迷わない!Amazonプライムミュージックを解約方法の手順とやり方|無料期間中に退会する方法

☆お得なキャンペーン情報☆
 
スポンサーリンク

こんにちは。『ペコ』です。

本日のテーマはこちらについて。
『迷わない!Amazonプライムミュージックを解約方法の手順とやり方|無料期間中に退会する方法』

Amazonプライムミュージックはリーズナブルでコスパも抜群なサービスですが、

活用する時間がなかったり『自分には合わないな~』と感じた時は解約を考える方も多いはず。

また、現在無料お試し中の方も解約手続きをしなければ有料期間に移行してしまうので要注意ですよ~!

解約したと思ったらできていなくて料金が発生してしまった、というトラブルを耳にすることもありますし、

一度解約手続きを確認しておくとトラブルも少なくスムーズに手続きが完了できるのではないでしょうか。

今回はAmazonプライムミュージックを解約する方法や解約に関する注意点をまとめました。

Amazonプライムミュージックの解約を考えている方は最後まで要チェックです!

Amazonプライムミュージックを解約する前に確認しておくべき3つの注意点

解約手続きを行う前に、事前に確認しておきたいAmazonプライムミュージック解約に関する注意点をまとめました。

解約した後に『あれ!?こんなはずじゃなかった!』とならないように、軽く目を通しておきましょう!

Amazonプライムミュージック解約前の3つの注意点
  • プライム会員特典が全部使えなくなる
  • 解約手続きをした日と契約終了日は異なる
  • しばらくは無料登録の対象外になる

それぞれの注意点について、簡単に概要を解説していきますね!

プライム会員特典が全部使えなくなる

最大の注意点としては『Amazonプライムミュージックの解約=Amazonプライム会員の解約』であることです。

登録時におわかりように、Amazonプライムミュージック単体でのサービス提供はしていません。

『他のAmazonプライム会員特典は使いたいからAmazonプライムミュージックだけ解約して料金を安くしたい』

というようなことはできません。

Amazonプライム全体を解約することになるため、

Amazonプライムミュージック以外のAmazonプライム会員特典もすべて使用できなくなるのでご注意下さい。

自分は使っていなくても家族会員が配送特典を愛用しているケースなども考えられるので、

もしもAmazonアカウントを共有して利用している方がいる場合は確認した方が事前に良いかも知れませんね。

解約手続きをした日と契約終了日は異なる

Amazonプライムでは、解約手続きをした日と実際に契約が終了する日が異なります

基本的には解約手続きを行ってもすぐに会員資格が終了するわけではなく、

前払いしている利用料金分の契約期間はずっと会員資格が有効の状態です。

つまり、解約手続きしても契約期間内であればAmazonプライムミュージックの利用は継続できますし、

もちろん他のAmazonプライム特典も利用できます。

現在無料お試し期間中の方の場合は、登録日から30日間はプライム会員特典が利用できますよ!

ただし既に有料会員になっている方の場合は契約期間の強制終了を行うことも可能です。

強制終了すると残りの契約期間の料金が日割りで返金される代わりに、強制終了した時点で会員資格を失います。

しばらくは無料登録の対象外になる

Amazonプライムミュージック登録時に30日間の無料お試し登録から始めた方も多いのではないでしょうか。

しかし無料お試しの利用は無条件ではなく、再登録する場合は『基本的』に無料お試し登録の対象外となります。

『基本的』というのは、実はAmazonプライムは無料お試し登録自体は初回限定というわけでは無いんです。

他社のサービスでは『初回のみ無料』というケースが多く、

1度登録したことがあるユーザーはそれ以降確実に有料ユーザーになってしまうことがほとんどですよね。

一方でAmazonプライムは特典内容が頻繁にリニューアルするためか、

一定期間を空けると再びお試し対象者として30日間の無料でAmazonプライム会員ユーザーになれるようになっています。

ただし『一定期間』というのがどれくらいの期間なのか公表はされていません。

あくまでも『お試し』は『お試し』なので、サービスが気に入った場合には有料契約をおすすめします。

Amazonプライムミュージックを実際に解約した手順と方法

解約に関する注意事項が確認できたところで、

ここからは実際の画面をスクリーンショットをし図解でAmazonプライムミュージックを解約する方法を解説していきます。

なお、先程の注意にもあったように実際には『Amazonプライム』全体のサービスを解約します。

解約はAmazonのWEBページから行いましょう。

画面左上の『≡』をタップしてメニューを開いて『アカウント』を選択します。

再度パスワードを入力して『ログイン』します。

アカウントサービスのページに移動するので、スクロールしていき『プライム会員情報の設定・変更』を選択しましょう。

こちらのページから解約手続きに進めます。

スクロールすると『次のお支払い』という所で契約更新日が確認できますよ!

そこから少しスクロールすると『プライム会員情報の管理』という項目に

『会員資格を終了する(特典を終了)』というメニューがあるのでこちらを選択して下さい。

本格的な解約手続きに進みます。

解約に関する注意点が表示されるので、確認して問題がなければ『特典と会員資格を終了』を選択しましょう。

引き続き年間プランのおすすめが表示されますが『会員資格を終了する』を選択します。

最終確認画面でもう一度『特典と会員資格を終了』を選択すれば解約手続きが完了です!

無料お試し期間中の方は、解約手続き完了画面に『会費のご請求はありません』と表示されているのが確認できますね!

注意事項にも記載したように解約手続きを行っても契約終了日までは利用できるので、

残りの契約期間はAmazonプライムミュージックを楽しみましょう。

Amazonプライムミュージックの解約後のダウンロードした曲はどうなるの?

Amazonプライムミュージックの楽曲をスマホにダウンロードして楽しんでいる方も多いですよね!

Amazonプライムミュージック解約後にダウンロードした楽曲がどうなってしまうのか気になるはず。

特に気になるのは『ダウンロードしてあるから解約後でも聴けるのでは?』ということ。

しかし残念ながら解約後はダウンロード済みの楽曲も再生できないというのが答えです。

そもそもAmazonプライムミュージックのアプリは使い始める時に

『Amazonプライム』もしくは『Amazon Music unlimited』のどちらかにログインが必要なのは覚えていますか?

Amazonプライムミュージックを解約するとAmazonプライム会員としてのログインができなくなるため、

『聴き放題』のサービスそのものが使用できなくなります。

どんな状態であれAmazonプライムミュージックを利用したいのであれば有料会員を継続しておきましょう!

解約後によく聞かれるAmazonプライムミュージックの解約・退会についてのQ&A

最後に、Amazonプライムを解約した後にありがちな質問をまとめてみました。

解約したはいいけどまだなんとなく引っかかる…

そんなモヤモヤがある方はこちらをチェックしてみましょう。

Amazonプライム解約後に関する3つのよくある質問
  • 本当に何度も無料体験できるの?
  • 解約手続きはキャンセルできる?
  • 利用料金が返金されるケースはある?

今回は以上の3つのよくある質問に注目し、実際の答えをご紹介していきます。

Q.本当に何度もAmazonプライムミュージックに無料体験できるの?

A.できます!

こちらの質問に関しては実際に筆者が経験しているので間違いありません。

少なくとも3回は無料で体験しているので、おそらく回数に制限はないのだろうと思われます。

筆者の場合はそれぞれ1年以上間隔が開いていたのですが、もっと短期間で2回目の無料体験ができた方もいました。

残念ながら2回目以降に無料体験対象になる基準や条件は公表されていないため『どうすれば』という質問には答えられませんが、

複数回の無料体験登録ができることは事実です。

Q.Amazonプライムミュージックは解約手続きはキャンセルできる?

A.できます!

無料お試し中の方も、有料会員として契約中の方も、解約手続きをキャンセルして会員資格を続行することができます。

解約手続きと同じように『プライム会員情報の設定・変更』まで進むと、

解約前は『会員資格を終了する』だった所が『会員資格を続行する』になって解約手続きをキャンセルできますよ!

こちらで解約手続きをキャンセルすると会員資格が続行して解約前の状態に戻ります。

有料会員(あるいは無料会員から有料会員への移行)になるため、利用料金が発生する状態になるので忘れずに覚えておきましょう。

Q.Amazonプライムミュージックは利用料金が返金されるケースはある?

A.契約期間の途中で解約(契約期間の強制終了)した場合は返金される可能性があります。

ただし、契約途中で解約したからといってすべての人が全額返金を受けられるわけではありません。

Amazonプライムには『月契約』と『年契約』がありましたが、

契約しているプランによって条件や返金される内容が異なります。

Amazonプライム会費返金の条件
  • 月契約の場合
    • 条件:Amazonプライム会員特典を1度も使用していない(家族ユーザーも含む)
    • 返金:月額料金を全額返金
  • 年契約の場合 パターン①
    • 条件:Amazonプライム会員特典を1度も使用していない(家族ユーザーも含む)
    • 返金:年額料金を全額返金
  • 年契約の場合 パターン②
    • 条件:Amazonプライム会員特典を使ったが、契約途中で解約した(家族ユーザーも含む)
    • 返金:残りの契約日数から日割りで返金

こちらの手続きは『うっかりしてて契約更新されてしまった!』という方のための応急処置だと考えておきましょう。

『ガッツリ使い倒したけど無料がいい!』という方のためのサービスではありません!笑

Amazonプライム会員は使う方にとってはこれほどコスパの良いサービスは無いといっても過言ではないくらい特典が充実しているので、

愛用しているのであればぜひ有料会員となって利用してくださいね。

まとめ

Amazonプライムミュージックを解約すると、Amazonプライム全体からの退会となります。

Amazonプライムミュージック以外の特典も利用できなくなってしまうため、

登録中の家族ユーザーの方も含めて『活用中の特典はないか?』と今一度考えてから解約手続きを行いましょう。

解約時の状況によっては利用料金を返金してもらえることもありますよ!

解約したあとも一定期間を置けば再度無料お試しの資格が復活するので、

またしばらく経って気になった時には無料お試しからはじめてみてくださいね!