LINEモバイルでiPhoneを使う前に確認しておくべき注意点と使用方法を詳しく解説

おすすめ記事5選
 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『LINEモバイルでiPhoneを使う前に確認しておくべき注意点と使用方法を詳しく解説』

格安SIMの中でもLINEヘビーユーザーの方に人気が高い『LINEモバイル』は先日2周年を迎え、うれしいキャンペーンを実施中!

絶好調なLINEモバイルですが、

使い慣れたiPhoneでLINEモバイルに乗り換えたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

iPhoneといえばたくさんの種類が出ているけどシリーズによって使える・使えないはあるの?

いろんなキャリアから出ているけど同じ型番ならどのiPhoneも同じ?

など、iPhoneならではの疑問も浮かんできます。

更に料金のことや通信速度など、キャリアから格安SIMに乗り換える時の心配ごとも尽きませんよね。

そこで、LINEモバイルで使えるiPhone一覧などLINEモバイルでiPhoneを使うにあたって確認すべき注意点をまとめました!

心配ごとや疑問を綺麗さっぱり解決して、気持ちよくLINEモバイルに乗り換えてみませんか?

LINEモバイル

そもそもLINEモバイルでiPhoneは使用可能なの?動作確認済みiPhone一覧

さっそくですが、LINEモバイルでiPhoneは使えるのか?という疑問から解消していきましょう。

こちらの答えはずばり『YES』です!

使えるiPhoneはこちらの通り。

LINEモバイルで使用可能なiPhone
  • iPhone 5  … SIMフリー版・ソフトバンク版
  • iPhone 5c … SIMフリー版・ドコモ版
  • iPhone 5s  SIMフリー版・ドコモ版・ソフトバンク版
  • iPhone 6 … SIMフリー版・ドコモ版・ソフトバンク版
  • iPhone 6 Plus … SMフリー版・ドコモ版
  • iPhone 6s … SIMフリー版・各3大キャリア版
  • iPhone 6s Plus … SIMフリー版・各3大キャリア版
  • iPhone 7 … SIMフリー版・各3大キャリア版
  • iPhone 7 Plus … SIMフリー版・各3大キャリア版
  • iPhone 8 … SIMフリー版・ドコモ版・ソフトバンク版
  • iPhone 8 Plus … SIMフリー版・ドコモ版・ソフトバンク版
  • iPhone SE … SIMフリー版・各3大キャリア版・Y!mobile版
  • iPhone X … SIMフリー版・ドコモ版・ソフトバンク版
  • iPhone XS … SIMフリー版・ドコモ版・ソフトバンク版
  • iPhone XS Max … SIMフリー版・ドコモ版・ソフトバンク版

既にiPhone利用中の方ならお手持ちの機種が該当している方も多いのではないでしょうか。

ドコモ版の場合はSIMロックを解除せずそのまま使うことができますよ!

ちなみにLINEモバイルでもiPhone SE 32GBなら契約時限定で購入可能です。

なお、以下のケースではSIMロックを解除する必要があります。

SIMロック解除が必要な例
  • auで購入したキャリア版iPhoneをLINEモバイルで使いたい
  • ドコモで購入したキャリア版iPhoneをLINEモバイルのソフトバンク回線で使いたい
  • ソフトバンクで購入したキャリア版iPhoneをLINEモバイルのドコモ回線で使いたい

auの方はSIMロック解除が必須で、ドコモ・ソフトバンクの方は場合によっては必要です。

SIMロックを解除するにはいくつかの条件があるので、

詳しくはキャリアのWEBサイトか以下の記事から条件を確認しておきましょう!

LINEモバイルにSIMを変更すると月額・年額これだけ支払いが異なる

大手キャリアからLINEモバイルに乗り換えると安くなるのはわかっているけれどどれくらい安くなるかはよくわからないという方も多いはず。

そこで3大キャリアとLINEモバイルのプランの支払い額を比較してみました!

LINEモバイル

ドコモからLINEモバイルに乗り換えた場合

まずはドコモからLINEモバイルに乗り換えた場合から検証していきましょう。

結論から先に言えば、ドコモの最小プランに合わせて比較した場合で毎月2,980円お得になりますよ!

比較に使用したドコモのプラン内訳はこちらの通りです。

最安値ベースなので、ベーシックパックの1番コンパクトなデータ量の場合で比較しました。

音声通話についてもかけ放題などのオプションをつけない、一番シンプルなパターンです。

以上のドコモプランに一番近いLINEモバイルのプランはこちらの通り。

LINEモバイルの一番コンパクトなプランが『LINEフリープラン』で、こちらはデータ量が1GB限定のプランです。

LINEフリープランではLINEで使用する通信量が消費量としてカウントされないため、

例えばLINEで動画や写真を送受信しまくっても長時間のビデオ通話を頻繁に行ってもデータ量のカウントはゼロ!

