アナと雪の女王『劇団四季ミュージカル』|日本初上陸の公演チケットの抽選販売の申し込みはauスマートパスプレミアムがおすすめ

☆お得なキャンペーン情報☆
 
スポンサーリンク

2021年6月24日に開演した『アナと雪の女王|劇団四季ミュージカル』

新型コロナウィルスの影響で開幕が2020年9月から延期されていただけに、今回の開幕は多くのアナと雪の女王ファン待望の劇団四季ミュージカル!

大注目の劇団四季アナ雪のチケットは、コロナ禍でもかなり入手が困難な状況は変わりません。

 

この記事では、アナと雪の女王の劇団四季ミュージカルのチケット購入方法や料金、そして基本的なストーリーや口コミなどについてご紹介してきますね。

アナと雪の女王『劇団四季ミュージカル』|チケット購入方法や料金と座席表について

東京公演

アナ雪の劇団四季の料金

  • 土日祝【昼】:S席13,750円(会員12,650円)(S席子ども6,875円)/A席11,000円(A席子ども5,500円)/B席7,700円/C席4,400円(税込)
  • 平日【昼】・土日祝【夜】:S席12,650円(会員11,550円)(S席子ども6,325円)/A席10,450円(A席子ども5,225円)/B席7,150円/C席3,850円(税込)
  • 平日【夜】:S席11,550円(会員10,450円)(S席子ども5,775円)/A席9,900円(A席子ども4,950円)/B席6,600円/C席3,300円(税込)

アナと雪の女王『劇団四季ミュージカル』予約・購入する方法

アナと雪の女王『劇団四季ミュージカル』のチケットを予約・購入する方法は現時点では5つあります。

チケットの予約購入方法
  1. 劇団四季 ファンクラブ
  2. 劇団四季 一般販売
  3. JR東日本
  4. チケットぴあ
  5. auスマートパスプレミアム

現時点では5つがおすすめの購入予約方法になります。

劇団四季のファンクラブに入るのが一番、確実にチケットをとる方法になりますが、auスマートパスプレミアムでも先行予約できるので二つに登録するのがおすすめ。

auスマートパスでは30日間無料で、登録することができますし、毎月なお得なクーポンがあるので基本的には月額料金よりもお得なサービスになっています。

一度、auスマートパスプレミアムを除いてみて、アナと雪の女王『劇団四季ミュージカル』のチケットを予約してみましょう。

auスマートパスプレミアムでは、現在8月から10月公演のチケットを7月7日まで予約することができるのでは、詳細は公式サイトからauスマートパスプレミアムに登録して確認しましょう。

>>:auスマートパスプレミアムの公式サイトはこちら

アナと雪の女王『劇団四季ミュージカル』の基本公演情報

劇団四季の最新ディズニーミュージカル『アナと雪の女王』はディズニーミュージカルの超大型・最新ミュージカルです。

2019年秋に北米ツアー公演がスタート。

以降、2020年7月にシドニー、ロンドン。2021年にはハンブルクでの上演が発表。

全世界のアニメーション映画興行収入において当時歴代1位の記録を持つ名作の舞台化は、世界中で話題となっている作品です。

アナとエルサのストーリーに心を奪われるのは間違いなしの作品です。

アナと雪の女王『劇団四季ミュージカル』のストーリーの口コミについて

感動して、感動して、感動して、、、、、

気づいたら涙が溢れていた人もいるほど最高の作品ですね。

もう、世界中をトリコにする劇団四季『アナと雪の女王』は見るしかなありませんね。

コロナウィルスの感染予防で頑張って自粛していた自分へのご褒美に観にいきましょう!

アナと雪の女王『劇団四季ミュージカル』が抽選の申し込みができるauスマートパスプレミアムについて

auスマートパスプレミアムがどんなサービスなのか解説します。

auスマートパスプレミアムはauユーザーに限らず誰でも利用できるサービスです。

ですので、アナと雪の女王の劇団四季チケット予約のために申し込む際も、携帯会社の縛りはありませんのご心配なく。

auスマートパスプレミアムは一言で言えば『お得と便利と安心をギュッと詰め込んだサービス』なのですが、これだけではいまいち理解できないですよね。

auスマートパスプレミアムで利用できるサービスは大きくわけて4種類存在します。

auスマートパスプレミアムで使えるサービス
  • アプリ(Android)/WEBアプリ(iOS)取り放題
  • あんしんサービス
  • お得クーポン配布
  • エンタメ特典

これらの4種類のサービスでどんなことができるのかはこちらのページにて詳しく解説しているので、興味がある人は確認してみてください。

上記の関連記事も一緒に読んでみませんか