dTVチャンネルの料金プランと支払い方法を詳しく解説!番組表と基本的な使い方

おすすめ記事5選
 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『dTVチャンネルの料金プランと支払い方法を詳しく解説!番組表と基本的な使い方』

2018年、新たに始まったドコモが運営するインターネットチャンネル『dTVチャンネル』について、

名前は知っているけど実態については正直よくわからない…という方もいますよね。

特に名前が似ているサービス『dTV』と混同してしまい、dTVのグレードアップ版でしょ?と勘違いしている方は多いはず。

それは大間違いですよ~!

そこで今回はdTVチャンネルの料金プランや支払方法から基本的な使い方まで、dTVチャンネルのすべてを徹底解説していきたいと思います!

dTVチャンネルが気になっていた方も、dTVとの違いが知りたい方も、ぜひチェックしてみてくださいね。

dTVチャンネルの基本料金プラン!

まずはdTVチャンネルの基本料金やプランの内容についてご紹介したいと思います。

基本的にdTVチャンネルのプランはひとつで、加入するか・しないかしかありません。

加入すればすぐに全31チャンネルすべてが視聴可能になりますよ!

ただし、料金については6種類存在しています。

その違いはまず『ドコモユーザーであるかどうか』ということが大きなポイントになります。

通常月額1,280円の所、ドコモユーザーなら月額780円と毎月500円もお得な料金で利用可能です。

これら2種類をベースに、同じくドコモが提供している動画配信サービスの『dTV』と同時に契約することで、それぞれ300円引きの料金で利用可能です。

更にスポーツ専門ストリーミングサービス『DAZN for docomo』と同時契約ならそれぞれ500円引きに!

全体的にドコモユーザーさんがお得に利用できるサービスということがわかりましたね。

既にdTVと契約中の方も、300円引きで利用できるので一度はチェックしておきたいサービスです。

dTVチャンネルの番組表まとめと基本的な使い方

続いてはdTVチャンネルで放送中の番組や基本的な使い方についてご紹介していきますね。

放送中の番組…といっても31チャンネルもありますから、今回は31のチャンネルについてざっくりとご紹介したいと思います。

まず、dTVチャンネルで配信中のチャンネルはこちらの通りです。

海外ドラマ・洋画
  • ソニー・チャンネル
  • 映画ザンマイ!
アニメ・キッズ
  • dアニマックス
  • プリプリ☆キッズステーション
  • ブーメラン
  • ディズニージュニア ライト
  • ニコロデオン
エンターテインメント
  • プチフジ
  • TBSオンデマンドチャンネル
  • ファミ劇Neo
  • エンタメ~テレ☆バラエティ SELECT
  • MEN’S NECO
  • ひかりTVチャンネル+
  • Kawaiian for ひかりTV
韓流
  • KBS World
  • あじどらはん~韓流・華流・エンタメTV~
  • Kchan!韓流TV
音楽
  • iBEYA
  • & MUSIC
  • MTV MIX
趣味
  • 将棋プラス
  • 囲碁プラス
  • ダンスチャンネル by エンタメ~テレ
  • MONDO麻雀TV
  • タビテレ
  • 釣りビジョンPlus
ドキュメンタリー
  • ヒストリー
  • ナショナル ジオグラフィック
  • Discovery TURBO
ニュース
  • TBSニュースバードEverywhere
  • euronews

趣味系のジャンルに特化したラインナップでしたね!

誰でもひとつは気になるチャンネルがあったのではないでしょうか。

もう少し詳しくどんな番組が配信されているのか知りたい方も多いはず。

31チャンネルすべての番組を紹介していくととても長くなってしまうので、各ジャンルごとに注目の番組をご紹介します。

dTVチャンネル:海外ドラマ・洋画のオススメ

海外ドラマ・洋画のオススメ番組はこちら!

