Instagramのアプリがいきなり消える・開けない不具合の対処方法

おすすめ記事5選
 
スポンサーリンク

こんにちは!!『ペコ』です。

本日ご紹介する記事のテーマは
『Instagramのアプリがいきなり消える・
開けない不具合の対処方法』

についてご紹介していきます。

Instagramを使っていると
突然アプリが終了してしまう。

Instagramを開こうとしたのに
開けないままアプリが終了してしまう。

どうしたらいいの?!

そんな悩みを抱えてこの記事に
たどりついた方のために、

Instagramのアプリがいきなり消える
開けない不具合の原因と対処方法を
ご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

 

Instagramのアプリがいきなり消えたり・開けない原因とは?

Instagramのアプリがいきなり消える
開けない原因は大きく分けて3つ。

 

原因1:Instagramアプリの不具合

Instagramアプリ自体に不具合が発生し、
アプリが開けなくなるという不具合が
これまでにも実際にありました。

今後も似たようなことが
発生することはあり得るでしょう。

 

原因2:iPhoneのメモリ不足

使っていないアプリをこまめに
終了させずに使い続けると

iPhoneの動作が次第に重く
不安定になります。

動作が不安定になれば

Instagramに限らずアプリが突然終了
してしまうという事態に
おちいりやすくなります。

 

原因3:iPhoneの性能不足

最初は静止画像だけを扱っていた

Instagramですが
今は動画まで自由に扱うことが
できるようになりました。

『ストーリー』機能も始まって
iPhoneの性能もそれなりのものが
必要になってきています。

もし、今使っているiPhoneが
数年前の機種であるならば

iPhoneの性能がInstagramの要求に
間に合っていない可能性があります。

 

Instagramのアプリがいきなり消えたり・開けない時の対処方法

Instagramアプリの不具合の場合

まず、可能ならばアプリを
アップデートしましょう。

たいていの場合はアップデート
によって不具合が解消されます。

それでもダメならば
アプリを一旦削除し

インストールし直しましょう。

*注意*
アプリの再インストールの際には
ログインIDとパスワードが
求められるので、覚えていない場合は

アプリを消去する前に必ず確認
するようにしてください。

アプリの不具合の場合は
Instagram公式から何らかのアナウンス

がある可能性があるので
Twitterなどで情報を収集すると
よいでしょう。

 

iPhoneのメモリ不足の場合

『メモリ解放』アプリを利用
するのが手軽です。

App Storeで『メモリ解放』と
検索すれば何種類ものアプリが
表示されますので

気に入ったものを選んで1つ
インストールしておくと便利です。

たくさんのアプリを使ったことに
よっていっぱいになったメモリを
一発でスッキリ解放することが可能に。

他には、簡単な方法として
iPhoneの再起動です。

iPhoneを再起動すれば
全てのアプリは終了され
メモリもスッキリ解放されます。

アプリを使うことに抵抗がある場合は
iPhoneを再起動しましょう。

 

iPhoneの性能不足の場合

ここまでに書いた方法を試しても
Instagramが開けなかったりいきなり
消えてしまったりする場合

iPhoneの性能不足の可能性が大。

こればかりはどうしようもありません。

よりよい性能のiPhoneに
買い換えることをおすすめします。

 

まとめ

上記でご紹介した方法を試しても
まだInstagramアプリの調子が
何だかおかしい。

そんな時は
まずはTwitterで情報収集しましょう。

同じような症状に悩まされている人
がたくさんいれば

Instagramアプリに異常が発生している
ものと考えられます。

Instagramのデータは消えませんので
まずは焦らずに、落ち着いて対策を
とってくださいね!