auからLINEモバイルへMNP乗り換えで失敗せずにお得に変更する方法

おすすめ記事5選
 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『auからLINEモバイルへMNP乗り換えで失敗せずにお得に変更する方法』

格安スマホの中でも、すべてのプランに『データフリープラン』が採用されているのがLINEモバイルです。

そんなデータフリープランに魅力を感じてMNPを利用して乗り換えを検討している方も多いのではないでしょうか。

キャリアからの乗り換えはやはり不安がつきものです。

そこで今回はauのスマホからMNPでLINEモバイルに乗り換える方法解説していきます!

できるだけお得に乗り換える方法ご紹介しますよ!

LINEモバイル

auで使用していたスマホはLINEモバイルでも使用することは可能?

格安スマホへの乗り換えでまずネックになるのは端末の買い替えではないでしょうか。

今使用中のものがそのまま使えれば初期費用をかなり抑える事ができますよね。

そこでauで使用していたスマホはLINEモバイルでも使用することはできるの?

という疑問が浮かびます。

もしあなたがそれを考えているのなら、以下のことを確認してください。

au端末をSIMロック解除する条件
  • 2015年5月以降に発売された端末
  • 購入から数えて101日目以降

以上に該当するスマートフォンを利用中ならLINEモバイルでも使用できます!

My auからSIMロック解除の可否判定とSIMロック解除の申し込みができるので、まずはこちらでチェックしてみましょう。

SIMロック解除の可否判定にはIMEIという15桁の番号が必要になります。

IMEIを調べる方法はとても簡単です。まずはAndroidでIMEIを調べる方法からご紹介していきますね。

電話をかける画面から『*#06#』と入力するだけです!

続いてiPhoneでIMEIを調べる方法ご紹介しておきます。

まずは『設定』から『一般』を開きましょう。

『一般』の中から『情報』をタップすると、IMEI情報が表示されますよ。

IMEI情報がわかったら、My auでの作業に移りましょう。

IMEI情報に表示されている番号をSIMロック可否判定のページに入力して『判定』をタップすると、

SIMロックが解除できるか判定されます。

SIMロックが解除できる端末だと、SIMロック解除に勧めるようになります。

夜間はメンテナンスをしているので、朝~夕方頃にチェックすると確実ですよ!

auショップなど店頭で行うことができますが、その場合は手数料が3,000円かかるので自分で手続するのがおすすめです。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

auからMNPで乗り換える際に前もって確認しておきたい注意点

一見とってもお得なLINEモバイルへの乗り換えですが、注意したいことが3点あります。

auからMNPでLINEモバイルに乗り換える前の3つの注意点
  • LINEモバイルは『docomo』もしくは『ソフトバンク』の回線である
  • au独自のプラン・機能が使えなくなる
  • 契約プランやタイミングによっては違約金が発生する

これら3つの注意点について、それぞれ詳しく解説していきますね。

注意① LINEモバイルは『docomo』もしくは『ソフトバンク』の回線

まず1つ目の注意は、LINEモバイルは『docomo』もしくは『ソフトバンク』の回線だということ。

auのスマートフォンにはdocomoやソフトバンクのスマートフォンに最初から内蔵されている機能がついていません。

そのため電波を上手に拾えないことがあったり、

本来LINEモバイルが発揮できる通信速度を保つことができなかったりします。

Wi-Fiを使用するのであれば関係ないですが、この点は留意した上で乗り換えを検討しましょう。

注意② au独自のプラン・機能が使えなくなる

そして2つ目の注意点は、auの特有のプラン・機能が使えなくなるということ。

一番困るのは、おそらくキャリアメールが使えなくなることではないでしょうか。

現在使用中の『◯◯@ezweb.ne.jp』というメールアドレスは使えなくなるので、

乗り換え前にauメールアドレスを登録中のサービスのアドレス変更をしておきましょう。

auは留守番電話や割込通話が無料オプションでつけられているので意識したことがない方も多いと思いますがこれらの機能もすべて解約されます。

LINEモバイルで同様の機能を使いたい場合は有料オプションで申し込みましょう。

また、電話かけ放題など大手キャリアならではのプランもLINEモバイルには存在しないので要注意です。

注意③ 契約プランやタイミングによっては違約金が発生する

最後の注意点は、現在auで『2年契約(旧:誰でも割)』を契約している場合は更新期間を逃すと違約金が発生するということ。

更新期間以外で解約をすると、違約金(解除料)として9,500円かかります。

ただし、auの利用期間が11年目以降で家族割を利用している場合には違約金は3,000円と少し安くなります。

以上の契約をしている場合は、乗り換えるとお得になる額が9,500円を上回るタイミングを見計らって解約するのがおすすめです。

LINEモバイル

LINEモバイルで使用できるプランとauとの料金比較!おすすめのプランも一緒にご紹介!

auからLINEモバイルに乗り換えるとどれくらいお得になるかは、かなり重要なポイントですよね。

そこで、LINEモバイルとauのプランの料金比較をしてみました!

乗り換えの際はぜひ参考にしてみて下さいね。

注目のauプラン『auピタットプラン』

大手キャリアの中で一番最初に導入された定額と従量制の中間プランauピタットプランで、

LINEモバイルと近い条件になるのは電話かけ放題の無いシンプルプランです。

こちらは誰でも割適用月額2,980円から

ピタットプランの良い所はデータの使用量によって料金が変動する所です。

こちらのプランを参考にするとauでの料金はこのような感じです。

au『シンプルプラン』料金表
  • 1GB…2,980円
  • 3GB…4,980円
  • 5GB…5,980円
  • 20GBまで…6,980円

やはり格安スマホに比べると割高に感じますが、これにはキャリアプランならではの留守電や割込通話のサービスが含まれています。

利用状況によってはもっとお得なプランはありますが、今回はこちらのプランで比較します。

LINEモバイル定番プラン『コミュニケーションフリープラン』

キャリアプランと比較するためには音声通話サービスの選択が必要。

そこで今回は音声通話つきサービスプランから『コミュニケーションフリープラン』で比較していきます。

LINEモバイル『コミュニケーションフリープラン』料金表
  • 3GB…1,690円 ※auより3,290円安い!
  • 5GB…2,220円 ※auより3,760円安い!
  • 7GB…2,880円
  • 10GB…3,220円

※すべてオプションなし

料金だけで見ると、auよりもかなりお得ですね!

ただし留守電や割込通話などは別途オプション料金がかかります。

オプションの詳細はこちら参考にしてくださいね。

そして、LINEモバイルの大きな特徴としてデータフリープランということが挙げられます。

コミュニケーションプランでは『LINE』『Twitter』『Facebook』『Instagram』の通信には制限がかかりません。

LINEの無料音声通話やビデオ通話もデータフリーの対象なので、通信量を気にせず利用できますよ。

普段からLINEやSNSを多く利用する方にとっては嬉しいプラン設定ですね!

そんなLINEモバイルの中でもおすすめしたいのがこちらのプランです。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

音声通話つき コミュニケーションフリープラン 5GB 月額2,220円

幅広く一般的におすすめできるのが、

『音声通話つき コミュニケーションフリープラン 5GB 月額2,220円』です。

普段はLINE無料通話を使うから音声通話はいらない!

という方もいると思いますが、電話番号を持てないのは意外と不便です。

何かの会員登録や宅配便の依頼など電話番号を使う場面は思ったよりも多いかもしれません。

自宅に固定電話があるので間に合っている。
サブ機でガラケーを利用しているので不要。

という方以外には、音声通話つきサービスタイプをおすすめします。

そしてデータ通信量については自宅にWi-Fiがない方を目安におすすめしています。

自宅にWi-Fiがない場合は毎日動画を見たりゲームをしたり…

なんてしていると3GBでは月末にピンチになりがちに。

逆に自宅にWi-Fiがある場合には、

『音声通話つき コミュニケーションフリープラン 3GB 月額1,690円』

『音声通話つき LINEフリープラン 1GB 月額1,200円』

おすすめできます。

外出先でのインターネット利用が多い方はデータ容量が多めのプランを選択しておくと良いでしょう。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル

auからLINEモバイルへMNPで乗り換える方法

それでは最後にauからLINEモバイルへMNPで乗り換える方法ご紹介したいと思います!

auからLINEモバイルに乗り換える4つのステップ
  1. MNP予約番号を取得する
  2. LINEモバイルに申し込む
  3. SIMカード&APNの設定をする
  4. MNP転入

以上の4ステップにわけて順番にご紹介していきますね。

① MNP予約番号を取得する

まずはMNP予約番号の取得を行います。

MNP予約番号には有効期限があり、有効期限が10日以上残った状態でなければLINEモバイルに申し込めません。

LINEモバイルに乗り換える際に端末をセットで購入する予定の方以外は端末を用意できた状態で行うのがおすすめです。

使用中の機種をそのまま引き継ぐ方はSIMロックを解除しておきましょう!

auでMNP予約番号を取得する方法
  • 電話(0077-75470) ※受付時間/9:00-20:00
  • 店頭(auショップ・PiPit)
  • EZweb ※ガラケーのみ、受付時間/9:00-21:30

いずれの方法も手数料3,000円がかかります。

店頭の場合には『転出したいのでMNP予約番号が欲しい』と伝えればOKですよ。

受付時間が限られているので、タイミングをみて手続きをしましょう。

② LINEモバイルに申し込む

MNP予約番号が用意できたら、いよいよLINEモバイルの申し込みです。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル

当ブログではお得なエントリーパッケージを利用した申し込みをおすすめしています。

詳しい方法は以下の記事でもご紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

③ SIMカード&APNの設定をする

SIMカードが手に入ったら、SIMカードとAPNの設定をしていきます。

auのキャリアスマートフォンをSIMロック解除して利用する方は、

APNの設定をする前にSIMカードの更新をしないとAPN設定をすることができないので先にSIMカードの更新を行います。

まずは端末にSIMカードをセットして普通に起動しましょう。

ホームボタンから『設定』を開き、『端末情報』をタップします。

『機器の状態』を開いて『SIMのステータス』をタップしましょう。

ネットワーク類がすべて『不明』になってしまっていますね。

SIMのステータスの中から『SIMカードのステータス』を選択しましょう。

SIMロックステータスが『許可されていません』と表示されているので、

中央下部の『SIMステータス更新』タップしてSIMカードの更新を行います。

更新が完了するとSIMロックステータスが『許可されています』に変化します。

これでSIMカードの更新が完了したので、APNの設定が行えるようになりました!

この作業を行わないとAPNの設定項目が表示されずにどう頑張っても設定できません。

APNの詳しい設定方法以下の記事でご紹介しているので手順を参考にしながら設定しましょう。

④MNP転入手続きを行う

LINEモバイルの転入は即日乗り換えにこだわらないかぎり自動で切り替えてくれます。

即日乗り換えを希望する方は開通の手続きを電話かLINEモバイル内のマイページから手軽に行えますよ!

まとめ

auからLINEモバイルへの乗り換えについて、少しでもおわかり頂けたでしょうか。

料金的には安くなってお得なプランであることは間違いありません。

自分に合うプランを選ぶことで、プチプラで満足しながらスマホを楽しむことができます。

スマホ代の節約をしたいなら、LINEモバイルがおすすめですよ!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル