ソフトバンクで契約したiPhone7をLINEモバイルへ乗り換えると月々スマホ料金はいくら格安になる?

おすすめ記事5選
 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『ソフトバンクで契約したiPhone7をLINEモバイルへ乗り換えると月々スマホ料金はいくら格安になる?』

日本で真っ先にiPhoneを普及したことで一気にシェアを拡大したのがソフトバンクですよね。

当時の名残でそのままソフトバンクでiPhone7に買い替えて利用を続けている方も多いのではないでしょうか。

しかしやっぱり気になるのはプラン料金の価格なんですよね…

今までは携帯・スマホといえば大手キャリアに限られていたのですが、

最近は『格安SIM』という選択肢が増えて月々の利用料金を最低限で抑える人が急増しています。

きっとこの記事をご覧になっている方も格安SIMへの乗り換えを視野に入れているのではないでしょうか。

そんな『生活に欠かせないものだからこそ良い環境・安い料金で済ませたい方』に特におすすめしたい格安SIMが『LINEモバイル』なんです!

しかもiPhone7をそのまま使い続けることが可能なので、乗り換えに伴う端末料金も0円でOK。

ということで今回は、iPhone7でソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えた利用料金の違いについて詳しくご紹介していきます。LINEモバイル

ソフトバンクからLINEモバイルへ乗り換えると月額いくら安くなる?

さっそくですが、まずはソフトバンクとLINEモバイルの月額料金の差について比較した結果からご覧下さい。

現在のソフトバンクで契約できるプランは、

使用した通信量に応じて月々の利用料金が変わる『ミニモンスター』と、

50GBの大容量通信プランに加えて一部のSNSや動画視聴では通信量消費をカウントしない『ウルトラギガモンスター+』

2種類のみとなっています。

今回はこちらの2つのプランに加えて音声通話のかけ放題オプションについて比較します。

比較するソフトバンクのプラン
  • ミニモンスターで1GB消費した場合
  • ウルトラギガモンスター+
  • 【番外編】音声通話定額・準定額オプション

ソフトバンクでは2GB以上通信するとウルトラギガモンスター+の方がお得になるため、このような極端なラインナップになっています。

それではそれぞれのプラン似たようなLINEモバイルのプランではどれくらいの料金の違いがあるのでしょうか?

ソフトバンク『ミニモンスターで1GB消費した場合』

毎月のデータ通信の利用が少ない方にオススメな『ミニモンスター』で1GB消費した場合から検証しましょう。

普段からあまりスマホを使わない方や、Wi-Fi環境で利用することが多い方向けのプランです。

なお、こちらの料金は契約から1年以上経過した場合で、契約から1年間はここから1,000円引きになります。

こちらのソフトバンクのプランに似ているLINEモバイルのプランは、『LINEフリープラン』の音声通話つきSIMを選択したパターンです。

ふたつのプランを比較すると、金差はこのような結果になりました。

ソフトバンクとLINEモバイルのプラン比較
  • ソフトバンク
    ミニモンスター1GB…月額4,780円(1年目は月額3,780円)
  • LINEモバイル
     LINEフリープラン1GB…月額1,200円

2年目以降なら毎月3,580円も安くなることがわかりました!

1,000円引きになる1年目でも2,580円は安いので、これは助かります…

年額すれば1年目で30,960円、2年目以降は42,960円の節約になります。

しかもLINEモバイルの場合はLINEがカウントフリーになるので、

LINEを通じた友達とならデータ容量をオーバーしていてもいつでも高速回線で連絡が取れます。

1GBという低容量プランだと月末がピンチになりがちですが、連絡ツールだけは確保しておけるのが安心できますよね。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

ウルトラギガモンスター+

続いて2GB以上使用する方ならお得になる『ウルトラギガモンスター+』の比較検証です。

こちらは2GB~50GBというかなり幅広いユーザー層に向けたプランになっています。

50GBもあれば使い放題は必要ないという方も多いかもしれませんが(笑)、なんとLINEモバイル同様にLINEやSNSが使い放題!

それに加え、YouTubeやHulu、AbemaTV!などの動画サービスも使い放題に含まれているため、

普段から動画サービスを利用している方ならお得に利用できますね!

なお、ウルトラギガモンスター+もミニモンスター同様に契約から1年間はここから1,000円引きになります。

こちらのソフトバンクのプランに似ているLINEモバイルのプランは、『コミュニケーションフリープラン』の音声通話つきSIMを選択したパターンです。

ウルトラギガモンスター+は『50GB』『動画も視聴し放題』など条件が異なるため、

一概にどちらがお得というのは言いづらいこちらの2つのプランですが……

ソフトバンクとLINEモバイルのプラン比較
  • ソフトバンク
    ウルトラギガモンスター+…月額7,780円(1年目は月額6,780円)
  • LINEモバイル
     コミュニケーションフリープラン3~10GB…月額1,690~3,220円

単純にプランの料金だけなら毎月6,090~4,560円程度お得になる計算になります。

ただしLINEモバイルでは10GBまでのプランしかなく、それ以上は追加データを購入しなければいけません。

LINEモバイルでは1GB1,000円で追加データを購入できますが、

10GBのプランで5GB以上購入するとLINEモバイルの方が料金が高くなるのでご注意ください。

動画もSNSも日常的にガンガン使いたい!という方ならソフトバンク、

50GBも不要だからもう少しコンパクトなプランが良い!という方にはLINEモバイルがおすすめですよ!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

【番外編】音声通話定額・準定額オプション

通話をよく使う方には、音声通話の定額オプションを追加する事もあるかと思います。

音声通話の定額オプションについても比較してみました!

ソフトバンクの音声通話料金や定額オプションはこのようになっています。

ソフトバンクは基本通話料金のベースがあり、そこに通話し放題のオプションを追加する形になります。

オプションの価格だけで見ると激安ですが、基本料金とセットになるとそれほど安い価格ではありません。

一方でLINEモバイルのプランはこちらです。

通話料金についてもLINEモバイルの安さが目立ちます。

同じ30秒単位の料金ですが、ソフトバンクが20円に対してLINEモバイルは半額の10円です。

肝心の『かけ放題オプション』については両社とも内容・料金が異なるため、使い方によってどちらがお得になるか変わります。

ソフトバンクの通話プランがオススメな人
  • 長時間通話を頻繁に行う人(定額オプションを追加)
LINEモバイルの通話プランがオススメな人
  • 通話をあまりしない人(基本通話料金が安い)
  • 短時間通話を頻繁に行う人(オプションを追加してもLINEモバイルのプランの方が安い)

 

通話プランも含めて全体的にLINEモバイルの方が低価格に設定されているため、

ソフトバンクの時間無制限かけ放題が必要な方以外はLINEモバイルの方がお得に感じるかもしれませんね。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル

大手キャリアから格安SIMへ乗り換えるメリットとデメリット

ソフトバンクのプランとLINEモバイルのプランの料金の違いはおわかりいただけたでしょうか。

いくらプランが安くなるとはいえ、それだけで乗り換えを考えるのはさすがに不安が残りますよね。

大手キャリアから格安SIMに乗り換える際のメリットとデメリットを確認して乗り換えの参考にしてみてくださいね。

格安SIMに乗り換えるメリット
  • 基本的には月額利用料金が安くなる
  • 継続的な契約期間縛りがなくなる

 

格安SIMに乗り換えるデメリット
  • 長時間通話は通話料金が高くなる
  • 通信速度が遅くなる

これだけでは余計にわからなくなってしまいそうなので、それぞれのメリット・デメリットについて詳しく解説していきますね。

メリット① 基本的には月額利用料金が安くなる

大手キャリアから格安SIMに乗り換える最大のメリットと言えば、月々の利用料金が安くなることです。

基本的には同じデータ容量のプランであれば格安SIMの方が安くなります。

例えば今回ご紹介した『ソフトバンク ミニモンスター』と『LINEモバイル LINEフリープラン』などもそうですよね。

しかし例外もあって、格安SIM側が対応していない範囲のプランには注意しましょう。

その場合は逆に大手キャリアの方がお得になる場合があります。

ソフトバンクのプランでいうなら『ウルトラギガモンスター+』がまさにそうで、

ウルトラギガモンスター+の『大容量』を求めている方にとってはLINEモバイルはあまりお得になりません。

賢く乗り換えるためには、

普段利用しているor利用しやすいデータ容量のプランが格安SIMに存在しているかどうかを見極めるのが大切です。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

メリット② 継続的な契約期間縛りがなくなる

殆どの格安SIMでは継続的な契約期間縛りのシステムを導入していないので、

契約更新月を意識しながら乗り換えたり解約したりする必要がありません。

ただし、格安SIMの中にも契約期間縛りを設けて他社より更にお得なプランを提供している会社もあります。

契約前には必ず確認しておきましょう!

ちなみにLINEモバイルには音声通話つきSIMのみ1年間の契約縛りがあり、

契約期間内の解約には解約手数料として9,800円かかります。

しかしその後はいつ解約しても手数料はかかりません。

データSIMやSMSつきSIMはいつでも解約手数料は発生しませんよ。

また、MNP転出の際は解約手数料とは別にMNP転出手数料3,000円が発生するので注意してくださいね。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

デメリット① 長時間通話は料金が高くなる

ここからはデメリットを解説していきますね。

お得な通信量が魅力的な格安SIMですが、長時間の通話料金に関しては大手キャリアの方がお得な場合が多いです。

大手キャリアの魅力はなんといっても時間無制限のかけ放題プラン。

格安SIMでこのようなかけ放題プランを導入している会社はかなり限られてしまうため、

iPhoneを使う目的のメインが長時間の通話の場合は大手キャリアの方がお得です。

とは言え格安SIMでも通話料金をできるだけ安くできるようなオプションを導入している所も多く、

例えばLINEモバイルの場合、『いつでも電話アプリ』を使えば通話料が30秒10円になります。

更にかけ放題オプションも適度な価格と時間制限で使いやすい工夫がされています。

そのため、長時間の通話をしないユーザーにとっては格安SIMの方がお得に使えることもあるので、

普段の通話時間や通話頻度を見直せばどちらが自分に合うかわかるはずです。

デメリット② 通信速度が遅くなる

格安SIMは大手キャリアの回線を借りてユーザーに提供している通信会社です。

そのため、大元になる大手キャリアに比べると通信回線の安定性や速度は劣ります。

『劣る』のは確かですが、実は『どれくらい劣るのか』は格安SIMによって違うんです。

回線が混み合うお昼や夕方過ぎ頃になると、いわゆる速度制限中並の速度しか出ない格安SIMもあれば

大手キャリアには及ばなくてもストレスを感じない速度で使える格安SIMもあります。

『格安SIMはどこでも遅い』というのはあくまでも大手キャリアと比べた時のお話です。

格安SIMの中にも速い・遅いがあるので、そのあたりもきちんと検討しておきたいですね。

ちなみにLINEモバイルについての時間帯ごとの詳しい通信速度はこちらの記事でご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

LINEモバイル

ソフトバンクからLINEモバイルへ乗り換える際の注意点は?SIMロックは解除すべき?

さて、大手キャリアから格安SIMに乗り換える際のメリットやデメリットが確認できた所で、

『ソフトバンク』から『LINEモバイル』に乗り換える際の注意も確認しておきましょう。

ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換える時の3つの注意点
  • 『docomo回線』を選ぶならSIMロック解除が必須!
  • プランやタイミングによっては契約解除料に注意
  • 通話用オプションは自分で追加しよう

以上の注意点について、詳しくご紹介していきますね。

『docomo回線』を選ぶならSIMロック解除が必須!

ソフトバンクで購入したiPhone7でLINEモバイルの『docomo回線』を使いたいならSIMロック解除が必須です。

ソフトバンクで購入したiPhone7をSIMロック解除する条件
  • 購入日から101日目以降
  • ネットワーク利用制限中ではない

まだまだ最近新規購入する方も多いiPhone7ですから、購入日からの経過日数にはご注意下さい。

なお、ネットワーク利用制限中というのは端末を不正入手・利用したことが発覚し、通信ができなくなっている状態のことです。

契約中のデータ容量をオーバーして速度制限がかかっていることではないので安心してくださいね。

SIMロック解除は店頭でスタッフに依頼(手数料3,000円)するか、ソフトバンクのマイページから自分で申請(無料)できます。

自分でSIMロック解除する方法はこちらを参考にしてみてくださいね。

iPhone7の端末代金の分割払いが終わっていない場合は、

そのまま端末代金だけをソフトバンクに月額払いしていくことになります。

いきなり一括請求されることはないので、その点は心配しなくて大丈夫ですよ!

また、以下の場合はSIMロック解除の必要はありません。

SIMロック解除が不要なケース
  • SIMロック解除済のiPhone7を購入してソフトバンクで使っている場合
  • SIMフリー版のiPhone7を購入してソフトバンクで使っている場合
  • LINEモバイルでソフトバンク回線プランを契約する場合

LINEモバイルにはソフトバンク回線もあるため、SIMロック解除するのは嫌だな~と感じるのであれば、

ソフトバンク回線を利用して乗り換えれば不要になりますよ!

プランやタイミングによっては契約解除料に注意

現在契約中のプランや利用月数によって、契約解除料が発生することがあります。

『2年契約なし』で契約している方以外は基本的に契約更新月以外の解約で契約解除料9,500円がかかります。

また、ソフトバンクは2年契約でなくても契約解除料が発生するプランがあるなどちょっぴりややこしいので、

詳しい解除料についてはこちらからご確認してみてくださいね。

解除料と利用料を比較してみて、乗り換えのタイミングを見極めましょう!

通話用オプションは自分で追加しよう

LINEモバイルの通話機能は非常にシンプル。

割り込み通話や留守番電話など、通話にともなうオプションは自分で追加する必要があります。

ソフトバンクでは無料で気軽に利用しているサービスに対応していないこともあるので、

今活用中のサービスはどんなものか?
LINEモバイルでは対応しているか?

という点を契約前に確認しておくと、スムーズに乗り換えできそうですね!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

ソフトバンクからLINEモバイルへMNPで乗り換える方法

iPhone7の電話番号はそのままにしてソフトバンクからLINEモバイルへの乗り換えたいなら、MNPで乗り換える必要があります。

ソフトバンクからLINEモバイルにMNPで乗り換える3ステップ
  1. MNP予約番号を取得する
  2. LINEモバイルに申し込む
  3. SIMカード&APN設定をする

MNP転入でLINEモバイルに申し込むなら申し込みの時点でMNP予約番号が必要なので、

真っ先にやるべきは『MNP予約番号の取得』ということですね。

ただし、LINEモバイルに申し込む時点で10日以上の有効期限が必要です!

きちんと最後まで申し込み完了まで手続きできそうなタイミングでMNP予約番号取得から始めてみましょう。

詳しいMNP乗り換え方法は以下の記事でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

まとめ

iPhone7の利用料金を抑えるなら、LINEモバイルへの乗り換えがおすすめ!

大容量プランや無制限かけ放題など、特定のパターンの方以外ならきっと満足できる乗り換えになるはず。

彼氏・彼女と毎晩ビデオ通話中の方やTwitterでのおもしろ画像・動画探しが日課の方、

インスタグラマーのみなさんなどなど…

LINEや3大SNSのヘビーユーザーさんには特におすすめしたい格安SIMなので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル