Tiktokの新機能mvモードの徹底解説|使い方や投稿する方法マスターして楽しもう

☆お得なキャンペーン情報☆
 
スポンサーリンク

最近巷で流行っているTiktok。そんなTiktokがさらに流行りそうな新モードが搭載されました!

その名も「MVモード」です。

「MVモードって何ですか?」「それってすごい機能なの?」

などと疑問を持つ方も多いでしょう。今回はその「MVモード」について詳しく解説していきたいと思います。

Tiktokをもっと楽しみたい方は必見です!それでは早速本題に入っていきましょう!

TikTok ティックトック

TikTok ティックトック

TikTok Pte. Ltd.無料posted withアプリーチ

Tiktokmvモードってどんな新機能?

TiktokのMVモードとは、動画ではなく写真を複数枚使ってスライドショー動画を作れるモードです。

様々なテンプレートが存在するので、ユーザーの好みにあったテンプレートでスライドショーを作れます。

↓このようなスライドショーが作れます。

基本的にはTiktokの機能では動画を撮ったり、シンプルなスライドショーなどを作ることしかできませんでした。

MVモードを使うだけで、かなり凝った編集をしたかのようなスライドショー動画が作成できるというわけです。

投稿の幅が広がりましたね。ではそのMVモードはどうすれば使うことができるのか?

次の章で解説していきます。

TikTok ティックトック

TikTok ティックトック

TikTok Pte. Ltd.無料posted withアプリーチ

Tiktokの新機能mvモードの使い方全まとめ!

早速MVモードの使い方を解説していきます!まずはいつも通り投稿をするために下の「➕ボタン」をタップしましょう。

すると下のような画面になるので、「タップで撮影」のところを右にスライド。(指で左にスライド)

すると「MV」というタブが表示されます。ここからMVモードを使用することができます。

まず好きなテンプレートを選びましょう。選び終われば「これを使って作成」をタップしましょう。

そこから自分が使いたい画像をピックアップしていきましょう。

終われば編集画面が出てきます。

左下に出てくるタブから様々な編集が可能です。まずはエフェクトについて解説します。

下のエフェクトを選んで長押しをすれば、エフェクトを追加することができます。

様々なエフェクトがあるので、好みのエフェクトを選んで挿入してみましょう。

テキストは文章を入れることができます。続いてフィルターです。

フィルターを入れることで写真の色合いを変えることが可能です。様々なフィルターがあるので好みのフィルターを使ってみましょう

最後はステッカーです。

ステッカーは動く画像(GIF画像)を動画内に追加することができるというものです。

シーンにあったステッカーを使ってさらに華やかにすることが可能です。好みのステッカーを使ってみましょう。

サンプルとして作成してみました。編集するとこのようになります。

このように面白く編集することも可能なので、ぜひMVモードを活用して楽しんでみてくださいね!

まとめ

いかがだったでしょうか?MVモードでTiktokの投稿の幅がかなり広がりましたね。

おしゃれでみんなからいいねが貰えるような投稿をぜひ作ってみてくださいね!

それではまた!

上記の関連記事も一緒に読んでみませんか