【批判】アマゾンミュージックは使いにくい?本音で解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
更新日: 2024年5月25日
アマゾンミュージックが使いにくいって聞いたけけど、ぶっちゃけどう?

 

こんにちは!サブスクマニアの管理人ペコと申します。

 

Amazon Music Unlimitedが使いにくい…

そんな口コミを聞いたことないですか?

 

Amazon Music Unlimitedは業界トップクラスの音楽サブスクですが、使いにくい点があるのは事実です。

そこで、Amazon Music Unlimitedユーザーである管理人が使いにくい点を本音で解説します。

 

この記事でわかること
  • Amazon Music Unlimitedの悪い点
  • Amazon Music Unlimitedの良い点

\ 無料入会キャンペーン実施中 /

1ヶ月間の無料体験はこちら
(※無料体験中の解約で0円 )

Amazon Music Unlimited使いにくい点5つ

さっそく、「Amazon Music Unlimitedが使いにくい」と言われる点を5つ解説します。

 

Amazon Music Unlimitedのデメリット
  1. 曲が検索しにくい
  2. プライム会員でないと安くない
  3. 邦楽にやや弱い
  4. 画面の表示にまとまりがない
  5. 解約方法が分かりにくい

デメリット1:曲が検索しにくい

Amazon Music Unlimitedデメリット1つ目は、曲が検索しにくいところ。

 

検索しにくい理由は、歌詞で検索したり、ドラマ名・アニメ名で検索できないから。

 

アーティスト名や曲名が分からなかったら検索できないんだ…
そう。あと、下記のようにひらがなでの検索にも対応していない。

 

Apple Music画面

画面のように「候補」は挙げてくれます。

ただ、Apple MusicやSpotifyだと、上記検索方法に対応しているのに対してAmazon Musicは対応していません。

 

曲名や歌手名が分からないと検索に苦労するかも。

 

洋楽も検索しにくいって聞いたことがあるけど…
そうなんだ。歌手名の頭のTheが抜けてて、Hitしないこともあったよ(笑)

 

また、Amazon Music Unlimitedは、洋楽の曲名・歌手名の登録がカタカナと英語のごちゃ混ぜになっています。

この点も、検索がしにくいと言われる理由です。

 

デメリット2:プライム会員でないと安くない

Amazon Music Unlimitedデメリット2つ目は、プライム会員でないと安くないところ。

 

Amazonプライム会員だと、年額9,800円で契約できます。

ただ、そうじゃない場合は月額1,080円で、他のサブスクに比べて安くはないです。

 

音楽配信サービス 月額料金
Amazon Music Unlimited 月額1,080円
Apple Music 月額1,080円
Spotify 月額980円
YouTube Music 月額1,280円/980円
LINE MUSIC 月額980円
AWA 月額980円
楽天ミュージック 月額980円

 

たしかに、料金面でのメリットはあまりないね。

 

プライム会員じゃない人は、ちょっと損した気分になりますね。

デメリット3:邦楽の曲数がやや物足りない

Amazon Music Unlimitedデメリット3つ目は、邦楽の曲数がやや物足りないところ。

同じくアメリカの音楽配信Apple Musicと比べると、Amazon Music Unlimitedはやや邦楽の曲数が少なかったです。

 

邦楽好きにとってはちょっと残念…
とはいっても、管理人調べではかなりマイナーなアーティストまで入ってたよ。

 

邦楽の収録曲(一例)

  • ロードオブメジャー
  • Bank Band(チャリティーバンド)
  • 和田アキ子
  • 50TA(狩野英孝)
  • 星野一成(芸人)

 

なんといっても、曲数は業界トップクラスの1億曲。

Apple Musicはより邦楽に強いですが、Amazon Musicもよほどマイナー曲でない限りは見つかります。

 

 

どうしても聴きたい曲やアーティストがある場合は、無料期間中にチェックしておきましょう。

 

1ヶ月間の無料体験はこちら
(※無料体験中の解約で0円 )

デメリット4:画面の表示にまとまりがない

Amazon Music Unlimitedデメリット4つ目は、アプリのホーム画面の表示にまとまりがないところ。

 

Amazon Music Unlimitedは、ホーム画面におすすめ表示が多いです。

そのため、ややまとまりがないように見受けられます。

 

Amazon Music画面

 

レコメンド表示が多いこと自体は良いことです。

新たな曲やアーティストに出会えるチャンスが広がるわけなので。

 

シンプルな仕様が好きな人だと、使いにくいと感じるかな?
好みが分かれるところだね。個人的にはもう少しまとめてほしいかな。

デメリット5:解約方法が分かりにくい

Amazon Music Unlimitedデメリット5つ目は、解約方法が分かりにくいところ。

 

Amazonに限らず、他のサブスクでも同じことが言えますが、解約ページがやたらと分かりにくい場所にあります。

 

解約させないために、わざと分かりにくい場所に設置するパターンだね。

 

今すぐ解約したいというときに、解約方法が分からず「解約できない!」と焦ることがあるかも。

 

 

また、Amazon Musicの不具合については、下記記事にまとめています。

 

 

1ヶ月間の無料体験はこちら
(※無料体験中の解約で0円 )

Amazon Music Unlimitedをおすすめしない人

デメリットをふまえたうえで、Amazon Music Unlimitedをおすすめしない人はこちら。

 

Amazon Musicおすすめしない人

Amazonプライム会員ではない人

マイナーな邦楽も聴きたい人

Amazonプライム会員ではない人

Amazonプライム会員でない人は、月額料の割引特典がありません。

となると、どこのサブスクを選ぶかは使いやすさやサービスの質になりますね。

 

プライム会員は、月額600円で下記特典がついてきます。

 

  • Amazonでの買い物がお得
  • アマプラで動画が見放題
  • 本が読み放題
  • 写真が無制限に保存できる

 

Amazonで買い物する人や上記に興味がある人は価値アリの特典ですが、そうでない人が会員になるのは無駄ですよね。

マイナーな邦楽もガッツリ聴きたい人

Amazon Music Unlimitedは、邦楽に少し弱いです。

 

かなりマイナーな邦楽を普段から聴く人は、ちょっと頼りないかも。

もし聴きたい曲がない場合は、邦楽に強い音楽配信サービスにするほうがよいです。

 

おすすめは、最近邦楽に力を入れているApple Musicか国内の音楽配信サービスLINE Musicです。

 

邦楽に強い音楽配信サービス

  • Apple Music
  • LINE Music

 

公式Amazon Music Unlimited

酷評してもAmazon musicを使う理由

Amazon Music Unlimitedの使いにくい点をさんざん解説しましたが

「じゃあお前はなんで使ってるの?」

って話ですよね(笑)

 

それは、デメリットを補う程のメリットがあるから。

 

Amazon Music Unlimitedのメリット
  1. 値段が安い
  2. 家族共有しやすい
  3. 曲数と洋楽が豊富
  4. Alexaとの連携がスムーズ
  5. アプリのUIは改善している

1ヶ月間の無料体験はこちら
(※無料体験中の解約で0円 )

メリット1:値段が安い

メリット1つ目は、他の音楽サブスクに比べて値段が安いこと。

プライム会員のぼくは月額980円で使えていますが、これは他と比べてお得です。

 

音楽配信サービス 月額料金
Amazon Music Unlimited 月額980円(プライム会員)
Apple Music 月額1,080円
Spotify 月額980円
YouTube Music 月額1,280円/980円
LINE MUSIC 月額980円
AWA 月額980円
楽天ミュージック 月額980円

 

それぞれ強み・弱みはありますが、どのサブスクもサービスの質に大きな差はないです。

であれば、少しでも安いほうがいいに決まってますよね。

 

他のサブスクにはこのような割引特典がないため、Amazon Music Unlimitedを使っているわけです。

メリット2:家族共有しやすい

メリット2つ目は、家族や友達とアカウントを共有しやすいこと。

 

Amazon Music Unlimitedは、誰かにアカウントを共有したいとき、その相手に「招待URL」を送ると簡単に共有できます。

 

他の音楽サブスクだと設定がややこしいの?

 

例えば、Apple musicだとApple IDで設定が必要ですし、LINEミュージックは1LINEアカウントに対して1つのファミリープランしか入れません。

 

Amazon Music Unlimitedで共有する場合の条件は下記のみ。

  • 日本在住
  • 13歳以上

 

この条件で、アカウントは6人まで共有できます。

他のサブスクに比べて条件がゆるいので、複数人でアカウントを共有したい人はおすすめです。

メリット3:曲数とジャンルが豊富

メリット3つ目は、曲数とジャンルが豊富なこと。

 

楽曲数は1億曲以上(2023年4月時点)で、主要な音楽サブスクと並んで業界トップクラスです。

音楽配信サービス 楽曲数
Amazon Music Unlimited 1億曲以上
Apple Music 1億曲以上
Spotify 1億曲以上
YouTube Music 非公開
LINE MUSIC 1億曲以上
AWA 1億2,000万曲以上
楽天ミュージック 1億曲以上

 

曲のジャンルについては、流行りのJ-POPはもちろん昭和の歌謡曲やアニソン・サントラまで充実しています。

洋楽もかなり豊富なため、洋楽好きのペコにとっては手放せないのです。

メリット4:Alexaとの連携がスムーズ

メリット4つ目は、Alexaと接続して声で操作できること。

Amazonが誇るAI技術「Alexa」と連携すれば、簡単に声で操作したり好きな曲を覚えさせたりできます。

 

Alexaって好きな曲を覚えさせたりもできるの?

 

Alexaには学習機能があり、「Alexaこの曲好き」と伝えるとその曲を優先的に流してくれたり、似た曲をおすすめしてくれます。

もちろん、Alexaを使うには「Amazon Echo端末」が必要です。

 

今後、AIや音声操作はさらに一般化していくと思うので、ペコのように流行りに乗っかりたい人にはおすすめですよ(笑)

メリット5:アプリのUIは改善されている

メリット5つ目は、アプリのUI(表示画面)は日々改善されていること。

 

現時点では、Amazon Music Unlimited はApple musicやSpotifyに比べると、画面の表示は多少まとまりがないです。

とはいえ、改善されてきていますし、慣れればあまり気にはなりません。

 

業界トップの企業なので、今後も良くなるでしょう。

 

1ヶ月間の無料体験はこちら
(※無料体験中の解約で0円 )

まとめ:使いにくいかどうかは試すが一番

Amazon Music Unlimitedの使いにくい点を本音で解説しましたが、自分に合うかどうかは試してみるのが一番手っ取り早いです。

今なら無料体験もできるので、気になる人は試してみることをおすすめします。

 

\ 無料入会キャンペーン実施中 /

1ヶ月間の無料体験はこちら
(※無料体験中の解約で0円 )

もしも自分に合わなければ、無料期間中に解約すれば0円なのでノーダメージです。

ただし解約する場合は、期間だけしっかり確認しておいてくださいね。

 

あわせて読みたい【7項目を比較】Amazon Music UnlimitedとApple Musicどちらが使いやすい?

あわせて読みたい【10項目を比較】Amazon Music UnlimitedとSpotifyの違い