SNOWアプリの自動消去タイマーを設定して削除する方法

☆お得なキャンペーン情報☆
 
スポンサーリンク

こんにちは!!『ペコ』です。

本日ご紹介する記事のテーマは

『SNOWアプリの自動消去タイマーを
設定して削除する方法』

についてご紹介していきます。

今をシェアする新感覚の
動画コミュニケーションアプリ『SNOW』

豊富でキュートな顔認証スタンプが
話題のSNOWですが

その大きな特徴の1つは友達に送信した
画像や動画が一定時間経つと消えてしまう

『自動消去タイマー機能』です。

今回は、この自動消去タイマーについて
詳しくご紹介します!

 

[ad#adsense-naka]

 

自動タイマーはどんな時に使用するの?

自動消去タイマーは

トークで友達とチャットする時に
特に活躍します。

自動消去タイマーが設定された
画像を受信すると

タイマーに設定された秒数の間だけ
その画像を見ることができます。

設定できる秒数は1〜10秒まで

デフォルトでは3秒に設定されています。

タイマーが設定された画像を見ることが
できるのは最大で2回まで。

2回見た後は投稿された画像自体が
チャット画面から消えてしまうため

二度と見ることができなくなります。

でも、2回だけなんて言わないで
何度だって相手に見てもらいたい

画像だってありますよね?

大丈夫、安心してください。

そんな時には自動消去タイマーを
解除することができます。

それでは

自動消去タイマーの使い方と
解除方法について見てみましょう!

 

Instagramの自動タイマーの使い方と解除方法

画像加工画面の上

一番左側にストップウォッチの
アイコンがあります。

今はデフォルトのままなので
タイマーが3秒に設定されていますね。

 

img_6021

タップすると、このような画面
になります

 

img_6011

ここで数字を変えることによって
タイマーの時間を1〜10秒の範囲で

自由に設定することができます。

画面をスワイプして
数字を一番下まで動かすと

10秒の下に『∞』が出てきます。

 

img_6012

『∞』をタップすれば
自動消去タイマーが解除されます。

この状態にして送信すれば

受信した相手は何回でも
画像を繰り返し見ることができます!
タイマーが設定されている場合は
画像が閉じたらもう見れなくなってしまう

のですが、

タイマーが解除されている画像は
何度でも開いて10秒間見ることが可能です。

ちなみに『∞』に設定すればタイマーは
解除されますが

画像は開いてから10秒経つと
自動的に閉じてしまいます。

でも、投稿自体は消えはしません。

実際に使って確認してみてください!

 

まとめ

送った画像が消えてしまうというのが

SNOWの面白いところですが

消えるまでの時間はタイマーで
調節することができます。

一瞬だけ見て欲しい画像ならタイマーを
短く設定する

何度も見て欲しい画像ならタイマーを
解除する…

といったように見せ方にも一工夫
してみてください。

もっとSNOWが楽しくなりますよ!

 

スポンサーリンク

上記の関連記事も一緒に読んでみませんか