\ 期間限定キャンペーン(7/18まで) /

【簡単】Amazon Musicバックグラウンド再生!他社と比較もしてみた

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
更新日: 2024年7月3日
Amazon Musicのバックグラウンド再生が止まる…どうやったらいいか教えて。
他の音楽サブスクでも、バックグラウンド再生ってできる?

 

こんにちは!当サイト管理人のペコです。

 

Amazon Musicはバックグラウンド再生ができる音楽サブスク。

音楽を聴きながら、他のアプリが使えるのは便利ですよね!

 

しかし…バックグラウンド再生ができない状況もあります。

 

今回は、Amazon Musicの「バックグラウンド再生の使い方と注意点」と「バックグラウンド再生ができるサブスク」について解説します。

 

この記事でわかること
  • Amazon Musicバックグラウンド再生
  • バックグラウンド再生できない時とは
  • バックグラウンド再生ができるサブスク

\ 期間限定キャンペーン実施中 /

最大5ヶ月間の無料体験はこちら
(※無料体験中の解約で0円 )

Amazon Musicバックグラウンド再生方法とできない状況

まずは、Amazon Musicで「バックグラウンド再生の仕方」と、「バックグラウンド再生ができない状況」を簡単に解説しますね。

Amazon Musicバックグラウンド再生の方法

Amazon Musicのバックグラウンド再生の方法は簡単。

特に設定をしなくても、Amazon Musicアプリで曲を再生するだけです。

 

勝手にバックグラウンド再生になるんだ?
うん。他のアプリやWebサイトを開いても曲は流れ続けるよ。

 

Amazon Musicアプリがバックで起動していれば、アプリ画面は開いていなくてもOKです。

アプリを上にスワイプなどして終了すれば、バックグラウンド再生はストップしますよ。

 

 

 

最大5ヶ月間の無料体験はこちら
(※無料体験中の解約で0円 )

Amazon Musicバックグラウンド再生が止まる状況とは

Amazon Musicはバックグラウンド再生が止まる状況があります。

バックグラウンド再生が止まる状況は下記2つ。

 

バックグラウンド再生が止まる状況

  • 音が流れるアプリ・サイトを利用
  • 通話をするとき

 

ちなみに、音楽・音声が流れるアプリ・サイトとは下記のようなものです。

 

  • Apple Music
  • Spotify
  • YouTube
  • TIKTOK
  • Podcast
  • Netflix
  • ゲーム など

 

このようなアプリ・サイトで音が流れるときには、バックグラウンド再生は止まります。

 

ただし、音が流れる状況でもバックグラウンド再生できることもあります。

例えば、Instagram。

 

Instagramは音声をオンにしてもバックグラウンド再生できたよ。
アプリによってはAmazon Musicと共存できるんだね。

 

とはいえ、バックグラウンド再生できないケースのことのほうが多いと考えておきましょう。

Amazon Music Unlimitedを無料で始める

 

 

 

Amazon Musicバックグラウンド再生が止まる場合の対処法2つ

Amazon Musicのバックグラウンド再生が止まる場合の対処法2つ紹介します。

スマホ・アプリのアップデート

スマホやアプリのアップデートができていない場合は、Amazon Musicのバックグラウンド再生が止まることがあります。

 

仮にアプリが最新バージョンでも、スマホのバージョンが古いと互換性の問題で不具合が起きることも。

まずは使っているアプリ、スマホが最新バージョンか確認しましょう。

 

アプリのバージョン確認方法

①App Store/Google Playを開く

②Amazon Musicで検索

③アプリ横にアップデートの表示があれば更新

※表示がない場合は最新バージョンです

 

スマホのバージョン確認(※iphoneの場合)

①設定

②一般

③ソフトウェアアップデート

Amazon Musicアプリの再インストール

スマホ、アプリが最新バージョンでもバックグラウンド再生ができない場合には、Amazon Musicアプリを再インストールしましょう。

 

何かの問題でAmazon Musicにバグが起きている場合は、アプリをインストールし直すことで解決することがあります。

再インストールした状態で、バックグラウンド再生ができるか確認してみてくださいね。

 

 

最大5ヶ月間の無料体験はこちら
(※無料体験中の解約で0円 )

バックグラウンド再生で音楽を聴ける音楽配信サービス

実は、バックグラウンド再生できる聴き放題の音楽配信サービスはAmazon Music Unlimited以外にもたくさんあります。

 

今回は6つのサービスをピックアップしてご紹介しますね!

