dエンジョイパスとは?お得な31日間の無料登録手順とログイン方法をご紹介

☆お得なキャンペーン情報☆
 
スポンサーリンク

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『dエンジョイパスとは?お得な31日間の無料登録手順とログイン方法をご紹介』

大手携帯キャリアの『ドコモ』と、福利厚生サービスでおなじみの『ベネフィット・ワン』が共同運営する、

個人向け福利厚生dエンジョイパスにはお得な特典が盛りだくさん!

日常で使える飲食店のクーポンやネットショップでのポイントサービス、

休日に便利なレジャー施設のお得な前売りチケットや最安値保証の国内ホテル宿泊プランなどなど…

誰でも必ずお得になる特典が配信されています。

ドコモユーザーの方はもちろん、ドコモと契約していない方でも利用できるdエンジョイパスでは、

初めて登録する方なら最初の31日間は無料で利用できますよ!

今回はそんな『dエンジョイパス』への31日間無料お試し登録の方法をご紹介。

dエンジョイパスについても詳しくご紹介していくので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

dエンジョイパスとは?

まずは『dエンジョイパス』がどんなサービスなのか、簡単に概要をご紹介していきますね。

利用料金などの基本的な情報はこちらの通りです。

『dエンジョイパス』基本情報
月額料金 500円(税別)
支払い方法 ドコモ払い、クレジットカード
特典数 5万件以上
特典を受け取る方法
  • サイトから事前予約
  • スマホの画面を提示
  • パソコンの画面を印刷
  • 郵送されたチケットを持参
  • コンビニ発券
共有できる人
  • 二親等以内の家族・親族
  • クーポンによっては三親等以上離れた親族や友人も利用可能
無料お試し期間
  • 初回登録時は31日間無料

最初にご紹介したように、dエンジョイパスはドコモが運営している福利厚生サービスです。

運営はドコモですが、ドコモユーザー以外の誰でも契約できますよ!

『似たようなサービスを知っている』という方もいるかも知れませんね。

実は、クーポンなどの特典を提供しているのは共同運営している『ベネフィット・ワン』なんです。

ベネフィット・ワンは福利厚生サービスの『ベネフィット・ステーション』を運営していて、dエンジョイパスでも実際に利用するのはベネフィット・ステーションの特典です。

『デイリープラス』『みんなの優待』などベネフィット・ステーションが利用できるサービスは他にもあるのですが、dエンジョイパスはその中でも個性的

他社がベネフィット・ステーション色が強いのに対して、dエンジョイパスはドコモ色が濃いサービスです。

一番大きな違いはサービスを通して貯まる・使えるポイントの種類。

他社ではベネフィット独自ポイントの『ベネポ』が貯まり、ベネポはベネフィット・ステーション対象店でしか利用できません。

しかしdエンジョイパスではドコモの『dポイント』が貯まる&使えるので、

ベネフィット・ステーション対象店以外にもdマーケットの各ストアでも利用可能となっています。

『dポイント』の方が利用できる範囲が広いため、

『ポイント』までしっかり活用したいと考えている方には、『dエンジョイパス』が特におすすめです!

dエンジョイパスで使えるクーポンまとめ

お得な特典が盛りだくさん…といっても『有料サービス』である点が気になる方も多いはず。

登録した後に『使わない施設ばかり』『特典がショボい』なんて感じたら困りますよね。

そこで、dエンジョイパスではどんな場所で使える特典が配信されているのか?を簡単にまとめてみました。

『dエンジョイパス』特典
  • 宿泊
    • 東京ベイ舞浜ホテル
    • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
    • ホテル京阪 ユニバーサル・タワー
    • 沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ
    • 神戸ポートピアホテル
    • ウォーターマークホテル長崎・ハウステンボス
  • レジャー
    • 富士サファリパーク
    • 東武動物公園
    • 横浜・八景島シーパラダイス
    • としまえん
    • ハウステンボス
    • よみうりランド
  • 温泉・美容
    • スパリゾートハワイアンズ
    • 箱根高原ホテル(日帰り入浴)
    • 東京・湯河原温泉 万葉の湯
    • Re.Ra.Ku(リラク)
    • ストレッチ専門店 Dr.ストレッチ
  • 生活
    • 全日警ホームセキュリティ みまもりプラン
    • ALSOKホームセキュリティ
    • セコム・ホームセキュリティ
    • ペットファンクラブ!
    • ウィジードッグクラブ
  • グルメ
    • ペッパーランチ
    • なか卯
    • 上島珈琲
    • 銀座コージーコーナー
    • 魚民
    • ドミノ・ピザ
    • ピザハット
  • スポーツ
    • パーソナルジム RIZAP
    • セントラルスポーツ
    • ティップネス
    • メガロス
    • コナミスポーツクラブ
  • 学ぶ
    • NOVA  駅前留学・お茶の間留学
    • ABCクッキングスタジオ
    • ECCジュニア
    • 「こどもちゃれんじ」「進研ゼミ」
    • Z会の通信教育
  • 健康
    • ジーンクエスト 遺伝子解析キット
    • ベネ・ステ在宅検診
    • 美容皮膚科リゼクリニック(医療レーザー脱毛)
    • メンズクリニック
  • 介護
    • ワタミの宅食
    • 介護の相談窓口「SOMPOケア 介護なんでも相談室」
    • ニコニコ介護タクシー
    • フランスベッド 介護宅配便
  • プレゼント(お祝い)
    • 誕生日
    • 入学・入園
    • 結婚
    • 出産

これらはあくまでも『一部』の特典に過ぎません。

dエンジョイパスで配信されている特典は全部で5万件以上!