海外ドラマ・洋画
  • ドラマ『アウトランダー』
  • チャーリーズ・エンジェル シリーズ
  • 奥様は魔女 など…

海外ドラマや洋画は基本的に単発配信で、以上のラインナップはあくまでも2018年7月時点での配信情報です。

配信内容はどんどん新しく入れ替わるので時々チェックしてみましょう!

ドラマの場合は毎日同じ時間に配信するケースが多く、地上波のドラマ放送よりもハイペースで視聴が可能です。

映画の場合は月に数回時間を決めて配信されていますよ。

dTVチャンネル:アニメ・キッズ

アニメ・キッズのオススメ番組はこちら!

アニメ・キッズ
  • ひぐらしのなく頃に シリーズ
  • 子育てTV ハピクラ
  • パワーパフガールズ
  • ミッキーマウス クラブハウス など…

dアニマックスなど大人も楽しめるアニメ作品は一挙配信になっていることもあります。

例えば『今日の10時~18時で前半13話、明日の10時~18時で後半13話』など。

一気に見られるので待ち時間いらずな反面、スケジュールを確保しておかないと中途半端な視聴になってしまうことも…

キッズ向け作品は地上波放送でいう所のEテレのように、毎日キッズ作品を配信しているケースが多いです。

24時間キッズ向け作品が楽しめるので、お子様のいるご家庭にはとってもありがたいのではないでしょうか。

dTVチャンネル:エンターテインメント

エンターテインメントのオススメ番組はこちら!

エンターテインメント
  • ドラマ『高校教師』(新・旧)
  • 乃木坂46えいご(のぎえいご)
  • 声優ビストロ ちょい飯~キャンプスペシャル~
  • 働きマン(アニメ) など…

日本国内の地上波放送に一番近いのがエンターテイメントジャンルのチャンネルです。

国内ドラマやアイドル・声優の独自番組、アニメなど、複数のジャンルを掛け持ちして配信しているチャンネルが多くラインナップされています。

見るものに困ったらエンターテイメント系チャンネルをチェックすればOK!とも言える、オールマイティなチャンネルですよ!

dTVチャンネル:韓流

韓流のオススメ番組はこちら!

韓流
  • ミュージックバンク
  • ドラマ『君にスパーク!』
  • イケメンブロマンス シリーズ など…

韓流ドラマ・映画はもちろんK-POPやニュースまで思う存分楽しめるチャンネルラインナップになっています。

スペシャルドラマなど日本ではなかなかお目にかかれない作品も配信されていますよ!

どちらかというと女性向けの韓流スター・作品中心で、韓流イケメン好きならチェックしておきたい所です。

dTVチャンネル:音楽

音楽のオススメ番組はこちら!

音楽
  • タンドリーズ
  • ULTRA HITS
  • & MUSIC シリーズ など…

音楽コンテンツを取り扱ったバラエティ番組の他に、ヒット曲やアーティストに限定した曲をラジオのように流してくれる番組も。

ROCKやPOPSなど、ジャンルに絞ってランダムに放送している番組も多く、ラジオ的に楽しめるチャンネルです。

リラックスタイムや暇つぶしにはピッタリかも?

dTVチャンネル:趣味

趣味のオススメ番組はこちら!

趣味
  • 将棋プレミアム
  • 日本囲碁連盟囲碁講座
  • モンド麻雀プロリーグ
  • 声優カメラ旅
  • 釣りビジョンLIVE など…

さすが趣味チャンネルというだけあって、チャンネルの名の通りの趣味に特化した番組ばかりのラインナップです。

基礎講座やスキルアップ講座などの番組や、中には生放送の番組も。

24時間ずっと趣味にまつわる番組を流し続けているので、思いついた時やスキマ時間にもいつでも視聴可能です。

dTVチャンネル:ドキュメンタリー

ドキュメンタリーのオススメ番組はこちら!

ドキュメンタリー
  • ザ・バイオグラフィー
  • 旅するシェフの仰天レシピ
  • ミスフィット・ガレージ など…

ドキュメンタリーの王道『ナショナル ジオグラフィック』が視聴できる時点で既になかなか満足ですが、

歴史ドキュメンタリーの『ヒストリー』と車・バイクの『Discovery TURBO』で、様々な需要に対応しています。

dTVチャンネル:ニュース

ニュースのオススメ番組はこちら!

ニュース
  • ストレートニュース
  • Prime Edition など…

国内のニュースはもちろん、ヨーロッパのニュースも24時間いつでもチェック!

地上波放送だと視聴できる時間帯にニュース番組を放送していなかったり、ワイドショー化で物足りなさを感じたり…

という方も多いと思いますが、『ストレートニュース』はその名の通り原稿を読み上げるスタイルのストレートニュースが持ち味です。

真面目にさっぱりと視聴できるニュース番組を探している方にもオススメです。

dTVチャンネルの使い方

気になるチャンネルや番組を見つけたけど、使い方が難しかったらどうしよう… と思っていませんか?

dTVチャンネルの使い方はとても簡単!

基本的にはチャンネルを切り替えて視聴するだけのシンプル設計です。

テレビと同じように番組表を確認しながらチャンネル切り替えすることも可能なので、ほとんどの方が感覚的に操作できるはず。

『クリップ機能』を活用すれば放送開始前に通知してくれる便利機能もありますよ!

配信時間が終了した番組であっても、見逃し配信中の作品は『クリップ一覧』に残ります。

見逃し配信の期限は作品によりばらつきがありますが最大2週間なので、早めに視聴しておきましょうね。

もちろん番組表をさかのぼったり検索機能から見逃し配信中の番組を探すことも可能です。

パソコンの操作からもできることは同じで、アプリ同様に感覚的に操作できると思います。

まずは一度『無料トライアル』から始めて、実際に操作してみることをオススメしますよ!

dTVチャンネルの無料トライアルに登録できる支払い方法まとめ

肝心のdTVチャンネルの無料トライアルに登録できる支払方法についてですが、こちらも非常にシンプルです。

ドコモユーザーの場合は『ドコモケータイ払い』、それ以外のユーザーの場合は『クレジットカード』のみとなっています。

ドコモユーザー以外はクレジットカードが必須のため、

どうしてもクレジットカードが用意できない…という方はドコモ携帯を契約しなければいけません。

とはいえそれはなかなか現実的な解決策とは言い難いですよね。

クレジットカードなしで登録できるVODまとめ

クレジットカードを持っていない方には、初めからクレジットカード以外の決済方法が用意されているサービスに登録するのがオススメです。

dTVチャンネルのような番組系動画配信サービスではありませんが、

クレジットカード不要で登録できるVODサービスをご紹介して終わりたいと思います。

今回ご紹介するのはこちら!

クレカ無しで利用できる! 人気VOD4選
  • U-NEXT(モバイルキャリア決済・専用チケット対応)
  • Amazonプライム・ビデオ(ドコモ/auモバイル決済・デビットカード・プリペイド式クレカ対応)
  • FODプレミアム(モバイル決済・デビットカード・プリペイド式クレカ対応)
  • Hulu(モバイルキャリア決済・専用チケット・PayPal経由のデビットカード対応)

クレジットカード以外に2つ以上の決済方法が存在している人気のVODを集めてみました。

特徴などを順番にご紹介していきたいと思います。

U-NEXT

最初にご紹介するのは総合的なサービスの充実度ならNo.1のVOD『U-NEXT』です。

全12万作品という配信数の多さから、dTVチャンネルで取り扱っているジャンルの作品もなかなか豊富です。

利用料金は月額1,990円と、今回ご紹介するVODの中で最高額になりますが、金額相当のコンテンツ&サービスで損な気分にはならないはず。

U-NEXTではクレジットカードや大手4社のモバイルキャリア決済の他、『U-NEXTカード』という専用カードによる決済に対応中。

おおきくわけると月額料金用の『見放題カード』とレンタル作品用の『ポイントカード』の2種類があります。

2018年7月からU-NEXTカードがリニューアルしたため、現時点ではそれぞれに新カード(画像:左)と旧カード(画像:右)が存在しているので要注意!

