なぜ私はLINEブロックされたの?人がSNSでブロックする時の心理や行動はこれ

おすすめ記事5選
 
スポンサーリンク

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『なぜ私はLINEブロックされたの?人がブロックする時の心理や行動はこれ』

今やメールを上回るほどの
コミュニケーションツールとして
幅広い層に人気の『LINE』ですが

LINEには
相手との交流を絶つための
『ブロック』という機能があります。

関わりたくない相手に対しては
とても有効なブロック機能。

でもブロックされる側になるのは嫌~!

今回は
LINEでブロックされたらどうなってしまうのか?
そして
ブロックする人は何を考えているの?

ということについて
詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

LINEブロックされるとどうなるの?出来ると出来ないことまとめ

まずは気になるのが
ブロックされたらどうなってしまうのか?
ということについて。

結論から言うと

ブロックされてしまった場合
殆どのことができなくなります。

できないことよりも
できることの方が少ないので、

ここでは
ブロックされてもできることをご紹介します。

友だちリストに登録しておく

相手があなたをブロック登録しても
こちら側の友だちリストからは消えません。

つまり
自分から何かしらアクションしなければ
ブロックされたかも?
と感じることすら無いのです。

ホーム画面を見る

相手のホーム画面も見ることができます。

BGMやプロフィールやカバーの画像
ステータスメッセージなども確認可能です。

ただし、
タイムラインの投稿は見られません。

こんな風に
投稿がひとつもない状態になります。

頻繁にタイムライン投稿している相手の場合
ブロックされたかどうかわかりやすいですね。

トークや画像などを送る、無料通話をかける

LINEのブロックは
一見普通にメッセージが送れるように見えます。

ですがその実は
相手に一切届かないのです。

ずっと既読がつかない

というのはブロックの可能性が高いです。

無料通話も同様で
かけることはできるのですが
相手の方では着信もありません。

過去のトークやアルバムなどを見る

ブロックされても
今までの交流記録は消えません。

つまり
こちらがデータを削除しない限り、

今までのトーク履歴や
作成したアルバムやノートは
今まで通り閲覧することができます。

LINEブロックをする人の心理を考えてみた

なぜブロックされてしまったの~?

と、心当たりがない場合は
ブロックする人の心理を考えてみましょう。

実は筆者も
LINEでブロックしたこともされたこともあるので
その時のことを思い出しながら考えてみました!

ノリでID交換してしまった

意外とありがちなのがこのパターン。

その場のノリや空気を壊したくなくて
ID交換したものの
本当は交換したくなかった…

ということも。

『いざとなればブロックすればいいや』
というノリでID交換する人もいるようです。

スポンサーリンク

メッセージが怖い、不愉快な思いをさせる

返事が無いのに何通もメッセージを送ったり
返事を急かすようなことばかり言ったり…

相手への思いやりが欠けるような
メッセージや行動はNG

相手が恐怖や怒りを感じてしまえば
ブロックしてしまうかも知れませんね。

第三者に『ブロックして』と言われた

実はこれもありがちパターンです。

特に最近彼氏や彼女ができたという相手の場合は
このパターンかも。

嫉妬深い恋人のために
異性の友だちは全員ブロック!

なんてことも有り得るかも知れません。

もうあなたと関わりたくない

LINEどころか電話やメールも無視

という場合は
もう関わりたくない!
と思われているのかも。

最近大きな喧嘩をしたりしていませんか?

相手を傷つけるような発言をしたり
嫌がらせのようなことをしたり…

反省できる点があるなら
こちらの可能性も高いです。

まとめ

もしブロックされてしまったら
まずは相手の立場に立って考えてみましょう。

ブロックされるということは
相手に思うことがあるということです。

あなたに否がないこともありますが
反省できる点は反省して
今後に活かしていけると良いですね。