同じ1GBでもドコモのプランよりちょっぴりお得に感じるのではないでしょうか。

毎月2,980円節約になるということは、年額にすると35,760円の節約に繋がります!

2~3年程度で端末1台分の節約に繋がると思うとものすごくお得に感じませんか?

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

auからLINEモバイルに乗り換えた場合

次はauからLINEモバイルに乗り換えた場合を検証していきましょう。

auの最小プランに合わせて比較した場合で毎月1,780円お得になる結果になりました。

比較に使用したauのプラン内訳はこちらの通りです。

auの場合は音声通話が含まれた価格なので既にめちゃくちゃリーズナブルなのですが、LINEモバイルは更にリーズナブルです。

LINEモバイルで比較したプランはドコモと比較した際と同じ『LINEフリープラン』です。

元々リーズナブルなauでも毎月1,780円の節約になるのは嬉しいですよね!

auの場合は年額にすると21,360円の節約になります。

LINEモバイルには10GBまでのプランが用意されているので、

長時間の音声通話をせず1GB~13GB程度の通信量で足りている方なら確実にLINEモバイルの方がお得になりますよ!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えた場合

最後はソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えた場合を検証していきましょう。

ソフトバンクの最小プランに合わせて比較した場合は、3大キャリアでトップの毎月3,580円お得になる結果になりました。

比較に使用したソフトバンクのプラン内訳はこちらの通りです。

ソフトバンクの場合は通話の基本料金がやや高めのため、最安値のプランでもそれなりの価格になってしまいます。

通話を重視していない方にとっては通話に高めの料金を払うのは抵抗感がある方も多いのではないでしょうか。

LINEモバイルで比較したプランはやはり他2社同様に『LINEフリープラン』です。

LINEモバイルのプランは音声通話つきSIMを選択すれば通話基本料金が含まれた料金になっています。

そのため通話料金の支払いは一般的な従量制の通話料金のみでOKです。

元々のプラン料金が高いだけあってソフトバンクの場合は年額にすると42,960円の節約になります。

ここまで節約できるとなると旅行に1回行けるレベルですよね(笑)

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル

LINEモバイルと大手キャリアの通信速度ってどれくらい違う?

実際に乗り換えるとなるとやはり気になるのはその通信速度ではないでしょうか。

格安SIMはLINEモバイルに限らず遅くなるっていうけど本当?

という疑問を抱えている方も多いですよね。

ということで、LINEモバイルと3大キャリアの通信速度も比較検証してみましたよ。

LINEモバイルと大手キャリアの通信速度を比較!

帰宅後にゆっくりスマホタイム…というのを想定して、

大体19~20時頃のLINEモバイルや大手キャリアの通信速度を比較してみました。

LINEモバイルの結果は筆者のiPhone SEを使ってテストしてみました。

下り(データ受信)…2.31 Mbps
上り(データ送信)…19.71 Mbps

果たしてこの結果は3大キャリアと比較してどうなのでしょうか?

順番に3大キャリアの通信速度を見ていきましょう。

なお、3大キャリアの結果はTwitterで実際に利用している方の声を参考にさせていただきました。

ドコモの結果はこちらの方。

下り(データ受信)…150 Mbps
上り(データ送信)…9.52 Mbps

150Mbpsもあれば高画質動画の視聴はもちろんアプリのダウンロードもサクサクできそうです。

そしてauの結果はこちら。

下り(データ受信)…45.40 Mbps
上り(データ送信)…8.12 Mbps

画像が2つありますが、左の画像がauの回線速度です。

ドコモほどではありませんが、それでもかなり速く感じますね。

最後はソフトバンクの結果はこちら。

下り(データ受信)…27.9 Mbps
上り(データ送信)…16.0 Mbps

ちょっと比較しづらいので比較用のグラフを用意してみました。

通信速度比較の結果グラフはこちら!

え!? やっぱりLINEモバイルって超遅いじゃん!

なんて思いましたか?

残念ですが、やはり大手キャリアと同レベルの速度を維持できるというわけにはいきません…

これはLINEモバイルに限らず多くの格安SIMに言えることでもあります。

そもそも通信速度ってどれくらいあればいいの?

でも本当にLINEモバイルの速度では遅くて困ってしまうのでしょうか?

LINEモバイルにもメリットはたくさんあるので、

目安がないのに『キャリアより遅い』という理由でその判断をするのはとても勿体無いです。

よく利用しがちな使用用途ごとに必要になる通信速度をまとめてみたのでまずはこちらをご覧ください。

主要な使用用途に必要な通信速度の目安
  • テキストメッセージのやりとり
    0.2Mbps(通信制限中レベル)
  • WEBページの閲覧
    0.5~1Mbps(画像が多いほど早い方が良い)
  • 動画の視聴・ライブ配信
    1~3Mbps(高画質なほど早い方が良い)

体感としては大体1Mbps以上あれば『普通』3Mbps以上で『サクサク』という認識で大体OKです。

もちろん速ければ速いほど快適になりますよ。

結局、LINEモバイルの通信速度は速い?遅い?

