【LINEモバイル】SIM・端末をセットで購入可能なおすすめ機種ランキング

☆お得なキャンペーン情報☆
 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『【LINEモバイル】SIM・端末をセットで購入可能なおすすめ機種ランキング』

LINEモバイルに使う端末はSIMカードとセットで購入するととってもお得だということをご存知ですか?

ネットで物を購入する際にいつも最安値のチェックの大定番といえば『価格.com」ですが、

LINEモバイルは価格.comをも下回る価格で販売している端末もあるんです!

どの端末を選んでも基本的には市場と比較しても良心的な価格設定ですが

だからこそどれにすれば良いか悩んでしまいがちかも知れません。

ということで今回はLINEモバイルで販売されている端末をおすすめ順にランキングでご紹介します!

LINEモバイルのSIMとセットで購入できる端末のスペックと価格帯は?

まずはLINEモバイルでSIMカードとセットで販売している端末のスペックや価格帯をご紹介していきますね。

LINEモバイルで取り扱っている端末はラインナップはものすごくたくさん!というわけではないものの、

ASUSのZenFoneやHUAWEIのPシリーズなど話題の海外スマホはもちろん、

arrowsなどの国産スマホや人気のiPhoneまでバッチリ幅広く取り揃えています。

初心者向けの端末からヘビーユーザーでも満足できる端末までスペックの幅が広いのも嬉しいですね。

お値段も手が届きやすい価格に設定されており最安値は本体価格で2万円以下です。

価格.comでの最安値を下回る価格で販売されている端末もあるため、まさに『お得な端末』となっています。

ただし端末によっては他社で購入した方が安いものもあるので事前に下調べしておくのがおすすめです。

販売中の端末一覧はこちらから確認できるので、参考にしてみてくださいね。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルの販売端末は支払いは一括?それとも分割も可能?

LINEモバイルで販売中の端末の支払い方法についてもまとめておきますね。

LINEモバイルで販売している端末は、新規でも機種変更でも『分割払い』『一括払い』の両方が可能です!

しかし純粋な分割払いではないので、一括払いの方が多少お得な価格になっています。

1円でも安く済ませたい方なら支払い総額が少なくて済む一括払いがオススメですが、

数百円程度なら手数料として気にせず支払える方は月々の負担が少ない分割払いがオススメです。

無理のない範囲で自分に合う方法で支払いましょう。

LINEモバイルで購入した端末を機種変するとどうなる?

LINEモバイルで契約したまま機種変更を行いたい場合ですが、

もちろんこちらも大手キャリアのように番号はそのままで端末だけを新しくすることが可能です。

端的に言えばSIMカード(AndroidならSDカードも!)を新しい端末に入れ替えれば機種変更が完了します。

新しい端末は自分で用意しても良いですし、LINEモバイルのマイページの『機種変更』メニューからネット注文してもOK!

ちなみに使用済みになった機種変更前の端末は普通のSIMフリースマホとして使えますよ!

また、注意したいのが『端末保証オプション』に加入している方です。

自分で端末を用意した場合はセット端末保証から持ち込み端末保証に変更する必要があります。

速やかに変更しておかないとなにかトラブルがあったときに保証の対象外になってしまうので注意しましょう。

LINEモバイルの端末おすすめランキングTOP13!

それではいよいよLINEモバイルで販売中の全端末をおすすめランキング形式でご紹介したいと思います。

今回はスマートフォンの機種に限ってご紹介しますね。

気になるランキングはこちら!

LINEモバイルで販売中端末 おすすめランキング
  1. HUAWEI nova lite 3|26,880円
  2. iPhone 6s|32GB 33,800円|128GB 43,800円
  3. AQUOS sense2 SH-M08|34,800円
  4. ZenFone Max(M2)|26,500円
  5. HUAWEI P20 lite|28,980円
  6. ZenFone Live(L1)|17,800円
  7. ZenFone 5|52,800円
  8. HUAWEI P20|69,800円
  9. R17 Pro|59,980円
  10. ZenFone Max Pro(M2)|35,500円
  11. R15 Neo|25,880円
  12. Moto E5|18,800円
  13. arrows M04|32,800円

これらのラインナップ以外にもタブレット端末やWi-Fiルーターも各1機種取り扱いがあるので、

気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね。

各端末の概要とランキングの理由などを簡単にご紹介していきます!

【1位】HUAWEI nova lite 3|26,880円

1位でおすすめするのはHUAWEIから、コスパ重視の『HUAWEI nova lite 3|26,880円』です。

3万円を切るリーズナブルな価格帯でありながら、連絡ツールとしても趣味を楽しむツールとしても役立てる十分なスペックを持っています。

3,400mAhの比較的容量大きめのバッテリーも備えているので『満タンだったのにすぐ使えなくなった!』ということもありません。

また、こちらの端末の中でも注目したいのは『カメラ機能』です。

ダブルレンズのAIカメラを搭載しているので、カメラが自動的にシーンに最適な設定で撮影してくれます。

しかもこの価格でアウトカメラとインカメラの両方がAIカメラ!

風景やポートレートの撮影はもちろんのこと、自撮りも明るく綺麗に撮影できますよ。

これだけカメラ機能が充実していればデジカメ代わりに活躍することも多いはず。

HUAWEI nova lite 3のスペック詳細はこちら

【2位】iPhone 6s|32GB 33,800円|128GB 43,800円

LINEモバイルでも惜しまれつつも販売終了したiPhone SEの代わりに登場したのがAppleの『iPhone 6s|32GB 33,800円|128GB 43,800円』です。

こちらは2015年に発売になった機種なので、最新のiPhone(XR)の3世代前の機種となります。

しかしまだまだ現役で使っている方も多く、画質にこだわらなければ最新のゲームでも普通にプレイ可能です。

発売日が古いため最新端末を想定して作られたものに対しては弱いという点さえ気にならなければ、問題なく使用できますよ!

背面デザインは上下を縁取る白いラインが特徴的で、今のiPhoneには見られない個性があります。

また、iPhoneは『視覚的でシンプルな操作』という特徴を持つため、スマホ初心者さんにもおすすめです。

新しい機種が発売になってもiPhoneからiPhoneに買い換えればいいという単純なサイクルで利用し続けられるのもおすすめ理由のひとつ。

周りに使用しているユーザーが多いので、わからないことがあったら質問しやすいのもメリットと言えそうですね。

iPhone 6sのスペック詳細はこちら

【3位】AQUOS sense2 SH-M08|34,800円

3位は安心の国産スマホ、シャープの『AQUOS sense2 SH-M08|34,800円』です。

国産スマホというだけあって、おサイフケータイが使えるというのが最大のおすすめ理由。

格安SIMスマホは海外製品が多くておサイフケータイ非対応のものが多い中、国産スマホならではの安心感があります。

Suicaやnanaco、WAONなどなど、電子マネーを活用中の方にはおすすめです!

また、AQUOS sense2 SH-M08は防水機能にも優れた端末です。

水滴がついたままの状態でもスムーズに操作できるので、

お風呂やキッチンなど水場でスマホを使うことが多い方なら間違いなくこの機能に感謝するはず。

防水機能がついていても操作性まで気にして設計された端末はかなり珍しく、AQUOS senseシリーズの特徴となっています。

AQUOS sense2 SH-M08 スペック詳細はこちら

【4位】ZenFone Max(M2)|26,500円

画像の左側の端末がここでおすすめする『ZenFone Max(M2)|26,500円』です。

こちらも2万円台のリーズナブルな端末とは思えない充実したスペックの端末です。

特に素晴らしいのがバッテリーで、なんと4000mAhの超大容量バッテリーを搭載。

旅行や仕事などで長時間スマホを携帯&使用する時はバッテリーが気になってしまいますが、

ZenFone Max(M2)ならそんな心配は必要なさそうですね。

カラーバリエーションはこちら!

サラッとした上品な質感が特徴的で、落ち着いたカラーラインナップです。

グレード違いとして約1万円高いZenFone Max Pro(M2)もありますが、

『そこまで高画質でなくても普通に綺麗な写真が撮れればOK』『落下時の画面破損はそこまで心配していない』

というケースならZenFone Max(M2)がおすすめです!

ZenFone Max(M2)のスペック詳細はこちら

【5位】HUAWEI P20 lite|28,980円

続いてはHUAWEIの人気シリーズ『HUAWEI P20 lite|29,980円』です。

こちらも安定したバランス型の高コスパスマホで、HUAWEIスマホ特有のシンプルでスリムな特徴が引き継がれています。

もちろん背面にはダブルレンズカメラを採用しているため、手軽に綺麗な写真撮影ができますよ。

ワイド画面でiPhone8やiPhoneXのような上部ギリギリまでのディスプレイが特徴的です。

なめらかで光沢があり、高級感のあるデザインが美しいですよね!

便利な機能も充実していて顔認証でロック解除ができたり、画面のブルーライトカット機能がついていたり、

画面に手をかざすとシャッターが切られたり、画面のスライドでスクリーンショットが撮影できたり……

価格からは想像できないほど盛り沢山な便利機能にも注目です!

HUAWEI P20 liteのスペック詳細はこちら

【6位】ZenFone Live(L1)|17,800円

6位でご紹介するのは初心者向けスマホの中でも最安価な『ZenFone Live(L1)|17,800円』です。

最安価というだけあって2万円を切る価格が魅力的。

初心者におすすめしたい理由としては『簡単モード』というスマホ全体を超わかりやすいデザインに変更する機能がついているため、

あっという間にシニアスマホやキッズスマホに早変わりします。

これから初めてスマホを持つ方でも簡単にスマホに慣れてつかいこなせるようになるのではないでしょうか。

片手でも操作しやすいデザインかつ、しかも本体重量が140gしかないという超軽量設計。

長く使っていても手が疲れないので、まさにお子様や高齢者の方でも使いやすい端末と言えます。

スマホをフル活用したい方には物足りない端末にはなりますが、サブ機としての利用であればまったく問題ありません!

ZenFone Live(L1)のスペック詳細はこちら

【7位】ZenFone 5|52,800円

7位はZenFoneシリーズから『ZenFone 5|52,800円』をご紹介します。

全体的にハイスペックなスマホなので価格が高めな所が気になりますが、この価格だけの価値はありますよ!

AI搭載のカメラ機能を使えば被写体にカメラを向けただけで自動的にベストな状態に設定してくれるので、

シャッターを押すだけで誰でも簡単に素敵な写真が撮影できます。

もちろんこちらの端末もダブルレンズカメラを採用です。

背面には指紋認証センサー搭載なので、ワンタッチでロック解除が可能です。

ブラックとシルバーの2色展開で、どこかソリッドな感じのデザインになっています。

放射状に輝くメタリックデザインがカッコいいですよね!

ZenFone 5のスペック詳細はこちら

【8位】HUAWEI P20|69,800円

続いてご紹介するのは大人気HUAWEIのPシリーズから『HUAWEI P20|69,800円』です。

先にご紹介したHUAWEI P20 liteに比べるとカメラの性能やバッテリーの持ち、ストレージ容量などがUPしています。

カメラは横持ちしやすい作りになっており、背面デザインもスッキリ美しい見栄えです。

カメラ機能の性能を極めたシリーズとあって、カメラ機能に関しては文句なしのぶっちぎり1位です!

もちろんスペックも申し分なし。

ただし価格帯的にはちょっと勇気が必要(笑)なので、今回は8位に選んでいます。

メインで使えるデジカメ機能とスマホを一緒にして持ち歩きたい方には超オススメの端末です。

HUAWEI P20のスペック詳細はこちら

【9位】R17 Pro|69,980円

日本ではまだあまり馴染みのないOPPOというメーカーから販売中の『R17 Pro|69,980円』をご紹介します。

世界的には超有名メーカーなので、メーカーの信頼度で言えばまったく問題ありません!笑

R17 Proの特に優れた点は、10分で40%をチャージできる超高速充電です。

忙しくて充電する暇がなくても、動画を見ながら寝オチして電池が切れても、47分あればフルパワーチャージできます。

しかも3,700mAhですから、バッテリー容量も十分ですね。

画面いっぱいに広がるディスプレイはダイナミックな写真や映像が楽しめますよ。夜景の撮影もとっても綺麗!

世界的有名メーカーから販売しているハイスペック端末なのですが、

9位にした理由としては『OSが普通のAndroidと違う』ということが挙げられます。

『Color OS』というAndroidをベースにして独自開発したOSを使っているため、

Androidの操作に慣れている方が使うと『あれ? いつもの操作でいつもの事ができない』と戸惑ってしまうことも。

もちろん設定を治したり別の操作方法を使えばAndroidと同じ事ができるのですが、

自分で調べながら操作したり、積極的に操作して慣れるのが苦ではない方でないと最初が辛いかも知れません。

慣れ親しんだ操作で違和感なく乗り換えたい方にはおすすめできません。

R17 Proのスペック詳細はこちら

※SALE中※2019年5月14日まで、期間限定で『69,980円→59,980円』です!

気になる方は早めにチェックしましょう!

【10位】ZenFone Max Pro(M2)|35,500円

画像の右側の端末がここでおすすめする『ZenFone Max Pro(M2)|35,500円』です。

先にご紹介したZenFone Max(M2)よりも約1万円ほど高価な端末で、

グレードアップした部分の1つ目は5,000mAhの超大容量バッテリーに1,000mAhアップしたこと。

2つ目がカメラです。こだわりの高画質撮影が可能になり、細かい部分も鮮明に撮影できます。

カラーバリエーションはこちらの通り。

ZenFone Max(M2)と比べるとメタリックでつややかな背面が特徴的です。

また、ZenFone Max(M2)との3つ目の違いは、ディスプレイの強化が挙げられます。

1mの落下テストに耐える『Gorilla Glass 6』を採用しているため、

慌ただしく動くことが多い小さなお子様を持つお母さんや現場仕事が多い方にもおすすめですよ!

ZenFone Max Pro(M2)のスペック詳細はこちら

【11位】R15 Neo|25,880円

11位としてご紹介するのはOPPOから販売中の『R15 Neo|25,880円』です。

4,230mAhという超大容量バッテリー搭載のため、電池切れを気にすること無く使えますよ!

カメラもスペックも申し分なく、コスパ重視の方におすすめの端末です。

中でも『スマホではよくゲームをプレイするよ!』という方には特におすすめで、

ゲーム中は自動的にパフォーマンスを高めてくれる『ゲーム加速モード』が搭載されています。

背面は宝石のようなカットが入ったおしゃれなデザインで、『ダイヤモンドブルー』と『ダイヤモンドピンク』の2色を展開中。

普段使いしやすいコスパの良い端末なのですが、11位になった理由はまるっきりのスマホ初心者さんにはあまりおすすめできない点が挙げられます。

R17 Proでもご紹介したようにR15 NeoにはAndroidベースの『Color OS』というOSが使用されています。

Color OS自体は便利な機能もたくさんついているものの、

初めてスマホ利用する方がいきなりColor OSに慣れてしまうと逆にAndroidに乗り換える時に不便さを感じるかも知れません。

また、周りにたくさんいるはずのAndroidユーザーもColor OSとなると話は別で、

操作がわからなくなったときも周囲の人に相談しづらいというデメリットがあります。

こちらも自力で調べて積極的に端末に慣れるのが苦ではない方におすすめの端末です!

R15 Neoのスペック詳細はこちら

※SALE中※2019年5月14日まで、期間限定で『25,880円→19,980円』です!

気になる方は早めにチェックしましょう!

【12位】Moto E5|18,800円

続いては完全にスマホ初心者向けのモデルとなる『Moto E5 18,800円』です。

LINEモバイルで販売されている端末の中でも超低価格帯のMoto E5は、正直に言えばスペックはそれほど良くありません。

しかし、普段はLINEや通話くらいしかしないからスペックは最低限で良いという方、意外と多いはず。

この特徴を逆手に取って、お子様に持たせたいからあまりハイスペックすぎても困るという場合にも良さそうです(笑)

片手にフィットするスリムなサイズ感なので、女性やお子様でも使いやすいのではないでしょうか。

2万円を切る価格なのも高ポイント!

しかしこちらの端末はあくまでも『スマホ初心者さんにオススメ』な端末です。

いくら安さに魅力を感じるからといってガンガンゲームをしたい方や、

複数のアプリを同時使用する方にはオススメできないので要注意です!

Moto E5のスペック詳細はこちら

【13位】arrows M04|32,800円

残念ながら最下位になったのは長い間前線を走り続ける国産スマホ『arrows M04 32,800円』です。

ここまでロングセラーとしてラインナップに残り続ける理由としては、

やはり国産スマホならではのおサイフケータイの便利さが挙げられるのではないでしょうか。

確かにおサイフケータイは便利ですし、防水性に優れ、丸洗いもできる清潔感のある端末です。

しかし残念ながらさすがに古くなってきた印象もあり、次々と発売される新機種の方が勝っているポイントが増えてきました。

古くなってきたからといって価格が安くなるわけではないようなので、これから新規購入するのであればあまりオススメはしません。

arrows M04のスペック詳細はこちら

まとめ

自分にピッタリの端末は見つかったでしょうか?

どうしてもセット端末に良いのが見つからなくても大丈夫!

LINEモバイルでは持ち込み端末でもきちんと契約できますし、端末保証のオプションも有効です。

LINEモバイルの利用を考えているならお気に入りの端末を使って始めましょう!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら