dヒッツ とRecMusic(旧レコチョクBest)はどっちがオススメ?料金や配信数、強み弱みなどの徹底比較検証

☆お得なキャンペーン情報☆
 
スポンサーリンク

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『dヒッツとRecMusic(旧レコチョクBest)はどっちがオススメ?料金や配信数、強み弱みなどの徹底比較検証』

通学・通勤中や作業中に大活躍するのはやっぱり『音楽』ですよね!

聴きたい楽曲をすべて購入するのはお金がかかるし、レンタルするのは面倒くさい…

そんな方に人気なのが定額制の音楽配信サービスです。

しかしいざ登録しようと思ってもたくさん種類があるので、

どのサービスに登録すれば良いのか悩んでしまう方も多いようですね。

そこで今回は人気の定額プランがある音楽配信サービスの中から、

ドコモが提供するdヒッツとレコチョクが提供するRecMusic(旧レコチョクBest)をご紹介!

『dヒッツ』と『RecMusic(旧レコチョクBest)』を比較して各サービスの強みや弱みを徹底解剖していきます。

音楽配信サービスの利用を考えている方や、乗り換えを考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

dヒッツとRecMusic(旧レコチョクBest)はどっちがオススメ?基本情報やメリット・デメリットから検証

今回は『dヒッツ』と『RecMusic(旧レコチョクBest)』の2社を『どちらがお得なのか』という観点から比較します。

というのも、一言で『音楽配信サービスの聴き放題プラン』といっても料金や機能は様々。

ただ料金が安ければ良いというわけではなく、

サービスごとにできること・できないことが違ったり、得意な機能・苦手な機能があったりします。

そのため『安いサービスはできないことが多くてがっかりした』

『高いサービスに登録したのに使わない機能ばかりでもったいない』

なんていう不満の声も少なく有りません。

今回は『dヒッツ』と『RecMusic(旧レコチョクBest)』の両サービスの基本情報と特徴をご紹介し、

どんなところがサービスの良い所・悪い所なのかをわかりやすく解説していきます!

利用料金を見ただけではわからない特徴や機能の違いを見て、自分に合うサービス選びの参考にしてみてくださいね。

dヒッツとはどんな音楽アプリ|料金や配信曲数など機能基本情報総まとめ

まずは各サービスの基本情報から確認していきましょう。

先にご紹介するのはドコモが提供する『dヒッツ』の基本情報についてです。

無料 300円コース 500円コース
月額料金 無料 300円 500円
配信数 6,000プレイリスト(曲数非公開)
プレイリスト再生
単曲再生 1曲30秒まで Myヒッツ『月間10曲(年間120曲)保存可能』
楽曲ダウンロード プレイリスト プレイリスト/Myヒッツ
備考
  • 試聴のみ
  • プレイリスト再生のみ
  • 全機能無制限
  • オリジナルプレイリストが作れる

運営はドコモですが、ドコモユーザー以外でも利用できるのでご安心下さいね。

dヒッツはいわゆる『ラジオ型』と呼ばれる聴き放題プランを導入していて、

音楽の楽しみ方としては好きな楽曲を好きなように再生するのではなく、

dヒッツが提供するプレイリストを再生することを楽しむタイプの音楽配信サービスです。

自由度が低い代わりに料金がリーズナブルなのが最大の特徴と言えます。

RecMusic(旧レコチョクBest)の概要|月額料金や配信曲数などの基本情報

続いてご紹介するのはレコチョクが提供する『RecMusic(旧レコチョクBest)』の基本情報についてです。

無料 ライト スタンダード
月額料金 無料 300円 980円
配信数 1,500プレイリスト以上(曲数非公開)
プレイリスト再生 シャッフル再生のみ シャッフル/曲順
単曲再生 1曲30秒まで
楽曲ダウンロード
備考
  • 試聴のみ
  • アプリ限定プラン
  • スキップ機能は『6回/1時間』の制限有り
  • MVも見放題!
  • 全機能無制限
  • オリジナルプレイリストが作れる

RecMusic(旧レコチョクBest)にはdヒッツと同じラジオ型のライトプランと、

『ストリーミング型』と呼ばれる1曲ずつ自由な再生が行えるスタンダードプランがあります。

ライトプランはスマホやカーナビのアプリ限定プランで、BGMを楽しむことに特化したプランですね!

ちなみに両者はまったくの別物のサービスで、2重契約(ライトとスタンダードの両方に契約)できてしまうのでご注意下さい。

機能も大きく違うため、アプリなども完全に分離して運営されています。

dヒッツの特徴や強み、弱みなどの総まとめ

ここからは各サービスの特徴を解説しつつ、どんな所が良いのか・悪いのか・おすすめなのかをご紹介していきます。

まずは『dヒッツ』の特徴から見る良い所・悪い所はこちらです!

『dヒッツ』3つの特徴
  • リーズナブルに音楽を楽しめるサービス
  • ラジオ型とストリーミング型のいいとこ取りができる 👈おすすめポイント!
  • 自由に楽しめる楽曲数に制限がある 👈残念ポイント

dヒッツの特徴を一言で言えば『コンパクトに収まったバランスの良いサービス』といった所でしょうか。

『コンパクト』というのが評価の分かれ目で、どれくらいの自由度を求めるかによっておすすめできるかどうかが変わります。

順番に具体的な評価をご紹介していきますね。

リーズナブルに音楽を楽しめるサービス

dヒッツは数ある聴き放題プランの中でもリーズナブルな価格で音楽が楽しめるサービスです。

高くても月額500円、安いプランなら月額300円なので金額面で迷う方はほとんどいないのではないでしょうか。

dヒッツと同じようなリーズナブルなプランはラジオ型で提供しているサービスが多く、

ほとんどのサービスでは『プレイリスト』や『チャンネル』での再生が基本です。

そんなリーズナブルな他社プランと比較してもdヒッツの機能はかなり優秀で、

同じ価格帯のサービスの中でもdヒッツは音楽再生にまつわる機能制限が一番少ないのでは?と感じます。

この価格帯でプレイリストをまるごとダウンロードできるのは結構珍しいため、

リーズナブルかつ通信量の節約を狙いたい方にはdヒッツが一押しです!

ラジオ型とストリーミング型のいいとこ取りができる

dヒッツの素晴らしい所はラジオ型とストリーミング型のいいとこ取りができること。

dヒッツのメインの楽しみ方は、キーワードやカテゴリから検索して複数の楽曲で組まれプレイリストで音楽を楽しむことです。

詳しいアーティスト名や曲名に詳しくなくてもシーンや流行の年代などから適した楽曲が簡単に検索できるので、

『気分が盛り上がる音楽を楽しみたい』という時には大活躍!

自由度が低いと思われやすいプレイリスト再生ですが、

dヒッツの場合はスキップ機能も無制限ですしダウンロード機能も使えるので意外とストレスもありません。

ラジオ型で物足りない方は500円コースならストリーミング型としての機能も使えるようになりますよ!

『Myヒッツ』に登録した楽曲はストリーミング型のように自由な再生が楽しめるため、

1曲だけリピートしたりイントロを飛ばしたり端末に保存されている楽曲とオリジナルプレイリストを作ったり…

楽しみ方の幅もぐっと広がります。

自由に楽しめる楽曲数に制限がある

ただし『Myヒッツ』の利用にも悪い所があります。

それは自由に楽しめる楽曲数(Myヒッツ楽曲数)に制限があること。

Myヒッツには『Myヒッツ登録枠』の分しか登録できません。

登録枠は毎月10曲分ずつ付与されて、空き枠は最大6ヶ月確保しておくことができます。

Myヒッツに登録済みの楽曲は無期限で楽しめるので、有効期限内にすべて使い切らないともったいないですね。

また、『毎月10曲付与』という枠は固定されていて課金などで枠を増やすことができないので、

『追加でお金払ってもいいから自由に楽しみたい~!』という要望にも応えられないのがやや残念…

ちなみに登録した楽曲を削除してもMyヒッツ未登録枠は増えません。

『そもそも毎月10曲じゃ足りない!』という方にはRecMusic(旧レコチョクBest)のようなストリーミング型サービスがおすすめです。

RecMusic(旧レコチョクBest)の特徴や強み、弱みなどの総まとめ

続いては『RecMusic(旧レコチョクBest)』の特徴から見る良い所・悪い所はこちらの通りです。

『RecMusic(旧レコチョクBest)』3つの特徴
  • MVも見放題で楽しめる
  • スタンダードプランならすべての楽曲が自由に楽しめる 👈おすすめポイント!
  • ライトプランは完全にBGM利用目当てのユーザー向け 👈残念ポイント

RecMusic(旧レコチョクBest)の特徴は『ライトプラン』と『スタンダードプラン』でまったく別の楽しみ方ができること。

アプリや契約も完全に別物として扱っているため、それぞれ需要にフィットするサービスが提供されています。

こちらも順番に具体的な評価をご紹介していきますね。

MVも見放題で楽しめる

RecMusic(旧レコチョクBest)では音楽だけでなくなんとMV(ミュージックビデオ)も見放題で楽しめます。

応援しているアーティストやアイドルの楽曲は音楽だけでなくMVをじっくり楽しみたい時ってありませんか?

RecMusic(旧レコチョクBest)はMVの配信も行っているので、

わざわざ動画サイトを検索したり特典MV目当てでCDを購入しなくても安心・安全・月額料金内でMVが楽しめるなんて最高ですよね。

もちろん違法ではないのでご安心下さい。

しかもiPhoneアプリからならMVのダウンロードにも対応していますよ~!

スタンダードプランならすべての楽曲が自由に楽しめる

RecMusic(旧レコチョクBest)で音楽を楽しみたい方にはスタンダードプランがおすすめです。

スタンダードプランなら配信中のすべての楽曲が自由に楽しめるので、楽曲再生にまつわる機能で不便な思いはしないはず。

dヒッツと比べると月額料金は約2倍になってしまうものの、

1曲ずつ再生したり自分でプレイリストを作ったりすることに制限がないのはストリーミング型のRecMusic(旧レコチョクBest)ならでは。

ちなみにスタンダードプランはライトプランと同じ楽しみ方ができますが、

ライトプランではスタンダードプランと同じ楽しみ方はできません。

スタンダードプランに惹かれる要素があるなら、どちらかと言えばスタンダードプランで登録しておいた方が無難です。

その理由は次の項目でご紹介しますね。

ライトプランは完全にBGM利用目当てのユーザー向け

RecMusic(旧レコチョクBest)のライトプランは完全にBGM利用目当てのユーザー向けです。

プレイリストも曲順通りに再生できない上にスキップ回数制限まであり、機能制限が多いのがとても大きなデメリット。

例えばdヒッツのプレイリスト再生なら『好きな楽曲までスキップして好きな曲を1曲だけ聴く』という楽しみ方もできるのですが、

RecMusic(旧レコチョクBest)ライトプランの場合はスキップ回数に制限があるので場合によっては回数が足りません。

曲順再生もできずにシャッフル再生になってしまうため、お目当ての曲までのスキップ回数もランダムです。

自分で『この楽曲が聴きたい』という欲を出すと物足りない部分が目立つので、同じ金額を出すならdヒッツをおすすめします!

まとめ

dヒッツとRecMusic(旧レコチョクBest)はどちらも『ラジオ型』と『ストリーミング型』の両面を持ちます。

リーズナブルにラジオ型の音楽配信サービスを楽しみたいならdヒッツがおすすめですが、

ストリーミング型で楽しみたい方の場合は『自由度はどれくらいほしいか?』次第でおすすめサービスが変わります。

高い自由度を求める方にはRecMusic(旧レコチョクBest)がおすすめですよ!

どちらのサービスも初めて登録する方は無料でお試し利用することができるので、

気になったらまずは登録して実際に使用してみてはいかがでしょうか。