 

バックグラウンド再生できる音楽配信サービス

  • Apple Music
  • Spotify
  • LINE MUSIC
  • 楽天ミュージック
  • dヒッツ
  • KKBOX

Apple Music

利用者の満足度が№1といわれているApple Music。

最近は邦楽にも力を入れているためか、邦楽のラインナップも豊富です。

 

Apple Music
曲数 1億曲
月額 1080円
年額 10,800円
音質 ◎(ハイレゾ)
レコメンド
検索性
洋楽
邦楽
無料体験 1ヶ月間

 

Apple Musicメリット

  • 検索精度が高く歌詞や番組名でも探せる
  • 高音質・空間オーディオが聴ける
  • Apple Musicの独占ラジオが聴ける
  • Apple製品との親和性が高い

 

高音質の曲が聴けるのはApple Musicの強み。

立体的な音響が楽しめる「空間オーディオ」にも対応しているので、純粋に”音”が楽しめる音楽サービス。

 

ちなみに、空間オーディオに対応しているのはApple MusicとAmazon Musicだけ。

 

また、iphoneユーザーは特におすすめ。

Apple Musicとの連携がスムーズで管理も楽ですよ。

 

Apple Musicデメリット

  • セット割引がない

 

デメリットは、「何かとセットで割引」という特典がないところ。

月額が安いほうではないため、割引の特典がないのは少し残念です。

 

 

Apple Music

Try Apple Music

30日間の無料体験はこちら
(無料期間中の解約で0円)

Spotify

スウェーデンの音楽配信サービスSpotify。

業界最大手で利用者数では№1と言われています。

 

Spotify
曲数 1億曲
月額 980円
年額 9,800円
音質 〇(標準)
レコメンド
検索性
洋楽
邦楽
無料体験 1ヶ月間

 

Spotifyメリット

  • 洋楽が豊富・曲名は英語表記で管理しやすい
  • 検索精度が高く歌詞や番組名でも探せる
  • レコメンド力が高く刺さる曲に出会える
  • アーティストの解説付プレイリストがある

 

洋楽好きの管理人としては、なにより洋楽の多さに驚きました。

他のサブスクは洋楽がカタカナ表記で使いづらさがありましたが、Spotifyは英語表記のため管理がしやすいです。

 

無料プランは下記のような制限がありますが、BGMで使う人はアリです。

 

Spotify無料プラン

  • シャッフル再生
  • スキップ回数の上限あり
  • オフライン再生できない
  • 広告あり

 

Spotifyデメリット

  • 連携できる独自サービスがない

 

デメリットは、連携できる独自のサービスや製品がないところ。

Amazon MusicならAmazon製品、Apple MusicならApple製品などSpotify独自の製品・サービスがない点が少しマイナスです。

 

 

Spotify

30日間の無料体験はこちら
(無料期間中の解約で0円)

LINE MUSIC

日本ではおなじみのLINEが提供する音楽配信サービス。

 

LINE MUSIC
曲数 1億曲
個人 月額 通常
1,080円
LINE STORE
980円
年額 通常
10,800円
LINE STORE
9,600円
音質 〇(標準)
レコメンド
検索性
洋楽
邦楽
無料体験 1ヶ月

 

LINE MUSICのメリット

  • LINEで使える追加特典が多い
  • 学割の対象が広い
  • カラオケ採点機能がある

 

LINE MUSICは、音楽以外での特典・メリットが多め。

LINEスタンプの使い放題、プロフでのBGMの設定などLINEをカスタマイズして楽しみたい人はありがたいですね。

 

また、小学生、中学生、高校生は学割が使えるのがメリット。

LINE MUSICのもつカラオケ採点モードも、他にはないユニークな機能です。

 

