iPhone7を本当に格安で購入する方法は格安SIMのLINEモバイルが最高におすすめ

おすすめ記事5選
 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『iPhone7を本当に格安で購入する方法は格安SIMのLINEモバイルが最高におすすめ』

先日iPhoneXsが発売されてさらなる値下げが話題になっているiPhone7。

これは間違いなく『買い』のチャンスですよね。

しかし値下げされたと言っても安い買い物ではありません。

iPhone7を一番安く手に入れられる方法があればもちろんその方法で手に入れたいはず。

iPhone7の購入方法はいくつかありますよね。

一番メジャーなのは『大手キャリアでの契約&購入』ですが、『AppleストアでSIMフリー版を購入する』という手段もありますよ。

SIMフリー版のiPhone7には自分でSIMカードを用意しなければいけませんが、そこでおすすめしたいのが『LINEモバイル』なんです。

えっどういうこと???

と疑問に感じると思いますので、

今回はiPhone7をとにかく『格安』に購入する方法は格安SIMのLINEモバイルがおすすめの理由にを解説していきます!

LINEモバイル

目次

iPhone7を購入するにはどんな方法がある?LINEモバイルで買える?

まず一番重要になる、iPhone7を購入するにはどんな方法があるのかを確認しておきましょう。

iPhone7を購入する方法 3パターン
  • 大手キャリアで回線契約と一緒に購入する
  • Appleストアで購入する
  • 中古ショップやオークションで中古品を購入する

なんとなくイメージがつくと思いますが、今回はAppleストアで購入する方法をおすすめしています。

その理由を、それぞれの購入方法の特徴を踏まえて詳しくご紹介していきますね。

大手キャリアで回線契約と一緒に購入する

一番メジャーな方法だと思われるのが大手キャリアで回線契約と一緒に購入する方法です。

ドコモなどのキャリアの店頭やWEBショップでiPhone7を購入することですね。

この方法のメリットは『2年縛り』など契約期間を設けることで端末料金を分割割引してくれるというところ。

しかし大きなデメリットは、キャリアのプランを契約することが前提なので月々の支払いが高額になりがちです。

また、契約期間内の解約には違約金も発生します。

Appleストアで購入する

今回おすすめしたい方法はAppleストアで購入する方法です。

Appleストアの実店舗で購入できるiPhone7は各大手キャリア版とSIMフリー版の2種類があります。

各大手キャリア版はキャリアプランで契約する方向けで、SIMフリー版は格安SIM利用を考えている方向けです。

Appleストアが近くに無い方はオンラインストアでも購入できますが、この場合はSIMフリー版のみとなっています。

でも大丈夫!

今回おすすめしたいのはSIMフリー版のiPhone7です。

わざわざ実店舗まで出向かなくてもオンラインストアから注文すれば数日以内には手元に届きます。

中古ショップやオークションで中古品を購入する

最後は中古ショップやオークションで中古品を購入する方法ですが、こちらはあまりオススメできません。

特に初心者でiPhoneの知識に疎い方は出来る限りやめた方が良い方法だと感じます。

というのも、中古品の場合は選ぶ時に注意すべきポイントがあったりするので初心者が1人で選ぶと失敗するリスクが高いのです。

大手中古ショップなどでスタッフのサポートもある上で端末を選び、保証もしっかりしているのであればまだ良いのですが

ネットオークションやフリマアプリなどでは信用できない相手である可能性があったり

詐欺に遭うことも考えられるのでなかなか難しい方法と言えます。

LINEモバイルと大手キャリアでiPhone7を購入し使用した際の月額料金と総金額を徹底比較!

なぜSIMフリー版iPhone7でLINEモバイルと契約するのが格安でおすすめなの? キャリアプランの方が割引されてお得でしょ?

