SUITS:スーツのドラマ5話目のあらすじとネタバレ感想!11月5日放送【織田裕二新章スタート】

おすすめ記事5選
 

こんにちは。『ペコ』です。

本日の記事の内容はこちら。

SUITS:スーツのドラマ5話目のあらすじとネタバレ感想!11月5日放送【織田裕二】

SUITS:スーツのドラマ5話目のドラマのあらすじとネタバレ

スーツの監督

幸村・上杉法律事務所で2018年上半期の決算報告会が行われた。

取り扱った件数が一番多い弁護士は蟹江だったが、売り上げNo.1の弁護士は甲斐正午だった。

「量より質だ」と得意げに言う甲斐に蟹江はとても悔しそうだ。

チカは、甲斐と蟹江にNo.1の賞品として伝統芸能のチケットを手渡し、「一緒に行って来たら?」と言うが、二人は心底嫌な顔をして「冗談じゃない」と吐き捨てた。

そんな折、大輔のスマホに悪友・遊星が傷害事件を起こして逮捕されたと警察から連絡が入る。

大輔は、甲斐に「祖母が転倒して怪我をした」と嘘をつき、遊星のいる警察署に向かおうとした。

すると甲斐は、自身が個人で契約している車を使うよう大輔に指示する。

大輔は「電車で行く」と断るが、結局甲斐の好意に甘えることにした。

大輔は、運転手の赤城達男に正直に事情を打ち明け、警察署へ向かったのだが、しかしその途中、赤城が前方不注意のためにトラックと追突事故を起こしてしまった。

衝突事故の相手は、運送会社の雇われ運転手・糸井公一。

幸い大きな怪我は無さそうだ。

大輔は糸井に「幸村・上杉法律相談所の鈴木です」と名乗り、名刺を差し出した。

糸井は名刺を食い入る様に見つめ、「甲斐正午はまだここにいますか?」と言う。

大輔は不思議そうに「まだいます」と答えると、糸井は「そうですか」と笑いだす。

赤城は大輔にタクシーを拾って警察署へ向かってくださいと告げる。

警察署についた大輔は、遊星の身柄を引き受けることにした。

遊星は、飲食店で他の客と口論になり暴れたらしく、店側から壊れた食器の弁償を求められていた。

しかし遊星は、マンションや車を失った上にまだ莫大な借金も抱えており、お金は全く持っていないという。

その頃甲斐は、赤城から衝突事故の相手が示談を拒否しているとの報告を受ける。

「示談に応じない?有り得ない」と甲斐は不思議がるが、赤城が見せた糸井の身分証のコピーを見ると「糸井社長。よりによって…」と苦い顔になる。

翌日、甲斐は、示談交渉専門の大輔が事故現場を離れただけでなく、嘘までついて悪友に会いに行っていたことを非難し、「彼と縁を切ることが君を雇う条件だったはずだ」と言い、この機会に遊星との関係を終結させるよう命じる。

大輔は遊星が寝泊まりしている漫画喫茶に行くと、遊星は「もう会えないって言いに来たんだろ?そういう約束だったしな。悪かったな」と言う。

そんな遊星に大輔は「一杯行くか?」と誘い、二人でクラブに行くが…。

SUITS:スーツのドラマの5話目のドラマを見た感想

管理人

「SUITS/スーツ」第五話は、新章スタートとなりましたね。

大輔が甲斐のお抱えの運転手・赤城の車に乗って遊星がいる警察署へ向かおうとしますが、その途中で衝突事故を起こしてしまいました。

相手は一二三物流の雇われ運転手・糸井です。

大きな怪我も無い様ですし、この場合は示談で穏便に済むのが一般的ですが、糸井は大輔が幸村・上杉法律事務所に所属している弁護士だと知るや否や表情が一変し、「甲斐先生はまだいらっしゃいますか?」と聞いてきました。

甲斐がまだいると知ると、変な笑い方をし始めたので、過去に甲斐と何かあったことは一目瞭然でしたね。

案の定、糸井が「糸井ベアリング」という会社の社長を務めていた時代に、糸井と甲斐は特許を巡る案件で争ったことがあるらしく、その時も甲斐のおなじみのやり方で甲斐が勝利を収めた様です。

糸井はそのことにより、会社も潰れ奥さんも従業員も皆離れていってしまったので、甲斐に恨みを持っているとのことでした。

完全な逆恨みですが、「あの運転手には恨みは無いが、あんたのお抱えだと知ったからには示談には絶対応じない」と甲斐にも言い放っていました。

挙句の果てに、甲斐が「悪徳弁護士」だと世間に印象付けるように、甲斐との会話のドライブレコーダーを改ざんしてネットニュースに流してしまったので、糸井の甲斐への恨みっぷりは相当の物だったんだなあと思っていました。

しかし実は、糸井は一時停止を無視し、挙句トラックの速度は法定速度を超過していたことが物語後半で明らかになりました。

糸井は運送会社を新たに立ち上げる計画を立てていたため、この事実が公になってしまってはまずいので、過去の甲斐との因縁を持ち出し、「悲劇の庶民」になり切っていただけだったのです。

甲斐が糸井に「たとえ貴方と百回争っても百回勝つ。」とキッパリ言い放ったのがすごくかっこよかったです。

また、物語序盤で甲斐は一二三物流の顧問弁護士である蟹江に糸井が示談に応じる様に口利きをしてもらおうと頼みに行きますが、蟹江の条件は甲斐の秘書・玉井を二日間自分の秘書として働かせて欲しいというものでした。

甲斐は玉井に頼みに行きますが、玉井は即答で「嫌です。」と答え、甲斐が「二日間だけだ。その後は休暇を取っていい。」と言うが、玉井は再び即答で「嫌です。」と答えたのがすごく面白かったです。

玉井は蟹江のことがとても嫌いなんだなというのがヒシヒシと伝わってきました。

甲斐は一度は立ち去りましたがすぐに戻ってきて、今まで見たことも無い様な情けない顔で「玉、頼む。」と言っていたのも笑ってしまいました。

「SUITS/スーツ」は蟹江絡みのシーンが毎週笑えるポイントなので、蟹江が登場するとワクワクします。

今回で大輔も悪友・遊星ときっぱり縁を切ることが出来ましたし、本当に良かったですね。

SUITS:スーツのドラマ6話目のドラマのあらすじと展開予想

視聴者

第六話は、20億円の投資詐欺案件に挑むようですね。

なんと甲斐と蟹江がコンビを組むようなので、すごく面白くなりそうです。
しかし蟹江がどうやら訴訟相手の男性を厳しい口調で問い詰め、そのまま男性が息を引き取ってしまうという驚きの展開になるそうなので、蟹江は絶対絶命のピンチに陥りそうですね。

この場合は、蟹江が何か罪に問われることは無いでしょうが、遺族からは袋叩きにあうことは間違いないと思います。

次回予告で蟹江がビンタされている描写がありましたが、恐らくビンタしているのは遺族だと思います。

流石の蟹江も相当落ち込むでしょうし、20億円の投資詐欺の結末は一体どうなるのでしょうか。

甲斐が蟹江に「君の力が必要だ」と言っている描写もあったので、甲斐が蟹江をどん底から救い出してくれるのかもしれませんね。

また、大輔は知らない女性から「貴方の本名、大貴って言うんでしょ」と言われていたので、ついに経歴詐称がバレてしまうのかもしれません。

次回もとても楽しみです。

SUITS:スーツのドラマ5話目に出演しているキャストまとめ

  • 甲斐 正午/織田 裕二
  • 鈴木 大貴(大輔)/中島 裕翔
  • 聖徳 真琴/新木 優子
  • 玉井 伽耶子/中村 アン
  • 谷元 遊星/磯村 勇斗
  • 谷元 砂里/今田 美桜
  • 柳 慎次/國村 隼
  • 鈴木 結衣/田島 令子
  • 蟹江 貢/小出 伸也
  • 幸村 チカ/鈴木 保奈美

第5話ゲスト

  • 赤城 達男/ブラザートム
  • 糸井 公一/半海 一晃

SUITS:スーツのドラマ5話目のドラマを見逃した動画を無料で見る方法

フジテレビが放送するSUITS:スーツはフジテレビが運営するFODプレミアムから無料で見ることができます。

本来は888円の月額料金が発生するのですが、

現在であれば、1ヶ月間無料のお得なキャンペーン中です!

フジテレビ系の見たい番組がてんこ盛りなFODプレミアムは現在、1ヶ月間無料トライアルで体験できる期間限定キャンペーン中!

期間内に解約すれば課金されることはなく一切料金は発生しません。

本当にお得なので・・・この機会に登録しましょう!!

FODプレミアムに1ヶ月間無料トライアルの登録に必要なのはたったの2つ

FODプレミアム1ヶ月間無料お試しに必要なもの
  • Amazon ID
  • クレジットカード

Amazon IDがない人は、登録を進める際に、IDは作成できるのでご安心ください。

手元に用意するのは、クレジットカードだけで大丈夫ですよ。

そしてFODプレミアムの無料登録は下記の画像のようにたったの3ステップの1分程度で完了します。

この機会に、FODプレミアムの無料登録を済ませて、SUITS:スーツを楽しみましょう。

まとめ

SUITS:スーツの5話目のドラマも目が離せませんでした。

FODプレミアムでは、何度でもドラマの内容を確認できるように何度でもどこでも見放題です。

ぜひ、この機会にFODプレミアムに登録してSUITS:スーツを含む動画を楽しみましょう。