auビデオパスを複数端末から視聴する方法!同時視聴やテレビやパソコンからの視聴は可能か検証

おすすめ記事5選
 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『auビデオパスを複数端末から視聴する方法!同時視聴やテレビやパソコンからの視聴は可能か検証』

auスマホユーザーならとっても身近な動画配信サービス『auビデオパス』ですが、

一度auビデオパス生活に慣れてしまうともう元の生活には戻れませんよね(笑)

今はスマホから楽しんでいるけど家ではパソコン、移動中はタブレット…なんて複数の端末から視聴したいと考えている方は多いはず。

中には便利なauビデオパス生活を家族や恋人と共有したいなぁ…と考えている人もいると思います。

そこで浮かんでくるのが『そもそもauビデオパスって登録した端末以外からでも視聴できるの?』という疑問。

ということで今回はauビデオパスを複数端末から楽しむ方法について調査&解説していきたいと思います。

auビデオパスは複数端末で動画は楽しめる?同時視聴は可能?

さっそくですがauビデオパスが複数端末からの利用に対応しているのかどうか調べてみました!

結果的には複数端末からのログインは可能です。

ヘルプにもこのような記載がありました。

もちろんau回線を利用していなくてもOK!

auビデオパス契約済みのau IDを使えば、ドコモでも格安SIMでも視聴可能です。

筆者もパソコンや複数のスマホからログインを試みてみましたが、問題なく視聴できましたよ。

ただし、ヘルプの説明にもあった通り同時視聴は不可能です。

実際に複数の端末から同時に視聴しようとすると、エラーが表示されてしまいました。

唯一同時視聴が可能となるケースとしては、ダウンロード機能を活用することです。

スマホではダウンロード済みの作品を視聴・パソコンではストリーミング再生で視聴というケースであれば、同時視聴が可能です。

ただしダウンロード視聴に関してはいくつかの注意点があるため、利用時はポイントに気をつけながら効率よく活用できると良いですね。

auビデオパスのダウンロード視聴に関してはこちらの記事でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

auビデオパスをテレビで視聴する方法

続いてはauビデオパスをテレビで視聴する方法をご紹介します。

同時視聴するにやちょっと手間がかかるauビデオパスですが、テレビ視聴に対応しているため、大画面でみんなで楽しむ事が可能です。

しかしただテレビを持っていれば良いというわけではなく、auビデオパスアプリに対応したストリーミングデバイスが必要です。

auビデオパスをテレビ視聴する際に必要なもの(いずれか)
  • Chromecast
  • Apple TV & HDMIケーブル
  • Smart TV BOX
  • Smart TV Stick
  • STW2000(auひかり)
  • HDMIケーブル ※非推奨

もちろんテレビの方もこれらのストリーミングデバイスなどに対応している必要がありますが、

  • インターネットに接続できる
  • HDMI端子が接続できる

これら2点が備わっているテレビならほぼ対応しているはずです。

よほど古いテレビでない限りは大丈夫です。

なお、HDMI端子が接続できるかどうかはテレビ本体を確認すればすぐにわかりますよ!

裏側か側面あたりにこのような台形の穴が空いていて、近くに『HDMI』と書いてあればHDMIに対応しているテレビです。

どのストリーミングデバイスも、こちらのHDMI端子にHDMIケーブルをつないで接続します。

HDMIケーブルは同梱のものと別売りのものがあるので、ストリーミングデバイス購入時にはチェックしてくださいね。

HDMIケーブルは先程の台形の穴に接続できる台形の端子が特徴的なので、すぐにわかると思います。

数あるストリーミングデバイスのうち、Chromecastは『スマホやパソコンを操作して画面をテレビに映す』というタイプのデバイスです。

リモコンがなどが無くて手軽な代わりにChromecastだけでは動かせないデメリットがあります。

一方でApple TV~STW2000はストリーミングデバイス内にauビデオパスアプリをインストールして使うタイプのデバイスで、

手元にスマホやパソコンがなくても起動できる代わりにリモコンを管理する手間が増えるデメリットがあります。

どのデバイスも一長一短なので、自分に合ったデバイスを選べると良いですね。

中でもChromecastApple TVはauビデオパス以外にも対応しているサービスが多いので、オススメです。

また、非推奨ではありますが、HDMIケーブルでテレビとスマホやパソコンを直結してもテレビ視聴が可能です。

自宅のテレビがインターネットに非対応の場合はまずはHDMIケーブルで直結してみても良いかも知れませんね。

ただしHDMIケーブルによる直結は動作保証外となるので、自分でできる範囲で無理なく挑戦してみましょう。

>>auビデオパスの公式サイトから詳細を確認!こちらをクリック

複数端末で同時視聴が可能なVODまとめ

auビデオパスで同時視聴するためにはダウンロード視聴が必須なので、自由度も低くやや不便です。

ということで、複数端末からの利用が前提で同時視聴も可能なVODを調査してみました!

今回は人気のVODを5つご紹介したいと思います。

auビデオパスとはどんな所が違うかや同時視聴できる最大台数などを順番に解説していきますね。

U-NEXT

豊富なコンテンツと配信数で人気を高めている『U-NEXT』では、最大4台の同時視聴が可能です。

契約してすぐに同時視聴ができないので、『U-NEXTは同時視聴できない』という口コミも見かけるのですが、実は同時視聴可能なんです。

アカウントの管理画面から『ファミリーアカウント』という子アカウントを追加すれば同時視聴できますよ!

同時視聴の際には条件があり、同じ作品や一部の作品は同時視聴できないのでご注意下さい。

auビデオパスと一番大きく異なるのは毎月かかる利用料金です。

U-NEXTの利用料金はauビデオパスの約3.5倍である月額2,149円(税込)となっています。

VOD業界の中でもかなり強気な料金設定ですが、サービスの内容を見るとその料金に納得せざるを得ません。

雑誌の読み放題や音楽チャンネルの聴き放題、更にアダルト作品も見放題対象内になっています。

とはいえやはりいきなり支払うのには勇気が必要な金額ですので、まずは31日間の無料トライアルを利用して使い心地のチェックしてみてくださいね。

>>U-NEXTの公式サイトを確認!こちらをクリック

FODプレミアム

続いてご紹介するのはフジテレビが運営するVOD『FODプレミアム』です。

FODプレミアムでは最大5台の同時視聴が可能で、月額959円(税込)と、auビデオパスよりはやや高め。

FODプレミアムの最大の特徴とも言えるのは、運営が『フジテレビ』ということで、フジテレビ作品が中心のVODということ。

月9や昼ドラ、2時間ドラマシリーズなど、フジテレビならではのラインナップで、国内作品が好きな方にはとてもオススメのVODです。

裏を返すとフジテレビ以外のテレビ局作品には弱いので、他局の作品を中心に視聴したい方にはあまりオススメできません。

また、月額千円以下にもかかわらず雑誌も読み放題!

雑誌をよく利用する方にとってはお得なので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

>>FODプレミアムの公式ページから31日無料トライアル申し込みはこちらをクリック

Netflix

海外ドラマやオリジナルドラマで人気を集める老舗VOD『Netflix』は、コースによって同時視聴できる台数が異なります。

Netflix プラン一覧
  • ベーシックプラン(月額 税込702円) … 同時視聴不可
  • スタンダードプラン(月額 税込1,026円) … 最大2台の同時視聴
  • プレミアムプラン(月額 税込1,566円) … 最大4台の同時視聴

一番安い『ベーシックプラン』だけは同時視聴ができないプランなので、同時視聴したい方は避けましょう。

これらのプランは料金・同時視聴台数・画質が異なるだけで、配信内容などに差はありません。

auビデオパスや他のVODとは違い、Netflixは配信作品すべてが見放題のVODです。

レンタル作品などの課金しなければ見られない作品や使えない機能などは一切ありません。

料金を気にせず動画を見まくりたい方にはとってもオススメのVODですよ!

その分新作の配信が遅れ気味だったり、見放題にはできない人気作の配信が無かったり、デメリットも存在します。

auビデオパスと併用して、お互いに視聴できない作品をカバーし合うのもオススメの使い方です。

>>Netflixの公式サイトを確認する

Amazonプライム・ビデオ

続いてはAmazonプライム会員の特典のうちのひとつである『Amazonプライム・ビデオ』についてご紹介していきます。

Amazonプライム・ビデオの場合は基本は最大3台、同じ作品を視聴する場合は最大2台の同時視聴が可能です。

料金は契約期間によって異なり、月契約なら月額400円、年契約なら年額3,900円という業界最安値の驚きの低価格。

これ以上安いVODは存在しません!

一番安くVODを利用したい方や他社との併用を考えている方には特にオススメです。

また、Amazonプライムの会員特典はビデオだけではありません。

Amazonの配送特典はもちろん、書籍読み放題、音楽聴き放題など、知る人ぞ知る魅力が盛りだくさんですよ。

Amazonプライム・ビデオの無料体験に登録=Amazonプライム会員の無料体験に登録ということなので、

ぜひ一度無料で様々なAmazonプライム会員特典を体験してみてくださいね。

>>Amazonプライム・ビデオの公式サイトはこちら


ビデオマーケット

最後にご紹介するのは日本最大級の19万作品を配信している『ビデオマーケット』で、こちらは最大5台の同時視聴が可能です。

ビデオマーケットにはレンタルのみの月額540円(税込)のプランと、見放題+レンタルの月額1,058円(税込)のプランがあり、どちらのプランを選んでも同時視聴は可能です。

auビデオパスと同じように毎月ポイントが付与されるため、月額540円というリーズナブル価格ながら追加料金なしで新作からも選べる数少ないVODのひとつです。

更にその選択肢は19万本と日本最大ですから、auビデオパスとは比べ物にならない多さ!

auビデオパスのラインナップや新作配信について不満があるなら、ぜひ一度はチェックしていただきたいVODです。

他のVODとはまた少し特色が異なるので、気になる方は登録前の事前準備としてこちらの記事に目を通してみてくださいね。

>>ビデオマーケット の初月無料登録の詳細を公式サイトから確認!こちらをクリック

まとめ

auビデオパスでは同時視聴は不可能ですが、ダウンロード機能を活用すれば一応使えないこともない、というのが現状です。

どちらかといえばauビデオパスは個人向けのサービスと言えそうですね。

多数で利用することが前提なら、同時視聴に対応した他のVODを検討してみてはいかがでしょうか。

>>auビデオパスの公式サイトから詳細を確認!こちらをクリック