と思う方も多いはずですよね。

ところが、最終的な支払額を見ればその答えがすぐにわかるはず。

LINEモバイルと大手キャリアでiPhone7を購入して使用した時の月額料金と総支払額を比較した結果をご紹介します!

iPhone7には32GBと128GBがありますが、今回は32GBをモデルに計算しています。

128GBについても金額は違っても『お得』という結果は変わらないので参考にしてみてくださいね。

ドコモでiPhone7を購入×最安プランの総額は?

まずはドコモでiPhone7を購入し、最安プランで使用する場合の金額から見ていきましょう。

ドコモの最安値プランはデータ使用量に応じて料金が変化する『ベーシックパック』で、

一番コンパクトな1GBを利用したケースです。

この場合、月々の支払いはこのような形になります。

大手キャリアだと審査もいらずに分割払いにできるので1ヶ月の負担が少なくて済みます。

なので『安く購入して安く使えている』という風に勘違いしやすいのですが、

その端末料金が定価より高くなっている可能性は考えたことはありますか?

本体料金の支払いを終えた時の総額を見ればご理解いただけるはずです。

ドコモの最安プランでiPhone7を購入した際の総額
  • プラン料金 月額1,517円 × 24回 = 合計36,408円
  • 端末料金 月額3,429円 × 24回 =合計82,296円

総額 118,704

月々サポートによってプラン料金がかなり抑えられましたが、

その一方で端末料金は定価(税込54,864円)よりもかなり高額になっているのがわかります。

その結果、iPhone7を購入して2年間使用した総額は約12万円近い出費になってしまいます。

auでiPhone7を購入×最安プランの総額は?

次はauでiPhone7を購入し、最安プランで使用する場合の金額も見ていきましょう。

……と言いたい所なのですが、残念ながらauではiPhone7の販売を終了しています。

稀に店舗に在庫があることもあるとは思いますが、

オンラインから誰でも購入できる状況ではないため今回は割愛させていただきます。

逆に言えばauユーザーの方はiPhone7を購入できなくなった今こそ格安SIMに乗り換えるタイミングとも言えるので、

ぜひ最後までお付き合いいただけると幸いです。

ソフトバンクでiPhone7を購入×最安プランの総額は?

続いてはソフトバンクでiPhone7を購入し、最安プランで使用する場合の金額を見ていきましょう。

ソフトバンクもドコモ同様に最安値プランはデータ使用量に応じて料金が変化する『データ定額ミニモンスター』で、

こちらも最小値である1GBを利用したケースです。

月々の支払いはこちらの通りです。

ソフトバンクでiPhone7を最安購入するためには、

『48回分割払いにする代わりに25ヶ月目以降に機種変更すれば残額は支払わなくてOK!(最安で半額)』

という制度を利用する必要があります。

安くはなるものの次もソフトバンクの端末に機種変更するのが絶対条件になってしまい、

しかも25ヶ月以上する場合にはそのまま払い続けなければいけないのでこの場合はあまりメリットがありません。

今回はあくまでも『最安値』を基準にしたので、この制度を利用した価格で計算してみました。

ソフトバンクでは本体料金の支払いが免除になるタイミングでの総額を見ていきましょう。

ソフトバンクの最安プランでiPhone7を購入した際の総額
  • プラン料金 月額3,218円 × 12回 = 合計38,616円
  • プラン料金 月額4,298円 × 12回 = 合計51,576円
  • 端末料金 月額1,830円 × 24回 =合計43,920円

総額 134,112

ドコモと比較するとプラン料金が高めであるため、なんと総額は13万円を超える価格になってしまいました。

もちろんソフトバンクのプランには高めである理由があり、メリットは別にあるのですが、

『iPhone7を安く購入し、安く使いたい』という需要には応えられません。

AppleストアでiPhone7を購入×LINEモバイル最安プランの総額は?

それでは最後にAppleストアでiPhoneを購入し、LINEモバイルの最安プランで使用する場合の金額を見ていきましょう。

今回はLINEモバイルのプランの中からキャリアからの乗り換えやすさを考え、

音声通話つきの最安プランである『音声通話つき LINEフリープラン』を選択しました。

音声通話つきのプランは1年間の契約期間が設けられているため1年間利用した場合の金額を見ていきましょう。

確かにソフトバンクに比べると端末代金は高いのですが、

『あれ? 思ったより高くないかも?』と感じた方も多いのではないでしょうか。

特筆すべきはやはりプラン料金の安さ!

あれだけ割引されたドコモを下回る価格は素直に『安い!』ですよね。

LINEモバイルの支払総額の安さは、端末代金を支払終えた時の総額を並べて見ると一目瞭然です。

とにかく安くiPhone7を利用したいなら大手キャリアで契約するよりも

Appleストアで購入したiPhone7をLINEモバイルで契約する方が結果的に安く済むということが

おわかりいただけたのではないでしょうか。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル

星の数だけある格安SIM会社の中でもなぜLINEモバイルがおすすめなのか!

iPhone7はAppleストアで購入した方が安く済むのはわかったけれど、それなら別にLINEモバイルでもいいんじゃないの?

という疑問が浮かんだ方もいるのでは。

今や格安SIMはメジャーなサービスになりつつあり、提供している会社の数もたくさんあります。

そんな格安SIMの中でもLINEモバイルがおすすめの理由はこんな特徴があるからなんです!

LINEモバイルの4つの特徴
  • 全プランにデータフリー(使い放題)を採用している
  • LINEの年齢認証がパスできる(ID検索が使える)
  • クレジットカードがなくても契約できる
  • LINE Payカードで決済すれば最大3%のポイント還元

以上の特徴を見ると特にLINEヘビーユーザーにおすすめできる格安SIMと言えます。

それぞれの特徴についてもう少し詳しくご紹介していきますね。

全プランにデータフリー(使い放題)を採用している

LINEモバイルの最大の特徴といえば様々なSNSのデータフリー(使い放題)を採用したプラン展開をしているということです。

中でも『LINE』は全プランでデータフリーの対象になります。

LINEのトークでのメッセージ・画像・動画のやりとりはもちろんのこと、

音声通話やビデオ通話のデータ通信量のすべてをカウントせずいつでも高速回線で利用することができます。

LINE以外には

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • LINEミュージック

プランによって対象は異なりますが、最大で以上の4種類のサービスがデータフリーの対象に指定されています。

SNSでは意識せずにデータ通信量を消費していることも多いですがこれなら安心してSNSを利用できますね。

頻繁にLINEやSNSを利用する方にとってはかなりお得なプラン展開になっています。

LINEの年齢認証がパスできる(ID検索が使える)

LINEモバイルの特徴2つ目は、LINEの年齢認証がパスできるということ。

LINEモバイルはその名の通りLINEが提供している格安SIMです。

そのため様々な所でLINEと連携を取って便利なサービスを提供してくれます。

LINEモバイルに契約する際に年齢などの確認は済ませてあるので

LINEにログインする時にLINEモバイルの利用コードを認識させれば年齢認証をパスできるのです!

これはかなり便利!

この点は他の格安SIMには今のところ絶対にできないサービスなので、

『格安SIMを使いたい』『ID検索を使いたい』を両立させるために選ぶべき格安SIMはLINEモバイル一択というわけです。

クレジットカードがなくても契約できる

先ほど『LINEと連携を取って便利なサービスを提供する』と言いましたが、

支払方法にもこの便利な連携が取れるためLINE Payによる支払いが可能になります。

LINE Payは銀行口座のようなオンライン決済サービスなので、年齢制限や審査がありません。

『クレジットカード決済しかできない』という格安SIMサービスも多い中、LINEモバイルならではの嬉しいサービスです。

LINE Payカードで決済すれば最大3%のポイント還元

LINEモバイルでは支払方法にかかわらず支払額の1%のLINEポイントが貯まります

これだけでもLINEユーザーにとっては結構嬉しいサービスですが、

実は支払方法をクレジットカードに指定してLINE Payカードでの支払いにすると

LINE Payカードのポイント還元も同時に受け取ることができるんです!

つまり、

  • 毎月のポイント還元1%
  • LINE Payカード支払いによるポイント還元0~2%

以上の合計最大約3%のポイント還元が実現します。

LINE Payカードのマイカラー次第ではありますが、ここまでポイント還元率が高い格安SIMはなかなかありませんよね。

貯まったLINEポイントはLINE Pay残高にチャージして支払いに当てても良いですし換金してお小遣いにしてもOKですよ。

LINEモバイルの支払いはLINE Payカードがおすすめです。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

iPhone7でLINEモバイルを使用・乗り換えする際の注意点はなに?

おそらくこちらの記事をご覧になっている方の殆どがAndroidスマホを利用しているのではないでしょうか。

AndroidからiPhoneに乗り換える時は注意したいことがいくつかあります。

AndroidからiPhoneに乗り換える際の2つの注意点
  • アプリのデータは引き継げないことがある
  • Apple Payに対応していない電子マネーが使えない

更に、大手キャリアのプランからLINEモバイルに乗り換える時にもいくつかの気をつけたいことが。

大手キャリアからLINEモバイルに乗り換える際の3つの注意点
  • キャリアで契約しているプランや機能が使えなくなる
  • 乗り換え時期によっては解約金が発生する
  • 音声通話つきプランは1年間の契約期間が決められている

以上、全部合わせて5つの注意点について詳しく解説していきますね。

アプリのデータは引き継げないことがある

AndroidとiPhone7では、スマホを動かす仕組みである『OS』がまったく異なります。

そのため、今利用中のアプリのデータは引き継げないことがあります

アプリのセーブデータやログなどは外部に保存したりSNSと同期することで維持できるものも多いのですが

課金したアイテムや買い取ったアプリは引き継ぎ不可能の場合も多いです。

中には無課金で集めたアイテムに関しても引き継げないものもあるようです。

LINEコインやツムツムのルビーなどに要注意!

いろんな所で課金アイテムを購入している方も多いと思います。

AndroidからiPhone7に乗り換える際は、

『アプリ名 引き継ぎ AndroidからiPhone』

などで検索して引き継ぎできるもの・できないものについての情報を調べておきましょう。

引き継ぎ前にかならず確認しておかないと、悲しい思いをすることになりかねません。

乗り換え前にすべての引き継げないアイテムを使い切っておくことをおすすめします。

Apple Payに対応していない電子マネーが使えない

iPhone7からApple Payが誕生し、Suicaが使えるようになったことが大きな話題になりましたね!

しかし実はこのApple Payですが、意外と対応していない電子マネーが多いのが難点…

nanacoやWAON、楽天Edyといったメジャーどころの電子マネーでも対応していません。

これらをAndroidアプリで管理しながら利用している場合にはスマホで使えなくなってしまうのでご注意を!

キャリアで契約しているプランや機能が使えなくなる

LINEモバイルに乗り換えるということは、キャリアの契約を解約するということです。

キャリアで契約しているプランや機能はすべて使えなくなるので注意しましょう。

例えば

  • かけ放題プラン
  • 留守番電話や割込通話などのオプション
  • キャリアのメールアドレス

などは利用中の方も多いサービスです。

留守番電話や割込通話はLINEモバイルにも有料オプションがあるので必要な場合はプランに組み込みましょう。

乗り換え時期によっては解約金が発生する

キャリアで契約しているプランには契約期間が設けられているものも多くあります。

その場合、契約更新月以外での解約は解約金や違約金が発生することがあります。

キャリアや契約しているプランによって契約期間や解約金が異なるので、

乗り換え前にキャリアのWEBページなどから確認しておきましょう。

音声通話つきプランは1年間の契約期間が決められている

LINEモバイルの音声通話つきのプランは1年間の契約期間が定められています。

契約期間内の解約やMNP転出は解約手数料 9,800円(税抜)が発生します。

ただし1年経過すればその後は解約手数料なしでいつでも解約OK!

