイページから自分で申請(無料)できます。

自分でSIMロック解除する方法は
こちらを参考にしてみてくださいね。

iPhone7の端末代金の分割払いが終わっていない場合は、
そのまま端末代金だけを
ソフトバンクに月額払いしていくことになります。

いきなり一括請求されることはないので、
その点は心配しなくて大丈夫ですよ!

また、

  • SIMロック解除済のiPhone7を購入してソフトバンクで使っている場合
  • SIMフリー版のiPhone7を購入してソフトバンクで使っている場合

以上の場合は
SIMロック解除の必要はありません。

プランやタイミングによっては契約解除料に注意

現在契約中のプランや利用月数によって、
契約解除料が発生することがあります。

『2年契約なし』で契約している方以外は
基本的に契約更新月以外の解約で
契約解除料9,500円がかかります。

また、ソフトバンクは
2年契約でなくても契約解除料が発生する
プランがあるなどちょっぴりややこしいので、

詳しい解除料についてはこちらから
ご確認してみてくださいね。

解除料と利用料を比較してみて、
乗り換えのタイミングを見極めましょう!

通話用オプションは自分で追加しよう

LINEモバイルの通話機能は非常にシンプル。

割り込み通話や留守番電話など、
通話にともなうオプションは
自分で追加する必要があります。

ソフトバンクでは
無料で気軽に利用しているサービスに
対応していないこともあるので、

今活用中のサービスはどんなものか?
LINEモバイルでは対応しているか?

という点を契約前に確認しておくと、
スムーズに乗り換えできそうですね!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

ソフトバンクからLINEモバイルへMNPで乗り換える方法

iPhone7の電話番号はそのままにして
ソフトバンクからLINEモバイルへの乗り換えたいなら、
MNPで乗り換える必要があります。

MNPでの乗り換えは以下の3ステップです。

  1. MNP予約番号を取得する
  2. LINEモバイルに申し込む
  3. SIMカード&APN設定をする

MNP転入でLINEモバイルに申し込むなら
申し込みの時点でMNP予約番号が必要なので、
真っ先にやるべきは『MNP予約番号の取得』
ということですね。

ただし、
LINEモバイルに申し込む時点で10日以上の有効期限が必要なので、

きちんと最後まで申し込み完了まで
手続きできそうなタイミングで
MNP予約番号取得から始めてみましょう。

詳しいMNP乗り換え方法は
以下の記事でご紹介しているので、
ぜひ参考にしてみてくださいね!

関連記事:ソフトバンクからLINEモバイルへMNPで賢く乗り換えしスマホ代金を節約する方法

まとめ

iPhone7の利用料金を抑えるなら、
LINEモバイルへの乗り換えがおすすめ!

大容量プランや無制限かけ放題など、
特定のパターンの方以外なら
きっと満足できる乗り換えになるはず。

彼氏・彼女と毎晩ビデオ通話中の方
Twitterでのおもしろ画像・動画探しが日課の方
インスタグラマーのみなさん
などなど…

LINEや3大SNSのヘビーユーザーさんには
特におすすめしたい格安SIMなので、
ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら