LINEモバイルの契約者連携と利用者連携の違いやできること総まとめ

おすすめ記事5選
 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。

『LINEモバイルの契約者連携と利用者連携の違いやできること総まとめ』

LINEモバイルに契約すると、基本的には『契約者連携』を行うことになります。

例えば家族で複数のLINEモバイル契約をした場合は

お子様のLINEモバイルでは『利用者連携』を行って利用するのが推奨されます。

『利用者連携ならお子様でも安心』というのは当サイトや他のサイトでもよく見かけますが、

なぜ利用者連携なら安心できるの?

契約者連携と利用者連携はそれぞれ何回線連携できるの?

などなど、疑問がたくさん浮かびますよね。

みんな簡単に契約者連携・利用者連携とか言ってるけど全然違いがわからないんですけど…

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はLINEモバイルの契約者連携と利用者連携の違いについてわかりやすく解説していきます!

LINEモバイル

LINEモバイルは契約者連携と利用者連携ができる

LINEモバイルの特徴のひとつに契約者と利用者を分けて登録できるからお子様に持たせても安心というメリットがあります。

LINEモバイルのWEBページにもこんなふうに『安全』をアピールしている文章が記載されています。

なんとなくイメージはつくけれど具体的にどんなことができるのかと言われるとよくわからない、

という方がほとんどだと思います。

まずは契約者連携と利用者連携のシステムについて簡単に解説していきますね。

契約者『連携』、利用者『連携』は

LINEモバイルに契約する際に作成したLINEモバイルアカウントとLINEアカウントを連携することを指します。

契約者連携・利用者連携を行うことでLINE上から簡単にLINEモバイルの管理が行えるようになる、とっても便利な機能なんです。

LINEモバイルのSIMカードが届いたら真っ先に行いたい設定なのですが、

契約者連携・利用者連携はともに任意となっているのでどうしても連携したくない!という場合はしなくてもOK。

ただし

利用者連携しないとデータプレゼントなど一部の機能が使えないので、できれば行う事をオススメします。

このあと詳しくご紹介しますが、どちらの連携も機能や目的そのものが異なるので契約者と利用者が同じ場合も両方の連携を行うのがおすすめです。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルの契約者連携でできることとやり方

まずはLINEモバイルの契約者連携でできることからご紹介しましょう。

LINEモバイルの契約者連携でできること
  • 連携されたLINEアカウントへのLINEポイント付与(毎月基本料金の1%)
  • マイページへの簡単アクセス(パスワード入力省略)
  • いつでもヘルプ(トークを利用したオペレーターへの問い合わせ)の利用

以上3点ができるようになりますが、

契約者連携の一番大きな目的はLINEアカウントへのLINEポイント付与です。

契約者1人に対して利用者が複数というパターンだとこのような状態になります。

LINEポイントの付与がひとつ(契約者)のアカウントに対して行われるので管理がスマートになりますよね。

契約者連携しない場合はLINEポイントの付与も行われないので、LINEポイントを貯めたい方は必ず契約者連携を行いましょう!

ただし

契約者連携を行うとマイページへのアクセスはパスワード入力が不要になってしまう点には注意が必要です。

お子様用スマホで契約者連携をしてしまうとマイページから追加データを購入したりプラン変更が簡単にできたりするので連携しないようにしましょう。

LINEモバイル

LINEモバイルの契約者連携のやり方

それでは続いて契約者連携のやり方を解説していきます。

まずは契約者連携・利用者連携共通の行程であるLINEで『LINEモバイル』の公式アカウントを友だち追加する所から始めましょう。

LINEアプリの『その他』タブから『公式アカウント』をタップします。

検索窓に『LINEモバイル』と入力して検索するとLINEモバイルの公式アカウントが出てくるので、

表示されたLINEモバイル公式アカウントをタップしましょう。

LINEモバイル公式アカウントの画面が表示されたら『追加』をタップして友だち追加します。

これでLINEモバイル公式アカウントが、友だち一覧に表示されるようになったはずです。

LINEモバイル公式アカウントとのトーク画面を開いて契約者連携をしていきましょう。

ここからは契約者連携でのみ行う作業になります。

トーク画面下部に開かれたメニューの中から『契約者連携(マイページ)』をタップしましょう。

『連携しているログインIDがありません』と表示されていますね。

さっそく緑色の『新規ログインID連携』をタップして、LINEモバイルIDと連携していきましょう。

契約時に登録したLINEモバイルIDとパスワードを入力し、『連携する』をタップします。

これで契約者連携の完了です。

『マイページへ進む』をタップするとログイン済みのマイページ画面が表示されますよ。

もう一度『契約者連携(マイページ)』を確認すると先程連携したLINEモバイルIDが表示されているはずです。

連携したIDをタップするとログイン済みのマイページ画面に進めるようになります。

毎回パスワードを入力する手間が省けるのでかなり便利になります。

同じLINEアカウントに対して複数のLINEモバイルアカウントを契約者連携することができます。

連携回線数に関しては特に制限はないので、同一契約者の上限である5回線が最大ということになりますね。

例えば

メインスマホ用とサブスマホ用に2枚のSIMを契約した場合はこんな風に管理するのが便利です。

以上のように連携をしておけばメインスマホで連携したLINEアカウントにLINEポイントが付与されるようになりますよ。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル

LINEモバイルの利用者連携でできることとやり方

次は利用者連携でできることについて解説していきたいと思います。

LINEモバイルの利用者連携でできること
  • データプレゼントを贈る・もらう
  • トーク画面でのデータ残量の確認(マイページにログインせず確認できる)
  • いつでもヘルプ(トークを利用したオペレーターへの問い合わせ)の利用

以上3点ができるようになります。

利用者連携の一番大きな目的はデータプレゼントの利用です。

データプレゼントに関してはマイページからも操作できないので、利用者連携していないとデータプレゼントの機能自体使えません

利用者がお子様などでマイページにアクセスさせたくないけど

自分がどれくらい通信量を消費しているかは把握させたい…なんて時も、

利用者連携しておけばトーク画面から通信量の把握が可能になりますよ!

特にデータプレゼントの機能はLINEモバイルのメリットでもあるので、利用者連携をしておくといざという時に便利に使えるはずです。

LINEモバイルの利用者連携のやり方

続いて利用者連携のやり方を解説していきます。

最初に注意点です!

利用者連携にはマイページへのアクセスが必要なので、

お子様に持たせる場合は親御様が操作をして利用者連携済みの状態で渡してあげるとスムーズかも知れません。

それではさっそくLINEモバイルWEBページからマイページへのアクセスを行います。

LINEモバイルに契約した際に登録したLINEモバイルIDとパスワードを入力して『ログイン』をタップしましょう。

『データ残量』をタップしてメニューを表示したら、一覧から『契約情報』を選択します。

下の方までスクロールすると『利用コード』が出てくるのでロングタップして選択したらコピーしましょう。

お子様自身に利用者連携してもらいたい場合は、

親御さまのスマホでマイページを見たりこちらのコードをメモ書きしたりしてこの後の行程を手入力してもOKですよ。

いよいよ利用者連携をしていきます。

LINEアプリを開き、LINEモバイルの公式アカウントとのトーク画面から『利用者連携』をタップしましょう。

利用コードの入力を求められるので、入力欄でロングタップをしたらペーストしましょう。

手入力の方も同様に利用コードを入力します。

数字の1とアルファベットの1やIなど、似た文字を間違えないように気をつけてくださいね!

最後に『連携する』をタップすれば利用者連携の完了です。

これでデータプレゼントの授受やトーク画面でのデータ残量確認ができるようになりました。

LINEモバイル利用者連携でもデータ追加やプラン変更はできる?

例えばこんな家族編成の場合

お母さんは大人なのに子供と同じ操作しかできないのは困る!と感じるかも知れません。

利用者連携だけでもデータ追加やプラン変更はできるの?

という疑問を感じている方もいるはず。

特に家族で利用している方はこんな状況で利用していきたいと考えている場合が多いのではないでしょうか。

でも安心して下さいね。

契約者連携の項目でも少し触れましたが、データ追加やプラン変更はマイページで行うのが基本的な操作になります。

『契約者連携』によるログインは、あくまでも『パスワードの省略』でしかありません。

たとえ『利用者連携のみ』だとしても契約者連携をしていなくてもIDとパスワードがわかればマイページへのアクセスは可能ということです。

上図のようなご家族の場合なら、

お母さんは利用者連携のみで毎回IDとパスワードを入力してマイページにアクセスをしてデータ追加などを行う形になります。

逆に言うと、

お子様にIDとパスワードが知られてしまえば勝手にデータ追加やプラン変更ができてしまうということ。

お子様に契約情報を変更されたくない場合はIDとパスワードの管理は徹底することを心がけましょう。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

まとめ

LINEモバイルの『契約者連携』と『利用者連携』についてはおわかりいただけたでしょうか。

契約者連携や利用者連携を使えばLINEモバイルの利用の幅が広がります。

面倒くさくて連携を放置している方は、ぜひ契約者連携や利用者連携を行ってLINEモバイルをもっと便利に活用してみてくださいね!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル