【LINEモバイル】SIM・端末をセットで購入可能なおすすめ機種ランキング

おすすめ記事5選
 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『【LINEモバイル】SIM・端末をセットで購入可能なおすすめ機種ランキング』

LINEモバイルに使う端末は
SIMカードとセットで購入すると

とってもお得だということをご存知ですか?

私はネットで物を購入する際に
いつも最安値の指標としている価格.com

しかし、LINEモバイルは
SIMと端末をセットで購入すると

あの価格.comをも下回る価格で
販売している端末もあるというのが驚きです。

どの端末を選んでも基本的には
市場と比較しても良心的な価格設定ですが
だからこそどれにすれば良いか
悩んでしまいがちかも知れません。

ということで今回は
LINEモバイルでSIMカードとセット販売されている
端末をおすすめ順にランキングでご紹介
したいと思います。


LINEモバイル

LINEモバイルのSIMとセットで購入できる端末のスペックと価格帯は?

まずはLINEモバイルでSIMカードと
セットで販売している端末のスペックや価格帯
ご紹介していきますね。

LINEモバイルで取り扱っている端末は
ラインナップはそれほど多くはないものの、

ASUSのZenFoneやHUAWEIのPシリーズなど
話題の海外スマホはもちろん、
arrowsやVAIO phoneといった国産スマホまで
幅広く取り揃えています。

初心者向けの端末から
ヘビーユーザーでも満足できる端末まで
スペックの幅が広いのも嬉しいですね。

お値段も手が届きやすい価格に設定されており
なんと最安値は1万円以下です。

最高値の商品になる『HUAWEI P10』に至っては
価格.comでの最安値を下回る55,800円という
驚きの低価格で販売しています。

ただし端末によっては
他社で購入した方が安いものもあるので
事前に下調べしておくのがおすすめです。

ちなみに端末の一覧はこちらから
LINEモバイルの公式サイトを確認できるので、
参考にしてみてくださいね。

LINEモバイルのセット端末は支払いは一括?それとも分割も可能?

LINEモバイルのセット端末の支払いは
基本的に『一括支払い』となっています。

LINEモバイルのネット申し込みでは
分割払いで端末を購入することはできません。

どうしても分割払いにしたい方は
欲しい端末を家電量販店などの店頭で
購入しましょう。

クレジットカードで購入すれば、
クレジットカードの分割払い機能によって
分割払いが可能になります。

LINEモバイルのセット端末で購入した端末を機種変するとどうなる?

LINEモバイルでの機種変更を行いたい場合ですが
こちらの解決方法はただひとつ。

『新しい端末を自分で用意すること』です。

端的に言えばSIMカードと
AndroidならSDカードを入れ替えれば
機種変更が完了します。

ただしLINEモバイルでは端末単体での
販売はしていません。

家電量販店やAmazonなどのネットショップで
端末を用意する必要があります。

使用済みに機種変更前の端末は
普通のSIMフリースマホとして使えますよ!

また、
注意したいのが『端末保証オプション』に
加入している方です。

この場合は
セット端末保証から持ち込み端末保証に
変更する必要があります。

速やかに変更しておかないと
なにかトラブルがあったときに
保証の対象外になってしまうので
注意しましょう。

端末をランキング形式でご紹介!理由も一緒に紹介するよ

それではいよいよ
LINEモバイルのセット端末をおすすめランキング形式で
ご紹介したいと思います。

今回はスマートフォンの機種に限ってご紹介しますね。

LINEモバイルには
タブレット端末も1機種取り扱いがあるので
気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね。

1位 HUAWEI nova lite 19,900円

一番のおすすめはこちら
『HUAWEI nova lite 19,900円』です!

その理由は
手が届きやすいお手頃価格なのに、
お手頃価格にしては満足できるスペック搭載で
バランスのとれた端末だからです。

こだわり派の方でも満足できる
マニュアル機能搭載のカメラアプリも必見。

本体のクリアケースが同梱されているので
届いたその日から持ち運びOK!

まさに価格✕スペック✕サービスの
バランスが取れた端末というわけです。

人気機種なので売り切れにご注意下さい!

→HUAWEI nova liteのスペック詳細はこちら

2位 ZenFone™ 4 Selfie Pro 43,800円

続いては今年9月に発売されたばかりの最新機種
『ZenFone™ 4 Selfie Pro 43,800円』です!

最新機種にもかかわらず
既に市場価格よりも3,000円程度安い
価格になっているのが驚きです。

大容量メモリでサクサク快適な使用感はもちろん
なんといっても最大の売りは
自撮りに特化しているデュアルカメラ搭載

『インカメラは性能が悪い』というのが
今までのスマホの通説でしたが
デュアルカメラなら
外カメラ並の美しさで撮影可能!

更にデュアルSIMデュアルスタンバイ搭載
SIMカードが2枚同時に使えます。

音声通話用SIMとデータ通信用SIMで使い分けたり
プライベート用SIMとビジネス用SIMで使い分けたり

普段から2台持ちしている方に
特におすすめの端末です。

→ZenFone™ 4 Selfie Proのスペック詳細はこちら

3位 arrows M04 32,800円

3位は安心・納得の国産スマホ
『arrows M04 32,800円』です!

端末独自のおすすめポイントもあるのですが
やっぱり最大のおすすめ理由は
おサイフケータイが利用可能ということ。

電子マネーの普及によって
スマホをお財布代わりに使用する人も
増えてきましたよね。

実は海外産のスマホはおサイフケータイは非搭載。

同じく国産のVAIO phoneも
なぜかおサイフケータイ非搭載なため
LINEモバイルでおサイフケータイが利用できる
唯一のシリーズがarrowsというわけです。

ちなみにワンセグ搭載なのも
ラインナップ中arrowsシリーズのみ!

そんなarrowsシリーズの中でも最新の
M04をおすすめする理由は
丸洗いできる&通話時間アラームという
新機能が追加されているため。

例えばキッチンでお料理中に油ハネ…
という場合にも水気を気にせず
泡ハンドソープで丸洗い!

小さなお子様がいる家庭などにも
おすすめの仕様ではないでしょうか。

通話時間アラームは
『今◯◯分通話しましたよ~』と
お知らせしてくれる画期的なアラームです。

これはLINEモバイルのオプションである
『10分電話かけ放題』との相性バツグン。

フリータイムをオーバーする前に
終話させれば更にお得になりますね!

→arrows M04のスペック詳細はこちら

4位 BLU GRAND X LTE 9,980円

4位は完全に初心者向けモデルの
『BLU GRAND X LTE 9,980円』です。

なんといっても最大の魅力はその価格の安さ

1万円を切る価格の端末なんて
なかなか見かけませんよね。

あまりにも安いので心配な方もいると思いますが
小学生のお子様や高齢者など
ライトユーザーなら問題なく使えるスペックです。

ちょっと嬉しい機能といえば
インカメラにフラッシュライトがついていること!

これなら薄暗い場所での自撮りも
綺麗に撮れそうですね。

ただし気をつけたいのは一般的
こちらは完全に初心者向けモデルだということ。

頻繁にゲームをしたり
アプリをマルチタスクしたり
それなりに使いこなす予定なら避けたいモデル
でもあるのでご注意下さい!

→BLU GRAND X LTEのスペック詳細はこちら

5位 HUAWEI P10 55,800円

5位はBLU GRAND X LTEとは反対に
上級者におすすめの
『HUAWEI P10 55,800円』です。

とにかくハイスペック

他のラインナップに比べると
かなりお高く感じますが一般的な市場価格より
数千円は安い価格設定です。

バッテリーやメモリが優れているのはもちろん
特筆すべきはそのカメラの性能の良さ。

なんと老舗カメラメーカーの『Leica(ライカ)』との
共同開発によって驚きの美しさを実現。

カラーとモノクロの2つの外カメラで
細やかな調整を行えます。

綺麗な写真は撮りたいけど
カメラとスマホを持ち歩くのは
ちょっと面倒なんだよなー
という方にもおすすめです。

カメラ初心者でも簡単に使いこなせて、
一方でこだわり派の方が本格機能を
楽しめる端末になっていますよ。

→HUAWEI P10 55,800円のスペック詳細はこちら

6位 VAIO® Phone A 21,800円

6位は国産スマホのVAIOブランド
『VAIO® Phone A 21,800円』です。

こちらのおすすめポイントは
2万円台とは思えない高級感溢れるデザインと
デュアルSIMデュアルスタンバイです。

写真を見てわかるように
上品なメタリックカラーとスマートなデザインは
大人が持ち歩くスマホとしてとてもカッコイイです。

そして気になるデュアルSIMデュアルスタンバイですが
他にはZenFoneシリーズやHUAWEIなども
対応しているもののお値段がちょっぴりお高め。

その点こちらの端末は2万円台前半という
手を出しやすい価格帯なのが嬉しいです。

ただし、
こちらは国産スマホとはいえ
おサイフケータイやワンセグには非対応なので
そこを重視する方はarrowsシリーズがおすすめです。

→VAIO® Phone Aのスペック詳細はこちら

7位 arrows M03 27,800円

7位は国産スマホarrowsシリーズから
『arrows M03 27,800円』です。

arrows M04に比べてこちらがおすすめなのは
丸洗いなし・通話アラームなしでもOKだけど
やっぱりおサイフケータイとワンセグは欲しい!
という方です。

アンテナ内蔵なので電波が入れば
スマホ本体のみですぐワンセグが視聴できます。

しかも、
実はスペックの面ではarrows M04と
ほとんど変わらないんです。

余計な機能が不要であれば
arrows M03で5,000円ほど安く購入するのが
賢いお買い物かも知れません。

→arrows M03のスペック詳細はこちら

8位 ZenFone™ 3 35,800円

8位はZenFoneシリーズから
『ZenFone™ 3 35,800円』です!

こちらはZenFone4の前機種となるので
全体的に控えめな印象のスペックでが、
それでも他のラインナップに比べれば
優れている方です。

2位でご紹介している
ZenFone™ 4 Selfie Proに比べて
約1万5千円安いのは大きなメリット!

カメラの性能も素晴らしいですね。

スマホでの写真撮影は
手ブレしやすいのが難点ですが
光学式電子式手ぶれ補正で
ばっちりピントの合った写真が撮れます。

ちなみにこちらも
デュアルSIMデュアルスタンバイ搭載なので
SIMカードを使い分けたい方におすすめです。

→ZenFone™ 3のスペック詳細はこちら

9位 Blade E01 13,800円

最後にご紹介するのは
『Blade E01 13,800円』です。

こちらもエントリーモデルとして
初心者さんにおすすめの端末です。

しかし4位でご紹介している
BLU GRAND X LTEとスペックが殆ど変わらないのに
こちら方が価格が高いのが難点…

とはいえこちらも1万円台前半で購入できる
お手頃価格な端末なので
デザインを比較して気に入った方を
購入してみるのも良いかも知れませんね!

→Blade E01のスペック詳細はこちら

まとめ

自分にピッタリの端末は見つかったでしょうか?

どうしてもセット端末に
良いのが見つからなくても大丈夫!

LINEモバイルでは持ち込み端末でも
きちんと契約できますし、
端末保証のオプションも有効です。

LINEモバイルの利用を考えているなら
お気に入りの端末を使って始めましょう!