DAZNにクレジットカードなしで無料登録!支払い方法と月々の料金や値段を解説

おすすめ記事5選
 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『DAZNにクレジットカードなしで登録する方法!支払い方法と月々の料金や値段を解説』

スポーツファンの中でも特にサッカーファンなら見過ごせない存在になった『DAZN』ですが、

DAZNに登録しようと料金を調べていたらいろいろ出てきてよくわからない…

と感じたことはないでしょうか。

プランは1つなのになんで料金がいっぱいあるの???

ドコモがお得ってどういうこと?

などなど、DAZNの利用料金に関する疑問は早めに解決しておきたいですよね。

そこで今回はDAZNの利用料金の仕組みや登録できる決済方法などについてご紹介したいと思います。

クレジットカードを持たない方が利用する方法についても解説します!

DAZNの支払い方法全まとめ

DAZNの料金を解説していく前に、DAZNに登録できる支払い方法をすべてご紹介したいと思います。

メインとなる決済方法はこちらの通りです。

DAZNに登録できる支払い方法
  • クレジットカード
  • プリペイド式クレジットカード ※一部対象外あり
  • デビットカード ※一部対象外あり
  • DAZNチケット
  • DAZNシーズン視聴パス
  • (iTunesからの登録のみ)iTunesギフトカード

意外と種類が多くて驚いた方もいるのではないでしょうか。

また、DAZNには『DAZN for docomo』というドコモ運営のdアカウントから登録できるサービスもあり、

DAZN for docomoではまた登録できる支払い方法が異なります。

DAZN for docomoに登録できる支払い方法
  • ドコモユーザー…ドコモケータイ払い
  • それ以外のユーザー…クレジットカード

こちらは基本的にはドコモユーザーもしくはdTVユーザー向けのサービスです。

どういうこと?と疑問に感じる方もいると思うので、次の項目で詳しく解説していきたいと思います。

DAZNの料金の仕組みを徹底解説

ここからはちょっとややこしいDAZNの料金の仕組みを解説していきます。

先程もご紹介したように、DAZNには『DAZN』と『DAZN for docomo』という2種類の契約形態があります。

視聴できるスポーツやチャンネルの種類などは変わりませんが、一番大きな違いは月額利用料金です。

基本的に『DAZN』は契約するか・しないかの2択しかありません。

一方で『DAZN for docomo』には

  • ドコモユーザーがDAZNだけ登録する
  • ドコモユーザーがdTVとセットで登録する
  • ドコモユーザー以外がDAZNだけ登録する
  • ドコモユーザー以外がdTVとセットで登録する

といった4パターンの登録状態があります。

『DAZN』と『DAZN for docomo』にわけて具体的な違いなどについても簡単に解説しておきますね。

『DAZN』の基本情報

まずは『DAZN』の基本情報からご紹介します。

先程ご紹介したように料金は1,750円の1種類のみで、登録するかしないかだけのシンプルな設計です。

ただし『iTunesから登録した場合』はストアの都合上特殊な価格設定になっていて、

本来であれば税込1,890円の支払いのところを税込1,900円という料金設定になっているので注意しましょう。

また、契約の更新は『登録した日付(前日締め)』です。

無料お試しを利用した方は有料会員に移行した日付になります。

『DAZN for docomo』の基本情報

続いて『DAZN for docomo』の基本情報ですが、こちらは料金が4パターンあります。

DAZN for docomoの料金
  • ドコモユーザーがDAZNだけ登録 → 980円
  • ドコモユーザーがdTVとセットで登録 → 1,280円
  • ドコモユーザー以外がDAZNだけ登録 → 1,750円(定価)
  • ドコモユーザー以外がdTVとセットで登録 → 2,050円

DAZN for docomoに登録するためにはdアカウントが必須です。

ドコモユーザー以外がDAZN for docomoからDAZNだけを登録するメリットはほぼゼロですが、

『ドコモユーザー』か『dTVユーザー』はDAZN for docomoから登録するのがオススメです。

直接DAZNに登録するよりも安く登録できるので、既にどちらか利用中の方は『for docomo』の存在をお忘れなく!