『見放題カード』では新カードの方が120ポイント(120円相当)分お得ですよ。

『ポイントカード』の方は新カードでは540~50,000ポイントの間で自由に設定して購入可能になりました。

必要な分を必要なだけ購入できるので、無駄なく使い切れそうですね。

U-NEXTカードは全国のファミリーマートやドンキホーテ、ヤマダ電機など、購入できる店舗も豊富です。

現金払いでVODを利用したい方やサイトにカード情報を登録したくない方にはピッタリのVODだと言えます。

ただしU-NEXTカードの場合は購入時に料金が必要になり、無料でお試し…というわけにはいかなくなってしまうデメリットも。

Amazonプライム・ビデオ

低価格でVODを利用したい方には、業界最安値の『Amazonプライム・ビデオ』がオススメです。

利用料金は月契約なら月額400円・年契約なら年額3,900円という驚きのリーズナブル価格。

クレジットカードやドコモとauの決済サービスの他に『デビットカード』『プリペイド式クレジットカード』での支払いが可能です。

Amazonのお買い物決済で使えるカードなら利用可能なので、既にAmazonアカウントをお持ちの方ならスムーズに登録できるはず。

Amazonプライム・ビデオといっても、その実はAmazonプライム会員特典のうちのひとつなので、

普段からAmazonを利用している方ならメリット大ですよ!

最近流行の兆しを見せるAIスピーカーAmazon Echo(ALEXA)とも相性バッチリ◎

やはり一番の魅力はその価格の安さなので、VODへの登録を考えている方なら一度はチェックしておくことをオススメします。

FODプレミアム

2018年7月からAmazon Payによる決済が可能になった『FODプレミアム』も、決済方法豊富なVODのひとつです。

利用料金は月額888円と手を出しやすい価格帯ながら、雑誌読み放題や漫画の配信なども行うマルチなサービスが魅力的です。

モバイル決済はドコモとauのみですが、冒頭で簡単にご紹介したようにAmazon Payによる決済が可能になったため、

Amazonに登録できるカード類(クレジットカード/デビットカード/プリペイド式クレジットカード)の利用が可能になりました!

既にAmazonアカウントをお持ちの方ならそのまま使用できるので、登録も簡単です。

FODプレミアムの最大の特徴は、運営が『フジテレビ』ということ。

フジテレビ系作品なら間違いなくFODプレミアムが最強です!

Hulu

近年、海外ドラマに加えて国内ドラマも充実してきた『Hulu』は、VODの中でも決済方法の充実度で言えばトップクラス。

もはや基本とも言えるクレジットカードや4大モバイルキャリアはもちろん、

デビットカードも使える『PayPal』による支払いや『Huluチケット』という専用チケットによる支払いが可能です。

大手コンビニチェーン(セブン、ファミマ、ローソンなど)やWonderGOO、Amazonなどなど、

購入できる店舗はU-NEXTカードよりも多く手に入れやすくなっていますよ!

今回ご紹介するVODの中で唯一月額料金(税込 1,007円)だけで全作見放題のサービスです。

最新作が多少遅くても良いから追加料金ゼロでVODを楽しみたい方にはイチオシのVODですが、

相性が悪いと見るものが無い…という事態にもなりかねないので、有料登録前の無料お試しで見極めてみましょう。

まとめ

dTVチャンネルは31のチャンネルが見放題のインターネットテレビです。

趣味に特化した専門チャンネルが24時間いつでも見放題!

ただし、いつでも好きな作品が視聴できるわけではなく、決済方法も限られている点には要注意。

クレジットカードを持たない方は、他のサービスを検討してみても良いかも知れませんね。