iPhoneSEを本当に格安で購入する方法は格安SIMのLINEモバイルが最高におすすめ?

おすすめ記事5選
 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『iPhoneSEを本当に格安で購入する方法は格安SIMのLINEモバイルが最高におすすめ』

iPhoneXsが発売になり、ついにAppleストアからiPhoneSEが姿を消してしまいました。

やっぱりあのコンパクトなフォルムとイヤホンジャックが好き!

という根強いiPhoneSEファンは多いのではないでしょうか。

これからiPhoneSEを購入するつもりだったのに、忙しくて放置していたら販売終了してしまって今とっても困っている…

なんていう方もまだまだいると思います。

でも実はiPhoneSEを購入する方法があるんです!

Appleストアで購入することができなくなってしまった今、iPhoneSEを一番お得に購入するならLINEモバイルからの購入がオススメです。

今回はその理由や料金の比較などをご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

LINEモバイル

目次

iPhoneSEを購入するにはどんな方法がある?LINEモバイルで買える?

まずはiPhoneSEを購入する方法を確認しましょう。

Appleストアでの販売が終了してしまった今、iPhoneSEを購入する方法は以下の3通り存在します。

iPhoneSEを手に入れる方法
  • 大手キャリアの回線契約と一緒に購入する
  • 格安SIMの回線契約と一緒に購入する
  • 中古ショップやオークションで中古品を購入する

この時点では『安全性と安さを考えたら大手キャリアが一番いいんじゃないの?』と考えている方が多そうですね(笑)

しかし今回おすすめしたいのは格安SIMの回線契約と一緒に購入する方法です。

その理由も含めてそれぞれの購入方法の特徴などを簡単に解説していきますね!

大手キャリアの回線契約と一緒に購入する

おそらく多くの方がイメージするiPhoneSEの購入方法といえば大手キャリアの回線契約と一緒に購入する方法ではないでしょうか。

ドコモなどの大手キャリアの店頭やWEBショップ、家電量販店などで購入する場合がこちらの方法に該当します。

店員さんにおまかせすれば事務手続きをしてもらえるので購入&契約すればその場ですぐ使えたり、

キャリアの端末値引きプランによってiPhoneSEの端末料金が安くなったり、メリットもたくさんあります。

しかしその反面、

キャリアのプランを契約することが前提なのでどうしてもプラン料金による月々の支払いが高額になりがちです。

更に、端末料金を値引きするプランは契約期間が決められている事が多く、契約期間内の解約は違約金が発生します。

格安SIMの回線契約と一緒に購入する

今回一番おすすめしたい購入方法がこちらの格安SIMの回線契約と一緒に購入する方法です。

大手キャリアが最初から大手キャリア用として使用できるように設定された端末なのに対して、

こちらは格安SIMなど大手キャリア以外のSIMカードでも使えるSIMフリー版のiPhoneSEです。

Appleストアで販売されていたのと同じタイプの端末ですね!

格安SIMから回線契約と同時購入すると初期設定を格安SIM会社側で設定してくれることがほとんどです。

端末料金は各社によって異なるものの、

端末を購入する際のサービス面では大手キャリアとそれほど変わらない条件で購入できます。

格安SIMへの乗り換えに『初期設定が難しそう』『自分でやるのは抵抗がある』などとちゅうちょしていた方には特に、

契約と同時にiPhoneSEを購入してしまうのがオススメです!

ただしiPhoneSEに限らず端末を販売していない格安SIMもあるのでご注意ください。

また、端末を販売しているからといってiPhoneSEを扱っているかどうかは別のお話です。

この方法でiPhoneSEを入手するにはLINEモバイルのような『iPhoneSEを販売している格安SIM』を選びましょう!

中古ショップやオークションで中古品をiPhoneSEを購入する

最近勢いを伸ばしつつあるのは中古ショップやオークションで中古品を購入する方法でしょうか。

メルカリ・ヤフオク・楽天オークションなどスマホで簡単に安い中古品が手に入るようになり、選択肢に入れている方も多いかも知れませんね。

しかしこちらの方法は、特にiPhoneの知識があまりない方にはおすすめできません。

中古品の購入には新品を購入する時以上に慎重になる必要があり、

選ぶポイントや気をつけなければいけない点もたくさんあります。

販売価格はピンキリなのでたしかにお買い得なこともあるのですが、

費用に対しての手間や労力を考えると素直に新品を購入した方が良い場合も多いのではないでしょうか。

LINEモバイルと大手キャリアでiPhoneSEを購入し使用した際の月額料金と総金額を徹底比較!

キャリアプランと契約すれば端末料金が安くなるのに、あえて割引の無い格安SIMのLINEモバイルと契約した方が安くなる理由がわからない…

という方も多いのではないでしょうか。

しかし、ここで注目するべきは最終的な支払額なのです!

そう言われてもよくわからないと思うので、

LINEモバイルと大手キャリアでiPhoneSEを購入して使用した時の月額料金と総支払額を比較してみました。

今回は32GBの端末をモデルに計算していますが、128GBの場合でもお得な点は変わらないので参考にしてみてくださいね。

ドコモでiPhoneSEを購入×最安プランの総額は?

まずはドコモでiPhoneSEを購入し、最安プランで使用する場合の金額から見ていきましょう。

ドコモの最安値プランはデータ使用量に応じて料金が変化する『ベーシックパック』で、

一番コンパクトな1GBを利用したケースです。

この場合、月々の支払いはこのような形になります。

いくら24回払いとはいえ月々数百円の支払いで端末購入できるなんて、確かに激安です。

しかし注目すべきはプラン料金の高さ!

一番コンパクトなプランなので、通信量は1GBですしかけ放題などのオプションもつけていません。

それで4,000円を超えてしまうなんて、やっぱり高いと思いませんか?

この支払いを24ヶ月続けて本体料金の支払いを終えた時の総額になるとどうなるのでしょうか?

ドコモの最安プランでiPhoneSEを購入した際の総額
  • プラン料金 月額4,512円 × 24回 = 合計108,288円
  • 端末料金 月額648円 × 24回 =合計15,552

総額 123,840

端末料金は確かに安いのですが、プラン料金の高さが足をひっぱり総額12万円を超える出費になりました。

しかも『iPhoneSEが型落ちして一番安く購入できそう』と考えているなら大間違い!

実はもっと割引がきくiPhone7iPhone8の方が総額で数千円程度安く購入&利用できます。

※2年間使用した場合

いまやレア機種となったiPhoneSEは、激安機種とは言えない存在になっているようですね。

auでiPhoneSEを購入×最安プランの総額は?

auでiPhoneSEを購入し、最安プランで使用する場合の金額を見ていきましょう!

と言いたい所ですが、auのオンラインストアではiPhoneSEの取扱がありません。

まだ在庫がある店舗もあるかも知れませんが、誰でも購入できるオンラインストアの在庫が無いので、

残念ながら今回は『auではiPhoneSEを購入できない』という結論にします。

どーしてもiPhoneSEがほしい!

という方はau以外の大手キャリアや格安SIMへの乗り換えをオススメします。

そんな中でも今回は格安SIMのLINEモバイルを推しています。

その理由は記事の最後で詳しく解説しているので、ぜひ最後まで目を通してくださいね!

ソフトバンクでiPhoneSEを購入×最安プランの総額は?

続いてはソフトバンクでiPhone7を購入し、最安プランで使用する場合の金額はいかがでしょうか。

ソフトバンクでもドコモ同様にデータ使用量に応じて料金が変化する『データ定額ミニモンスター』が最安なので、

こちらも同じく一番コンパクトな1GBを利用したケースで料金を計算してみました。

ソフトバンクで最安でiPhoneSEを購入するなら『半額サポート』を利用して48分割にすることがポイントです。

25ヶ月目以降に機種変更すれば残額が免除されるのですが、

  • 最低12ヶ月以上使う
  • 機種変更時はソフトバンク指定機種から選ぶ
  • 25ヶ月目以降も使う場合は端末料金を払い続ける

このような条件がつけられているため、後のことを考えると『あまり使いたくない』と感じる人もいそうですね。

今回はあくまでも『最安値』を基準にしたので半額サポート適用の上で計算しています。

それではソフトバンクでも本体料金の支払いが免除になるタイミングでの総額を見ていきましょう。

ソフトバンクの最安プランでiPhoneSEを購入した際の総額
  • プラン料金 月額3,218円 × 12回 = 合計38,616円
  • プラン料金 月額4,298円 × 12回 = 合計51,576円
  • 端末料金 月額1,350円 × 24回 =合計32,400円

総額 134,112

割引制度の『1年おトク割』が、その名の通り1年で終了してしまうため、2年目からは支払いが増えます。

その結果総額13万円を超える出費になってしまいました。

また、よく考えていただきたいのが半額(上記価格)で端末総額32,400円という所です。

つまり全額だと64,800円。

ソフトバンクの場合もドコモ同様に旧機種のため割引対象から外れていて高額化してしまっているようです。

LINEモバイルでiPhoneSEを購入×最安プランの総額は?

最後にLINEモバイルから申し込みと同時にiPhoneSEを購入する場合の金額を見ていきましょう。

LINEモバイルの最安プランは『データのみ LINEフリープラン』なのですが、

キャリアから乗り換える方は音声通話つきを検討している方のほうが多いと思います。

なので今回は『音声通話つき LINEフリープラン』を採用します。

LINEモバイルで端末を購入する際は、大手キャリアとは違って一括払いの方がお得に購入できます。

そこで今回は契約時に端末代金を一括払いするパターンで計算しました。

料金をややこしくする割引やキャンペーンなどもなく、非常にシンプルでわかりやすいですよね。

音声通話つきの最低契約期間である1年間利用した場合の金額はこちらです。

LINEモバイルでiPhoneSEを購入した際の総額
  • プラン料金 月額1,296円 × 12回 = 合計15,552円
  • 端末料金(購入時一括払い) = 33,264円

総額 48,816

大手キャリアと比べると半額以下の圧倒的安さなのがわかりますね。

プラン料金が激安なのと、1年経てば手数料0円で解約できるのが大きく影響しています。

ちなみに大手キャリアと同じく2年間使用したとしても64,368円なので、それでもかなり安いです。

全パターンの総額を比較した図を見るとその安さがわかりやすいのではないでしょうか。

このように比較してみるとダントツでお得なのがわかるはずです。

ソフトバンクに比べると1/3程度の価格で購入&利用できるのはかなりお得ですよね。

浮いたお金でプランを充実させれば大手キャリア以上の満足度が得られるかも知れません。

というわけで、一番安くiPhoneSEを購入&利用するのなら

LINEモバイルから契約と同時にiPhoneSEをセット購入するのがオススメ!

ということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル

星の数だけある格安SIM会社の中でもなぜLINEモバイルがおすすめなのか!

Appleストアで購入すればいいなら他の格安SIMでもいいのでは?

という疑問もありますよね。

毎日のようにTVCMや広告で格安SIMを見かける今、あえてLINEモバイルを選ぶ理由には一体どんなメリットがあるのでしょうか?

LINEモバイルをおすすめしたい理由とはこちらの通りです!

LINEモバイルの4つのオススメポイント
  • LINEやSNSがデータフリー(通信量カウントなし)で使える
  • LINEのID検索が使える
  • クレジットカードがなくても契約できる
  • LINEポイントがザクザク貯まる

このように、LINE利用している方なら誰にでもおすすめできる格安SIMなんです。

それぞれのどういったポイントがあるのか、もう少し詳しくご紹介していきますね。

LINEやSNSがデータフリー(通信量カウントなし)で使える

LINEモバイルの最大の特徴はLINEやSNSがデータフリーで使えるということです。

データフリーというのは指定されたサービスの利用については通信消費量としてカウントせず

どんな時でも高速利用できるという超お得な機能のことです。

LINEモバイルでは全プランで『LINE』のデータフリーを採用。

トークからビデオ通話までLINEのデータ通信がいつでも高速回線で利用することができます。

LINE以外には

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • LINEミュージック

以上の4種類のサービスがカウントフリーの対象に指定されています。

毎日のようにチェックするようなSNSばかりですよね。

通信規制がかかってしまってもこのSNSだけはチェックしたい!という方も多いのではないでしょうか。

LINEモバイルなら安心していつでも高速回線で利用できますよ。

LINEモバイルはLINEのID検索が使える

LINEモバイルは『LINE』というだけあってLINE利用者に優しい仕組みが数多く存在します。

LINEモバイルの契約者情報を参照してLINEの年齢認証がパスできるため、ID検索が可能になります!

現時点では他の格安SIMでLINEの年齢確認をクリアすることはできないので、これはかなり嬉しいですよね~。

地味に便利な機能なのでこの点がネックになっていて格安SIMへの乗り換えをためらっているなら、LINEモバイルに乗り換えましょう!

LINEモバイルはクレジットカードがなくても契約できる

こちらもLINE利用者に嬉しいサービスですが、LINEモバイルではLINE Payによる支払いが可能です。

LINE Payとは、LINE独自のオンライン決済サービスのことです。

銀行口座のような感覚なので、年齢制限や審査がありません!

格安SIMでは『支払い方法はクレジットカードのみ』というサービスも多いですが、

これならクレジットカードを持てない&持たない人でも簡単に格安SIMを始めることができますね!

