iPhoneSEを安く購入できる方法|格安SIMが一番お得に端末を買える会社ランキング

☆お得なキャンペーン情報☆
 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『iPhoneSEを格安で購入できる方法|格安SIMが一番お得に端末を買える会社ランキング』

時代の流れには逆らえず、Appleストアから姿を消した『iPhone SE』

大型化が進むスマホ業界の中で、そのコンパクトなフォルムは販売終了後の今でも根強い人気があります。

iPhoneシリーズの中でも『最もデザイン性に優れている』と評価する人も多いですよね。

大手キャリアや格安SIMなどの在庫から購入するのが一般的になりましたが、即完売のサービスが続出ですぐに購入できなくなってしまいました。

しかし!

今になってiPhone SEの販売が復活してきているのはご存知でしょうか。

残念ながらAppleストアや大手キャリアでは購入できませんが、一部の格安SIMならiPhone SEを購入できるんです。

そこで今回は、iPhone SEが購入できる格安SIMをお得な順番にランキング形式でご紹介!

今からiPhone SEの購入を考えている方は必見です。

iPhoneSEを購入するにはどんな方法がある?

iPhone史上もっとも熱狂的な人気を集めていると言っても過言ではない『iPhone SE』ですが、

惜しまれつつもiPhone Xの発売とともにAppleストアから姿を消しました。

2019年5月現在、大人気のiPhone SEを購入する方法は2通り存在しています。

『iPhone SE』を購入する2つの方法
  • 中古ショップやフリマサイトなどで中古品を購入する
  • 格安SIMで中古品や海外版を購入する

現在iPhone SEを手に入れる方法は以上の2パターンが確実です。

それぞれの方法にメリット・デメリットがあるので、どんな方法なのかを簡単に解説しつつ、ご紹介していきますね!

方法① 中古ショップやフリマサイトなどで中古品を購入する

誰にとっても手軽&身近な方法なのが、中古ショップやフリマサイトなどで中古品を購入するという方法です。

ご近所の中古ショップや、インターネットからならヤフオクやメルカリなどが有名ですよね。

メリット
  • 購入時に特別な資格が要らない(誰でも購入できる)
  • 稀に相場価格を下回る激安価格で手に入る

もっとも大きなメリットは、やはり『手軽さ』ではないでしょうか。

中古ショップならその場で現金購入できますし、フリマサイトはキャリア決済などに対応しているのでクレジットカードがなくてもOKです。

他にも『○○でなければ購入できない』といった制限がほとんど無いので、誰でも購入できます。

運がよければ相場価格を大幅に上回る激安価格でGETできることも。

デメリット
  • 思わぬトラブルに巻き込まれる事がある
  • 相場価格で販売されているとは限らない

確かに誰でも購入できる上に激安品が手に入る可能性はあるのですが、その一方でデメリットはかなり大きいように思います。

特にトラブルに巻き込まれる可能性を考えると、他の方法よりもハードルは高め。

少し考えるだけでもこのようなトラブルが考えられます。

  • 入金したのに商品が届かない
  • 写真では美品だったのに傷ついたiPhoneが届いた
  • アクティベーションロックがかかっていてiPhoneが開けない
  • 赤ロム(料金滞納などでキャリアの遠隔操作で使用停止になっている)端末だった、使用中に赤ロムになった

相手の知識不足で手間を取られる場合や、最初から相手に悪意がある場合は、自分に悪い所がなくてもトラブルに巻き込まれてしまいます。

自分も相手も知識があり、トラブルがあっても対応できる自身がある方ならメリットを活かせるでしょう。

しかし、スマホやiPhoneに関してはまったく知識が無い方には一切おすすめできません。

方法② 格安SIMで中古品や海外版を購入する

もう一つの方法は、格安SIMで中古品や海外版を購入するという方法です。

現在ドコモやauなどのいわゆる『大手キャリア』で携帯電話やスマホを契約している方は、

大手キャリアや大手キャリアの端末を販売している携帯ショップで回線契約と一緒に端末を購入するのが一般的ですよね。

こちらの方法ではその『大手キャリア』の部分が『格安SIM』と呼ばれるサービスに置き換わり、

格安SIMの回線契約と一緒に格安SIMで販売中のSIMフリー版iPhone SEを購入することになります。

ちょっと何言ってるかわからない…という方はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

さて、そんな格安SIMでiPhone SEを手に入れる方法のメリットはこちらです。

メリット
  • 新品が購入できる
  • 格安SIMで契約するので月々のスマホ料金が安い

中古品のiPhone SEを販売している格安SIMもありますが、基本的には新品販売が中心です。

中古品を購入するとなるとどうしても『傷は大丈夫かな?』『端末に変な操作が加わっていないかな?』などが心配ですが、

新品が購入できるならこれらの心配はありませんよね。

また、通信回線契約が大手キャリアではなく格安SIMになるので、月々のスマホ料金も抑えられるんです!

デメリット
  • 一度は格安SIMで契約しなければいけない
  • 海外版である

『格安SIMの通信会社から購入する』という都合上、一度は格安SIMで契約しなければいけないのが最低限の条件です。

また、購入できるiPhone SEは海外版SIMフリー端末であるということも留意しておきましょう。

ただ単に『端末設定で言語を日本語にすればいい』というわけではなく、仕様が異なる上での注意点があります。

海外版iPhone SEを使用する際の注意点は?

安全かつ簡単に新品を手に入れる方法として便利な『格安SIMで海外版を購入する』という方法ですが、

海外版iPhone SEを購入・使用する際の注意点も確認しておきましょう。

主な注意点はこちらの2つです。

海外版iPhone利用上の注意
  • 海外で販売された端末に対応した通信会社でなければ利用できない
  • 通信サービスの端末保証の適用外

どちらも初期設定の時点ではまったく問題ないのですが、使い続ける上で注意しておかなければいけない事ですね。

それでは順番に具体的にどのような所が問題なのか解説しますね。

注意① 海外で販売された端末に対応した通信会社でなければ利用できない

海外版iPhone SEは、当然『海外で販売されている端末』なので、

海外製端末に対応した通信会社でなければ通信を行えないということになります。

一言で『iPhone SE』といっても日本版と海外版では端末に設定された周波数や通信方式が違うんです。

そして、日本国内でも通信会社ごとに周波数や通信方式が違います。

端末と各通信会社が提供している電波の周波数や通信方式が合わない場合は使用できないので要注意!

もちろん海外版iPhone SEを販売している格安SIMでは利用できますが、

それ以外の通信会社の場合は利用できないことがあります。

購入したら即乗り換えたいと思っている方など、iPhone SEのまま他社に乗り換える可能性がある方は、

乗り換え先の通信会社が海外製の端末に対応しているかどうかを確認の上で購入するようにしましょう。

注意② 通信サービスの端末保証の適用外

これは海外版iPhone SEに限った話ではないのですが、

格安SIMでiPhoneを購入する際は通信会社独自の端末保証の適用外になるケースが多いです。

端末保証をつけておきたいのであれば、自分でAppleの保障サービス『Apple Care+』に加入手続きを行う必要があります。

Apple Care+への加入は端末購入から30日以内という制限があるため、購入したらすぐに手続きを行いましょう。

インターネットから24時間いつでも加入手続きができますよ!

……さて、大変お待たせいたしました。

注意点が確認できたところで、ここからはiPhone SEが購入できる格安SIMをご紹介していきます。

1位 mineo(マイネオ)

iPhone SEが購入できるイチオシの格安SIMは『mineo(マイネオ)』です。

購入できるiPhone SEはこちらの通り。

mineo 海外版
容量 128GB
一括価格 43,200円
分割価格 1,800円×24

型落ちしているモデルとは思えない強気の価格ですが、そこは『人気のiPhone SE』ということで納得できる方向けかも知れません。

とはいえ新品のiPhone SEで128GBが購入できるのはそれだけで価値がありますよね。

iPhone SE自体の価格は正直言って高額ですが、mineoにはそれを補っても余りあるメリットがあります。

mineoのおすすめポイント
  • 大手3大キャリアすべての回線に対応
  • データプランの幅が広い
  • 格安SIM初心者でも安心のサポート体制

mineoの特徴を一言で言うと『初心者にも優しい格安SIM』です。

『ドコモ』『au』『ソフトバンク』すべての回線に対応しているため、好きなキャリアの回線を選択できます。

データプランも500MBという超少量から30GBという大容量まで揃えてあるので、

本当に必要な分だけを契約することで月々の料金を最小限に抑えられますよ!