LINE MUSICのデメリット

  • 新しい音楽体験には欠ける

 

他と比べたときに、音楽体験の新鮮さはないです。

”音楽を楽しみたい人”にとっては、少し物足りなさを感じるかもです。

 

LINE MUSIC

30日間の無料体験はこちら
(※無料体験中の解約で0円 )

楽天ミュージック

楽天が提供する比較的新しい音楽配信サービス。

 

楽天ミュージック
曲数 1億曲
ライト 月額 500円
スタンダード 980円
楽天モバイル
楽天カード契約者
780円
音質 〇(標準)
レコメンド
検索性
洋楽
邦楽
無料体験 1ヶ月間

 

楽天ミュージックのメリット

  • 楽天カード/楽天モバイル契約者は安い
  • 楽天ポイントがたまる

 

楽天カード・楽天モバイル契約者は、月額780円で使えるのがメリット。

これは、好きな曲を聴き放題できる音楽配信サービスの中では最安値です。

 

また、曲を聴くだけで楽天ポイントがたまる特典があるので、楽天ポイントをためたい人はうれしいですね。

 

楽天ミュージックのデメリット

  • レコメンド力が低い

 

音楽サブスクの魅力であるレコメンド機能が、大手のサブスクに比べて弱いのが気になるところ。

新しい曲に出会いたい人は、自分から探しに行く必要があるかもです。

 

楽天ミュージック

30日間の無料体験はこちら
(※無料体験中の解約で0円 )

dヒッツ

ドコモが提供する音楽配信サービスdヒッツ。

 

dヒッツ
曲数 4万以上
dヒッツ300 月額 330円
dヒッツ500 月額 550円
音質 〇(標準)
レコメンド
検索性
洋楽
邦楽
無料体験 1ヶ月間

 

dヒッツのメリット

  • 値段が安い
  • 他のサブスクにはないアーティストが配信

 

他のサブスクに比べて、安さが魅力のdヒッツ。

機能制限が多いため自由に聴きたい曲は聴けませんが、BGM的に聴くなら良いです。

 

また、大手の音楽配信サービスでは見つからなかった邦楽のアーティストが配信されていたのはポイント。

聴きたいアーティストが大手のサブスクで配信されていない場合は、dヒッツで一度検索してみて。

 

dヒッツのデメリット

  • 機能制限が多く好きなだけ聴けない

 

基本的にプレイリスト単位の再生のみで、好きな曲を選んで再生することはできません。

月額550円のプランでは、月10曲までは好きな曲をプレイリストに保存可能。

 

しかし、自由に音楽を聴きたい人にとってはストレスに感じるかもです。

 

dヒッツ

▼ 31日間の無料体験はこちら
(※無料体験中の解約で0円 )

KKBOX

台湾発の音楽配信サービス。

 

KKBOX
曲数 1億曲
月額 980円
90日プラン 2,940円
音質 〇(標準)
レコメンド
検索性
洋楽
邦楽
無料体験 1ヶ月間

 

KKBOXメリット

  • K-POPなどアジア圏の音楽に強い
  • 他ユーザーと曲を聴きながらチャットできる

 

KKBOXは、台湾の音楽配信サービスだけあってアジア圏の音楽に強いのがメリット。

K-POPのマイナーなアーティストを探している人にはおすすめです。

 

また、「Listen with」という他ユーザーと楽曲を聴きながらチャットができる機能は面白いです。

 

KKBOXデメリット

  • プランが少ない

 

他のサブスクに比べ、プランが少ないのがデメリット。

家族プラン・学生プランはないため、それらで利用を考えている人は他のサブスクのほうがよいかもです。

 

 

KKBOX

1ヶ月間の無料体験はこちら
(※無料体験中の解約で0円 )

Amazon Music以外にもバックグラウンド再生は可能

Amazon Music以外にもバックグラウンド再生に対応しているサービスはたくさんあります。

どの音楽配信サービスも無料体験ができるので、気になる人はぜひ試してみてくださいね!

 

最大5ヶ月間の無料体験はこちら
(※無料体験中の解約で0円 )