LINEモバイルはLINEポイントがザクザク貯まる

LINE利用者の方にとってもしかしたら目に見えて一番うれしいのはLINEポイントがザクザク貯まることかもしれません。

LINEモバイルでは支払方法にかかわらず支払額の1%のLINEポイントが貯まるようになっています。

貯まったLINEポイントは

  • LINEストアでスタンプ・着せかえ・ルビーなどを買う
  • LINE PayにチャージしてLINEモバイルの支払いにする
  • LINE Payにチャージして現金化する
  • LINEミュージックのクーポンをGETする

などなど、便利で嬉しい使い方ができますよ。

更にポイント還元率を1%から最大3%に引き上げる裏技があるんです!

その裏技とは支払方法をクレジットカードに指定してLINE Payカードでの支払いにすることです。

これでLINE Payカードのポイント還元もプラスで受け取れるので、

LINE Payカードのマイカラープログラムの還元率にもよりますが最高カラーのグリーンなら+2%の

合計最大3%のポイント還元が実現します。

LINEポイントを貯めたい方にはLINE Payカード払いがおすすめです。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル

iPhoneSEでLINEモバイルを使用・契約し乗り換えする際の注意点は?

もしかしたら、こちらの記事をご覧になっている多くの方がAndroidからiPhoneへの乗り換えを考えているのではないでしょうか。

その場合AndroidからAndroidへの乗り換えとは状況が変わってくるため、気をつけなければいけないことがいくつかあります。

AndroidからiPhoneに乗り換える際の2つの注意点
  • アプリのデータが引き継げないことがある
  • おサイフケータイは使えなくなる

更に、大手キャリアのプランからLINEモバイルに乗り換える時にも気をつけなければいけないことがあります。

大手キャリアからLINEモバイルに乗り換える際の3つの注意点
  • キャリア独自のプラン&機能が使えなくなる
  • 乗り換え時期によっては解約金が発生する
  • LINEモバイルの音声つきプランは1年縛り

以上、全部合わせて5つの注意点について詳しく解説していきますね。

アプリのデータが引き継げないことがある

AndroidとiPhoneSEでは、端末の仕組み自体がまるで別物です。

そのため、アプリによっては引き継げないデータが存在していることがあります。

また、Android版のアプリは発表されているけどiPhone版のアプリは存在しないということも。

これは裏技でなんとかできるということではなく、開発者がどれだけ対応してくれているかという点によって変わってくるため、

『アプリ名 引き継ぎ AndroidからiPhone』

などで検索して引き継ぎできるもの・できないものについて調べておきましょう。

これが引き継ぎ出来るならこれもOKでしょ☆
という思い込みは一番してはいけません!

下調べなしに機種変更すると後悔する可能性が高いので要注意です。

残念ですが、引き継ぎ不可能なデータやアプリそのものが存在しない場合は諦めることになります。

スマホのおサイフケータイは使えなくなる?

Androidでおなじみのおサイフケータイを便利に活用中の方はきっと多いですよね。

しかし残念ですがiPhoneSEにはおサイフケータイに準ずる機能が搭載されていません。

特にSuicaやPASMOなど交通系の電子マネーをアプリで管理していた方はちょっと不便な思いをするかもしれません。

しかし、大抵の電子マネーはカードで管理することができます!

iPhoneSEに乗り換えたあとはおサイフケータイで利用していた電子マネーはカードで管理していきましょう。

キャリア独自のプラン&機能が使えなくなる

LINEモバイルに乗り換えることによって、キャリアを解約することになります。

キャリアを解約するとキャリア独自のサービスやプラン機能のすべてが使えなくなります。

  • かけ放題プラン
  • 留守番電話や割込通話などのオプション
  • キャリアのメールアドレス

などは利用中の方も多いため、代替案を考えておく必要があります。

LINEモバイルが対応しているオプションを追加したり、使い勝手の良いフリーのメールアドレスを取得したり、事前に対策をしておきましょう。

乗り換え時期によっては解約金が発生する

キャリアで契約中のプランの中に『このオプションをつけると割引します!』というタイプのものは入っていませんか?

このようなプランは契約期間が設けられていて契約更新月以外での解約は解約金が発生するケースがほとんどです。

まずは自分がどんなプランで契約しているのか、解約金が発生しない期間はいつかなどを調べておいて、

時間に余裕があるなら解約金がかからないタイミングで乗り換えできると良さそうですね!

