dヒッツの月額500円が31日間無料になる登録方法の仕方!特徴やメリット・デメリット

おすすめ記事5選
 

こんにちは。『ペコ』です。

この記事のテーマはこちら

dヒッツの月額500円が31日間無料になる登録方法の仕方!特徴やメリット・デメリット

皆さんは「dヒッツ」はご存じでしょうか?

ドコモが提供する昔の曲から最新の曲まで聞けるスマートフォン向け音楽配信サービスです。

無料で取得できる「dアカウント」を使用することにより、好きなだけ音楽を楽しむことができます。

それではこれから、J-POPのラインナップが豊富で人気のdヒッツの無料登録方法について、実際の契約画面を用いて解説していきます。

dヒッツの料金体系と仕組みを解説

dヒッツはとにかく月額が安い!破格の料金設定

dヒッツの月額料金は500円です。

この値段設定は現在たくさんある音楽配信サービスの中でも破格の値段になります。

他会社の月額料金をいくつかあげてみましょう。

あなたも知ってる音楽配信サービスの料金
  • LINE MUSIC 月額960円
  • AWA 月額960円
  • Apple Music 月額980円
  • Sportify 月額980円

ほとんど音楽配信サービスの月額1,000円前後の中、dヒッツは月額500円というほぼ半額の料金設定となっています。

その分上記に上げた音楽配信サービスより配信総曲数は少なめですが、有名曲、最新曲など、最低限の水準は十分クリアしており

「音楽は気晴らし程度……」

「音楽に月額1000円も払えない!」という方にはとても適した音楽配信サービスです。

こんな月額料金の安いdヒッツは初回登録は31日無料で使えるキャンペーン中

もし使ってみて自分に合わない場合は無料期間中に解約すれば、タダでdヒッツを試せますし、損することはありません。

それでは、これからdヒッツに31日無料キャンペーンに登録した際の画面を用いて、登録方法ご紹介していきます。

>>dヒッツの31日間無料キャンペーンを公式サイトから確認!こちらをクリック

dヒッツの31日無料キャンペーンの登録方法

今回はiPhoneの端末から無料登録方法をご紹介していきます。

パソコンで登録した際も手順は同じですのでご安心を。

ドコモ以外の人は「dアカウント」を保有する必要がありますので、dアカウントの取得・登録方法からまずは、ご紹介していきます。

こちらからdヒッツの31日無料キャンペーンの詳細が乗っている公式サイトへいけます。

>>dヒッツの公式サイトはこちらをクリック!

dヒッツのページへ移動するとこのような画面が表示されるので、下にスクロールします。

「5000プログラム以上が聴き放題!ドコモ以外もOK!!初回31日間無料おためし」というボタンが出てくるので、そちらをタップします。

ログインor dアカウントを作成していきます。

dアカウントを持っている人はここからログイン、持っていない人は「dアカウントを発行する」からアカウントを作成します。

メールアドレスを登録し、ここから空メールを送信します。

するとすぐにURLが添付されたメールが届きます。

URLをタップすると、dアカウントを発行するために個人情報を入力します。

  • ID
  • パスワード
  • 性別
  • 生年月日などを

登録する画面が出てくるので、記入して「規約に同意」して進みます。指示通りに進めていけば問題なく登録できますよ。

 

これでdアカウントの作成は完了しました。

これからdヒッツの契約手続きを開始していきます。

画面から作成したdアカウントでログインをします。

もう一度「5000プログラム以上が聴き放題!ドコモ以外もOK!!初回31日間無料おためし」をクリックします。

>>dヒッツの公式サイトはこちらをクリック!

すると、dヒッツの契約内容が出てきます。

現段階では登録をしていないので、「未契約」となっているはずです。

手続き内容にはすでにチェックが入っています。

注意事項・利用規約の「dヒッツ(500円)注意事項・利用規約」をタップし確認した後、同意するにチェックをして下さい。

受付確認メールの送信の、自分がメールを受け取りたいアドレスを指定してチェックを入れます。

「次へ」を押します。

次に支払い方法の設定が出てきますので、記入をして「次へ」を押します。

手続き内容確認が出てきますので、ドコモオンライン手続き利用規約に同意し、「手続きを完了する」をタップします。

これで手続きが完了しました。

dヒッツの無料期間31日間で思う存分dヒッツを楽しんでください。

>>dヒッツの31日間無料キャンペーンを公式サイトから確認!こちらをクリック

dヒッツの特徴を再確認

dヒッツの料金体系、無料31日キャンペーンの登録が完了したのですが

dヒッツって正直、どんなサービスかいまいち把握していない!という方もいらっしゃると思います。

これからdヒッツについて、ここだけは抑えておきたい、dヒッツの特徴とメリット・デメリットを完結にまとめました。

ここがdヒッツだけ!特徴2つ

・J-POPの配信率はピカイチ!
・新曲がすぐ配信される!

J-POPの配信率はトップクラス

有名な他の動画配信サービスは主に海外の会社が多いです。

総配信数では圧倒的に負けていますが、dヒッツは懐かしい曲から最新曲まで、J-POPの配信率はピカイチレベルです。

音楽配信サービスの中には、取り扱わないJ-POPアーティストも多々います。

dヒッツは、そんな他サービスでは取り扱わないJ-POPまで配信しており、魅力の一つとなっています。

洋楽は聴かず、邦楽しか聞かない人には、特にお勧めしたいサービスです。

新曲の配信スピードもピカイチ!

さすが日本の会社のサービスといったところでしょうか。

邦楽の新曲が発売日に即配信されます。

他の配信サービスでは、なかなかこうはいきません。

CDを買いたい時など、「dヒッツ」で聞いてから買うか判断する、なんて使い方もできますよ!

dヒッツのメリット

dヒッツのメリット

・音楽情報を先取りできるFeed機能がある。
・dポイントが貯まる

Feed機能は毎日、音楽関連のニュースが流れており、音楽のニュースを知りたい人にはとても便利な機能です。

各記事の最後には関連アーティストのプレイリストが添付されており、すぐ楽曲を聴くことができます。

dヒッツなど頭にdのつくdocomo関連のサービスは、利用した料金によって、dポイントが貯まります。

もし他サービスなどでdポイントを貯めている場合、そのポイントを使ってdヒッツの月額料金の支払いもできます。

dヒッツのデメリット

dヒッツのデメリット

・配信曲数が少ない。
・ダウンロード再生は不可能
・複数端末から同時再生は不可能

dヒッツは他の音楽配信サービスよりも、安価です。

それゆえ、月額1,000円前後のサービスと比べると、配信曲は少なめです。

例として上げると、AWAは約4300万曲、LINE MUSICは約4400万曲です。

dヒッツは約500万曲となります。

広く音楽を聴きたい人には、若干物足りない数字でしょうか。

そして、dヒッツは基本的にストリーミング再生で行われるため、ダウンロード再生ができません

家族で共有しているアカウントから利用している場合など、複数端末からの使用はNGではないのですが、同時再生はできません。

夜など、利用が集中する時間帯での利用は注意が必要です。

dヒッツはこんな人にオススメ!

これに該当する人は今すぐdヒッツの無料登録を!
  • J-POPをよく聴く人
  • 音楽配信サービスの月額にあまりお金をかけられない人
  • J-POPの最新曲を早く聴きたい人

やはり特徴としては月額の安さ、他サービスにはないJ-POPアーティストの取り扱いの豊富さがあげられます。

音楽ではJ-POP中心、という方に、特にオススメしたいサービスです。

まとめ

音楽配信サービスの中では格安なdヒッツ。

初回31日は無料のため、この間に利用してみて自分にあっていたらラッキー!

自分はあっているかな?

と疑問に思う人は、まず無料登録をして、試しに利用してみましょう。

>>dヒッツの31日間無料キャンペーンを公式サイトから確認!こちらをクリック