他にももっとたくさんの飲食店やレジャー施設、ホテルや生活サービスなどで使える特典が配信されています。

ちょっとしたクーポンもあれば、一度で1,000円以上値引きになるものや、半額以下になるものなどなど…

月に1度か2度程度の利用で月額料金分の元が取れるはず。

有料サービスではありますが、その分お得度も高いサービスになっています。

また、dエンジョイパスは『クーポンサービス』ではなく『福利厚生サービス』なので、

単なるクーポンや優待チケットだけでなく登録していれば誰でも獲得チャンスがあるお祝い系特典も受け取れます。

dエンジョイパスのメリット・デメリットまとめ

他のベネフィット・ステーションが利用できるサービスと何が違うの? もう少し具体的な良い所と悪い所が知りたい!

という方に向けて、dエンジョイパスのメリットとデメリットをまとめてみました。

まずは『dエンジョイパスのメリット』をご紹介していきますね。

『dエンジョイパス』メリット
  • 家族や友人も一緒に使える
  • ドコモならではの特集やキャンペーンが豊富

dエンジョイパスは他のベネフィット・ステーション提携サービスと同じで、ほとんどの特典が契約者本人以外も利用可能です。

一人で利用する方はもちろん家族や友人と一緒にお出かけした際には、特典を使用した人数分更にお得に。

また、dエンジョイパスならではの魅力としては、ドコモ運営ならではの特集やキャンペーンが豊富であること。

中でも特に人気なのは『ワンコイン特集』で、映画館やレジャー、温泉などの施設が500円()で利用できるキャンペーンです。

他にもdポイントを絡めた特集やキャンペーンが豊富で、効率よくdポイントを集められますよ!

続いて『dエンジョイパスのデメリット』もご紹介していきます。

『dエンジョイパス』デメリット
  • 他社よりも利用料金が高い
  • ドコモユーザー以外はクレジットカードが必須

一番大きなデメリットで言えば、ベネフィット・ステーションが利用できるサービスの中では最高額だということ。

といっても最安値と比較しても216円程度なのですが…年間にすると2,592円になるので、ちょっとした出費ではありますよね。

dポイントが貯まるなど他社よりも高いだけあってdエンジョイパスならではの魅力もあるのですが、

『ベネフィット・ステーションの特典が利用できればなんでもいい』という方にとっては一番損してしまいます。

dエンジョイパスにこだわりが無い方にはもっと安く利用できるサービスがおすすめです。

また、ドコモユーザーはドコモ払いが使えますが、それ以外の方はクレジットカード払いになってしまいます。

ドコモユーザー以外はクレジットカードが無い方は契約できないのでご注意ください。

dエンジョイパスを使っている人の口コミと評判

実際に使っている人はどう思っているの?

ということで、dエンジョイパスユーザーの口コミも調査してみました。

『本当に使えるサービスなのか』という点を重視して口コミを調査してみたところ、特典をバリバリ活用している方の口コミを発見しました。

様々な場所にお出かけする機会がある方だとその分特典を利用する機会も増えますよね。

検索から特典を探すだけでなく特集をチェックしたりキャンペーンに応募したり、

dエンジョイパスをフル活用することでお得を最大限に享受できると言えそうです。

dエンジョイパスの活用術的な口コミにはこのようなものも。

先程もご紹介したとおりdエンジョイパスではdポイントが使えるので、貯まったdポイントでチケットを購入することも可能です。

もちろんdポイントはdエンジョイパス以外のサービスで貯めた分も使えます。

貯まったポイントだけを消費して実質0円でチケットを購入することも夢ではありません!

お得な価格で購入できる上にポイント消費でまかなえるなんて最高すぎますよね。

しかしその一方で、使えなかったという口コミも見つかりました。

個人的には『100%まったく使えない』ということは無いと思うのですが、

人によっては提供されている特典との相性が悪くてあまりお得を実感できないこともあるようです。

月額500円という前提があるため、評価のハードルが上がってしまうのも不満に繋がりやすい原因のひとつと言えそうですね。

こんな人はdエンジョイパスに加入し節約でるのでおすすめ

dエンジョイパスには良いところも悪いところもあり、口コミにも良いものと悪いものがありました。

結局dエンジョイパスはどんな人におすすめなのか、まとめたのでぜひ参考にしてみてくださいね。

dエンジョイパスをおすすめする人 3パターン
  • 外食やレジャーなど、お出かけが好きな人
  • ドコモユーザー
  • ドコモが運営する他のサービスを利用している人

dエンジョイパスは、以上の方々に特におすすめです。

どんな所がおすすめなのかを簡単に解説していきましょう。

外食やレジャーなど、お出かけが好きな人

まず大前提として外食やレジャーといった『お出かけ』が好きな人には問答無用でおすすめです。

他のベネフィット・ステーションが利用できるサービスと比べると確かに利用料金は高いのですが、

頻繁に特典を活用できる生活スタイルの方であれば差額が気にならないほどの優待が受けられるはず。

もちろん契約者本人以外にも、同行している家族や友人たちも特典の対象になります。

※特典によっては契約者本人以外は対象外のものもあります

『自分だけ得するのはちょっと使いづらい…』と遠慮する必要もないので、活用する機会も増えそうですね!

ドコモユーザー

ドコモが提供するサービスということもあり、ドコモユーザーには特におすすめです。

一番大きなおすすめポイントはやはり『dポイントが貯まる・使える』ということ。

dポイントといえばドコモユーザーにとっては身近な存在ですよね。

例えば『ドコモのスマホ代で貯まった大量ポイントを使って実質無料でホテルに泊まる』といった使い方も可能です。

他社のサービスを使ってベネポとdポイントを別々に管理するのはちょっと面倒ですよね。

dエンジョイパスでdポイントに一本化した方が効率的にポイント管理できますよ!

ドコモが運営する他のサービスを利用している人

また、ドコモユーザーではなくてもドコモが運営する他のサービスを利用している人にもおすすめです。

dエンジョイパスで貯めた『dポイント』は通常のdポイントとは少し違って、『dマーケット』でのみ使用することができます。

dマーケットのサービス
  • dショッピング
  • dTV
  • dアニメストア
  • dゲーム
  • dデリバリー
  • dブック
  • d fashion
  • dトラベル
  • dミュージック
  • dカーシェア 等…

dエンジョイパスで貯めたdポイントは、これらのサービス利用時に消費することができます。

逆にdマーケットのサービスで貯めたポイントをdエンジョイパス経由のチケット購入費にすることもできますよ。

dTVやdアニメストアはドコモユーザー以外にも人気のサービスなので、利用中の方もいますよね。

これらのサービスの利用料金でdポイントが貯まっていきますが、

ドコモユーザー以外だと貯まるのが遅くて活用しづらいと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

dエンジョイパスと組み合わせて利用することでdポイントの獲得・消費場面も増えて活用しやすくなりますよ!

dエンジョイパスの31日間無料登録する手順

それではいよいよdエンジョイパスに登録する方法を解説していきますよ!

まずはdエンジョイパスのサービスページから右下のまずは初回31日間無料お試しボタンをタップして次のページに進み、

次の画面では赤色の『初回31日間無料お試し』というボタンを選択しましょう。

>>dエンジョイパスの公式サイト

dエンジョイパスはドコモのサービスなので、dアカウントで一括管理されています。

既にdアカウントをお持ちの方は『ログイン』しましょう。

dアカウントが無い方はその下のリンクからdアカウントを作成して、作成したアカウントを使用してログインしてください。

パスワードを入力してログインすると、dエンジョイパスの登録ページに進みます。

dアカウントに登録されている支払い方法に間違いがなければ『確認画面へ』をタップしましょう。

dエンジョイパス利用にあたっての注意事項などを確認していきます。

問題が無ければ『上記の利用規約/注意事項に同意する』にチェックを入れ、

最後に『申込みを完了する』を選択すればdエンジョイパスへの登録が完了です!

これでdエンジョイパスの特典が利用できるようになりました!

dエンジョイパスを解約する方法

dエンジョイパスを初めて利用した方は登録日から31日目までは無料で利用できます。

もちろん31日以内に解約手続きを行えば完全に無料で、料金は一切かかりません。

最後にdエンジョイパスの解約方法もご紹介しますね!

といっても解約方法はとても簡単で、dエンジョイパスの右下から『マイページ』を表示し、

マイページの一番下の『解約』を選択すれば解約画面に進めます。

表示された内容に沿って選択していくだけで簡単に解約できますよ!

メニュー等もわかりやすい場所にあるので、解約を考えている方は一度チェックしてみてくださいね。

ただし解約手続きを行うとすぐに特典が利用できなくなってしまうので、勢い余って本当に解約しないように注意してください。

まとめ

dエンジョイパスはドコモとベネフィット・ワンが共同運営するお得な個人向け福利厚生サービスです。

飲食店やレジャー施設、ホテルや生活サービスなどなど…

様々なシーンで役立つ特典が盛りだくさんなのですが、毎月500円(税別)がかかる有料サービスです。

人によって相性があるため、まずは無料お試しを利用して使い心地や活用できる特典があるかどうかを確かめてみてはいかがでしょうか。

無料期間中に解約すれば料金は一切かからないので、安心してお試ししてみてくださいね!

上記の関連記事も一緒に読んでみませんか