dヒッツとSMART USENを徹底比較|料金や配信方法からどっちを契約するのがオススメか検証

☆お得なキャンペーン情報☆
 
スポンサーリンク

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『dヒッツとSMART USENを徹底比較|料金や配信方法からどっちを契約するのがオススメか検証』

インターネットを通してどこでも簡単に音楽を再生できる『音楽配信サービス』では、

定額制で聴き放題のプランが『リーズナブルでコスパ良し!』として人気を集めています。

聴き放題プランの中でも特にリーズナブルなサービスと言われているのが『ラジオ型』と呼ばれるプレリスト再生タイプのもの。

今回はラジオ型の音楽配信サービスから、

携帯キャリア国内シェア率ナンバー1のドコモが提供しているdヒッツと、

店内BGMの放送サービスでもおなじみのUSENが提供しているSMART USENをご紹介。

『dヒッツ』と『SMART USEN』の基本情報や特徴を比較して、

どちらがどうお得でどんな方におすすめできるサービスなのかを解説していきます。

音楽配信サービスの聴き放題プランが気になる方や、ラジオ型サービスのメリット・デメリットが気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

実際に両方使った私がおすすめする『dヒッツ』と『SMART USEN』のどっちを契約すべき?

今回比較するのはドコモの『dヒッツ』とUSENの『SMART USEN』ですが、

『dヒッツ』と『SMART USEN』のどちらがおすすめなのか?という問題の結論からお話してしまうと

どんなサービスを求めるかによっておすすめできるサービスが異なるというのが答えです。

ただしどちらも『定額制』『ラジオ型の音楽聴き放題』という点は共通していて、

毎月の利用料金を支払うと配信中の楽曲が追加料金なしで聴き放題になります。

大きく違うのは『音楽の配信スタイル』で、どんなふうに音楽を楽しみたいかによってどちらが合うのかも異なります。

『ラジオ型』の聴き放題ってどんなサービス?

音楽配信サービスについてまだ知り始めたばかりの方など、

『そもそもラジオ型ってどういう意味?』と疑問に思う方もいると思いますので

両者のサービスの特徴を解説する前に『ラジオ型の音楽配信サービス』とはどういうものなのか簡単にご紹介します。

音楽配信サービスは大きく分けると3つのパターンに分類できます。

音楽配信サービスの種類
  • ダウンロード型
    • 『販売』『買い切り』とも言われる
    • 1曲単位やアルバム単位で楽曲を購入
    • 購入した楽曲はデバイスに保存され、自由に再生できる
    • 再生期限は無い
    • 1曲200~400円前後
    • 例)iTunes Store、music.jpなど
  • ストリーミング型
    • 定額制で聴き放題
    • 1曲単位で自由に楽曲を再生できる
    • デバイスに保存できるサービスとできないサービスがある
    • 配信終了や解約すると聴けなくなる
    • 月額1,000円前後
    • 例)Apple Music、LINE MUSICなど
  • ラジオ型
    • 定額制で聴き放題
    • サービスが選曲したチャンネルやプレイリストに沿って楽曲が流れる
    • デバイスに保存できるサービスとできないサービスがある
    • 配信終了や解約すると聴けなくなる
    • 月額300~500円前後
    • 例)dヒッツ、SMART USENなど

それぞれのタイプの特徴は以上のような形で、

今回ご紹介する『dヒッツ』と『SMART USEN』はどちらも『ラジオ型』に該当します。

つまり、1曲単位で自由に音楽を楽しむのは不得意・不可能なサービスです。

お気に入りの曲を1曲あるいは自分でプレイリストを作成して何度も再生する…というような楽しみ方をメインで行いたい方にはSMART USENはおすすめできません。

ただし、dヒッツに関しては『ラジオ型』と『ストリーミング型』の両方の特徴を兼ね備えているため、

この後ご紹介していくdヒッツの特徴や良い所・悪い所をチェックしてから判断しても遅くはありませんよ!

dヒッツの概要|月額料金や配信曲数などの基本情報

さて、それではここからは各サービスの基本情報をご紹介していきますね。

まずはドコモが提供する『dヒッツ』の基本情報はこちらです。

無料 300円コース 500円コース
月額料金 無料 300円 500円
配信数 6,000プレイリスト(曲数非公開)
プレイリスト再生
単曲再生 1曲30秒まで Myヒッツ『月間10曲(年間120曲)保存可能』
楽曲ダウンロード プレイリスト プレイリスト/Myヒッツ
備考
  • 試聴のみ
  • プレイリスト再生のみ
  • 全機能無制限
  • オリジナルプレイリストが作れる

赤で囲んだ部分は、SMART USENと異なる特徴を持つ部分です。

dヒッツはラジオ型の中でも『プレイリストの再生』をメインに楽しむサービスで、

気分やシチュエーション、年代、アーティストなどのテーマに沿って選曲されたプレイリストが聴き放題!

そして先程も軽く解説したように、dヒッツはラジオ型だけでなくストリーミング型の音楽配信サービスの側面も持ちます。

500円コースなら1曲単位での再生やオリジナルプレイリストも作成できますよ。

SMART USENの概要|料金や曲数などの基本情報

続いてはUSENが提供する『SMART USEN』の基本情報をご紹介していきますね。

無料継続 有料会員
月額料金 無料 490円 ※iTunes決済は510円
配信数 40チャンネル以上 1,500チャンネル以上
プレイリスト再生
単曲再生
楽曲ダウンロード
備考
  • インスト楽曲チャンネル中心
  • 『語学』『アイドル・声優トークラジオ』など、音楽配信以外のチャンネルも充実

赤で囲んだ部分がdヒッツとは異なる特徴を持つ部分で、すべて『✕』になっているため驚く方もいるかも知れません。

SMART USENは『ラジオ型』の中でも完全なるラジオ型なので、『選』はできますが『選』はできないんです。

お店でかかっている有線放送のBGMのように、チャンネルを指定して再生すると24時間途切れることなく楽曲が再生されます。

まさに『ラジオ』のようですね。

また、音楽以外にも普通のラジオ放送のような語学チャンネルやトークチャンネルなどバラエティチャンネルも放送しています。

dヒッツの特徴やメリット・デメリットについて

それぞれのサービスの基本情報が把握できた所で、ここからは特徴をまとめて『良い所』『悪い所』を解説していきます。

まずは『dヒッツ』の特徴からみる良い所・悪い所はこちらの通りです。

『dヒッツ』3つの特徴
  • 音楽を楽しむ事に特化した機能が充実
  • ダウンロード機能対応 👈おすすめポイント!
  • 音楽以外のコンテンツは一切ナシ 👈残念ポイント

どんな所がどんな風に良い・悪いのか、どんな方におすすめできるのか、順番に解説していきますね!

dヒッツは音楽を楽しむ事に特化した機能が充実

dヒッツはSMART USENと比べると音楽を楽しむことに特化した機能が充実しています。

『流れている音楽を楽しみたい』という希望はもちろんのこと、

『この曲だけ何度も再生したい』『好きな曲でオリジナルプレイリストを作りたい』といった

本来ならストリーミング型音楽配信サービスが得意とする要望にも応える事ができます。

ストリーミング型音楽配信サービスの月額料金相場の約半額でありながら自由な楽曲再生も楽しめるので、とってもお得!

ただしストリーミング型サービスとは違って、自由にできる楽曲の数に制限があります。

『自由な楽曲再生は少しだけでもOK、できるだけコストを抑えたい!』という方ならdヒッツでも十分満足できるのではないでしょうか。

もっと自由に楽曲を楽しみたい方の場合は『ラジオ型』ではなく『ストリーミング型』のサービスをおすすめします。

以下の記事ではストリーミング型の『LINE MUSIC』と比較してどんな所が違うのか解説しているので、

ラジオ型とストリーミング型で迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

dヒッツは曲のダウンロード機能あり!オフラインで聴ける

dヒッツの楽曲は基本的にすべてダウンロード機能に対応しているので、

通信量を節約しながら音楽配信サービスを楽しみたい方にもおすすめできます。

動画に比べると通信量は控えめな音楽データですが、毎日何時間も聴くとなると話は別!

せっかく聴き放題プランに登録したのに通信量が気になって楽しめないのでは本末転倒ですよね。

dヒッツならWi-Fi通信でダウンロードしておけばモバイル通信量を消費することなく音楽が楽しめます。

自由再生できる楽曲はもちろん、プレイリストもまるごとダウンロード可能なので、

お気に入りのプレイリストを何度リピートしても通信量はゼロです!

dヒッツは音楽以外のコンテンツは一切ナシ

このように音楽を楽しむためにはコスパ◎なdヒッツですが、

楽曲再生以外のコンテンツは一切期待できないという所は唯一のデメリットかも知れません。

SMART USEN始めとした他社サービスでは楽曲再生以外に特典を用意していることもあるので、

特典的な要素も含めてサービスの利用を考えているならやや魅力に劣る部分があります。

『楽曲再生以外の部分』を重視する方にはあまりおすすめできません。

しかしその分この価格帯の音楽配信サービス聴き放題プランにしては機能面が充実しているというメリットがあるため、

『楽曲再生の機能』を重視する方にはdヒッツはおすすめですよ!

SMART USENの特徴やメリット・デメリットの総まとめ

続いては『SMART USEN』の特徴からみる良い所・悪い所もご紹介していきますね!

『SMART USEN』3つの特徴
  • 選局するだけで旬&テーマに合う音楽が楽しめる
  • 音楽以外のコンテンツも楽しめる 👈おすすめポイント!
  • 楽曲再生の自由度が低い 👈残念ポイント

それではSMART USENについてもどんな所がどんな風に良い・悪いのか、どんな方におすすめできるのか解説していきます。

SMART USENは選局するだけで旬&テーマに合う音楽が楽しめる

選局するだけで旬&テーマに合う音楽が楽しめるというのは完全ラジオ型のSMART USENならではの魅力です。

『プレイリストと同じでしょ』と思う方もいるかも知れませんが、

チャンネル制の良い所はチャンネル内で流れる曲が定期的に入れ替わることです。

例えば『J-POPの最新曲チャンネル』なら再生するタイミングの最新曲が流れるので、

わざわざ『2019年8月J-POP最新曲プレイリスト』を探す必要はありません。

その時そのチャンネルに最適な楽曲を流してくれるため、

『タイトルとかアーティストとかよくわからないけど最新曲・流行曲が聴きたい』という方にはとってもおすすめです。

SMART USENは音楽以外のコンテンツも楽しめる

SMART USENの魅力はバラエティに富んだチャンネルにもあり、音楽以外のコンテンツも楽しめるようになっています。

隙間時間には『語学チャンネル』で英会話をはじめとした外国語の勉強をしたり、

文学作品の『朗読チャンネル』で物語を楽しんだりしてみても良いですね!

『アイドルラジオチャンネル』や『声優ラジオチャンネル』にはあなたの『推し』が出演しているかも?

変わった所では『アリバイチャンネル』という外出中風や車内風のBGMを装う用のものも…(笑)

音楽チャンネルにしか興味がなかった方でも思わぬ出会いがありそうなくらいたくさんのチャンネルがあるので、

ぜひ一度チャンネル一覧をチェックしてみてくださいね!

SMART USENは楽曲再生の自由度が低い

トレンドを楽しむには最適とも言えるSMART USENですが、その反面楽曲再生の自由度は低いのが現実です。

SMART USENはタイムラインに沿って『放送』されるため自分の好きな曲は選べません

チャンネルページから再生される楽曲リストは確認できても、

好きな曲までスキップすることや一時停止することはできません。

もちろん10秒戻し・送りなどもありませんし、ラジオなのでダウンロードという概念もありません。

音楽チャンネルならチャンネルに含まれる楽曲をプレイリストのように繰り返しているため何度も聴くことはできますが、

聴きたい曲を聴くためには『待つ』しかないので歯がゆい思いをすることも…

また、先程はメリットになった『チャンネル内の楽曲が定期的に入れ替わる』という特徴が、

『今のこのチャンネルの楽曲がいい!』と思っても保存しておけないという意味ではデメリットにもなり得ます。

まとめ

ドコモの『dヒッツ』とUSENの『SMART USEN』はどちらもラジオ型ですが、再生スタイルが大きく異るサービスです。

簡単にまとめると、

  • 多少自由に楽曲を楽しみたい方は『dヒッツ』がおすすめ
  • 常にトレンドを追いたい方は『SMART USEN』がおすすめ

です!

もちろんそれぞれのサービスのおすすめポイントはこれがすべてではないので、

気に入るポイントがあったり『自分だったらこんな風に活用できそう!』というイメージができたり

直感的に『良いな』と感じたサービスを利用してみても良いと思います。

dヒッツもSMART USENも初めて利用する方なら無料お試し登録ができるので、

まずは無料お試し登録から始めてみてはいかがでしょうか。

※SMART USENは無料期間が『3日間』ととっても短いのでご注意下さい!

上記の関連記事も一緒に読んでみませんか