LINEモバイルの音声つきプランは1年縛り

LINEモバイルの音声通話つきのプランは1年間の契約期間が定められています。

契約期間内の解約やMNP転出は解約手数料 9,800円(税抜)が発生します。

結局解約金がかかってしまうのか~と思ってしまうかも知れませんが、

実はこの契約期間が過ぎてしまえばその後はずっと解約金なしでいつでも解約できます。

勝手に更新されてしまって解約のタイミングを逃した~!

なんてことがないので、安心できますね。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル

iPhoneSEでLINEモバイルを使用する為の設定などの全部の流れをご紹介!

最後にiPhoneSEをLINEモバイルで使用するための設定方法などすべての流れを解説しましょう。

簡単な流れは以下の通りです。

iPhoneSEをLINEモバイルで使用する 4ステップ
  1. MNP転出手続き(MNP予約番号を取得)をする
  2. LINEモバイルで申し込みと同時にiPhoneSEを購入する
  3. iPhoneSEが届いたら利用開始!

それでは以上の流れを詳しくご紹介していきますね。

MNP転出手続き(MNP予約番号を取得)をする

電話番号を引き継ぎたい方は現在契約中のキャリアでMNP転出手続きをしましょう。

なお、データのみ・SMSつきのサービスタイプを希望する場合には必要ありません。

MNP転出手続きは電話から簡単に行なえます。

キャリアによってはWEBから行えることもあるのでやりやすい方法で済ませましょう。

各キャリアの詳しいMNP予約番号の取得方法は以下の記事でご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

LINEモバイルで申し込みと同時にiPhoneSEを購入する

準備ができたらLINEモバイルに申し込みましょう。

MNP予約番号を取得したらできるだけ速やかにLINEモバイルに申し込みます。

なぜならLINEモバイルに申し込む時は10日以上の有効期限が残っているMNP予約番号が必要なためです。

LINEモバイルに申し込む方法
  • 家電量販店などの実店舗から申し込む
  • LINEモバイルのWEBで直接申し込む
  • エントリーパッケージを購入して申し込む
  • LINEモバイルユーザーに招待してもらう

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

費用的に一番安いのはLINEモバイルユーザーに招待してもらう方法なのですが、

周囲にLINEモバイルユーザーがいない方も多いと思います。

そこで誰にでもおすすめしたいのがエントリーパッケージを購入する方法です。

実店舗やWEBでの直接申し込みでかかってしまう事務手数料3,000円が0円になり、

パッケージ料金990円で登録できるため、2,010円もお得ですよ!

LINEモバイル取り扱い店舗が近くになくても、Amazonなどのオンラインストアを使えば誰でも簡単に購入できます。

ただしエントリーパッケージを使った申し込みは郵送の時間がかかる場合があるので、お急ぎの方は直接申し込みがおすすめです。

エントリーパッケージの購入方法や申し込み方法は以下の記事を参考にしてくださいね。

申し込み時には必ずiPhoneSEを購入することをお忘れなく!

ポイントは全部で3つ。

まずは『ソフトバンク回線を選ぶ』ことと『音声通話SIMを選ぶ』こと。

そして『同時購入端末でiPhoneSEを選んで購入』することです。

プランはなんでも良いのですが、以上の3点には十分気をつけて申し込みましょう。

iPhoneSEに限らず同時購入端末は回線申込時にしか購入できないので、最後の確認までお忘れなく!

iPhoneSEが届いたら利用開始!

LINEモバイルへの申し込みが完了してSIMカードが手に入ったら、さっそくLINEモバイルでiPhoneSEを使用開始です!

今回はセット購入しているので面倒な初期設定は必要ありません。

LINEモバイルが設定済みの端末を送ってくれるため設定不要で使用開始できますよ!

iPhoneSEが届いたらそのまま放置しておいても勝手に回線は切り替わるようになっていますが、

届き次第今すぐ回線を切り替えたい方はMNP開通手続きを行いましょう。

MNP開通手続きはLINEモバイルのマイページからいつでも簡単に行なえます。

夜間に手続きをした場合などタイミングによっては翌日から回線が切り替わることもあるのでご注意下さい。

MNP開通手続きの詳細はこちらの記事でご紹介しているので参考にしてみてくださいね。

まとめ

ついにAppleストアでの販売が終了してしまったiPhoneSEですが、

LINEモバイルなら申込みと同時に端末を手に入れることが可能です。

しかも設定済みの端末が届くので面倒な作業も必要ありません。

これからiPhoneSEに乗り換えるなら、LINEモバイルで安く賢く使い始めてみませんか?

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル