クレジットカードなしで契約可能なドコモ回線の格安SIM会社まとめ!キャリアが使えないブラックユーザー必見

おすすめ記事5選
 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『クレジットカードなしで契約可能なドコモ回線の格安SIM会社まとめ!キャリアが使えないブラックユーザー必見』

格安SIMといえば、
『支払い方法がクレジットカードのみ』という会社も少なくありません。

最近はキャッシュレス化が進んでいるとはいえ、
まだまだ現金主義の方は多く

クレジットカードは作りたくない!
クレジットカードはできれば使いたくない…

という方も多いのではないでしょうか。

中にはブラックになってしまったり
収入が足りずにクレジットカードを作ることができない方もいるかも知れませんね。

そんな方たちにとって格安SIM選びはちょっと大変!

ということで今回は
人気のドコモ回線の格安SIMに絞ってクレジットカード不要で契約できる格安SIMをご紹介
したいと思います。

LINEモバイル

クレジットカードがなくても契約ができるドコモ系格安SIMまとめ

それではさっそくクレジットカードがなくても契約できるドコモ系格安SIMについてご紹介していきますね。

実はクレジットカード不要で契約できる格安SIMには3つのパターンが存在しています。

クレカ不要で契約できる格安SIM 3パターン
  • 最初からクレジットカード以外の支払い方法が選べる
  • 店頭申込なら口座振替が可能になる
  • 既に他の提携サービスを利用している場合に限り同じ支払い方法ができる

これ以外にも独自のポイント制度のポイントで支払えるパターンなどがありますが、

今回は新規契約しやすい以上の3パターンを中心に各2社ずつご紹介していきたいと思います!

楽天モバイル

実は楽天モバイルは支払い方法の選択の幅広さNo.1!

最初からデビットカード払いの選択肢があるので、デビットカード対応の銀行口座とキャッシュカードがあればOK。

しかも、デビットカードを持っていれば全額楽天スーパーポイント払いも可能です。

普段から楽天で大量にお買い物をしていれば、格安SIM代金のすべてをポイントで賄える方もいるかも知れませんね。

また、通常の口座振替も可能です。

デビットカード対応の銀行口座がない方やデビット機能が無いカードを利用中の方でも

クレジットカード無しで契約することができますよ。

ただしこちらの場合は口座振替手数料として毎月100円がかかる点や、

ポイントの利用ができない、端末代金は未対応などの注意点が多いので

これを機にデビット機能がある銀行やカードに変更するのをおすすめします。

楽天モバイルおすすめプラン『スーパーホーダイ』

楽天モバイルの特徴はなんといっても楽天ユーザーのメリットが超大きいことです。

その中でも『スーパーホーダイ』は楽天ユーザーに超おすすめです。

こちらは高速データ容量+5分以内通話かけ放題がセットになったお得なプランなのですが、

楽天ダイヤモンド会員ならS・M・Lすべてのプランで500円引きでもっとお得に契約できます。

更に2年契約で10,000ポイント、3年契約で20,000ポイントのポイントバックも充実。

楽天モバイルはポイント払いが可能なので、実質1万円~2万円分は料金がタダになります。

選べるデータ容量もライトユーザーなら2GB、ミドルユーザーなら6GB、ヘビーユーザーなら14GBと充実しているので、

自分の使い方に合わせて契約できますよ!

>>楽天モバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイル

一見クレジットカード支払いのみのように見えるLINEモバイル』も実はクレジットカード不要で契約できる格安SIMです。

その支払方法はLINE Payカード

LINE PayカードはLINEが提供するチャージ式プリペイドカードのことです。

LINEアプリからLINE Payアカウントを作成し、カード発行をすることで手に入りますよ。

厳しい審査などは一切なく基本的には本人確認のみで登録が完了するので、誰でも作れます

残高や使用履歴はいつでもLINEアプリから確認できるため、使いすぎ防止にも役立ちます。

しかもLINE Payカードによる支払いは、

通常のLINEモバイル利用分のポイント還元+LINE Payカードのポイント還元で、獲得ポイントが3倍になる超オトクな支払い方法なんです。

LINE Payアカウントの登録費・年会費などはすべて無料!

普段のお買い物にも便利に使えるカードなので、作っておいて損はないオススメのプリペイドカードです。

LINEモバイルおすすめプラン『コミュニケーションフリープラン』

LINEモバイルの最大のメリットはLINEやSNSのカウントフリー。

特に『コミュニケーションフリープラン』はLINEと3大SNSがカウントフリーになるお得なプランです。

LINEモバイルではすべてのプランでLINEがカウントフリーになりますが、

それに加えてTwitter・Instagram・Facebookがカウントフリーになるのはかなり大きなメリットではないでしょうか。

特にInstagramはデータ消費の多いサービスなので、毎日Instagramをチェックしている方なら絶対にオススメです。

データ容量に関しても3GB・5GB・7GB・10GBと、小刻みに選べるのが特徴的。

大量通信がしたいヘビーユーザーには向きませんが、できるだけ節約したいライトユーザーからミドルユーザーにはピッタリです。

LINE+3大SNSがカウントフリーになることを考えると、

他社格安SIMや大手キャリアで契約しているデータ容量よりも1段階下の容量で済む場合もあるかも知れません。

>>LINEモバイルの公式サイトはこちら

Y!mobile

続いては店頭申込で口座振替が可能になる格安SIMのご紹介です。

『Y!mobile』では店頭申込限定で口座振替が可能になります。

でも格安SIMって店舗が無い、あってもごく少数なんじゃないの?
と疑問をお持ちの方も多いと思います。

しかしY!mobileは厳密には格安SIMとは少し違い、自社でも回線を持つ会社ということもあってか

大手キャリア級の店舗数・店舗サービスを誇っています。

Y!mobileの口座振替申し込みに必要なものは以下の通りです。

審査に1~2ヶ月程度の時間がかかるため、審査に通るまでは振込用紙で支払う必要があります。

ほとんどの銀行に対応済みですが、

マイナー銀行には対応していないこともあるので事前に対応している銀行を確認しておきましょう。

一部の店舗ではPay-easy対応の銀行口座の場合は、即日手続きが完了することもあります。

どちらの方法にしても手数料0円で銀行支払いが可能なのはY!mobileの大きなメリットと言えそうです!

Y!mobileおすすめプラン『スマホプラン』

Y!mobileも楽天モバイルのように高速データ容量と短時間の通話かけ放題がセットになった『スマホプラン』がお得です。

スマホプランの短時間通話かけ放題は『10分以内』とちょっぴり長めなのが高ポイント!

しかも契約から2年間はデータ容量が2倍になるので、ゆとりのあるデータプランで満足間違い無し。

更に今ならワンキュッパ割で全プラン1年間1,000円引きになるチャンスです。

ただし気をつけたいのが、これらはすべて2年契約前提の料金だということ。

格安SIMの縛りのゆるさに魅力を感じている方にはあまりおすすめできません。

また、データ容量が2倍になるのも2年間だけなので、2年で他社に乗り換えるのがおすすめです。

>>Y!mobileの公式サイトはこちら

TONEモバイル

『TONEモバイル』も店頭申込で口座振替が可能になります。

もしかしたら『TONEモバイルなんて聞いたことも店舗を見たことも無い』という方もいるかも知れませんね。

実はTONEモバイルはTSUTAYAの格安SIMなんです。

TSUTAYAなら馴染みがある方も多いのではないでしょうか。

しかしどこのTSUTAYAでも対応しているわけではなく、TONEモバイル取扱店舗のTSUTAYA限定という点には要注意です。

申し込み時に必要なものはこちらの通りです。

楽天銀行やジャパンネット銀行などのネットバンキングは非対応だったりするので、対応している銀行は事前に確認しておきましょう。

また、TONEモバイルは専用端末の同時購入が必須ですが、端末は口座振替で購入することはできません。

申し込み時に現金一括払いで購入しなければならないので、お財布の中身もチェックしてからお店に行きましょう。

TONEモバイルおすすめプラン『基本プラン』+オプション

TONEモバイルの大きな特徴は端末からプランまでがオールインワンだということ。

プランについても、『基本プラン』一種類しか存在しないんです。

こちらのプランの内容は高速データ量なし、090音声通話なし、という超絶シンプルなプランで、

そこにオプションを追加して自分好みのプランを作れるというのがTONEモバイルの強みです。

画像はオプションの一例ですが、

音声通話を追加したり高速データ量を追加したり、他社格安SIMで提供されている一般的なプランは一通り組めます。

必要なオプションを必要なだけ追加して、オリジナルプランで格安SIMを始められますよ!

他社に比べると割高な格安SIMではありますが

『TSUTAYAで買える・サポートを受けられる』というのはTONEモバイルならではのメリットですね。

>>TONEモバイルの公式サイトはこちら

BIGLOBEモバイル

最後は他の提携サービスを利用している場合は同じ支払い方法が利用できる格安SIMのご紹介です。

BIGLOBEが提供しているBIGLOBEモバイル』はその代表格といえます。

BIGLOBEと言えば大手プロバイダーですから、インターネットの通信を契約している方も多いのではないでしょうか。

BIGLOBEが提供しているモバイル以外のサービスを利用(=BIGLOBE会員)していれば、

そのサービスの支払いにBIGLOBEモバイルの請求を追加することができます。

※光回線以外の契約+端末セット購入の場合は対象外

また、データ専用SIMであればBIGLOBE会員でなくても口座振替による支払いが可能になります。

ただしこの場合には手数料が毎月200円発生します。

毎月200円の出費はちょっと痛いですね…

BIGLOBEモバイルの口座振替による支払いは、基本的には既にBIGLOBE会員向けのサービスなのかも知れませんね。

BIGLOBEの他サービスとの同時契約はBIGLOBEモバイルの割引特典もあるので、

これを機にプロバイダーをBIGLOBEに乗り換えるのもおすすめです!

BIGLOBEモバイルおすすめプラン『音声通話つきSIM』+エンタメフリーオプション

BIGLOBEモバイルのプランはとてもシンプルでスッキリしているのが特徴的。

BIGLOBEモバイルでおすすめしたいのは基本プランに追加する『エンタメフリー』というカウントフリーオプションです。

こちらのオプションでは、YouTubeやGoogle Play Musicを始めとする動画・音楽配信サービスが中心にカウントフリーとなります。

音声通話つきSIMをおすすめする理由は、エンタメフリーオプションはSIMカードによって月額料金が変わるからです。

データ専用・SMSつきSIMの場合だと月額980円の所、音声通話つきSIMなら月額480円と500円もお得!

音声通話つきSIMはデータ専用SIMよりも700円高くなってしまいますが、

『+200円で音声通話つきSIMが使える』と考えたら絶対に音声通話つきSIMの方がお得だと思いませんか?

エンタメフリーオプションを前提に考えているなら、音声通話つきSIMがおすすめですよ!

>>BIGLOBEモバイルの公式サイトはこちら

mineo

BIGLOBEモバイル同様に『mineo』も提携サービスとの同時契約で支払いを一本化できます。

mineoの場合は、mineoを運営するケイ・オプティコムが提供している『eo光ネット』の契約者がその対象です。

eo光ネットは主に関西圏でのプロバイダーサービスなので、関西圏以外の方は諦めましょう。

残念ですがeo光ネットとの同時契約以外ではクレジットカードを使わない支払い方法はありません。

mineoのおすすめプラン『ドコモプラン デュアルタイプ』

mineoで契約するなら音声通話つきSIMである『デュアルタイプ』がおすすめです。

音声通話つきSIMに関しては最低利用期間と解約料金を設けている格安SIMが多い中、

mineoの場合は音声通話つきSIMでも最低利用機関や解約料金が不要です。

気に入らなければすぐに解約できますし、余分な費用もかかりません!

嬉しい割引サービスとしては複数回線割引・家族回線割引があるため、

複数台持ちしている方や家族みんなで格安SIMに乗り換えたい方には特におすすめできます。

パケットギフトやパケットシェアでデータプレゼントをし合うのはもちろん、

『フリータンク』というシステムでは毎月無料で最大1GBの高速データがGETできます。

mineoでは100MB=150円で追加データを販売しているので、約1,500円分のデータ量ということですね!

これはかなり大きなメリットではないでしょうか。

>>mineoの公式サイトはこちら

まとめ

格安SIMに契約する時には『クレジットカード必須』と思い込んで諦めていませんか?

WEBページをよーく読んでみると、
実は意外とクレジットカード以外で支払える格安SIMがあるんです!

それぞれ特色や個性の違う会社なので、
自分に合った格安SIMを選んで賢くスマホ料金を節約してみましょう。