InstagramとFacebookを初めて始めるならどっちがオススメ?各SNSの特徴と使い分けまで徹底解説

☆お得なキャンペーン情報☆
 
スポンサーリンク

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『InstagramとFacebookを初めて始めるならどっちがオススメ?各SNSの特徴と使い分けまで徹底解説』

スマホユーザーの多くが日常的に利用しているツールといえば『SNS』です。

『SNS』にはたくさんの種類がありますが、

人気のあるSNS(Instagram・Facebook・Twitter)は通称『3大SNS』とも呼ばれています。

これから新しくSNSを始めるなら3大SNSのいずれかがおすすめです。

それぞれ特徴やユーザー傾向が違うため、目的に合わせた利用をすると効率よく活用できるはず。

中でも面識のある知人と繋がることを目的にしている方におすすめなのが『Instagram』と『Facebook』の2つです。

しかし、

2つもおすすめされても使い分け方がわからない!

1つのSNSに絞るなら、どちらがおすすめなの?

など、複数のSNSを比較すると疑問が出てきてしまう方もいるはず。

そこで今回はSNS初心者さんに向けた『Instagram』と『Facebook』の特徴の違いから見たおすすめの使い方をご紹介。

使い分けたい方もどちらか1本だけ活用したい方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

初めてのFacebook|基本情報をわかりやすく解説

まずはそれぞれのSNSの基本情報をわかりやすく解説していきますね!

最初にご紹介するのは『Facebook』の基本情報から。

いわゆる『SNS』というサービスが始まった当初からある歴史の長いSNSです。

『mixi』をご存知の方なら『海外産のmixiみたいなSNS』というのが一番わかりやすいかも知れません。

Facebookの特徴
特化している機能 プロフィールの信頼性、投稿のシェア
ユーザーの年齢層 30代~50代が中心
繋がりの種類 面識のある知り合いが多い
主な楽しみ方
  • 文章・画像・動画などを投稿
  • 他の人の投稿に『シェア』『いいね』『コメント』する
  • 解析機能を使って自分の投稿の拡散具合をチェック

Facebookで一番大きな個性とも言えるのが『実名登録が必要』ということです。

残念ながら抜け道はあるためユーザーの100%が本名で登録しているかといわれるとそうではないのですが、

基本的にはほとんどのユーザーが本名で登録しているため他のSNSに比べると信頼できるプロフィール情報が確認できます。

名前や出身地はもちろん出身校や交際情報などを表記できる項目があったり、

写真をアルバムでまとめておけたり、

『このユーザーがどんな人なのか』をかなり詳しく書き込んでおけるSNSです。

この特徴から、日本では面識のある知人を中心に繋がっているユーザーが多い傾向にあります。

初めてのInstagram|基本情報をわかりやすく解説

次は『Instagram』の基本情報についてご紹介していきますね。

『インスタ映え』という言葉でもおなじみの画像や動画を投稿することがメインのSNSで、

スマホを使った投稿ということもあってか比較的若い世代に人気があります。

Instagramの特徴
特化している機能 画像・動画の投稿
ユーザーの年齢層 20代~40代の女性が中心
繋がりの種類 面識の有無に関わらず興味のある分野の人同士
主な楽しみ方
  • おしゃれな写真の撮影・加工
  • 画像・動画にハッシュタグをつけて投稿
  • ハッシュタグを活用した投稿の検索
  • 他の人の投稿に『いいね』『コメント』をつける

Instagram最大の特徴は『画像・動画を1枚以上添付しないと投稿できない』ということです。

サービス側で『画像・動画を投稿するSNSですよ!』と明確に示されているため、

目的がわかりやすく活用しやすいのではないでしょうか。

もちろん文章が投稿できないわけではありませんよ!

