TwitterとInstagramを初めて始めるならどっちがオススメ?各SNSの特徴と使い分けまで徹底解説

☆お得なキャンペーン情報☆
 
スポンサーリンク

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『TwitterとInstagramを初めて始めるならどっちがオススメ?各SNSの特徴と使い分けまで徹底解説』

ガラケーよりもスマホが一般的になってからもうしばらく経ちますが、

それと同時に一般的になったスマホユーザーのマストツールといえば『SNS』ではないでしょうか。

そろそろ自分もSNSを始めてみようかな?

と思っていても、種類は多いし何をどう楽しめばいいのかわからないし、腰が重くなってしまうんだよね。

という方は多いはず。

そんな方におすすめなのが『3大SNS』と呼ばれる日本で人気のSNSです。

3大SNSとは『Twitter』『Instagram』『Facebook』を指すのですが、

中でも『今』の気持ちや気分を共有するSNSとしておすすめなのが『Twitter』か『Instagram』です。

今回は『Twitter』と『Instagram』の特徴の違いから見たおすすめの使い方をご紹介。

SNS初心者さん向けにわかりやすく特徴や使い分け方をご紹介していくので、

これからSNSを始めたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

初めてのInstagram(インスタグラム)|基本情報をわかりやすく解説

まずは各SNSの基本情報を確認していきましょう。

最初にご紹介するのは画像や動画を投稿することを楽しむ『Instagram』の基本情報について。

Instagramのことはよく知らなくても『インスタ映え』という言葉なら聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

Instagramの特徴
特化している機能 画像・動画の投稿
ユーザーの年齢層 20代~40代の女性が中心
繋がりの種類 面識の有無に関わらず興味のある分野の人同士
主な楽しみ方
  • おしゃれな写真の撮影・加工
  • 画像・動画にハッシュタグをつけて投稿
  • ハッシュタグを活用した投稿の検索
  • 他の人の投稿に『いいね』『コメント』をつける

Instagramを説明する際に欠かせない特徴といえば『画像・動画を1枚以上添付しないと投稿できない』ということです。

この制限の通り、Instagramユーザーはみんな画像や動画の投稿を楽しんでいます。

タイムラインをチェックすると文章ではなく画像が大きく表示され、文章も最初の数十文字以降は省略されてしまいます。

更に個人の投稿一覧には文章が一切表示されないため、忙しい時には画像しかチェックしないユーザーもいるくらいです。

自撮りを投稿するユーザーも多いので、面識のある知人と繋がるSNSとしても人気があります。

初めてのTwitter(ツイッター)|基本情報をわかりやすく解説

次は文章での交流がメインのSNS『Twitter』の基本情報をご紹介していきます。

Twitterというと『炎上』という言葉をイメージする方もいると思いますが、

節度とマナーを守って利用していればむやみに炎上するような怖いSNSではないのでご安心ください(笑)

Twitterの特徴
特化している機能 文章(140文字)・画像・動画の投稿
ユーザーの年齢層 幅広い年齢層、男性比率がやや高め
繋がりの種類 面識の有無に関わらず興味のある分野の人同士
主な楽しみ方
  • 140文字以内文章や画像・動画の『つぶやき』を投稿
  • キーワードやハッシュタグで他の人の投稿を検索
  • 他の人の投稿に『いいね』『コメント』をつける
  • 他の人の投稿を『リツイート』でシェア

Instagramに比べると投稿できる文字数・画像枚数の上限が厳しく、

1投稿につき『最大140文字+最大4枚までの画像や動画』という非常にコンパクトなSNSです。

基本的には1投稿で収まるような短い文章や少ない画像・動画の投稿を行いますが、

投稿にリプライ(コメント)して連続したツイート(投稿)として長い文章を投稿することも可能です。

投稿をリツイート(シェア)するのも楽しみ方のひとつで、

直接的な繋がりがないユーザーの投稿を目にする機会が多いのもTwitterならではの特徴と言えるでしょう。

この特徴から情報収集のツールとしても人気があるSNSです。

スポンサーリンク

結局どっちのSNSを使うのがいいの?TwitterとInstagramに合う人の特徴をご紹介

ご紹介してきた『Instagram』と『Twitter』は、どちらも『今起きたことを気軽に投稿するSNS』として支持されています。

同じような利用方法で支持されているSNSだからこそ、

『どちらのSNSがどんな人に向いているの?』と悩んでしまう方も多いはず。

ということで、2つのSNSの特徴を踏まえた上でどちらのSNSがどんな方に向いているのかまとめてみました。

まずはTwitterが向いている方の特徴はこちらのとおりです。

Twitterが向いている人の2つの特徴
  • 文章で表現・交流するのが好きな人
  • 情報収集ツールとしてSNSを活用したい人

一応画像や動画も投稿できるTwitterですが、やはりメインとなるのは文章による交流です。

文章で表現するのが好きな人や、意見の交換を行いたい人には最適のSNSではないでしょうか。

また、投稿に載せたURLにはリンクが貼られてワンタッチでリンク先に移動できるため、

情報収集や逆に情報を発信する場所としてもおすすめです。

続いてInstagramが向いている方の特徴はこちらのとおりです。

Instagramが向いている人の2つの特徴
  • 画像や動画の投稿を楽しみたい人
  • たくさん『いいね』が欲しい人

Twitterが文章を楽しむSNSなら、Instagramは画像や動画で交流を楽しむSNSです。

文章を考えるのが苦手な方や、見たものや感動したことを画像で残しておくのが好きな方にはピッタリ。

Instagramの場合は直接の繋がりの有無に関わらず気に入った投稿に『いいね』をする文化があり、

英語のハッシュタグ(検索用の短い文章)をつけておけば世界中の人から見てもらえます。

それぞれのおすすめユーザーについて、もう少し具体的なおすすめポイントなどを補足していきますね。

Twitterが合う人① 文章で表現・交流するのが好きな人

文章で表現・交流するのが好きな人ならInstagramよりもTwitterの方が活用しやすいはず。

確かに長文の投稿となると連続投稿しなければいけないなど多少の手間はかかりますが、

パソコンから投稿できたり投稿一覧にも全文まるごと表示されたり、

『文章を書く・読む』という所に重点を置くとTwitterに軍配が上がります。

また、Twitterユーザー全体が『文章の文化』ということを理解した上で利用しているため、

『読ませる文章』をツイートしているユーザーもたくさんいます。

読み物としても楽しめるSNSなので、まさに文章表現が好きな方にはピッタリのSNSです。

Twitterが合う人② 情報収集ツールとしてSNSを活用したい人

SNSを情報収集ツールとして活用したい方にもTwitterがおすすめ!

もちろんInstagramも同様の活用方法はできるのですが、

InstagramにはTwitterでいう『リツイート』に該当するボタンが存在しないため

他の人が投稿した情報をシェアするのが非常に難しい(外部アプリを使えば可能)のです。

その点、Twitterはボタン一つで他の人の投稿をシェアできるので情報の共有や収集がしやすいSNSです。

投稿内に記載したURLにも自動的にリンクが貼られるので、

公式サイトや申し込みページなどのWEBサービスの紹介も効率的に行えますよ!

Instagramが合う人① 画像や動画の投稿を楽しみたい人

Twitterとは逆に画像や動画の投稿を楽しみたい人はInstagramがおすすめです。

Instagramのアプリにはカメラ機能や画像加工機能など投稿に必要な機能が一通り揃っているので、

『普通のカメラアプリでおしゃれな写真が撮れない…』と悩んでいる方も安心ですね!

細かい調整もできるためこだわりの1枚が手軽に撮影できちゃいます。

また、投稿した画像はカメラロールのように一覧で確認できるので、

投稿数が増えてきた頃には作品集的な楽しみ方もできるのではないでしょうか。

他の人の投稿も興味のある言葉で検索すると一覧でぱぱっとチェックしていけるため、

雑誌やカタログを見るような感覚で利用できるSNSです。

Instagramが合う人② たくさん『いいね』が欲しい人

自分の投稿に対して『いいね』の反応がたくさん欲しい人にもInstagramがおすすめです。

Instagramは『繋がっている人の投稿が見られるタイムラインをチェックする』という楽しみ方の他に、

『興味のあるハッシュタグで検索する』という楽しみ方も一般的です。

検索でヒットした『素敵だな』と感じる投稿には繋がりの有無を気にせずに『いいね』をするのは当たり前!

『いいね』したからといってコメントやフォローしたりしなければいけない…というわけではないので、

本当に軽い気持ちで『いいね』と思ったら『いいね』をする感じです。

また、画像中心のSNSならではとも言えるおすすめポイントは、

英語のハッシュタグをつけておけば海外の方から反応をもらえることも多いということ。

必然的に人の目にふれる回数が増えるので、他のSNSよりも比較的反応をもらいやすいSNSです。

面識のある人と繋がりたいなら『普及度』もチェック!

……と、ここまでどちらがどんな方におすすめかご紹介してきましたが、最後に補足です!

もしも『面識のある人を中心に繋がりたい』と考えているなら、

『周囲の人がどっちのSNSを使っているか』も大事なポイントです。

せっかくSNSを始めたのに周囲に使っている人が全然いなくて寂しい!

なんて思いをしないためにも、登録前にTwitterユーザーとInstagramユーザーのどちらが多いか確認しておきましょう。

実際にリサーチしてみると『Twitter派とInstagram派に真っ二つに割れていた』というのはありがちです。

そんな時は2つのSNSを併用して使い分けるのもおすすめです。

2つのSNSを同時に始めるなら押さえておきたいポイントと使い分け方

2つのSNSを同時に始めたい方におすすめの使い分け方法についても簡単にご紹介しておきますね。

『今思ったことや起きていることを気軽に投稿できるSNS』という点では共通しているTwitterとInstagramですが、

この2つのSNSを使い分けるにはこんなパターンがおすすめです。

TwitterとInstagramの使い分け 2パターン
  • 『目的』で使い分ける
  • 『繋がり』で使い分ける

それぞれポイントを解説していきますね。

TwitterとInstagramを『目的』で使い分ける

TwitterとInstagramが大きく違うのは『メインコンテンツ』です。

そのため一番わかりやすい併用方法は『目的』で使い分けること。

SNSを『目的』で使い分ける
  • Twitter
    • 『気持ち』『思ったこと』など文章を投稿
    • 意見を交換する
    • シェアを楽しむ
  • Instagram
    • 『行った場所』『見た物』など画像を投稿
    • 感動を共有する
    • 共感を楽しむ

一言で言えば『文章メインはTwitter、画像メインはInstagram』です。

やはり意見の交換や情報の共有などはTwitterの方が利便性に優れていますし、

逆にぱぱっと画像だけを見ながらノリで『いいね』するならInstagramの方が楽しく活用できます。

実際に使ってみるとなんとなく『どっちの方が使いやすい』という感覚がわかるようになってきて、

自分に合うSNSの方に入り浸りがちになることもあるようです(笑)

TwitterとInstagramを『繋がり』で使い分ける

メインコンテンツの違いから、『繋がり』で使い分けるのもおすすめです。

SNSを『繋がり』で使い分ける
  • Twitter
    • 面識のない人がメイン
    • 本音を言える人
    • 文字メインの趣味仲間
  • Instagram
    • 面識のある人がメイン
    • 画像で近況を知りたい・知ってほしい人
    • 画像メインの趣味仲間

メインコンテンツが『写真』という特性上、Instagramの方が個人情報に繋がる要素が多い傾向にあります。

例えば『自撮り(自分や友達の顔)』や『今いる場所』『今の服装』などなど、

場合によっては『このアカウントはどこの誰』ということが簡単に特定できてしまうような情報を

投稿したくなることもあるのではないでしょうか。

そんな時も非公開アカウントにして面識のある人同士で繋がっておけば安心です。

『写真はInstagramに』と決めていればTwitterの方に個人情報が絡む画像を投稿することはありませんし、

Twitterの高い匿名性を活かした気楽な意見交換や情報交換を楽しめるのではないでしょうか。

まとめ

『Twitter』と『Instagram』は投稿の手軽さから比較的若い世代に人気のSNSです。

スマホから利用するのにも相性の良いSNSで、『今』の瞬間を共有したり共感したりするのには最適!

大きな違いは『Twitter=文章』『Instagram=画像・動画』という投稿のメインコンテンツにあります。

どちらか片方だけを利用するのもいいですが、

2つのSNSを併用して使い分けるのもおすすめのSNSですよ!

どちらのSNSも自分のアカウントがなくても投稿を覗くことができるので、

まずは気軽にチェックしてみても良いかも知れませんね。

上記の関連記事も一緒に読んでみませんか