LINE Payカードとnanacoってどっちがお得なの?使い分けとメリット・デメリット

☆お得なキャンペーン情報☆
 
スポンサーリンク

 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『LINE Payカードとnanacoってどっちがお得なの?メリット・デメリットと使い分け方』

ポイント還元率最強と名高いLINE Payですが
他の電子マネー系カードを使っていると
すぐに乗り換えるのも悩みがち。

特にnanacoは使えるお店の幅も広く
特にセブンイレブンやイトーヨーカドーの
ヘビーユーザーの方にとっては
欠かせないものになっているのでは
ないでしょうか。

どちらも違った魅力が盛りだくさんで
悩んでしまうんですよね。

そこで今回は
LINE Payカードとnanacoではどっちがお得なのか、
またそれぞれのメリットやデメリット
お得に使える使い分けの工夫などを
ご紹介したいと思います!

[ad#adsense-naka]

LINE Payカードとnanacoってどんなカード?

普段のお買い物で賢くポイントをGETするなら
電子マネーカードを利用するのが当たり前!
という時代になってきましたね。

最近良く耳にするLINE Payカードと
すっかりおなじみになったnanacoですが
どちらも人気の高い電子マネーカードです。

まずはこれら2つのカードの基本知識
ご紹介したいと思います。

LINE Payカードの基本知識

LINEの電子マネーサービスLINE Pay
実際の店舗で使えるようにしたものが
『LINE Payカード』です。

まずは基礎情報のご紹介!

  • 使えるお店…JCB加盟店 国内外約3,000万店
  • チャージ方法…レジ、コンビニ、銀行口座、Pay-easy、オートチャージ
  • 貯まるポイント…LINEポイント
  • ポイント還元…支払い100円につき2ポイント
  • ポイント有効期限…最後の獲得から180
  • 手数料や利用料…無料(一部機能で例外有り)

パッと見て目につくポイントといえば
やはりそのポイント還元率の高さ
使えるお店の多さではないでしょうか。

この点については
正直他の電子マネーカード類では
追いつけないほど突出した魅力だと思います。

そしてとにかくポイント還元が明確であり
わかりやすいのも特徴的です。

nanacoの基本知識

セブン・カードサービスが発行している
セブン&アイグループのお店を中心に使える
電子マネーサービスがnanacoです。

まずは基礎知識をご紹介します。

  • 使えるお店…セブン&アイグループのお店を中心に様々なお店で利用可能
  • チャージ方法…レジ、クレジットカード、オートチャージ
  • 貯まるポイント…nanacoポイント
  • ポイント還元…店によって100円(税抜)1ポイント~200円(税抜)1ポイント
  • ポイント有効期限…獲得日の翌々年3月31
  • 手数料や利用料…カード利用は入会金300、利用料年会費無料

nanacoの場合は利用開始時に300円かかる
少し敷居が高い感じがしますね。

ポイント還元率もお店によってバラバラだし、
これだけでは断然LINE Payの方が
お得に感じてしまうかも知れません。

確かにnanacoはLINE Payに比べると
何かと複雑にできていて
LINE Payのように単純明快ではありません。

nanacoのスゴイ所は
頻繁なキャンペーンと
ポイントプレゼント商品の多さ
にあります。

詳しくは後ほどご紹介していきますね。

[ad#adsense-naka-1-1]

LINE Payカードのメリットとデメリットは?

それではまずは
LINE Payカードを使うにあたり
どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

実際の使い勝手に焦点を当てて
ご紹介していきたいと思います。

LINE Payカードのメリット

LINE Payカードの大まかなメリットといえば

  • JCBカードが使えるお店で使える(一部例外有り)
  • ポイント還元が一律
  • ポイント有効期限がほぼ無制限
  • 本人確認をすれば銀行口座のような利用ができる

という4点が大きいと思います。

どこでお買い物をしても
追随を許さぬ脅威のポイント還元率2%が
約束されている
のは素晴らしいですよね。

そして
LINE Payカードでお買い物続ける限り
ポイント有効期限がほとんど無制限の感覚なのも
地味に嬉しいポイントです。

LINE Payカードのデメリット

それではLINE Payカードのデメリットはというと

  • LINEアプリがないとチャージすらできない
  • カードなのにスマホへの依存が高すぎる
  • キャンペーンなどが少ない

という所が挙げられるでしょう。

LINE Payカードの本体は『LINE Pay』なので
LINEアプリの使用が必須になります。

純粋にカードだけで利用できなくはないものの
本体の紛失時には困ってしまうなど
どうしても切り離せません。

また
ポイントキャンペーンなど
大量GETのチャンスは
nanacoに比べると圧倒的に少ないです。

nanacoのメリットとデメリットは?

続いてはnanacoの
メリットとデメリットを見ていきましょう。

こちらも実際にnanacoを使う時に
気になるポイントに焦点を当てて
ご紹介していきたいと思います。

nanacoのメリット

nanacoを利用するメリットは、

  • セブン&アイグループのお店で使うとボーナスポイントのチャンスがある
  • 頻繁なポイントアップ&プレゼントキャンペーン
  • チャージから決済までレジで一気にできる
  • クレジットカードからチャージできる(クレカのポイントGET!)

という点が大きな所ではないでしょうか。
nanacoのメリットは
純粋な決済ポイント以外で貯めるポイントにあります。

セブン&アイグループのお店では
『nanacoで買うと○○ポイントプレゼント』
というような商品が必ずどこかにありますよね。

そして結構な頻度で行われているのが
ポイントアップ&プレゼントキャンペーンです。

これらを活用すれば
従来のポイント還元率よりも
大量のポイント還元が望めます。

nanacoのデメリット

反対にnanacoのデメリットは、

  • LINE Payに比べると使えるお店が限られる
  • カード利用の場合は初期費用300(アプリなら0円)
  • キャンペーンなどを利用しないとポイント還元率はLINE Payカードに劣る
  • 提携店舗すべてでチャージ・買い物・ポイント付与&交換ができるわけではない

ということで
やはりその限定された利用範囲
基礎となるポイント還元率に注目すると
LINE Payよりは劣ってしまうと言えそうです。

また、
店舗ごとに異なる仕様は少々複雑。
覚えるのはちょっと大変かも知れませんね。

LINE Payカードとnanaco、結局お得なのはどっち? 使い分け方が重要!

LINE Payカードとnanacoには
どちらもメリットとデメリットがあるのが
おわかりいただけたと思います。

つまりどういうことかと言うと、
使い方によってどちらがお得かは異なる
ということ。

そこで最後に
それぞれのカードの効率の良いお得な使い方
ご紹介したいと思います。

セブン&アイグループのお買い物なら断然『nanaco』がおすすめ!

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどを
日常的に利用する時
には
nanacoはとってもおすすめ。

特に
プレゼントポイントがもらえる商品を買う場合
キャンペーン中のお店でのお買い物
断然nanacoでの支払いがお得です。

それ以外のお買い物には『LINE Payカード』がおすすめ!

セブン&アイグループのお店は
あまり利用しないLINEユーザーの方
には
LINE Payカードがおすすめです。

なんといっても常時2ポイント/100なので
普段使いにピッタリ。

キャンペーンなどをしていない支払いであれば
nanacoに限らず大抵の独自電子マネーよりも
ポイント還元率は高いのでお得
です。

上手に使いこなすには『使い分け』のW使いがベスト

どちらのメリットも上手に活用するなら

  • セブン&アイグループのお店は『nanaco
  • それ以外のお買い物は『LINE Payカード』

という使い分けがベストです。

もっと細かく賢くポイントGETするなら
プレゼントポイントがない商品しか買わない場合は
常にLINE Payカードを使うのがおすすめです。

この方法だと
ついうっかりnanacoポイントを放置しがちに
なりやすいため

nanacoポイントの有効期限には要注意
レシートなどをチェックして
有効期限内にポイントを使い切る
ようにしましょう。

まとめ

どちらの電子マネーにも
メリットとデメリットがありましたね。

常時高ポイント還元率のLINE Payと
キャンペーンで大量ポイントGETが可能なnanacoを
上手に使いこなして
効率よくポイントを貯めて見てくださいね。

スポンサーリンク

上記の関連記事も一緒に読んでみませんか