コンフィデンスマンJPの3話目のネタバレ!見所や感想と石黒賢が出演した回を無料で見る方法もご紹介

おすすめ記事5選
 

こんにちは。『ペコ』です。

この記事のテーマはこちら

コンフィデンスマンJPの3話目のネタバレ!見所や感想と石黒賢が出演

長澤まさみ主演のコンフィデンスマンJPも早くも3話目。

毎回、毎回、ダー子に、リチャードに、ぼくちゃんに視聴者を含めて騙されまくっています。

これからコンフィデンスマンJPの3話目のあらすじと感想、そして見所についてご紹介していきます。

ダー子の中国人バイヤーの演技が楽しみです。

コンフィデンスマンJPの3話目を見逃した方はこちらから無料で視聴可能

コンフィデンスマンJPの3話目のあらすじ

ボクちゃんがカフェで求人誌を眺めていると、ふと壁に飾られている可愛い絵が目に入った。

その絵は店員の須藤ユキが描いた物であり、個展の案内はがきを須藤ユキから貰う。

ボクちゃんが個展を訪れると、扉には張り紙がしてあり、そこには中止と書かれていた。

ボクちゃんはカフェのマスターに事情を全て聞き、須藤ユキの自宅を訪れる。

玄関ごしに「僕で良ければ相談に乗る」と言うが、須藤ユキが玄関を開けてくれることは無かった。

須藤ユキは美術評論家の城ケ崎善三に弄ばれ、自殺未遂を図っていたのだ。

城ケ崎善三に怒りが沸いたボクちゃんはリチャードに連絡し、城ケ崎善三を懲らしめたいから協力してくれと言い、加えて「ダー子に言うとめちゃくちゃになるから今回は二人でやりたい」と伝えたが、リチャードは即刻ダー子に声をかけてしまい結局今回も三人でやることに。

城ケ崎善三は有名な美術評論家であり、見る目は確かだが、芸術の知識を欲と金に換えている悪徳な人物である。

須藤ユキの通う美大に特別講師として来た際に二人は知り合い、肉体関係になる。

須藤ユキは城ケ崎善三に自分の絵を「可能性がある」と言ってもらえたことをすごく喜んでいたが、関係を持って三か月後「若くて綺麗で巨乳だから可能性があると言ったが、作品自体はゴミだ」と城ケ崎は言い放ち、以後音信不通となってしまう。

そして絶望した須藤ユキは自殺未遂を図ったのだ。

ダー子は中国人バイヤーに扮し、城ケ崎善三主催のオークションに参加する。

次々と高額の値で落札していき、城ケ崎の目に留まり、信頼を得ることに成功した。

そして次に贋作を売りつけようと作戦を練るが、ダー子は恐ろしいほど絵心が無かった。

そこで贋作の天才・伴ちゃんにピカソの贋作を依頼する。

ピカソの同年代の無名画家のキャンパスを土台にして作り、一ヶ月後見事な贋作が完成する。

ボクちゃんが「父が三流美術商」という設定で城ヶ崎に絵を持ち込むが、なんと城ケ崎はすぐに贋作だと見破ってしまい、伴ちゃんが逮捕されてしまった。

作戦が失敗し、すっかり意気消沈するダー子だが、お取り寄せで頼んだ「卵」の生産者の顔を見て、ある作戦を思いつく・・・

コンフィデンスマンJPの1話目・2話目の見逃し動画を無料で見る方法

長澤まさみ主演の『コンフィデンスマンJP』はフジテレビ系。

FODプレミアムはフジテレビが運営しているので、コンフィデンスマンJPはFODプレミアムで優先的に配信されます。

もちろんFODプレミアムでは、コンフィデンスマンJPの1話目から最終回まで配信予定!

コンフィデンスマンJPの1話目の最初の貴重な10分を見逃した!

コンフィデンスマンJPの3話の最初のCMまでを見逃した!方へ

現在、FODプレミアムは1ヶ月間無料トライアルで体験できる期間限定キャンペーン中!

期間内に解約すれば課金されることはなく一切料金は発生しません。

FODプレミアムに登録することで、スマホからいつでもどこでも場所を気にすることなくコンフィデンスマンJPを見ることができます。

今のうちにコンフィデンスマンJPが配信されたらすぐに見れるようにFODプレミアムに登録して準備をしておきましょう。

コンフィデンスマンJPだけではなく、

最終回を迎えた『ファイナルカット』や『隣の家族は青く見える』などの、最新の人気作品の他にも、『コード・ブルー』や『昼顔』などの有名作品も見放題です。

FODプレミアムに1ヶ月間無料トライアルの登録に必要なのはたったの2つ

FODプレミアム1ヶ月間無料お試しに必要なもの
  • Amazon ID
  • クレジットカード

そしてFODプレミアムの無料登録は下記の画像のようにたったの3ステップの1分程度で完了します。

この機会に、FODプレミアムの無料登録を済ませて、コンフィデンスマンJPを楽しみましょう。

>>コンフィデンスマンJPの1話目・2話目をFODプレミアムから無料でフル動画を楽しむ!こちらをクリック

コンフィデンスマンJPの3話目を見逃した人へ!無料で見る方法をご紹介

4月30日までの限定配信!もちろん無料でコンフィデンスJPを見る

TverからコンフィデンスマンJPの3話目を見る
FODからコンフィデンスマンJPの3話目を見る

現在、もっとも安心・安全にコンフィデンスJPの3話目を見れる方法は上記の2つになります。

しかし、これら二つの動画配信サービスは4月30日までの限定配信。

そう放送日から1週間だけです。

それに加えて、Tverで視聴ですると、面倒でうざい広告も4回ほどあります。

また、Tverに限っては回線が混んでいる時は、コマ送りになるなどまともに動画が見れないことも。

この記事を現在、読んでいる方はまだまだ間に合うので、上記のリンクをクリックしてコンフィデンスJPを楽しみましょう。

コンフィデンスマンJPの3話目を見た感想

高名な美術評論家・城ケ崎善三を石黒賢さんが演じており、女癖が悪く裏でお金儲けをしている悪い役を見事に演じていました。

今回は「美術商」がテーマだったので、美術評論家や芸術作品に携わる人達について知ることが出来、知識が広がりました。まさかドラマで広がるとは思ってなかった。

オークション風景は見たことが無かったのでとても新鮮でした。

伴ちゃんが作った贋作を城ケ崎に一発で見破られた時は、この男を騙すのは無理なのではと思いましたが、ダー子は今回もお見事。

ダー子のセリフは印象的なものが多く、特に印象深かったのはこれ。

「作品は絵よりも人物そのものや描かれた背景に価値がつく。ゴッホが良い例。生前は全く売れなかったのに、死後に評価され莫大の値で取引されるようになった。美術家がなりたいのはゴッホを評価した人物であり、なりたくないのはゴッホを評価できなかった人物」

この言葉通り、城ケ崎善三はダー子達三人が作り出した「ヤマモトイワオ」という無名の画家に非常に興味を持ち、茨城の実家にまで足を運び、眠っていた複数の作品をなんと3.5億で買い取ったので、ダー子の読みは天才的だなと思いましたよ。

「美術家にとって有名アーティストそのものを発掘することが最大の喜び」というセリフにも感心させられました。

ダー子の中国人バイヤーが全然違和感なくて驚きましたし、ダー子は依頼人を騙す為なら役作りを完璧にこなすので、詐欺師としてのプロ意識がすごいです。

また、ヤマモトイワオの隣に住んでいた女の子(16歳・おかよちゃん)も可愛かったですが、ボクちゃんが「16歳…?」と呟いたのくすぐられました。

ダー子とボクちゃんのやり取りはいつもすごく面白くて毎回楽しみなんですよね。

最後のオークションのシーンでとっくに亡くなったはずの「ヤマモトイワオ」が客席に居て、城ケ崎が呆気に取られるシーンがとても爽快でした。

ただの卵生産者であり、絵はカリメロしか書けませんというセリフがなかなかえもいです。

ボクちゃんは須藤ユキの敵を討つために頑張ったので、須藤ユキに報告しようと会いに行ったら、既に城ケ崎のことなんて忘れて、社長のパトロンがいたのには笑ってしまいましたよ。

コンフィデンスマンJPの3話目の口コミや評価

コンフィデンスマンJPの4話目の展開・あらすじ予想

第四話は「映画マニア編」で、ボクちゃんが新人映画監督に扮したり、リチャードが映画プロデューサーに扮したりとても面白そうです。

ダー子が何に扮するのかはあらすじには載っていませんが、写真ではゴージャスな出で立ちで映画プロデューサーのリチャードと腕を組んでいるので、女優さんかなと思います。

くノ一に扮してるのは、女優なので忍者役を演じているのかなと予想します。

正解は何か気になりますし楽しみですが、肝心のターゲットとなる食品偽造をしているとんでもない社長・俵屋勤を演じるのは佐野史郎さんとのことで、どんな悪い社長を演じてくれるのか楽しみです。

俵屋勤は映画マニアなのに、映画の出資話に興味を持たないのは何故かとても気になります。

お金はいくらでも持っているはずなのに、何か重大な秘密があるのでは・・・

まとめ

コンフィデンスマンJPのダー子の演技に今回も騙されました。

本当に月九に帰ってきてくれた長澤まさみに感謝です。

コンフィデンスマンJPの1話目、2話目、3話目の動画を見逃した方はぜひ、FODプレミアムから無料で楽しみましょう。

>>コンフィデンスマンJPの1話目・2話目をFODプレミアムから無料でフル動画を楽しむ!こちらをクリック