SUITS:スーツのドラマ3話目のあらすじとネタバレ感想!10月22日放送【追放!裏切り社長】

おすすめ記事5選
 

こんにちは。『ペコ』です。

本日の記事の内容はこちら。

SUITS:スーツのドラマ3話目のあらすじとネタバレ感想!10月22日放送【追放!裏切り社長】

SUITS:スーツのドラマ3話目のドラマのあらすじとネタバレ

スーツの監督

甲斐正午と一緒にクライアントの元へ行きたがる鈴木大輔に、甲斐は「その必要は無い。とても大事なお客様なんだ」と断る。

今回だけでなく、いつもこんな調子で同行することや会議に参加することを許されていない大輔は、パラリーガルの聖徳真琴に、「仕事が欲しい」と愚痴をこぼす。

大輔と真琴のやりとりを聞きつけた蟹江貢は、大輔をとある場所に連れ出す。

その頃甲斐は、社長の加宮忠が72歳で急死した老舗時計メーカー「KAMIYA」を訪れていた。

KAMIYAでは、娘の静香と「KAMIYA」の取締役の安楽孝志が加宮忠の葬儀を巡って揉めていた。
静香は家族葬にしたいという。

安樂は顧問弁護士である甲斐に仲介に入ってもらおうと言い、結果的に静香の希望通り家族葬を行うことになった。

甲斐はそこで、臨終に立ち会ったという古株の工場長・岡林達樹に会う。

同じころ、大輔は、総合格闘技道場で蟹江のスパーリング相手を務めていたが、蟹江に一方的にやられてしまう。

「仕事があると聞いたから来たのに」と文句を言う大輔に、蟹江は大輔をここに連れてきた目的を話す。

格闘技場には世界的に有名なゲームメーカー「BPM」のCEO兼チーフクリエイタ―・藤ヶ谷樹がいた。

藤ヶ谷は最近顧問弁護士と大喧嘩したらしいという情報を蟹江は掴んでいた。

藤ヶ谷はハーバード大卒であり、蟹江の狙いは、ハーバード大学で藤ヶ谷と同期だった大輔を利用して自分を売り込むことだったのだ。

「玉を掴み合うぐらい仲良くなれ」と蟹江は大輔に命令するが、大輔は経歴詐称しているため動揺する。

その後更衣室で藤ヶ谷と二人きりで話す機会があり、藤ヶ谷はハーバード大入学直後にゲームが売れ始めたため授業どころではなく、同期の顔もろくに覚えていないことを知った大輔は、胸をなでおろす。

そしてBPM社のゲームで「三つ目小僧」という名で世界ランキング入りしたこともある大輔は、そのことがきっかけで彼との距離を一気に詰める。

一方、甲斐は、「KAMIYA」社長が亡くなる前から安樂達が国内工場を閉めて東南アジアに生産拠点を移そうと裏で動いていたことを知り、社長を安樂以外の人物に交代させようと決意する。

まず甲斐が声を掛けたのは工場長・岡林達樹だったが…。

SUITS:スーツのドラマの3話目のドラマを見た感想

管理人

「SUITS/スーツ」第三話は、甲斐の人間らしい部分が初めて見えた気がしました。

甲斐は今まで報酬第一で動いているという様な印象が強かったですが、今回は老舗時計メーカー「KAMIYA」の先代社長との約束を守るため、先代社長がまだ生きている内から勝手に東南アジアに工場移転の話を裏で進めていた安樂を次期社長にする訳にはいかないと奮闘していましたね。

甲斐の意外に情が厚い一面を見ることが出来て嬉しかったです。

しかし社長のすげ替えを目論んでいる甲斐の行動をいち早くチカは見抜いており、安樂が社長になってもならなくてもどっちに転んでも幸村・上杉法律事務所の利益なるよう、安樂には同事務所の他の弁護士・蟹江を紹介していましたね。

流石チカはやり手の女社長だなあと思いました。

安樂と蟹江が料亭で打ち合わせしている現場に甲斐が乗り込んでいって、「顧問弁護士である私を通してもらわないと困る」と甲斐が安樂に言うと、蟹江が反論しますが、そんな蟹江に甲斐は「蟹は黙って蟹食ってろ。」と冷たく言い放ったシーンはとても面白かったです。

甲斐は新しい社長を古株の工場長・岡林達樹にしようと決め、会社の経営理念などを覚えさせようとしますが、岡林は「中卒の俺には無理だ」と断ります。

そんな岡林に甲斐は「なんとしても覚えるんだ!」と怒鳴り、逆に大輔は岡林の気持ちに真摯に寄り添うことによって、岡林は見事にやる気になりましたね。

大輔すごいなあと思っていたら、それも全部甲斐の作戦であり、「職人気質にはアメとムチが効果的だ」とニヤっと笑った甲斐がカッコ良かったです。

しかしそんな努力も空しく、蟹江が一足先に臨時の取締役会を開いてしまい安樂が社長に就任してしまいました。

甲斐に向かって安樂は「甲斐先生、貴方はクビだ。新しい顧問弁護士は蟹江先生に。」という言葉を投げかけ、甲斐は珍しく苦い表情をしていましたね。

もう安樂を社長の座から引き落とすのは絶望的かと思われましたが、大輔が仲良くなった世界的有名メーカー・BPMの社長・藤ヶ谷が「KAMIYA」を買収することになったので、甲斐と大輔の大勝利で幕を閉じました。

海外移転の話ももちろん白紙になったので、先代の社長も喜んでいることでしょう。

また、藤ヶ谷は幸村・上杉法律事務所と顧問弁護士契約を結びたいと面会に来て、最初は蟹江先生と大輔にお願いしますと言っていました。

大輔が「本当に蟹江先生でいいの?」と聞くと、「いや、あれぐらいキモイ方が訴訟相手も怖がるかと思って。」と答えていたのには笑ってしまいました。

しかし物語最後に、結局蟹江では無く甲斐と大輔に指名を変更していましたね。

その理由をチカが聞くと、「これ言っちゃって良いのかな。前に格闘技場で一度スパーリングした時、あの人僕の耳の中に舌を入れてきて…」となんともおぞましい話を藤ヶ谷がし始めると、「それ以上は聞きたくない」と慌ててチカが耳をふさぐシーンもとても面白かったです。

蟹江は本当にちょっとやばい奴だということが今回判明しましたね。

第三話も非常に面白かったです。

SUITS:スーツのドラマ4話目のドラマのあらすじと展開予想

視聴者

第四話は二つの大きな案件が発生する様ですね。

一つはチカの元夫である辛島が代表を務める「ナノファーマ」が、難病治療のために開発した薬「レミノゼール」を使用したことにより肝機能障害を起こしたとされる8名の患者に訴えられる様です。

甲斐は和解金を支払うことで解決しようとするみたいですが、なにやら一筋縄では行かない様ですね。

また、チカが離婚していたことにも驚きました。

チカの元夫の辛島が一体どんな人物なのかとても楽しみです。

もう一つは、家賃を滞納して追い出された際に飼っていたうさぎが死んでしまったので訴えを起こしたいという何ともハチャメチャな案件みたいですね。

こちらは大輔が担当する様なので、大輔がどんな対応をするのか楽しみです。

流石にこんな内容では訴訟で絶対に勝てませんし、断るしか無いと思いますが、大輔は優しいので引き受けるかもしれませんね。

次回もとても楽しみです。

SUITS:スーツのドラマ3話目に出演しているキャストまとめ

  • 甲斐 正午/織田 裕二
  • 鈴木 大貴(大輔)/中島 裕翔
  • 聖徳 真琴/新木 優子
  • 玉井 伽耶子/中村 アン
  • 谷元 遊星/磯村 勇斗
  • 谷元 砂里/今田 美桜
  • 柳 慎次/國村 隼
  • 鈴木 結衣/田島 令子
  • 蟹江 貢/小出 伸也
  • 幸村 チカ/鈴木 保奈美

第3話ゲスト

  • 加宮 静佳/東風 万智子
  • 安樂 孝志/久松 信美
  • 岡林 達樹/きたろう
  • 藤ヶ谷 樹/柳 俊太郎

SUITS:スーツのドラマ3話目のドラマを見逃した動画を無料で見る方法

フジテレビが放送するSUITS:スーツはフジテレビが運営するFODプレミアムから無料で見ることができます。

本来は888円の月額料金が発生するのですが、

現在であれば、1ヶ月間無料のお得なキャンペーン中です!

フジテレビ系の見たい番組がてんこ盛りなFODプレミアムは現在、1ヶ月間無料トライアルで体験できる期間限定キャンペーン中!

期間内に解約すれば課金されることはなく一切料金は発生しません。

本当にお得なので・・・この機会に登録しましょう!!

FODプレミアムに1ヶ月間無料トライアルの登録に必要なのはたったの2つ

FODプレミアム1ヶ月間無料お試しに必要なもの
  • Amazon ID
  • クレジットカード

Amazon IDがない人は、登録を進める際に、IDは作成できるのでご安心ください。

手元に用意するのは、クレジットカードだけで大丈夫ですよ。

そしてFODプレミアムの無料登録は下記の画像のようにたったの3ステップの1分程度で完了します。

この機会に、FODプレミアムの無料登録を済ませて、SUITS:スーツを楽しみましょう。

まとめ

SUITS:スーツの3話目のドラマも目が離せませんでした。

FODプレミアムでは、何度でもドラマの内容を確認できるように何度でもどこでも見放題です。

ぜひ、この機会にFODプレミアムに登録してSUITS:スーツを含む動画を楽しみましょう。