LINEモバイルとY!mobileはどっちがおすすめ?各格安SIMの通信速度や通話料金・プランを徹底比較

おすすめ記事5選
 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『LINEモバイルとY!mobileはどっちがおすすめ?各格安SIMの通信速度や通話料金・プランを徹底比較』

スマホ料金を節約したいなら『格安SIMに乗り換える』というのは今や常識になりつつありますよね。

そこで問題になるのが格安SIM選びです。

格安SIMについてはあまり詳しくないから毎日のようにTVCMで見かけるY!mobileなら大手だし安心できそう!

いやいや毎日使っているLINEが提供するLINEモバイルの方がお得だし管理が楽かも…

なんてついついイメージで考えてはいませんか?

格安SIMを賢く使いこなすならきちんと特色を知って自分に合うものを利用するのがベストです!

そこで今回はLINEモバイルとY!mobileの特徴やプランなど実用的な面でどう違うのか徹底比較してみました。

どちらが自分に合う格安SIMなのかじっくりと見極めてみてくださいね。

LINEモバイル

LINEモバイルの4つの特徴

今回比較する格安SIMのうち、まずはLINEモバイルの特徴をチェックしましょう。

LINEモバイル』という名前から連想される通り、こちらはLINEが提供する格安SIMです。

LINEユーザーにはメリットが大きそうなイメージですが、実際の所はどうなのでしょうか?

LINEモバイルの4つの特徴
  • 全プランにLINEやSNSのデータフリーを採用
  • LINEの年齢認証をパスできる唯一の格安SIM
  • フィルタリングアプリが無料で使える
  • LINEポイントがザクザク貯まる

やはりLINEユーザーには嬉しい仕様が多いようですね。

どのような内容なのか詳しくご紹介していきますね。

全プランにLINEやSNSのデータフリーを採用

多くの方がLINEモバイルを選ぶ理由にあげるのがLINEやSNSがデータフリーになるという所です。

データフリーの対象になったサービスは通信量をカウント(消費)しないので、どんなときでも高速回線で使い放題なのです。

LINEモバイルのデータフリー対象サービス
  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • LINEミュージック

プランによって対象となるサービスは異なりますが、どのプランを選んでもLINEがデータフリーになるのはかなり嬉しいのではないでしょうか。

LINEミュージックがデータフリーになるのはLINEモバイルならではなので、

LINEミュージックユーザーの方も嬉しいですよね。

LINEの年齢認証をパスできる唯一の格安SIM

LINEを最大限活用するためのポイントは電話番号認証と年齢認証です。

電話番号認証は電話番号さえあればパスできますが、

年齢認証は大手キャリアと契約していないと認証することができないのが格安SIMユーザーにとって大きな問題でした。

しかしLINEモバイルはLINEが運営している格安SIMですから、

LINEモバイルとLINEを連携することによって年齢認証をパスすることができるのです!

これは現在の所LINEモバイルのみの機能で、他社格安SIMでは実現できません。

格安SIMを利用しながらLINEの機能を完全にするなら、絶対にLINEモバイルがおすすめですよ。

フィルタリングアプリが無料で使える

低価格でスマホが使える格安SIMは『お子様やおじいちゃんおばあちゃんのスマホに…』と考えている方も多いはず。

しかし、インターネットに不慣れな子供や年配者にスマホを持たせる不安はどうしてもつきものですよね。

そこで役立つのが無料で使えるフィルタリングアプリです。

『お子様用』や『大人用』など年齢層別にざっくりと設定することもできるので、難しいことが苦手な方でも簡単に扱えます。

他社では有料アプリとして提供されている優秀なフィルタリングアプリなので、機能への信頼感もバッチリですよ。

LINEポイントがザクザク貯まる

LINEユーザーにとって嬉しいのがLINEモバイルのプラン料金に応じてLINEポイントが貯まるということです。

毎月プラン料金の1%のLINEポイントがもらえるので、無意識のうちにLINEポイントが貯まっていきます。

LINEポイントには最終獲得から180日間という有効期限がありますが、自動延長されていくのでほぼ無期限化できますよ。

更にうれしいのが、支払い方法をLINE Payカードに設定すればLINE Payカードのポイント還元も同時に受けられること!

LINE Payのマイカラーにもよりますが、合計すると最大3%という驚異的なポイント還元率になってしまうんです!

これはかなりお得ですね。

LINEモバイルに契約するのであれば同時にLINE Payカードを作っておくのがおすすめです。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル

ワイモバイルの4つの特徴

続いてはY!mobileの特徴もご紹介していきますね。

こちらは桐谷美玲さんやふてニャンのTVCMでも注目を集める格安SIMということもあって、

大手格安SIMならではの安心感を感じている方も多いのではないでしょうか。

そんなY!mobileの特徴はこのようになっています。

Y!mobileの4つの特徴
  • 全プランが音声通話つき
  • 無制限音声通話かけ放題オプションがある
  • 家族でデータ容量を分け合えるシェアプランがある
  • シェアプランを使わなくても家族割引できる

音声通話を重視したプラン展開や家族(複数回線)契約がお得になる印象ですね。

それでは以上の特徴を詳しくご紹介していきましょう。

全プランが音声通話つき

Y!mobileはTVCMでもおなじみなようにすべてのプランが音声通話料金込みになっています。

最初から音声通話をすることが前提の人がターゲットになっているということですね。

プランに組み込まれている音声通話はいわゆる『10分電話かけ放題』がセットになっているため、

国内なら携帯電話にも固定電話にも10分以内でかけ放題になりますよ!

無制限音声通話かけ放題オプションがある

実はY!mobileは数少ない無制限音声通過かけ放題オプションが使える格安SIM(のようなサービス)です。

かけ放題プランが使いたいから大手キャリアから乗り換えられない!

と嘆いている方も多いはず。

でもY!mobileなら大手キャリアのような

誰にでも何時間でもかけ放題になるオプションが月額1,000円という超リーズナブルな価格で追加することができるんですよ。

大手キャリアのかけ放題は月額2,700円ですが、この金額はかなりお値打ちですよね。

『音声通話をたくさん使うなら格安SIMは損』というのが通説でしたが、

Y!mobileなら音声通話をたくさんしても安くスマホが使えちゃいますよ!

家族でデータ容量を分け合えるシェアプランがある

Y!mobileにはデータ容量を分け合えるシェアプランがあるので、家族みんなで契約すれば効率的に節約できます。

1つのSIMカード(親回線)で通常どおりプランを契約して、

分けてもらう側のSIMカードには『シェアプラン』という子回線専用のプランを契約するようになっています。

しかも『シェアプランセット割』を適用すれば親回線のプランによっては子回線のプラン料金が無料になるという太っ腹なキャンペーン中!

家族みんなで格安SIMに乗り換えを考えているならシェアプランはとってもお得ですよ。

シェアプランを使わなくても家族割引できる

Y!mobileのシェアプランの難点は最大14GB(契約から2年間は21GB)という所。

これでは家族の人数や利用状況によっては家族分をカバーできません。

また、シェアプランはいちいち分け合うのが面倒くさいし

やっぱり個人個人で契約は別にした方が不満が出にくくて良い、というご家庭もありますよね。

そんなときは端末ごとにプランが別でも契約者が同じであれば2台目以降が500円引きになる家族割引が適用できますよ!

シェアプランが使えない&使いたくないときでもこんな風に割引が適用できるなんて嬉しいですよね。

ちなみにシェアプランとの併用はできないので、シェアプランにするか家族割にするかは契約前によく検討しましょう。

>>Y!mobileの公式サイトはこちら

各格安SIMの料金やプランを徹底比較

LINEモバイルY!mobileの特徴はなんとなくおわかりいただけましたか?

それではいよいよLINEモバイルとY!mobileの料金やプランを比較していきたいと思います!

各格安SIMのプランの仕組み

各格安SIMの料金を比較する前に、各格安SIMのプランの仕組みについて解説したいと思います。

まずはLINEモバイルのプランの仕組みからご紹介していきますね。

LINEモバイルのプラン
  1. 回線(ドコモ・ソフトバンク)
  2. データフリープラン(LINEのみ / LINE+SNS / LINE+SNS+LINEミュージック)
  3. サービスタイプ(データ通信のみ / SMSつき / SMS&音声通話つき)
  4. データ通信量(1GB / 3GB / 5GB / 7GB / 10GB)
  5. オプション(通話オプションや端末保証など)

LINEモバイルでは、以上の5つの要素を組み合わせてプランを選択します。

データフリー×サービスタイプ×データ通信量を自分好みに選択していくことができるので、

自分の使用状況に応じてピッタリのプランで契約することができます。

一方Y!mobileのプランの仕組みはこのようになっています。

Y!mobileのプラン
  1. 10分かけ放題音声通話つきスマホプラン(2GB・3GB / 6GB・9GB / 14GB・21GB)
  2. オプション(通話オプションや端末保証など)

Y!mobileのプランは最初から音声通話込みなので、

使いたい容量に応じてスマホプラン選択したらオプションを追加するという選びやすいプラン編成です。

音声通話前提のプラン編成なので、音声通話が不要な方にとっては割高になってしまうので注意したい所ですね。

以上のように、

LINEモバイルとY!mobileはプラン編成自体の趣旨が大きく違うので、料金そのものも単純に比較することができません。

LINEモバイルのプラン

単純に比較することが難しいので、まずはLINEモバイルのプランの基本料金をご紹介しますね。

この料金でLINEやSNSがデータフリーになるのは、かなりお得だと感じますね。

筆者もLINEモバイルユーザーなのですが、

筆者の場合は頻繁にLINEでたくさんの写真を送受信したりInstagramで動画を見たりしているので

その分がデータフリーになるのは大きなメリットでした。

筆者のようなLINEやSNSのヘビーユーザーにとってはとても良心的なプランといえます。

ただしデータ容量の最大が10GBなので、20GB以上の超大容量プランを希望する方はあまりおすすめできません。

Y!mobileのプラン

それでは次にY!mobileのプランの基本料金をご紹介します。

Y!mobileでは全プランで10分間の電話かけ放題がセットになっています。

しかしそれを差し引いても正直な所、正規料金そのものはそこまで安くありません。

しかし注目したいのは割引プランがすごい所。

1年間は基本料金から1,000円引きかつ、2年間は通信量が1.5倍になるのはY!mobileならではの強みです。

音声通話料金

2社の基本的なプランがわかったところで、音声通話に注目して料金の比較をしてみましょう。

やはりY!mobileのかけ放題オプションは素晴らしいです。

短時間かけ放題は基本プランに入っているので0円、更に無制限かけ放題オプションまで用意されているので、

長時間通話をするなら絶対にY!mobileの方がお得ですね。

その一方でLINEモバイルの場合は専用アプリを使用すれば、国内通話の料金自体が通常の半額である30秒10円という安さです。

短時間かけ放題も別オプションで音声通話つきSIMの基本料金も安く抑えられるので、

必要なときにちょこっと電話できればOKという方にとってはLINEモバイルの方がお得なシステムと言えます。

使用状況を合わせて比較

ご紹介してきたように、LINEモバイルY!mobileはメインのセールスポイントが違うので単純に比較することが難しいのですが、

Y!mobileのプランにLINEモバイルを合わせるとどれくらい差が出るのか?という点から比較してみました!

Y!mobileはキャンペーンや割引を適用したお得な状態、

そしてLINEモバイルはY!mobileに近いプランで最も安く利用できるパターンで比較しています。

全体的にLINEモバイルよりもY!mobileの方が安く利用できる結果となりました。

特にLINEモバイルの基本プラン10GBを超える利用に関しては圧倒的にY!mobileの方が安く利用できそうですね。

しかし、先程も書いたようにY!mobileのプランがここまで安くお得に利用できるのはあくまでも契約から1~2年間のみ

そしてY!mobileと比較するとやや高めに感じるLINEモバイルで注目したいのはやはりデータフリーのシステムです。

『データフリー』というと『通信量が計算されないからお得!』というような感じで注目が集まりますが、

個人的には高速通信量を使い切っても高速通信で使える!という所にメリットを感じます。

月の半ばに高速通信量を使い切ってしまってもLINEやSNSが高速で使えるというのは想像以上に快適です。

LINEやSNSの表示が遅くなったから追加データを購入するのはもったいないと感じてしまいませんか?

いつも契約中の容量を少しオーバーしてしまう方はぜひLINEモバイルのデータフリーにも注目して検討してみてくださいね!

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

>>Y!mobileの公式サイトはこちら

各格安SIMのサポート体制はどう?

実店舗を持つ会社が少ないのも格安SIMの特徴ですが、そこで重要になってくるのが各格安SIMのサポート体制ではないでしょうか。

ということで、LINEモバイルとY!mobileのサポートについても調査してみましたよ!

LINEモバイルのサポート

まずはLINEモバイルのサポートについて、詳しい内容を見ていきましょう。

LINEモバイルのサポート窓口
  • 電話(10時~19時/0120-142-275)
  • メール(受付は24時間)
  • LINEトークによるチャット(オペレーター受付は10時~19時)
  • 個人情報が関係ない内容ならTwitterでもOK

電話やメールといった基本的な窓口はもちろん、

Twitterでも積極的に回答してもらえるというのはなかなかお手軽で嬉しいサポートではないでしょうか。

更に『LINEモバイルならでは』なのがLINEのトークでオペレーターと直接やりとりができるという所です。

トーク画面に質問を打つなら、友達にお話する感覚で相談できそうですよね。

TwitterやLINEのトークなどサポートが身近に感じるのがLINEモバイルの特徴と言えそうです。

Y!mobileのサポート

続いてはY!mobileのサポートの詳細をご紹介します。

Y!mobileのサポート窓口
  • 電話(9時~20時/契約者151・契約者以外0570-039-151)
  • チャット(10時~24時/オペレーター対応)
  • LINE(24時間/自動チャット)

電話の受付時間が長く、少し遅くまで対応してもらえるのが嬉しいですね。

完全に夜間にしか問い合わせできないときは、

24時までチャットでオペレーターと直接やりとりできるので電話が苦手or夜にしか連絡できない方でも安心です。

また、ちょっとした疑問ならLINEの自動チャットで解決することもあるので気軽に活用できるのも嬉しいのではないでしょうか。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

>>Y!mobileの公式サイトはこちら

各格安SIMの通信速度は?

実際に格安SIMを使うとなると、本当に重要なのはその通信速度ではないでしょうか。

いくら安くても通信速度が遅くて大手キャリアの速度制限中よりも遅いなんて事になったらさすがに契約したくないですよね。

ということでLINEモバイルとY!mobileの通信速度も調査してみました!

比較結果を見る前に通信速度の目安を確認しておきましょう。

通信速度の目安
  • テキストメッセージのやりとり
    0.2Mbps(通信制限中レベル)
  • WEBページの閲覧
    0.5~1Mbps(画像が多いほど早い方が良い)
  • 動画の視聴・ライブ配信
    1~3Mbps(高画質なほど早い方が良い)

大体1Mbps程度あればどんなアプリでもそこまで不快な思いはせずに利用できる目安ですね。

3Mbps以上あると快適な通信速度といえます。

今回は最も混み合う時間帯と言われている、お昼ごろの通信速度を比較してみました。

LINEモバイルの通信速度

まずはLINEモバイルの通信速度から見ていきましょう。

LINEモバイル愛用中の筆者のiPhoneで計測した結果がこちらです!

下り(ダウンロード)…5.15Mpbs
上り(アップロード)…25.44Mpbs

大手キャリアでは当たり前の速度かもしれませんが、格安SIMで見るとかなり速いのではないでしょうか!

お昼の時間帯にこれだけ速度が出ているのはなかなか高評価できますね。

これだけ速度が出ていればお昼休みに動画を見るのもゲームをプレイするのも、ストレスフリーで快適にできそうです。

Y!mobileの通信速度

続いてY!mobileの通信速度はどうでしょうか。

筆者はY!mobileを持っていないため、Twitterで実際の利用者さんの声を調査してみました。

下り(ダウンロード)…4.53Mpbs
上り(アップロード)…1.11Mpbs

上りの速度が若干不安ではありますが、それでも十分な速度が出ているのではないでしょうか。

Y!mobileはソフトバンクの回線を使う格安SIMですが、

同時に自社の回線も持っているので格安SIMの中でも比較的安定しているのです。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

>>Y!mobileの公式サイトはこちら

各格安SIMの最低利用期間は?解約料金はいくら?

最後の比較はLINEモバイルとY!mobileの最低利用期間や解約料金についてです!

これ、大手キャリアで痛い目見たことがある方も多いのではないでしょうか。

契約前に必ず確認しておきたいポイントですよね!

LINEモバイルの最低利用期間と解約料金

まずはLINEモバイルの最低利用期間についてご紹介していきたいと思います。

LINEモバイル最低利用期間が設けられているのは音声通話つきSIMのみとなっています。

データ専用SIMやSMSつきSIMには最低利用期間が存在しないので、いつ解約しても解約料などは発生しません!

ちょっとお試しで格安SIMを使ってみたいときは

データ専用SIMかSMSつきのプランで試してみてもいいかも知れませんね。

さて、それでは音声通話つきSIMの最低利用期間はというと、

契約した翌月から12ヶ月以内の解約は9,800円の解約料金が発生するということになっています。

大手キャリアと大きく異なるのは、LINEモバイルの場合は『更新がない』ということ。

最初の1年間を過ぎてしまえばその後はいつ解約しても解約料金は発生しません。

契約が自動更新されて解約料金が~~~!

なんてことにはならないので、安心してくださいね。

Y!mobileの最低利用期間と解約料金

次はY!mobileの最低利用期間と解約料金を見ていきましょう。

なんとY!mobileのスマホ基本プラン3種類はすべて2年縛りです。

しかも大手キャリアと同様に契約期間が自動で更新されていくパターンなので、

契約更新月以外に解約すると9,500円の解約料金が発生します。

これはちょっと残念ですね…

大手キャリアと同じようにしっかりと管理していれば困ることもないのですが、

LINEモバイルと比べてしまうと期間の長さや更新システムはやはりマイナスポイントです。

基本料金にプラス約4,000円で2年縛りのないプランにすることもできますが、

それなら大手キャリアでもいいかも?という値段になってしまいます。

プラン料金が全体的に良心価格なのはY!mobileの大きなメリットでしたが、

『お試しで格安SIMに乗り換えたい!』という方にはあまりおすすめできないかも知れません。

LINEモバイルとY!モバイルはどっちがおすすめ?

ここまでいろいろな角度から比較してきたLINEモバイルとY!mobileですが、

どちらがどんな方におすすめなのか簡単にご紹介したいと思います。

ぜひ乗り換えの参考にしてみてくださいね。

LINEモバイルをおすすめしたい人
  • LINE・Twitter・Instagram・Facebookユーザー
  • データ通信プランで契約したい人
Y!mobileをおすすめしたい人
  • 音声通話をたくさんしたい人
  • 家族で格安SIMに乗り換えたい人

以上の方にそれぞれの格安SIMをおすすめする理由を詳しくご紹介していきたいと思います。

LINEモバイルはLINEやSNSユーザーに超おすすめ

ご紹介してきたとおりLINEモバイルの強みはデータフリープランです。

LINEユーザーやTwitter・Instagram・FacebookといったSNSユーザーには超おすすめな格安SIMのひとつです。

もちろんLINEやSNSの通信量が多い人ほどお得になるので、

普段どれくらい利用しているかをちょっと想像してみてください。

毎日写真や動画の送受信、たくさんしていませんか?

SNSのタイムライン、1日に何度もチェックしていませんか?

LINEの無料音声通話が『普通の通話』になっていませんか?

以上に該当する方は、きっとLINEモバイルをお得に使えるはずです。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルなら音声通話なしプランが選べるから安い!

LINEモバイルは通信プランやデータ容量の選択肢がある程度充実しているので、

音声通話のないプランを選ぶことができるのも魅力的です。

Y!mobileだと音声通話がセットになってしまっていて料金が少し高く感じてしまう方もいると思いますが、

LINEモバイルなら音声通話をカットする(つけない)ことでその分の料金を安く抑えることができますよ。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル

Y!mobileは音声通話かけ放題したい人にピッタリ

Y!mobileの魅力はやはり音声通話プランが充実していること。

格安SIMには珍しい無制限かけ放題プランがあるので、長時間の音声通話をしたい方にはピッタリです。

この点がネックになって格安SIMに乗り換えられなかった方もきっと多いのではないでしょうか。

Y!mobileなら大手キャリア同様の音声通話プランが適用できますし、

最初から10分かけ放題がセットになっているので短時間通話は通話料金を気にせずたくさん使えますよ!

>>Y!mobileの公式サイトはこちら

Y!mobileに家族みんなで乗り換えればシェアプラン・家族割引が使える

シェアプランや家族割引が適用できるY!mobile家族みんなで格安SIMに乗り換えるのにも最適です。

特にお得なのはシェアプランですが、こちらは容量が少なめというデメリットがありました。

しかし特にお子様やおじいちゃん・おばあちゃんなど、

『容量はいらないけど連絡手段としてスマホを持ってほしい』という用途にはピッタリ。

ひとりひとり別回線で持ちたい家族は家族割引を適用して更に安く格安SIMを始められますよ。

>>Y!mobileの公式サイトはこちら

まとめ

データ通信プランやコミュニケーションツールに特化したLINEモバイルと音声通話プランや家族契約に特化したY!mobile。

どちらも魅力的な格安SIMだったのではないでしょうか。

自分の使い方に合わせた格安SIMを選ぶことでいいところを最大限活かすことができます。

今回の比較を、ぜひ格安SIM選びの参考にしてみてくださいね。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

>>Y!mobileの公式サイトはこちら