しかし文章よりも先に画像が表示されるようになっているため、投稿画像をおしゃれに加工する文化が根付いています。

『インスタ映え』という言葉からもよくわかりますね。

また、画像投稿が中心のSNSということもあって自撮りを投稿するユーザーも多く、

面識のある知人と繋がる用のアカウントと面識のない人とも繋がるアカウントを使い分けるユーザーもいます。

結局どっちのSNSを使うのがいいの?FacebookとInstagramに合う人の特徴をご紹介

2つのSNSをご紹介してきましたが、どちらのSNSを始めるべきかどうか迷ってしまいますよね。

そこでどちらのSNSがどんな方に向いているのかまとめてみました。

Facebookが向いている方の特徴はこちらのとおりです。

Facebookが向いている人の2つの特徴
  • パソコンからも積極的に利用する人
  • 画像投稿以外の機能も使いたい人

Facebookは自由度が高く、使用する端末を選ばずに様々なスタイルの活用ができるSNSです。

『画像はアルバムにまとめたいし、文章だけの投稿もしたいし、LINEみたいなトークもしたい』

というような細かい要望にも応えられます。

環境に合わせるのではなく自分に合わせた使い方ができるため、SNSを使ってやりたいことが多い方におすすめです。

一方でInstagramが向いている方の特徴はこちらのとおりです。

Instagramが向いている人の2つの特徴
  • 画像や動画の投稿を楽しみたい人
  • 面識がない人とも繋がりたい人

Facebookとは逆に、Instagramは限られた範囲でできることを楽しむタイプのSNSです。

『シンプルな機能の方がわかりやすいしチェックすべき場所も少なくて活用しやすい』と考えている方におすすめです。

中には日記のような長文を投稿する方もいますが、

基本的には画像中心の投稿なのでパパーッと流れで全体をチェックできるので忙しい方でも負担になりにくいのではないでしょうか。

それぞれのおすすめユーザーについて、もう少し具体的なおすすめポイントなどを補足していきますね。

Facebookが合う人① パソコンからも積極的に利用する人

パソコンからSNSを利用したい人にはFacebookがおすすめです。

スマホユーザーがFacebookを利用すると損をするというわけではなく、

パソコンユーザーだとInstagramを十分に活用できないという事情からFacebookをおすすめしています。

というのも、Instagramではパソコンからの投稿が基本的にはできないため、デジカメの写真や一度パソコンで加工した写真などはスマホに保存しなおすひと手間が必要です。

また『やっぱり文字を打つならパソコンが楽』と思っても基本はスマホなので、どんなに長い文章だとしても必ずスマホから投稿しなければいけないのもちょっと面倒くさいです。

このようにInstagram全体の作りがパソコンユーザーにとっては辛い状況なので、

パソコンからSNSを活用したい方にはFacebookの方がおすすめです!

Facebookが合う人② 画像投稿以外の機能も使いたい人

Facebookには様々な機能が備わっているため、Instagramの画像投稿だけでは物足りないと感じる方にもおすすめです。

具体的には、

  • 画像や動画をアルバムにまとめて公開する
  • 繋がっている友達をグループで分類する
  • イベントを企画して参加者を募集する
  • LINEのようなメッセージのやりとり
  • 履歴書のような詳細なプロフィールの登録

といったことが可能です。

ガッツリと活用していけばライフログとして立派な記録になりそうですね!

もちろんすべてを活用する必要はないので、自分が必要だと思う機能だけを必要な時にだけ使えばOKです。

Instagramが合う人① 画像や動画の投稿を楽しみたい人

反対に機能の限られたInstagramは、画像や動画の投稿を楽しみたい人におすすめです。

やりたいことが多すぎると楽しみ方がわからなくなってしまう方も多いと思うのですが、

Instagramのように利用方法がある程度の範囲に決められているとすぐに楽しめるのではないでしょうか。

一度『おしゃれな写真が撮りたい』『楽しい自撮りを載せたい』などと決めてしまえば後はすんなりと慣れていけるはず。

Instagramアプリそのものがカメラアプリ+画像加工アプリを備えているので、

誰でも簡単に『それっぽい』写真の撮影&加工ができてしまうのもおすすめする理由です!

Instagramが合う人② 面識がない人とも繋がりたい人

出身地や交友関係などを本名で公開するFacebookで知らない人と繋がるのは怖い方も多いと思います。

面識のない人とも繋がりたいなら匿名で登録できるInstagramがおすすめです。

メールアドレスさえあれば簡単に複数のアカウントを作成できるので、使い分けるのもおすすめ!

その場合は片方は『面識のある知人専用アカウント』として鍵つき(非公開)にして、

自撮りを載せたり友達と一緒の写真を載せる用。

もう1つは『面識のない人とも繋がるアカウント』として鍵なし(公開)にして、

プライバシーを含むような内容は避けて趣味や興味のあるものを中心に載せる用。

といった使い分け方法がおすすめです。

面識のある人と繋がりたいなら『普及度』が重要

最後に補足したいのは『面識のある知人と繋がりたい』と考えている方には、

以上のポイントとは別に周囲にどちらのSNSユーザーが多いかも選ぶ基準として考慮すべきということです。

Facebookは年齢層がやや高め、Instagramは年齢層がやや若めという特徴があるので、

自分や周囲の年齢を考えてみるとなんとなくどちらが向いているか見えてくるかも知れません。

ひとつの目安としてポイントとなるのは『30代』。

30代はどちらのSNSにも親しみがある年齢で、それ以上はFacebook、それ以下だとInstagramの普及率が高めだと考えておくと良いでしょう。

とはいえこれはあくまでも目安なので、実際のユーザー数は直接確かめる必要があります。

2つのSNSを同時に始めるなら押さえておきたい使い分け方

もしも2つのSNSを『同時にはじめてみようかな?』と考えているのであれば、

ご紹介しておきたいおすすめの使い分け方法があります。

それはこちらの2つのパターンです。

FacebookとInstagramの使い分け 2パターン
  • 『繋がり』で使い分ける
  • 『目的』で使い分ける

それぞれポイントを解説していきますね。

FacebookとInstagramを『繋がり』で使い分ける

使い分けについて何も考えていないのであれば、まずは『繋がり』で使い分けるのがおすすめ!

一度繋がってしまうとブロックするのは心苦しい…と思う方は多いので、

そういった意味でもまずはセキュリティを意識して『繋がり』を選別してみてはいかがでしょうか。

SNSを『繋がり』で使い分ける
  • Facebook
    • 面識のある知人
    • 実際に会って交流する人
  • Instagram
    • 面識のない人もOK
    • 趣味が合う人
    • 海外の人

プロフィールに信頼のおけるFacebookでは直接対話する機会のある方を中心に、匿名性が高く画像中心で交流できるInstagramでは面識の有無にはこだわらずに。

そんな使い分け方がおすすめです。

ただしいくらInstagramの匿名性が高いとはいえ、自ら本名や住所を書き込んでしまっては無意味なので自分でも注意する心がけが必要です!

FacebookとInstagramを『目的』で使い分ける

SNSを使って具体的にどんなことがしたいか決まっているなら『目的』で使い分けるのがおすすめです。

FacebookとInstagramはできることが明確に違うので、こんな使い分け方ができます。

SNSを『目的』で使い分ける
  • Facebook
    • 長い文章で日記やお知らせを書く
    • イベントを企画して参加者を募集する
    • Instagramの載せた画像や動画をアルバムにまとめておく
    • Facebookでしか繋がっていない人との連絡ツールとして
  • Instagram
    • おしゃれに加工した画像を投稿
    • 『今』起きていることを投稿
    • 公開時間制限付きの投稿

気楽な投稿はInstagramに、改まった投稿やInstagramのまとめをFacebookに。

このような使い分け方がおすすめです。

アプリの使い勝手や機能的にも日常使いのSNSとしてはInstagramの方が利用頻度が高くなる傾向にあり、

『繋がっているユーザーの反応が貰える方を…』と思って利用していると、

自然とこのようなスタイルに落ち着いてくるはずですよ!

まとめ

日本で人気の『3大SNS』の中から『Facebook』『Instagram』についてご紹介してきました。

2つの共通点は『面識のある知人と繋がるSNSとして選ぶユーザーが多い』ということです。

しかし実際に機能を見ていくと、2つのSNSでできることはまったく別物。

特徴や個性が異なるため、自分に合わせて好きな方を活用してみましょう!

2つのSNSを同時に使うのであれば『繋がり』や『目的』で使い分けるのがおすすめです。

上記の関連記事も一緒に読んでみませんか