更新月などはないので安心してくださいね。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル

iPhone7でLINEモバイルを使用する為の設定などの全部の流れをご紹介!

最後に実際にLINEモバイルでiPhone7を使用するための設定方法などすべての流れをご紹介したいと思います。

簡単な流れは以下の通りです。

LINEモバイルでiPhone7を使用するための4ステップ
  1. AppleストアでiPhone7を購入する
  2. MNP転出手続き(MNP予約番号を取得)をする
  3. LINEモバイルに申し込む
  4. iPhone7のAPN設定をする

それでは以上の流れを詳しくご紹介していきますね。

AppleストアでiPhone7を購入する

まずはAppleストアでiPhone7を購入しましょう。

実店舗に行っても良いのですが、店舗数も多くないため近くにないという方も多いはず。

オンラインストアが便利でおすすめですよ。

自分に合った容量とお好みのカラーを選んで購入しましょう。

通常であれば2~3日以内には手元に届くはずです。

MNP転出手続き(MNP予約番号を取得)をする

電話番号をそのまま使い続けたい方は現在契約中のキャリアでMNP転出手続きをする必要があります。

音声通話つきプラン以外を希望の方や新しい電話番号を取得したい方はMNP転出手続きをする必要はありませんよ!

MNP転出手続きをする方法
  • 実店舗の窓口で依頼する
  • 電話で依頼する
  • WEBから申し込む(一部キャリア・機種限定)

MNP転出手続きは以上の3種類の申し込み方法があります。

申し込んだその日のうちに手続きは完了できるのでタイミングを見つけてササッと済ませてしまいましょう。

各キャリアの詳しいMNP予約番号の取得方法は以下の記事でご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

LINEモバイル

LINEモバイルに申し込む

いよいよLINEモバイルへの申し込みです。

MNP予約番号を使ってLINEモバイルに申し込む時は10日以上の有効期限が残っている必要があります。

MNP予約番号を取得したらできるだけすみやかに申し込みの手続きを開始しましょう。

LINEモバイルに申し込む方法

一番お得なのはLINEモバイルユーザーに招待してもらう方法ですが、

身の回りにLINEモバイルユーザーがいない方もいるのではないでしょうか。

そこで誰にでもおすすめできるのはエントリーパッケージを購入する方法です。

通常LINEモバイルへの申し込みは事務手数料として3,000円かかるのですが、エントリーパッケージなら990円でOK!

LINEモバイルを取り扱っている実店舗かAmazonなどのオンラインストアから購入できますよ。

デメリットは郵送に時間がかかるということ。

それでも3,000円が990円になるのは結構大きなメリットではないでしょうか。

急ぎでない方はエントリーパッケージからの申し込みがオススメです。

エントリーパッケージの購入方法や申し込み方法は以下の記事を参考にしてくださいね!

iPhone7のAPN設定をする

LINEモバイルへの申し込みが完了してSIMカードが手に入ったら、iPhone7のAPN設定をしましょう。

APN設定とはiPhone7でLINEモバイルの電波を拾うための本体の設定のことです。

iPhone7でAPN設定をするためにはWi-Fiを利用してインターネットに接続する必要があります。

自宅にWi-Fi環境がない場合ここが大きなハードルになりますが最近はフリーWi-Fiスポットも増えたので意外と簡単にクリアできるはずです。

以下の記事ではiPhone7でのAPN設定の方法やフリーWi-Fiスポットの探し方についてご紹介しています。

手順通りに進めれば簡単に完了しますよ!

まとめ

iPhoneXsが発売になって更にお買い求めやすくなったiPhone7。

まさに今がお買い物のチャンスかもしれません。

iPhone7を一番安く手に入れるならAppleストアとLINEモバイルの組み合わせがとってもおすすめです。

この機会にLINEモバイルへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル