ツイキャスでアカウントがブロックされたか確認する方法!配信はどう表示される?

おすすめ記事5選
 
スポンサーリンク

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『ツイキャスでアカウントがブロックされたか確認する方法!配信はどう表示される?』

手軽なライブ配信アプリ『ツイキャス』は
大人気なだけあって
いろいろな配信者さんがいます。

お気に入りの配信者さんを応援するのも
楽しみ方のひとつですよね。

しかし
ある日突然ライブ配信が見られない!?

なんてことになったら
もしかしたらそれはブロックかも…?

ブロックされた側の視点から
ツイキャスのブロックの仕組みについて
解説
していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ツイキャスでブロックされるとどうなる?機能や設定の変更は?

ツイキャスでブロックされるとどうなるか?
ということを解説する前に

ツイキャスのブロックの仕組みについて
解説したいと思います。

 

ツイキャスのブロックには段階や種類がある

ツイキャスブロック01

実はツイキャスのブロックには

  • NGレベルというブロックする範囲の設定
  • NGユーザー/NGワードの区別

というものが存在しています。

SNSのブロック機能に比べると
少し複雑。

ユーザーとワードは
別々にNG設定できるのも特徴的ですね。

『ブロックされた』と感じる時は
殆どがリスナーの立場になる時だと思います。

そこで今回は
リスナー側として気になるブロックの仕組みと
実際にその設定にされたらどうなるか
について解説していきます。

 

NGレベル低でNGユーザーに登録された場合

NGレベル『低』の場合、
ライブ配信自体は今まで通り
視聴することができます。

NGレベル低でブロックされた時に
現れる現象は以下の通りです。

  • コメントしても配信者や他のリスナーには見えなくなる
  • サポーター登録できなくなる(リストから削除される)
  • アイテムやコインを送れなくなる
  • オススメ欄に表示されなくなる

ただ『見るだけ』であれば
なんの違和感もなさそうです。

 

NGレベル中もしくは高でNGユーザー登録された場合

ツイキャスブロック02

NGレベル『中』もしくは『高』の場合、
『低』でかけられた制限に加え

ライブ配信動画が視聴できなくなります

しかも
同じ人物だと関連付けられた場合には
違うアカウントからも同様の処置がされます。

 

NGワードを書き込んでしまった場合

こちらの場合は少し特殊で

特定のワードを含むメッセージのみ
配信者や他のリスナーには見えなくなります。

この場合には
言葉遣いを変えることで回避できることも。

 

ツイキャスでブロックされたかを確認する方法全まとめ

ツイキャスでブロックされたかどうか
確認するには2つの方法があります。

  • アイテムを送ってみる
  • サポーター登録できるか試す

それぞれ画像で解説していきますね!

 

アイテムを送ってみる

まずは
ライブ配信画面からアイテムを
送ってみる方法です。

ライブ配信画面の右下にある
拍手のようなアイコンをタップしましょう。

ツイキャスブロック03

ブロックされている場合
普段はアイテム一覧が表示される画面に
ひとつも表示されません。

ツイキャスブロック04

同様に
コインを送ってみても
送ることができなくなっています。

今回ご紹介した画像では
配信中の画面になっていますが
配信中でなくても確認できますよ。

 

サポーター登録できるか試す

続いてはサポーター登録してみる方法です。

右上をタップしてメニューを開き
『追加』をタップしましょう。

ツイキャスブロック05

ブロックされている場合
こちらの画像のように
『サポーターに登録する』ボタンが
表示されません。

ツイキャスブロック06

 

ツイキャスでブロックを解除する方法

SNSなどのブロックと同様に
ツイキャスの場合でも

ブロックされた側から
ブロックを解除することはできません。

先程も触れた通り
同一ユーザーだと関連づけられた場合
別アカウントを使っても無意味に…

ただし
ログアウトした状態であれば
ライブ配信を閲覧するだけなら可能です。

ブロックの解除はできませんが
気になるライブ配信があれば
この手を利用しても良さそうですね。

 

まとめ

ツイキャスのブロックは
SNSなどのものに比べると少し複雑。

配信者によっても
設定レベルが異なります。

ブロックされてしまった…
というときはまずは自己反省!

ツイキャス自体はツイキャスユーザーでなくても
視聴できる仕組みになっているので

どうしても配信が観たい時は
その点を上手に活用していきましょう。