auビデオパスの料金プランはいくらか解説!レンタルの仕組みと課金について

おすすめ記事5選
 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『auビデオパスの料金プランはいくらか解説!レンタルの仕組みと課金について』

人気の動画配信サービスの中でも、auユーザー限定という大きな特徴を持つ『auビデオパス』。

auスマホならはじめからアプリがインストールされているauビデオパスは、

auユーザーなら一度はチェックしておきたい動画配信サービスではありますが、あまりにも身近すぎて今まで意識したことがなかった方も多いはず。

そこで今回は動画配信サービスに詳しい人にもそうでない方にもわかりやすく、

auビデオパスの料金プランの詳細や内容、レンタル作品のシステムや課金についてまとめてご紹介したいと思います。

最後にauビデオパス以外の動画配信サービスの中から、クレジットカード不要で登録できる人気サービスをご紹介しています。

クレジットカードを持たない方は必見です!

auビデオパスの基本料金プラン!

まずはauビデオパスの基本的な料金プランについて解説していきますね。

基本情報として、auビデオパスはauユーザー限定のVODです。

ドコモやソフトバンクを始めとしたauユーザー以外は利用することができません!

そんなauビデオパスには2つのプランが存在しています。

auビデオパスのプラン
  • 見放題プラン
  • レンタル(個別課金)

見放題プランに加入していないユーザー=レンタル会員なので、auユーザーなら誰でもレンタルはできるということ!

見放題プランに入るほどではないけど……というユーザーにとっては便利に活用できそうですね。

肝心の見放題プランの内容はこちらの通りです。

『見放題』というプラン名ではありますが、auビデオパスで配信されているすべての作品が対象というわけではないので注意しましょう。

『見放題プラン=一部のレンタル作品が見放題』という風に考えるとわかりやすいかも知れませんね。

毎月540円分のレンタルコイン(ビデオコイン)がもらえるので、月1本は確実に実質無料でレンタル作品の視聴ができますよ!

また、auビデオパスのプランで一番の魅力と言っても過言ではないのが映画館での割引特典です。

対象となる映画館は『ユナイテッド・シネマ』『TOHOシネマズ』の2つの映画館です。

ユナイテッド・シネマの特典
  • 土日祝日含む毎日値引き!
     大人:1,800円 → 1,400円
    大学・高校生:1,500円 → 1,300円
    シニア:1,100円 → 1,000円
    幼児・小中学生・障害者:1,000円 → 900円
  • 1度のクーポン表示で3枚まで購入可能
  • 月に何度でも利用OK!
TOHOシネマズの特典
  • 毎週月曜日はauマンデイ
     大人・大学生:1,800円・1,500円 → 1,100円
    高校生以下:1,000円 → 900円
  • 同伴者1名分も対象

『ユナイテッド・シネマ』か『TOHOシネマズ』がお近くにある方なら、絶対注目しておきたい特典でしたね。

なんと月に1~2回ほど特典を利用すればauビデオパスの料金の元が取れておつりが出るという計算に…笑

もちろん使えば使うほどお得なので、映画館の利用が頻繁な人ほど活用してもらいたい特典です。

>>auビデオパスの公式サイトから詳細を確認!こちらをクリック

auビデオパスのレンタルとは?課金料金はいくらかかる?

プランの解説にあったように、auビデオパスにはレンタル作品が存在しています。

続いてはauビデオパスのレンタル作品の詳細や料金についてご紹介していきましょう。

auビデオパスで配信されているレンタル作品の料金相場は大体こちらの通りです。

auビデオパスのレンタル作品 料金
  • 最新映画:500~926円
  • 旧作映画:200~500円
  • ドラマ1話:200~300円
  • アニメ1話:50~200円

テレビ局や配給会社にとらわれず幅広くラインナップしているVODといえば、

auビデオパス以外にも『dTV』『U-NEXT』『ビデオマーケット』などがありますが、

これらのVODと比較すると大体相場通りの料金となっています。

ただし、『FODプレミアム』『パラビ』などテレビ局直営および強力な繋がりがあるサービスと比較するとやや高めです。

特にドラマ・アニメ作品をレンタルで視聴したい方はよく考えてから利用することをオススメします。

例えばフジテレビドラマ『僕たちがやりました』の場合、auビデオパスだと300円×10話=3,000円(税別)です。

一方でフジテレビ直営のFODプレミアムなら全話パックでレンタルすれば1500ポイント(=税込1,500円)になります。

FODプレミアムの月額料金888円を上乗せしたとしてもFODプレミアムの方がお得…という結果に。

特定のテレビ局作品を集中して視聴したい場合には、思い切ってテレビ局運営のVODも検討してみてはいかがでしょうか。

>>auビデオパスの公式サイトから詳細を確認!こちらをクリック

auビデオパスの無料トライアルに登録できる支払い方法まとめ

続いてはauビデオパスに登録できる支払い方法について。

こちらはとっても単純明快で、auかんたん決済のみ

ちなみに無料トライアル中であっても有料会員に移行した後でも変わらず、auかんたん決済一択です。

クレジットカードや銀行振込などを利用することはできません。

スマホ料金と別に請求してほしいというようなことも不可能なので、ちょっと不便さを感じる方もいるかも知れません。

クレジットカードなしで登録できるVODまとめ

最後にauビデオパス以外のクレジットカード不要で利用できるVODを4つご紹介したいと思います。

クレカ無しで利用できる! 人気VOD4選
  • U-NEXT(モバイルキャリア決済・専用チケット対応)
  • dTV(ドコモ ケータイ払い・デビットカード対応)
  • Amazonプライム・ビデオ(モバイルキャリア決済・デビットカード・プリペイド式クレカ対応)
  • Hulu(モバイルキャリア決済・専用チケット・PayPal経由のデビットカード対応)

auビデオパスはどうしてもauユーザー限定という縛りがあり、誰にも気軽にオススメできるサービスではないのですが、

今回ご紹介するVOD4社はすべて『○○じゃなきゃダメ!』といった縛りはありません。

誰でも登録できるVODなので、ドコモなど他社モバイルキャリアを利用中の方もぜひ参考にしてみてくださいね。

U-NEXT

まずは幅広いサービスと豊富な配信数でお馴染みの『U-NEXT』からご紹介していきます。

auビデオパス同様にテレビ局や配給会社にとらわれない幅広い配信を行っており、その数なんと全12万作品以上!

U-NEXTでは定番のクレジットカード・モバイルキャリア決済(大手4社)の他にも自社独自の『U-NEXTカード』で決済可能です。

『U-NEXTカード』には2種類のカードが存在していて、用途によって使い分けられるようになっています。

  1. 見放題カード(税込2,149円) … 30日間分+1,080ポイント
  2. ポイントカード(税込3,240円) … 3,000ポイント

見放題だけを利用したいときは『見放題カード』で月額料金を支払い、

レンタル作品などのポイント制コンテンツを利用したいときは『ポイントカード』を追加購入します。

全国のファミリーマートやドンキホーテ、ヤマダ電機など、購入できる店舗も豊富!

プリペイドカードのような物をレジに持っていって普通に会計できるので、支払いを現金で行いたい方にもオススメのVODです。

>>U-NEXTの公式サイトを確認!こちらをクリック

dTV

続いてはauビデオパス同様にモバイルキャリア運営のVOD『dTV』をご紹介します。

月額500円という価格帯は似ていますが、キャリア縛りが無かったり配信数も12万作品(レンタル含)と豊富だったり、

auビデオパスよりもVODとしてサービスを極めているのが特徴的です。

dTVではクレジットカードやドコモの決済サービスの他に『デビットカード』の支払いが可能です。

モバイルキャリア決済がドコモ限定なのはちょっと残念ですが、デビットカードに対応しているのでクレジットカードがなくても安心ですね!

dTV以外にもデビットカードに対応しているVODやその他ECサイトは多いので、

まだ持っていない方はこれをきっかけに作っておくと後々便利かも知れません。

auビデオパスのようにレンタル作品に使えるポイントがもらえる事はありませんが、その分毎月の支払いが安く済みます。

毎月の支払い額は最低限で配信数の多いVODを利用したい方にオススメです。

>>dTVの公式サイトを確認!こちらをクリック

Amazonプライム・ビデオ

続いては世界最大のECサイト『Amazon』が運営するVOD『Amazonプライム・ビデオ』について。

Amazonプライム・ビデオではクレジットカードやドコモとauの決済サービスの他に

『デビットカード』『プリペイド式クレジットカード』での支払いが可能になっています。

契約形態が月契約(月額400円)と年契約(年額3,900円)の2種類存在しているのが特徴的です。

長く契約するほどお得なので、ずっと使いたいと思ったタイミングで年契約に切り替えるのがオススメです。

なお、月契約だとしてもVOD業界としては最安値の利用料金です。

同時視聴やテレビ視聴対応といった、機能面でも優れていてこの価格なのは素直に『凄い!』と言わざるを得ません。

また、Amazonプライム・ビデオはセールや配送特典でお馴染みの『Amazonプライム会員』の特典のひとつなので、

もちろんビデオ以外の特典も使い放題という太っ腹サービスはAmazonならではです。

初めてVODを利用する方や、他のVODとの併用を考えている方にオススメのVODです。

>>Amazonプライムの無料体験を公式サイトから詳細を確認!こちらクリック


Hulu

最後にご紹介するのは海外ドラマファンや日テレ好きにはおなじみの『Hulu』です。

全VODの中でも決済方法の充実度はなかなかのもので、クレジットカードや4大モバイルキャリア以外にも

『PayPal(デビットカード登録可)』やU-NEXTカードのような自社独自の『Huluチケット』に対応しています。

こちらは大手コンビニチェーン(セブン、ファミマ、ローソンなど)やWonderGOO、Amazonなどなど、

U-NEXTカードよりも販売店舗が多くお買い求めやすくなっています。

Hulu最大の特徴としては月額料金(税込 1,007円)だけで全作見放題のサービスということ。

Huluチケットについても月額料金分(期間が選べます!)のものしか存在しないので、買い間違えるリスクも少なくて安心ですね。

追加料金を気にせずにVODを楽しみたい方にはとてもオススメのVODです。

その反面、新作の配信はそれほど力を入れていないため、レンタルでも良いから最新作がみたい!というニーズには応えられません。

>>Huluの公式サイトから詳細を確認!こちらをクリック

まとめ

auビデオパスの決済方法は『auかんたん決済のみ』です。

au IDとの連携で勝手に決済方法が登録されるため、契約時は手続きがとっても簡単!

……な反面、自由度はあまり高くありません。

他の決済方法を利用したい場合には、他のVODを検討してみても良いかも知れませんね。

ご紹介したauビデオパス以外のクレジットカード不要で登録できるVODはすべて無料お試しが可能です。

気になったサービスがあれば、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

>>auビデオパスの公式サイトから詳細を確認!こちらをクリック