LINEのIDがどれにしようか決めれない!ID名の決め方はこれを参考にしよう

☆お得なキャンペーン情報☆
 
スポンサーリンク

 

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『LINEのIDがどれにしようか決められない!ID名の決め方はこれを参考にしよう』

LINEを始める時に必要になるのが
LINEのIDです。

いきなりIDと言われても
どんなIDにしようか悩んでしまう方も多いはず。

他の人と被ったものは使えないため
なかなか選択肢が狭いのも
悩んでしまう理由のひとつです。

というわけで今回は
LINEのIDを決めるコツや
工夫するポイント
などを
まとめてみました!

LINEのIDを決める際には
ぜひ参考にしてみてくださいね。

[ad#adsense-naka]

LINEのIDがダサいとちょっと残念な思いもするよ

LINEで友達登録をするとき
どんな方法を使っていますか?

近くにいる友達となら
『ふるふる』や『QRコード』が便利ですが
離れている友達やスマホが手元にない場合には
『ID』の交換を活用することも多いはず。

そんなときに、
IDがダサくて超はずかしい!
なんてことになってしまうかも。

LINE IDは一度決めたら途中変更できないので、
LINEのIDはある程度厳選するのがおすすめです。

またLINEのIDは
半角英数字で最大20文字ということを
踏まえて考えていきましょう。

LINEのセンスあるIDにするために参考にしたい8つのこと

それではさっそくLINEのIDを
考えていきましょう!

ここでは
LINE のIDを考えるコツを8つご紹介します。

① セキュリティ面を第一に考える

まず大前提として
セキュリティを第一に考えて欲しい
というのが条件です。

ありがちなNGパターンとしては

  • 他のSNSと同じ
  • 名前+生年月日など単純過ぎる

などが挙げられます。

推測されやすいID
スパムの被害や乗っ取りに遭いやすい
など
デメリットも盛り沢山です。

ある程度作り込んだIDを設定するように
心がけましょう。

② 自分が覚えやすい単語や文字数にする

セキュリティは大事なのですが
複雑すぎて伝え間違えてしまったり
書き間違えたりするのは良いとは言えません。

検索しても出てこなくて
もう連絡が取れなくなってしまうなんて
悲しいですよね。

人にもよりますが覚えやすい文字数は
大体10文字前後が妥当ではないでしょうか。

他にも、
馴染みのない国の言葉やスペルで覚えられない
というのも気をつけたいポイントです。

③ 英字+数字を混ぜるのが鉄板!

セキュリティを高めながらも
好きなIDを設定したい!
と思うのは当然ですよね。

それなら英字+数字を混ぜたIDにしてみましょう。

名前+生年月日のような
推測されやすいものはNGですが

例えばペットの名前+自分の身長など
突拍子もない組み合わせなら
推測されにくいのではないでしょうか。

④ スペルの一部を数字に置き換える

お気に入りの英語を使いたいのに
他の人が使っていて使えない…
というのもありがちなパターン。

まず試してほしいのが
スペルの一部を数字に置き換えてみる
という方法です。

loveを10ve(数字の10+ve)など
アルファベットの見た目で置き換えるパターンや

for youを4u(for=4、you=u)など
英語の読みを置き換える&短縮するパターンが
あります。

元のワードを殆ど崩さず使えるので
筆者がずっと使ってきた
テクニックでもあります(笑)

⑤ 自分にゆかりのあるものにする

やはり覚えやすさは大事なので
自分にゆかりのある英字や数字がおすすめです。

名前や生年月日はセキュリティ的にも
あまりおすすめではないので
もう少しひねって考えてみましょう。

いつも飲んでいるドリンクや
大好きなファッションブランド、
よく使う路線番号や
憧れの芸能人の身長など

絶対に忘れないぞ!というほど
よく知った情報を組み合わせると
意外と良いIDができたりします。

[ad#adsense-naka-1-1]

⑥ 名前を加工して使う

名前をIDの一部に使いたい場合には
あからさまに名前を入れるのではなくて
名前を加工して使うのもおすすめです。

例えば田中太郎さんなら
taro.tt.tanakaなどイニシャル的にしてみたり
tarotarotaroなど繰り返してみるのもいいですね。

太郎のように長音が入っている名前は
tarooooなど長音の母音を複数使ってみるのも
他の人と被りにくいIDを作るコツです。

⑦ 暗号を作る

自分にしかわからない暗号にして
IDを決めてみるのも面白いかも知れません。

一番簡単な暗号といえば
30代~40代の方にはお馴染の
ポケベル打ちを活用した方法ですね。

この方法だとすべて数字になってしまうので
適度にアルファベットを混ぜつつ
IDを考えてみて下さい!

⑧ どうしても思いつかない時はジェネレーターを使おう

どうしても思いつかない時は
IDやパスワードを
自動的に考えてくれるジェネレーターを使う

というのもひとつの手です。

シンプルですがこちらのジェネレーター
桁数や英数の有無など細かく設定できるので
おすすめです。

①~⑦の方法を使った場合より
かなり覚えづらいIDになりますが
その分セキュリティ面はダントツで安心できます。

 

まとめ

LINEのIDは
アカウントを削除して作り直さない限り
変更することはできません。

気軽に変えられるものではないので
少し慎重に決めるべきと言えますね。

だからこそ長く使っていけるような
お気に入りのIDを考えてみましょう!

スポンサーリンク

上記の関連記事も一緒に読んでみませんか