また、mineoユーザー同士のコミュニティサイトがあるため、ユーザー同士で気軽にサポートし合えます。

もちろんスタッフのサポートも受けられるのでご安心ください。

mineo独自のメールアドレスがついてくるあたりも、大手キャリアからの乗り換えが初めての方にとっては安心できるポイントかも知れません。

mineoについての詳しい情報はこちらの記事でもご紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

>>mineo(マイネオ)の公式サイトからiPhoneSEの詳細を確認する!

2位 OCNモバイル

続いて2番目におすすめなのが『OCNモバイルONE』です。

購入できるiPhone SEはこちらの通り。

OCNモバイルONE 海外版 中古品
容量 16GB 128GB 32GB 64GB
一括価格 22,800円 38,800円 14,800円~ 17,800円~

価格で言えばmineoよりも安く購入できるのがOCNモバイルONEのメリットですが、

海外版はアウトレット品のため外箱に傷がある可能性があるのでご注意ください。

また、中古品はその名の通り使用済み端末で、端末本体に傷があるものも販売されています。

OCNモバイルONEのおすすめポイント
  • かけ放題オプションが充実
  • OCNモバイルONEユーザーが無料で使えるWi-Fiスポットが全国8.6万件
  • 日単位のデータプランがある

OCNモバイルONEは数ある格安SIMの中でも通話プランを重視したい方におすすめです。

格安SIMではおなじみの『10分かけ放題』はもちろんのこと、

月間通話料金の高い順に3番号分の料金を0円にできるという超嬉しいオプション(トップ3かけ放題)も。

設定さえしておけばOCNモバイルONEの無料Wi-Fiスポットに自動的に接続するので、通信量の節約もバッチリですね。

ただし端末がこれだけ安いのに2位に選んだのには理由があります。

それは『高速回線の速度が遅い』という評価が多い格安SIMだということ。

実際に使ってみて問題ないと感じる方もいると思うのですが、こういう評判のある格安SIMだと理解した上で利用すると良さそうです。

この点も踏まえた上で、高速通信よりも通話を重視する方におすすめの格安SIMと言えます。

OCNモバイルONEについての詳しい情報はこちらの記事でもご紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

>>OCNモバイルONEの公式サイトからiPhone SEの詳細を確認する!

iPhone SEが他の格安SIMで販売される可能性は?

2019年5月現在の時点でiPhone SEが購入できる格安SIMは『mineo』と『OCNモバイル』だけですが、販売停止状態のまま端末一覧に表示している格安SIMもあるんです。

例えば『楽天モバイル』は『申込多数で受付中止』となっていますし、『Y!mobile』では『入荷未定』のまま表示されています。

実は『すでにiPhone SEを販売開始して売り切れた後』というのが現状です。

これらの格安SIMは海外製iPhone SEの入荷にも積極的な格安SIMということなので、もしかしたら今後も入荷するかも知れません。

もちろんこれで販売を終了してしまう可能性もありますが、iPhone SEを購入したい方は今後もチェックしてみて損はなさそうですね!

また、どの格安SIMでも売り切れが続出しているため、mineoやOCNモバイルでも早めの購入をおすすめします。

まとめ

伝説級の人気を誇る『iPhone SE』が、格安SIMで一時的な復活販売中です!

まだまだ『iPhone SEが欲しい!』というユーザーがたくさんいるため、各社売り切れが続出中。

iPhone SEにこだわって端末を求めている方はこの機会に格安SIMへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。