また、契約の更新は『月末締め月初更新』です。

登録日が何日であれ、一旦は月初日に契約日が切り替わります。

無料お試し期間を利用したいと考えている場合は、月末付近に登録すると損してしまうので、

できるだけ月初付近で登録するとお得に利用できますよ!

DAZNにクレジットカード以外で登録する方法と手順

豊富な選択肢があるDAZNの支払い方法ですが、

そのうちクレジットカード以外の支払い方法についてまとめてみました。

DAZNのクレジットカード以外の支払い方法
  • プリペイド式クレジットカード
  • デビットカード
  • DAZNチケット
  • (iTunesからの登録のみ)iTunesギフトカード
  • (ドコモユーザーのみ)DAZN for docomoから登録する

これらの支払い方法に設定するには大まかに

『カード情報の登録』『ギフトチケットの入手とコードの登録』『ドコモケータイ払い』

の3種類に分類できます。

これらの登録方法について、簡単にご紹介していきますね!

カード情報の登録

まずはカード情報(プリペイド式クレジットカード/デビットカード)の登録方法についてですが、こちらはクレジットカードとまったく同じ方法で当登録可能です。

DAZNへの登録画面で『クレジット/デビットカード』を選択すればカード情報が入力できますよ。

カードの仕様によっては非対応のカードもあるようなので、

すべてのカードが対応しているわけではない点にはご注意ください。

ギフトチケットの入手とコードの登録

ギフトチケットの入手方法は、大まかに2通りあります。

ギフトチケットの購入方法
  • 大手コンビニチェーンのチケット発券機でDAZNチケットを購入する
  • 大手コンビニチェーンや家電量販店等でiTunesカードを購入する

どちらも現金による購入が可能なので、

クレジットカードはもちろんプリペイドカードやデビットカードも不要です。

DAZNチケットの登録登録画面で『コード』を選択してDAZNチケット番号を入力しましょう。

ただしDAZNチケットの場合、無料お試しをする前にチケットを購入しなければいけないため、

完全に無料でお試しすることができない点にご注意ください。

そしてiTunesカードの登録は既におなじみかとは思いますが、

一度AppleアカウントにチャージしてからiTunesストア経由で利用します。

料金の所でも解説したようにiTunesストア経由の場合は月額料金が10円高くなりますが、

iTunesのクレジットとして残しておけるのでDAZN以外にも利用できるメリットがあります。

ドコモケータイ払い

最後にご紹介するドコモケータイ払いの登録方法は、

ドコモユーザー『DAZN for docomo』経由で登録すれば自動的に設定されます。

DAZN for docomoはドコモ以外のdTVユーザーも登録すると思いますが、

ドコモ以外のdアカウント経由の登録はクレジットカードかデビットカードによる登録になります。

auかんたん決済やソフトバンクまとめて支払いなどは利用できません

クレカなしでも無料で楽しめる動画配信サービス

DAZNはクレジットカードがなくても複数の支払い方法で無料お試しを利用することが可能でしたね。

スポーツに限らず一般向けジャンルでも同じように、

クレジットカードがなくても無料お試しが利用できる動画配信サービスを集めてみました!

クレカ無しで利用できる人気VOD 4選
  • U-NEXT
  • Hulu
  • Amazonプライム・ビデオ
  • FODプレミアム

これらの動画配信サービスについて、特徴などを順番にご紹介していきますね!

U-NEX

最初にご紹介するのは業界No.1のサービスの充実度を誇る『U-NEXT』についてです。

利用料金は月額1,990円とやや高めではありますが、利用料金に見合った充実したサービスで人気を集めています。

毎月もらえるポイントでまかなえる『NHKオンデマンド 見逃し見放題パック(月額972円)』を追加すれば、

『NHK』『NHK BS1』『NHK BSプレミアム』などで放送されたスポーツ中継やスポーツ番組の視聴も可能になりますよ!

U-NEXTの支払い方法
  • クレジットカード
  • モバイルキャリア決済(ドコモ/au/ソフトバンク/ワイモバイル)
  • U-NEXTカード

U-NEXTにはDAZNチケットのような独自チケット『U-NEXTカード』があるのが特徴的ですが、

残念ながらこちらもDAZNチケット同様に先に購入が必要になるため完全に無料でお試しすることはできません。

なおU-NEXTカードは全国のファミリーマートやドンキホーテ、ヤマダ電機などで購入可能です。

無料お試しの対象となるのは『クレジットカード』と『モバイルキャリア決済』なので、

大手モバイルキャリアの通信回線を利用している方はこちらを利用して登録してみてはいかがでしょうか。

Hulu

続いてご紹介するのは日テレが運営に関わることで読売ジャイアンツファンからの注目も高まる『Hulu』です。

今回ご紹介する中で唯一、配信中の全作品が月額933円だけで見放題になるタイプの動画配信サービスです。

もともと日本最速配信などで海外ドラマファンから人気を誇る動画配信サービスでしたが、

日テレ傘下に加わったことで読売ジャイアンツの全試合がリアルタイム視聴できるようになりました。

Huluの支払い方法
  • クレジットカード
  • モバイルキャリア決済(ドコモ/au/ソフトバンク/ワイモバイル/マイネオ)
  • PayPal(デビットカードOK)
  • iTunesストア決済
  • Yahoo!ウォレット
  • Huluチケット

モバイルキャリア決済といえば大手3~4社が中心でしたが、

格安SIMの中でも人気の高い『マイネオ』のオプションサービスとして加入することが可能になりました。

無料お試しの対象となるのは『クレジットカード』『モバイルキャリア決済』『PayPal』の3種類です。

Huluにも独自チケットの『Huluチケット』がありますが、

例によって先払いとなってしまうため無料お試しの対象外となります。

Huluチケットは大手コンビニチェーン(セブン、ファミマ、ローソンなど)やWonderGOO、Amazonなどで購入できますよ!

Amazonプライム・ビデオ

続いてご紹介するのは業界最安値の『Amazonプライム・ビデオ』についてです。

残念ながらスポーツ関係のコンテンツに関してはあまり期待できないのですが、

月契約なら月額400円・年契約なら年額3,900円という超リーズナブル価格は幅広い多くの方にオススメできます。

Amazonプライム・ビデオの支払い方法
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイド式クレジットカード
  • モバイルキャリア決済(ドコモ/au)

すべての支払い方法で無料トライアルに登録可能という心強さは、さすがAmazon!

モバイルキャリア決済ではドコモとauのみの対応となっていますが、

デビットカードやプリペイド式クレジットカードはAmazonのお買い物に登録できるカードならOKです。

既にAmazonユーザーになっていてこれらのカードを登録済みという方も多いのではないでしょうか。

『ビデオ』以外のAmazonプライム会員特典も使い放題なので、Amazonユーザーには特にオススメです!

FODプレミアム

最後にご紹介するのはフジテレビが運営するVOD『FODプレミアム』です。

残念ながらこちらもAmazonプライム・ビデオ同様にスポーツ関係のコンテンツに関してはあまり期待できません。

しかしフジテレビのCS番組のオンライン版『フジテレビONEsmart』や『フジテレビNEXTsmart』と契約するなら、

同じアカウントで管理できるので使いやすいサービスになるはず。

FODプレミアムの場合は外部アカウントと連携して支払い方法を設定するシステムになっています。

各連携サービスごとに登録できる支払い方法はこちらの通りです。

FODプレミアムの支払い方法
  • フジテレビID(クレジットカード)
  • Amazon Pay(クレジットカード/デビットカード/プリペイド式クレジットカード)
  • Yahoo!ウォレット(クレジットカード)
  • モバイルキャリア決済(ドコモ/au/ソフトバンク)

様々なアカウントやサービスと連携可能ではありますが、

無料お試しの対象になっているのはAmazon Payとの連携のみとなっています。

Amazon Payに登録できるカードはもちろん『Amazonでお買い物できるカード』なので、

既にAmazonで利用実績があるカードを持っていれば確実です!

まとめ

DAZNの料金はちょっと複雑ですが、

『DAZN』と『DAZN for docomo』の2つのサービスがあることを覚えておけば、

混乱すること無く登録できるのではないでしょうか。

また、DAZNはクレジットカードが無い方でも、比較的利用しやすいサービスになっています。

一般向け動画配信サービスにもクレジットカード無しで利用しやすいものもあるので、

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。