通信速度の目安がわかった所で、LINEモバイルの通信速度は実際に速いのか? 遅いのか?

という疑問が沸いてきます。

筆者が実際に使用してみて感じた答えは、普通に使用する分にはまったく問題ないということです。

速度が出にくいと言われる20時頃でも以上のような結果が出ていましたし、

20時頃にYouTubeで動画を見ていても一切止まることなくスムーズに視聴できます。

もちろんアプリのダウンロード速度も問題ありませんでした。

数字で見るとキャリアよりかなり遅く感じますが実際に使ってみると違和感もなく快適に利用できることがわかります。

それでいて料金はかなり節約になるのでかなりお得だと実感できました。

とはいえ全体的な速度で見れば遅くなってしまうことは間違いありません。

電波が弱い場所や混雑時の最大速度に関してはやはり大手キャリアが強いことは覚えておきましょう。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル

LINEモバイルと大手キャリアから変更する際に必ず確認しておくべき注意点まとめ

LINEモバイルは確かに安くて便利でオススメ間違いなし!の格安SIMなのですが、大手キャリアからの乗り換えにはいくつか注意が必要です。

最後に大手キャリアからLINEモバイルに乗り換える時に気をつけておきたいポイントをまとめてみました。

大手キャリアからLINEモバイルに乗り換える際の4つの注意点
  • かけ放題プランが使えなくなる
  • キャリアメールアドレスが使えなくなる
  • LINEモバイルはドコモ回線とソフトバンク回線
  • 音声つきプランは1年縛り

乗り換える前に目を通して必ず確認しておくようにしましょう。

注意① かけ放題プランが使えなくなる

通話をメインにしている方は要注意!

LINEモバイルに乗り換えるとかけ放題プランが使えなくなります。

一応『10分電話かけ放題』というオプションがあるので短時間の通話がメインの方はこちらのオプションがお得です。

ちなみにLINEモバイルの通話料金ですが、『いつでも電話』というアプリを利用すれば30秒10円で通話ができます。

この価格は一般的な格安SIMの通話料の半額

大手キャリアの通話料の半額でもあります。

頻繁に通話をしない方でもインストールしておくときっと役に立つはず。

注意② キャリアメールアドレスが使えなくなる

LINEモバイルに乗り換えるということはキャリアの契約を解除するということなので、

キャリアのメールアドレスが使えなくなります。

@docomo.ne.jpや@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpなどのメールアドレスがキャリアメールアドレスです。

iPhoneだとキャリアメールアドレスを使っている方は少ないかも知れませんが、

もし積極的に使っている場合には乗り換え前にメールアドレス変更をしておくことをおすすめします。

LINEモバイルに独自のメールアドレスはないのでどちらにしても乗り換え前にフリーメールアドレスを用意しておきましょう。

注意③ LINEモバイルはドコモ回線とソフトバンク回線

LINEモバイルはドコモ回線とソフトバンク回線が提供されている格安SIMです。

元々ドコモやソフトバンクを利用している方が同じ回線に乗り換える場合や、

乗り換え時に新しくSIMフリーのiPhoneを購入する方はなんの問題もありません。

しかし気をつけたいのは『auユーザー』と『ドコモ→ソフトバンク回線』『ソフトバンク→ドコモ回線』の方です。

本体に設定されている対応周波数が異なるため、『混雑時や山間部での繋がりにくさ』を感じることが増えるかも知れません。

ただしまったくつながらないということはなく、普通に電波が入るような場所であれば問題なく使えます。

人の多い所で使うことが多い方や山間部で使うことが多い方は、

素直に新しくSIMフリー端末を購入した方が問題無く利用できるシーンが多いかもしれません。

注意④ 音声つきプランは1年縛り

実はLINEモバイルの音声つきプランは1年間の契約縛りが存在しています。

期間内に解約したりMNP転出したりすると解約手数料 9,800円(税抜き)が発生してしまうんです。

ただし1年経過すればその後は解約手数料なしでいつでも解約できますよ!

大手キャリアのように契約月でなければ解約手数料がかかるということはありませんので安心して下さいね。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

まとめ

LINEモバイルに乗り換えるとスマホ代の節約になること間違いなし!

筆者の体感では電波に関しても申し分ないと感じます。

乗り換えの際には気をつけておきたいことが何点かあるので、事前によく検討した上で申し込みましょう。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル